Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Anna Małajさんのログブック(旅行記)「Winter in seaside」

Winter in seaside

2012-11-28 - 2012-12-03 5 246 0

I spend 3 weeks in seaside with my daughter, it was wonderful time, X-mas time, snow, water and very cold weather but it was worth it.

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

旅のルート

コメント

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

Baltic sea

ビーチ
Baltic sea

2013-08-07 - 2013-08-13

  • 6
  • Kasia Stasi
Everyone should visit polish coast (Baltic Sea) - sea, fishes much much more

作者: Kasia Stasi

  • 0
  • 178

白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)


白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)

2009-03-03 - 2009-03-03

  • 17
  • Misaki Tachibana
「1個の電球を取り替えるのに何人のポーランド人が必要か?」。これは、ポーランド人の知性を馬鹿にしたブラックジョークである。かつて大流行したこの文句を作った人が目の前にいたならば、わたしは物申したい、ポーランド人を馬鹿にするなと。総じて白い空、灰色の雲に覆われた天気が続く日々は、かつてポーランドで起こった悲惨な歴史を彷彿とさせる。けれど今、彼らはかなり、羨ましいほど自由気ままに、現代を生きている。

作者: Misaki Tachibana

  • 2
  • 5429

遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト


遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト

2013-12-09 - 2013-12-09

  • 14
  • Misaki Tachibana
「ヴロツワフ」。名前すら知らなかったこの街に来たのは、クラクフでお世話になったMariuszの「ヴロツワフに行かないなんて損してる」という言葉。いざ足を踏み入れれば、そこは小さなおとぎの国。それもそのはず、街中に散らばっているのは物語を彩る小さな登場人物たち。そんなかわいらしい町並みを後にして向かったのは、ポーランドの工業地帯であるシェチェチン。決して観光地ではないこの街で、日本の若きホープたちに背中を押された。

作者: Misaki Tachibana

  • 1
  • 2945

EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

世界遺産
EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

2002-10-22 - 2002-10-24

  • 28
  • Shohei Watanabe
まだ旧東欧の雰囲気が臭う2002年のポーランドです。 強制収容所訪問後は食べ物とお酒が合わなかったのか、クラクフで一泊二日入院。点滴を打ち、脱水症状、黄疸が出る中、日本に帰ってきました。 何度も近隣諸国に分割され、虐殺された歴史から解き放たれて10年のポーランド。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157600515987730

作者: Shohei Watanabe

  • 9
  • 3461

Warsaw

女子旅
Warsaw

2013-03-18 - 2013-03-20

  • 8
  • Katya Sondak
Warsaw, nurturing over 400 years of pride as a capital, is Poland’s largest city and an economic, political, and cultural centre. The symbol of the city is the Mermaid, featured on the city seal. Warsaw is a bustling metropolis and features an unforgettable history.

作者: Katya Sondak

  • 27
  • 795

美しい風景と歴史に感動したはじめてのポーランド

一人旅
美しい風景と歴史に感動したはじめてのポーランド

2011-01-16 - 2011-01-23

  • 23
  • 新田浩之(Nitta Hiroshi)
2011年、卒業旅行(中欧諸国周遊の旅)です。前回のスロバキアからの続きです。ブラチスラバからカトヴィツェ経由でクラクフに入りました。そこから、首都ワルシャワに向かいました。はじめてのポーランド。素朴な美しさと人々の優しさに感動しました。この旅が、ポーランドを大好きになった理由ですね なお、ポーランドへはフランクフルト、ヘルシンキ、モスクワ経由がおススメ。日本から12時間前後で行けます。費用は5~6万円(航空券除く)です。ちなみに、航空券は約12万円した。

作者: 新田浩之(Nitta Hiroshi)

  • 1
  • 5338

z rodzinka w gdyni


z rodzinka w gdyni

2013-04-14 - 2013-05-05

  • 5
  • Roman Miotke
miła wiosna rodzinnie wraz z kochanymi dziecmi w gdyni

作者: Roman Miotke

  • 0
  • 616

I am a traveler


I am a traveler

2009-12-16 - 2014-02-11

  • 13
  • Francisco Castro Vázquez
I traveler to discover Europe and myself. I met amaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaazing people at that time. I'm now im cordoba, my city, and I miss travel so much

作者: Francisco Castro Vázquez

  • 1
  • 693

Winter in seaside Winter in seaside

Winter in seaside トップへ