Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Guarini Letiziaさんのログブック(旅行記)「南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ」

南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ

2014-02-23 - 2014-02-23 21 1978 16
  • Italy
訪れた国
イタリア

久しぶりにイタリアの実家に帰りました。少しでも旅行したいなと思って、アルベロベッロに行こうと思ったら、そこから20分しか離れていない南イタリア最大のカーニバルの街、プティニャーノへ到着。イタリア的なユーモアで溢れているカーニバルで、本当に国に帰ったなって実感できました!

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2014/02/23

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 04

イタリアのカーニバルの特徴は政治的な風刺ですが、ベルルスコーニ元首相に対する風刺が欠かせない要素です。この山車は、ベルルスコーニがオーナーを務めるテレビ局、メディアセットを巡る脱税事件で有罪となったことからヒントを得て、元首相を鳥かごに入っている鳥のように描いています(実際刑務所に未だに入っていませんが)

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 13

今年のプティニャーノカーニバルのテーマはタリアオペラ作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディです。女装をしている人も含めて、ヴェルディが生きていた時代の服装を着ている人が多かったです。

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 11

また政治的な風刺の山車です。看板に「鶏と政治家」と書いてありますが、鶏は政治家に騙され続けているイタリア人を指しているのではないか(T_T)

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 12

オペラを演じている人たち。後ろにシャンパンのグラスを仮装している集団です。

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 02

『Laida Dinastia』(醜悪な王朝)という山車。ヴェルディの有名な作品『アイーダ』からヒントを得ています。現代のイタリアの政治家を描いているとか。山車を引っ張っているミイラのような馬が政府の乱れを意味しているようです。

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 07

『仮面舞踏会』という山車。政治的危機の前のイタリアを象徴しているようです。イタリアが占い師のように描かれているヨーロッパ政府に操られていますが、ナメクジのような政治家に引っ張られています。その上にヴァチカンの権力を象徴するローマ法王が突出しています。

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 06

『リゴレット』からヒントを得て”出版の自由”をテーマに作られた山車。この山車では道化師のように政治家を満足させようとしているジャーナリストが風刺されているとか。
山車の真ん中にイタリア政治界に関する情報を隠していることで有名なジャーナリスト、ブルノ・ヴェスパが浮き上がります。周りには検閲されている記者たちが舌や手を切られています。後ろには文化や報道の自由の象徴である本が並んでいます。

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 16

『椿姫(ラ・トラヴィアータ)』からヒントを得ている山車。
イタリアが政治家に誘惑された女性のように描かれています。

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 15

1000リラ紙幣を仮装している人。ユーロに入る前イタリアの通貨はリラでしたが、70年代までは1000リラ紙幣にジュゼッペ・ヴェルディが描かれていました。

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 08

「Va Pensiero」という山車。「Va pensiero」とはジュゼッペ・ヴェルディの『ナブッコ』の有名な歌詞ですが、この山車もまたイタリアの政治的な危機を意味しているとか。
イタリアを象徴している馬車が二匹のラバ(=イタリア人)に引っ張られています。その上浮き上がっているジュゼッペ・ヴェルディがイタリア民主党と自由の人民、イタリアの最大政党の党首たちを導いています。

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 05

ジュゼッペ・ヴェルディの最後作品、『ファルスタッフ』からヒントを得た山車。
山車の名前「Ride ben chi ride la risata final」は『ファルサッフ』の終幕「みんな他人を笑うけど、最後に笑う者だけがほんとうに笑う勝者なんだ」に由来しているとか。

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 03

「Va', sull'Ali Dorate」という山車です。これもまたヴェルディの『ナブッコ』の有名な歌詞ですが、この山車がヴェルディの葬式を象徴しているようです。

  • 行ってよかった!

プティニャーノ(Putignano) プッリャ, イタリア

プティニャーノ(Putignano)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 09

「Va', sull'Ali Dorate」の山車の下部には緑色の化け物がありますが、イタリア北部の自治拡大を主張する地域政党、北部同盟を象徴しているようです。

  • 行ってよかった!

アルベロベッロ(Alberobello) プッリャ, イタリア

アルベロベッロ(Alberobello)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 05

Trulliの多くは店となっていますが、まだ中に住んでいる人がいるようです。
また泊まることができるtrulliもあるとか。

  • 行ってよかった!

アルベロベッロ(Alberobello) プッリャ, イタリア

アルベロベッロ(Alberobello)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 03

プッリャ州の伝統的な芸術、笛。残念ながら作っているひとがほとんど残っていないとか。
様々な形の笛があり、それぞれ意味を持っているようです。水やワインが入れる笛もあり、液体によって音も異なります。

  • 行ってよかった!

アルベロベッロ(Alberobello) プッリャ, イタリア

アルベロベッロ(Alberobello)(プッリャ, イタリア)|南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ(Guarini Letiziaさん) - 04

昔婚約式や結婚式のときに男性が女性にプレゼントしていたと店のおじさんが教えてくれました。この笛は女性を口説く男性を象徴しているようです。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

アルベロベッロとマテーラ

世界遺産
アルベロベッロとマテーラ

2009-12-25 - 2009-12-25

  • 32
  • Ayumi Kato
アルベロベッロとマテーラに行ってみたく、旅行会社のツアーを利用して行ってきました。 旅行記は、アルベロベッロとマテーラのみです。 実際は、、、 2009年12月23日 中部国際空港からソウル経由、ミラノ経由でローマ入り 2009年12月24日 専用観光バスに乗って、朝ローマを出発 カゼルタの王宮に立ち寄り、夜アルベロベッロ着 2009年12月25日 午前中 アルベロベッロ観光 午後  マテーラ観光 夜、ナポリ着 2009年12月26日 午前中 カプリ島観光(天気悪いため青の洞窟には行ってません) 午後  ポンペイ観光 夜   ローマ着 2009年12月27日 終日  ローマ観光 夜   ローマ発ソウル行きの飛行機に乗り、 2009年12月28日 夕方 ソウル経由 夜  中部国際空港着

作者: Ayumi Kato

  • 3
  • 1684

【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅

世界遺産
【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅

2014-07-07 - 2014-07-09

  • 11
  • Yurie Maria Rosa Adachi
イタリアのブーツのかかと部分に位置するプーリア州のUNESCO世界遺産、とんがり帽子の白い壁の家「アルベルベッロ」とフェデリコ2世が建てた不思議一杯な「カステルデルモンテ」の魅力を探しにレッツゴー!

作者: Yurie Maria Rosa Adachi

  • 3
  • 4905

イタリア 1番可愛い世界遺産♡小人のおうちのアルベロベッロ

世界遺産
イタリア 1番可愛い世界遺産♡小人のおうちのアルベロベッロ

2013-06-03 - 2013-06-04

  • 15
  • Kasumi Jou
イタリアの、Bari(バーリ)に1泊して、世界遺産【alberobello(アルベロベッロ)】へ日帰り観光! アルベロベッロはもーめちゃめちゃ可愛い街で、ときめきっぱなしです。 とんがり屋根の「トゥルッリ」という家が現在はもう建築制限されているため、既存のものを大切に大切にしている街。 だから、古いのに丁寧に手入れが行き届いていて、そんなところも素敵なんです♡ 白雪姫と7人の小人が住んでいそうな、おとぎの国みたいな世界遺産です〜。 今回の旅♪ ・バーリからアルベロベッロへの行き方 ・アルベロベッロでのランチ ・おすすめジェラテリア(アイス専門店) ・おすすめ展望スポット ・おすすめお土産 アルベロベッロに行ってみたいと思ってくれる人が1人でも増えますように〜 (人´ω`*)

作者: Kasumi Jou

  • 2
  • 1228

トスカーナとウンブリア

世界遺産
トスカーナとウンブリア

2010-09-12 - 2010-09-18

  • 56
  • トモテラ
中世にフィレンツェと覇権を争ったシエナ、余りにも有名な斜塔の街ピサ、百塔の街と謳われるサンジミニャーノ、死にゆく街チヴィタ、イタリアゴシック建築の傑作を擁するオルビエートなど、イタリア中部トスカーナやウンブリアは、イタリアの中でも特に大好きな場所です。短い日程の中で、出来る限り駆けずり回ってきました。

作者: トモテラ

  • 22
  • 8345

甘い生活のローマでThe Great Beautyを 探す

世界遺産
甘い生活のローマでThe Great Beautyを 探す

2012-06-10 - 2012-06-17

  • 29
  • Guarini Letizia
パオロ・ソレンティーノ監督による2013年のイタリア映画『追憶のローマ』(La grande bellezza)は、第71回ゴールデングローブ賞では外国語映画賞を受賞しました。さらに第86回アカデミー賞では外国語映画賞にはイタリア代表としてノミネートに至っています。 新しい目でローマと見ることができるこの傑作映画の日本公開(2014年イタリア映画際かな?)を待ちながら、あまり知られていないローマを歩いてみました。

作者: Guarini Letizia

  • 14
  • 5059

Potenza-Matera (Basilicata)への旅

世界遺産
Potenza-Matera (Basilicata)への旅

2009-03-06 - 2009-03-07

  • 8
  • Guarini Letizia
イタリアの南部にある、あまり知られていないバシリカータ州に行ってきました。電車はあまり通らないバシリカータ州で移動は結構大変ですが、神秘的な雰囲気を帯びているマテーラを訪れることができて、行ってよかったなって、私の気に入りの場所になりました。

作者: Guarini Letizia

  • 6
  • 2380

ヴェネチアとヴェローナを訪れた後はミラノでライブを観た

世界遺産
ヴェネチアとヴェローナを訪れた後はミラノでライブを観た

2012-06-09 - 2012-06-15

  • 58
  • トモテラ
この旅の目的はある人のライブを観る事。ミラノには実はあまり興味がなく、いつかは行くけど当分行く事はないだろうと思っていました。でもあの人がライブをやるんじゃ仕方ない。行ってやるぜー!!!って事で、行きたかったヴェネチアと合わせて行く事に。途中ヴェローナでも1泊。とても思い出深い旅行になりました。画像に日付が入ってしまっている物がありますが、実際の日程とズレている箇所有り。

作者: トモテラ

  • 7
  • 2958

イタリア紀行(後半 フィレンツェ ヴェネチア編)

世界遺産
イタリア紀行(後半 フィレンツェ ヴェネチア編)

2013-02-17 - 2013-02-19

  • 13
  • Hideaki  Matsumoto
後半です。冬のイタリアはとにかく寒い!寒いの一言です。イタリアは石畳なので、底冷えがします。足回りは特にあったかくしましょう。

作者: Hideaki Matsumoto

  • 1
  • 2892

南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ 南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ

南イタリア最大のカーニバル―プティニャーノ&アルベロベッロ トップへ