Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Misaki Tachibanaさんのログブック(旅行記)「白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)」

白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)

2009-03-03 - 2009-03-03 17 5701 7

「1個の電球を取り替えるのに何人のポーランド人が必要か?」。これは、ポーランド人の知性を馬鹿にしたブラックジョークである。かつて大流行したこの文句を作った人が目の前にいたならば、わたしは物申したい、ポーランド人を馬鹿にするなと。総じて白い空、灰色の雲に覆われた天気が続く日々は、かつてポーランドで起こった悲惨な歴史を彷彿とさせる。けれど今、彼らはかなり、羨ましいほど自由気ままに、現代を生きている。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2009/03/03

Plac Zawiszy マゾフシェ, ポーランド

Plac Zawiszy(マゾフシェ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)

ワルシャワの、街から少し外れたところにある王宮。宮殿内はツアーが組まれ、受付で時間帯を指定して参加することができます。飾られている絵画も多く、見ごたえがあります。

  • 行ってよかった!

Plac Zbawiciela マゾフシェ, ポーランド

Plac Zbawiciela(マゾフシェ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)

第二次世界大戦でぼろぼろになった宮殿を、丁寧に復元し、現代の綺麗な姿に戻したのだとか。豪華絢爛で数十年前は丸焦げだったなんて信じられない。

  • 行ってよかった!

pomnik Księcia Józefa Poniatowskiego マゾフシェ, ポーランド

pomnik Księcia Józefa Poniatowskiego(マゾフシェ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)

大統領官邸前。ワルシャワ大学の近くで若者が多い、活気あふれる、ワルシャワの原宿のような通り。

  • 行ってよかった!

ワルシャワ中央駅/ワルシャワ・ツェントラルナ(Warszawa Centralna) マゾフシェ, ポーランド

ワルシャワ中央駅/ワルシャワ・ツェントラルナ(Warszawa Centralna)(マゾフシェ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)

チェコから列車で一本の、ポーランドの首都、ワルシャワ。ひとつひとつの家や路地は、崩れそうなレンガ造りでまるで時が止まったよう。ワルシャワの真ん中にはでかでかと電波塔を兼ねるタワーが建ち、そこだけ浮いていました。

  • 行ってよかった!

ワルシャワ(Warszawa) マゾフシェ, ポーランド

ワルシャワ(Warszawa)(マゾフシェ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)

Couch Surfingでお世話になったエミリア。女社長として忙しく飛行機で飛び回りつつ、彼女が旅をした写真やお土産品を見せてくれて、様々な話をしてくれました。日本にも訪れたことがあり、「日本の女の子はとてもチャーミングだった」と言って、うれしそうにセーラー服を着た子達の写真を見せてくれました。

  • 行ってよかった!

アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館(Muzeum Auschwitz-Birkenau) マウォポルスカ, ポーランド

アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館(Muzeum Auschwitz-Birkenau)(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん) - 02

アウシュヴィッツ。来た。来たかったけど、来たくなかったけど、来た。歴史の負の遺産、という名目だけだったものが、その場に行くと、突然他人事じゃなくなる。ガイド付きで施設内を案内してくれます。日本語ガイドもあり。

  • 行ってよかった!

アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館(Muzeum Auschwitz-Birkenau) マウォポルスカ, ポーランド

アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館(Muzeum Auschwitz-Birkenau)(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)

収容された人々の髪の毛、鞄、靴、洋服、メガネ、没収された金属類、出生証明書。どれだけ多くの人がここで亡くなったか想像がつかないけれど、人ひとりの人生が、紙切れ一枚破くみたいに、あっけなく、ここで終わらされたことを感じます。

  • 行ってよかった!

中央市場広場(Rynek Glowny) マウォポルスカ, ポーランド

中央市場広場(Rynek Glowny)(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)

ホストしてくれたGosiaとMariuszに連れてきてもらった「シンドラー博物館」。ここは映画でも有名なシンドラーが、ユダヤ人の雇用を生んで匿うために作った工場の跡地に建てられたもので、2010年にできたばかりの新しい綺麗な博物館です。ここでは笑っていますが、正直、アウシュビッツよりキツかった。戦争の悲劇は、同時多発的に起こるものだと再認識。

  • 行ってよかった!

中央市場広場(Rynek Glowny) マウォポルスカ, ポーランド

中央市場広場(Rynek Glowny)(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん) - 02

ホストしてくれたGosiaに解説してもらう、ポーランドの歴史。展示品、レイアウト、それらが語る真実。Gosiaに、牢獄から見つかった手紙を読んでもらいましたが、ほんとうに辛かった。そして、Gosiaに辛い思いをさせてしまった。けれど、事実を知るために、ほかの人にもぜひ訪れて欲しい場所のひとつになりました。

  • 行ってよかった!

クラクフ(Krakau) マウォポルスカ, ポーランド

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)

ポーランドはヨーロッパ内にありながら物価が安く、野菜や果物が豊富です。マーケットも頻繁に、いろいろなところで開かれています。市場では、お店の人と仲良くなると味見させてくれたり、値段をまけてくれたりします。

  • 行ってよかった!

ハードロックカフェ クラクフ店(Hard Rock Cafe Krakw) マウォポルスカ, ポーランド

ハードロックカフェ クラクフ店(Hard Rock Cafe Krakw)(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん) - 02

聖マリア教会の中は非常に派手。天井が遠く、高く(ゴシック建築だからだけれど)、夜空をイメージしたのか月や星がポップなタッチで描かれ、金ピカの壁と宙で十字架にかけられたイエス。潔い派手さとスケール感があり、一番好きな教会です。

  • 行ってよかった!

ポドグジェ(Podgorze) マウォポルスカ, ポーランド

ポドグジェ(Podgorze)(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)

クラクフの隅に追いやられたようにあるのが、「ゲットー」と呼ばれるユダヤ人地区。全体的に建物が黒々としていて廃墟なのか人家なのか人の有無でしか判別できないほど古びた街並み。かつて、迫害されたユダヤ人が住んだ地域です。

  • 行ってよかった!

ポドグジェ(Podgorze) マウォポルスカ, ポーランド

ポドグジェ(Podgorze)(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん) - 02

夜になると、昼よりも活気が出てくるゲットー。音楽を聴きながらお酒を飲んだりおしゃべりしたりする人が一気に増えます。かつての面影を残しながらも、今を楽しむ人々を見て、少しほっとしている自分がいました。

  • 行ってよかった!

クラクフ(Krakau) マウォポルスカ, ポーランド

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん) - 02

クラクフ内にはいくつか公園がありますが、そのどこにでもあるのがこの石造りの4人がけテーブル。チェス盤が描かれており、おじいさんたちがゲームをやって過ごしている姿がよく見られました。

  • 行ってよかった!

Link-Bus Krakow - Wrocław マウォポルスカ, ポーランド

Link-Bus Krakow - Wrocław(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)

お別れはいつも、身体が裂けそうなくらいつらいもの。NHKのキャラクター「どーもくん」とおしゃべりが大好きMariuszと、保育園の先生で包容力のあるGosia。忙しいにもかかわらず、隙間を見つけてはわたしを色々な所へ連れて行ってくれました。帰国後、どーもくんのぬいぐるみとシールを贈り、喜んでくれたようです。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

世界遺産
EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

2002-10-22 - 2002-10-24

  • 28
  • Shohei Watanabe
まだ旧東欧の雰囲気が臭う2002年のポーランドです。 強制収容所訪問後は食べ物とお酒が合わなかったのか、クラクフで一泊二日入院。点滴を打ち、脱水症状、黄疸が出る中、日本に帰ってきました。 何度も近隣諸国に分割され、虐殺された歴史から解き放たれて10年のポーランド。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157600515987730

作者: Shohei Watanabe

  • 9
  • 3685

ポーランドをのんびり+登山に挑戦

大自然
ポーランドをのんびり+登山に挑戦

2014-08-07 - 2014-08-15

  • 29
  • 新田浩之(Nitta Hiroshi)
3回目のポーランド。首都ワルシャワ、西部ヴロツワフ、そして、ポーランドのリゾート地、カルパチに行きました。さらに、ポーランド、チェコの国境の山、スニェシュカ山に登りました。カルパチ、スニェシュカ山にはほとんど外国人観光客がいませんでした。もったいないと思います。

作者: 新田浩之(Nitta Hiroshi)

  • 0
  • 1626

Warsaw

女子旅
Warsaw

2013-03-18 - 2013-03-20

  • 8
  • Katya Sondak
Warsaw, nurturing over 400 years of pride as a capital, is Poland’s largest city and an economic, political, and cultural centre. The symbol of the city is the Mermaid, featured on the city seal. Warsaw is a bustling metropolis and features an unforgettable history.

作者: Katya Sondak

  • 27
  • 857

Where I lice - Warsaw!


Where I lice - Warsaw!

2014-04-15 - 2014-04-15

  • 5
  • Kamil Adamiec
The city I moved to 3 years ago. In April I took a trip to see some places I usually don't have time to see. Warsaw is a beautiful, historical city...

作者: Kamil Adamiec

  • 0
  • 866

ちょっとマイナー?ポーランドで中欧の街並みを歩きました

中欧
ちょっとマイナー?ポーランドで中欧の街並みを歩きました

2005-09-22 - 2005-09-27

  • 15
  • Teramoto Itsuki
旅行経験値がまだまだ低かった私が、東欧~中欧の次に選んだ旅行先がまたちょっとマイナーなポーランドからの旅。前回の旅でちょっとユダヤ教に興味を持ったこともあり今回のポーランドで一番の目的はアウシュヴィッツ訪問です。 2回めのアエロフロート利用で、物価も控えめということでかなり予算も抑えることができました。 1日5000円~8000円くらいの予算です。 今回も一人旅ですが街歩きを楽しんでいます。

作者: Teramoto Itsuki

  • 1
  • 817

Warsaw weekend


Warsaw weekend

2014-06-21 - 2014-06-22

  • 8
  • Valentyna Kuznetsova
We decided visit Warsaw with my boyfriend and we were pleased how nice was this town. The new modern buildings are standing close to the soviet-style grand architecture, the old town streets are narrow but very clean and crowdy. The Polish cuisine was similar to Ukrainian and Czech but with own charm and flavour.

作者: Valentyna Kuznetsova

  • 6
  • 722

ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて


ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて

2015-09-07 - 2015-09-08

  • 22
  • 新田浩之(Nitta Hiroshi)
ポーランド、ワルシャワからスタートして3ヶ月に渡る中欧、東欧の旅が始まりました。最初の都市はワルシャワ。だいたい、見所は見終わっているので、マニアックな博物館と美しい青空を撮影しました。他ではなかなか見られない旅行記だと思います。詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。なお、現在ですとポーランド航空で、成田空港からワルシャワまで10時間30分です。 Tabi-PROG http://tabiprogress.click/

作者: 新田浩之(Nitta Hiroshi)

  • 0
  • 735

ワルシャワ - 4月の銀世界


ワルシャワ - 4月の銀世界

2013-04-03 - 2013-04-05

  • 9
  • いしかわみゆき
業務渡航で1週間ほどワルシャワに行きました。あまり観光的要素はないのですが、めずらしく4月の銀世界を見ることができました。

作者: いしかわみゆき

  • 2
  • 575

白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ) 白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)

白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ) トップへ