Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Horie Kentaroさんのログブック(旅行記)「地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り」

地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り

2011-10-31 - 2011-10-31 13 5569 12
  • Singapore
訪れた国
シンガポール

シンガポールはマーライオンとマリーナ・ベイ・サンズだけだと思ったら大間違いです。この日は日本を旅行中に我が家でホストしたシンガポールの友人、Graceが自分のためにシンガポール・シークレット・ツアーを計画してくれました。
シンガポールの「ラスト・ヴィレッジ(最後の村)」と呼ばれる、唯一原住民(マレー民族)の暮らしが残る村から始まり、お忍びのバーまで。想像しなかったシンガポールの魅力と、思いがけずシンガポールの発展が生み出した影に触れた素敵な1日になりました。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2011/10/31

Kampong Lorong Buangkok シンガポール

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん)

到着しました。ここがシンガポールのラスト・ヴィレッジ、Kampong Lorong Buangkokの入り口です。とてもこの先に村があるなんて思えません。住人の方々に迷惑をかけなければ、誰でも入ることができます。
ちなみに背中側には、シンガポールの大都会が迫ります。異様な光景です。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Kampong Lorong Buangkok シンガポール

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 02

村に入ってすぐの光景。ジャングルです。周囲を高層ビル・マンションに囲まれる中、ここだけがポツンとジャングルになっています。周辺も野原になっているのですがその領域は徐々に都市開発で狭まっており、シンガポールの一部の住民からも「この村だけは残そう」という運動が起きているようです。
原住民の歴史が終わって久しい日本では触れることのない、不思議な気持ちになります。原住民の質素でありつつも満たされた生活に、シンガポールの都会で過ごす人たちは何を思うのでしょう。こういう場所が近くにあることは本当に貴重だなーとしみじみ思いました。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Kampong Lorong Buangkok シンガポール

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 03

住人のお宅です。シンガポールの都会的な街並みからは考えられない生活風景が広がります。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Kampong Lorong Buangkok シンガポール

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 04

お宅その2。木造にトタン屋根の造りが多く、どの家もテーマカラーがあって一色に壁が塗らえれているのが印象的でした。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Kampong Lorong Buangkok シンガポール

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 05

何より一番衝撃的だったのはここ。分かりにくいかももしれませんが、住居です。生木の枝を器用に結び合わせて、木造の床の上に屋根を張り巡らせています。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Kampong Lorong Buangkok シンガポール

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 06

王宮?のような家屋も野ざらしになっています。どんなイベントがここで行われているのか、興味津々でした。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Kampong Lorong Buangkok シンガポール

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 07

出会った住人の方に「入ってもいい?」と聞くとOKとのことだったので思わず潜入。王座?で記念撮影です。この子がシンガポールシークレットツアーを計画してくれたGrace。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

The Studio シンガポール

The Studio(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん)

ラスト・ヴィレッジを堪能するともうすっかり夜。まだ目当てのバーが空かないということで、Littele IndiaにあるGrace行きつけのバーに連れて行ってもらいました。
中はこんな感じでアットホームで、テラス席があります。シンガポールの若者達の間ではテラス席が大ブームだそう。NYCみたいですね。

  • 行ってよかった!
  • 予算:1000円

バー ストーリーズ(Bar Stories) シンガポール

バー ストーリーズ(Bar Stories)(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん)

ここがシンガポールっ子なら知る人ぞ知る秘密のバー、"Bar Stories"。
ここには2つのビックリ!があります。まず1つ目として、ここは昼間は家具屋さんだったりします。夜はバーになるのですが、看板などは出ていません。1階の家具屋さん脇の階段を登るとこんなバーが広がります。

  • 行ってよかった!
  • 予算:4000円

バー ストーリーズ(Bar Stories) シンガポール

バー ストーリーズ(Bar Stories)(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 02

そして2つ目。このバーにはメニューがありません。席に着くと店員さんがやってきて、この日の体調や気分などを聞いてくれます。その回答によって、出てくる飲み物が決まります。1杯2000円弱で作っていただけます。

  • 行ってよかった!
  • 予算:4000円

バー ストーリーズ(Bar Stories) シンガポール

バー ストーリーズ(Bar Stories)(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 03

同じく日本で我が家に泊まったシンガポール在住のマレーシアン、Cinもここで合流。彼に作られたカクテルはハバネロベースの激辛で、「騙された!」と言って店員さんに作りなおしてもらっていました。笑 2杯目に作ってもらったカクテルにご満悦の表情。

  • 行ってよかった!
  • 予算:4000円

バー ストーリーズ(Bar Stories) シンガポール

バー ストーリーズ(Bar Stories)(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 04

調子に乗って2杯目をオーダー。2杯目以降は、「さきのカクテル、どうだった?」という会話から再びベストマッチなカクテルに近づけた味を目指してオリジナルカクテルを作ってくれます。そう、飲めば飲むほど自分にぴったりのカクテルが出てくる不思議なお店なんです。シンガポールのシークレットツアーはこうして幕を閉じました・・・

  • 行ってよかった!
  • 予算:4000円

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

多民族国家・Singapore

一人旅
多民族国家・Singapore

2012-12-31 - 2013-01-03

  • 10
  • Akinori Okada
海外一人旅2回目に選んだ先はシンガポール。両端を電車で1時間と非常に小さな都市国家でありながら、多民族で構成され、経済成長も著しく、治安も万全。数多の華僑の影響で旧正月を祝う風習があるため、年末年始に行くのも無問題と思って決断。しかし、治安維持の為に日本では考えられないようなルールもあり、むしろ自分が加害者になるんちゃうかと不安になりました(苦笑)。当時のシンガポールと地元富山の気温差は最大40℃、帰国後しばらく体調が優れませんでした(>_<)

作者: Akinori Okada

  • 6
  • 4609

シンガポール ~ 急成長する小さな国家、異文化が混ざりあう。

一人旅
シンガポール ~ 急成長する小さな国家、異文化が混ざりあう。

2012-11-24 - 2012-11-28

  • 11
  • Takayuki Kumagai
人生初の海外旅行。いきなりの貧乏旅行。約一ヶ月のこの旅その第一歩に選んだ国は、東南アジアの中でも綺麗に整えられ、小さな街でありながら大都市を思わす急成長を見せたシンガポール。いきなり貧困地帯よりは、まずは街も整備されているアジアの窓口で

作者: Takayuki Kumagai

  • 4
  • 4518

マレーシアからの日帰りシンガポール

一人旅
マレーシアからの日帰りシンガポール

2012-08-02 - 2012-08-04

  • 30
  • Jun
知人に会いにマレーシアへ。1日間が空いてヒマだったのでシンガポール日帰りを強行してみた。意外と、大丈夫だった。

作者: Jun

  • 2
  • 3751

シンガポール!中華が美味しいチャイナタウン街歩きでワンタン麺♪&新観光スポット!!

一人旅
シンガポール!中華が美味しいチャイナタウン街歩きでワンタン麺♪&新観光スポット!!

2013-12-12 - 2013-12-14

  • 10
  • Masumi Yoshimura
中華料理が美味しいチャイナタウンでは寺院あり、夜の屋台あり、土産物やありで活気いっぱいでしたよっ。 見どころ&食べどころ満載のシンガポール。新スポットのテーマパークガーデンズ・バイ・ザ・ベイも! アクティブに街歩きを楽しみました。やっぱり、ワンタン麺が美味しくて忘れられません笑

作者: Masumi Yoshimura

  • 2
  • 1489

朝から夜まで楽しむシンガポール

一人旅
朝から夜まで楽しむシンガポール

2015-04-10 - 2015-04-12

  • 10
  • 萩原 璃々
シンガポールを今回は一人で巡った。中華、アラブ、インド、マレーと本格的な料理と文化を三日間で存分に楽しめて大満足。 他の国ではできない濃厚な出会いや思い出は、アジア唯一の多民族国家であるシンガポールならでは^^

作者: 萩原 璃々

  • 0
  • 1252

シンガポールからバスでジョホール・バルへ

一人旅
シンガポールからバスでジョホール・バルへ

2015-03-05 - 2015-03-07

  • 24
  • Tomoki
シンガポールのお決まりの観光地をめぐり、今回は初めてジョホール・バルへ行ってみました。ブギス駅近くから直行便のバスが出ていて、片道S$3.30で40分ほどでお隣りの国、マレーシアへ行くことができます。

作者: Tomoki

  • 0
  • 893

常夏のシンガポール、ぶらり一人旅!

一人旅
常夏のシンガポール、ぶらり一人旅!

2009-12-12 - 2009-12-15

  • 10
  • Takeo Ikeda
アジアでも随一の治安を誇るシンガポールの街を満喫してきました。小さな国土でありながら多様な民族が住むシンガポールは、街並みも多彩。色々な文化が楽しめる街です。

作者: Takeo Ikeda

  • 0
  • 824

チャイナタウンにリトルインディア!多国籍民族国家シンガポールを楽しむ旅

一人旅
チャイナタウンにリトルインディア!多国籍民族国家シンガポールを楽しむ旅

2011-02-22 - 2011-02-24

  • 10
  • Maho Fukukawa
前回の観光名所めぐりの続きになります。あの後は電車に挑戦したり、リトルインディアとチャイナタウンと行ったりと、なかなか2泊の旅行では時間的に行けないようなところも見てきました。

作者: Maho Fukukawa

  • 1
  • 780

地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り 地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り

地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り トップへ