Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Shohei Watanabeさんのログブック(旅行記)「トルコ東部 クルドの人たち」

トルコ東部 クルドの人たち

2013-09-02 - 2013-09-07 44 4988 36
Shohei Watanabe
Travel Collector
Shohei Watanabe
  • 40s / male

グルジアからイラクのクルディスタン地域へ行く予定が、ビザ発給の変更で入国できず。
トルコのクルド人地域で数日過ごすことに。

みんな人懐っこく愛らしい人で予想外な良いひと時を過ごす。

前回 グルジア
https://www.compathy.net/tripnotes/747
次回 ブルガリア
https://www.compathy.net/tripnotes/842

写真
http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157638874456296/

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 22013/09/03

Hak Dinlenme Tesisleri Erzurum, Turkey

Hak Dinlenme Tesisleri(エルズルム, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

エルズルムからワン行きのバスに乗り、途中休憩。

  • Loved to be there!

Kâzım Karabekir Caddesi Van Province, Turkey

Kâzım Karabekir Caddesi(ヴァン, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

ワン着。今日の移動はこれで終わり。
トルコ人は「ワン」という。
クルド人は「ヴァン」という。

長距離バスターミナルと街は少し離れているので、どうしてもタクシーを使わなければならない。

宿を探していると、若者2人が親切に連れて行ってくれて、値段も交渉してくれた。
チップも必要ないと去っていった。
超親切。

  • Loved to be there!

Van Van Province, Turkey

ヴァン(Van)(ヴァン, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

もう最高に美味しいのであります。

  • Loved to be there!

Day 32013/09/04

İlham Lokantası Şırnak Province, Turkey

İlham Lokantası(シュルナク, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

ワンからシロピのバスターミナル、そこからイラクのザホ行きのミニバンに乗る。
シロピのイラク入国手続き所?にて運転手が手続き。

  • Loved to be there!

habur sinir kapisi Şırnak Province, Turkey

habur sinir kapisi(シュルナク, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

イラクとの国境
先に見えるのはトルコの出国ゲート
国境越えのトラックの長蛇の列が並ぶ。

  • Loved to be there!

Kurdistan-Turkey Border Duhok, Iraq

Kurdistan-Turkey Border(Duhok, イラク)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

イラクとクルディスタンの国旗がなびく。
イラク(クルド人自治区)入国ゲート。
前年まで日本人はここでビザが取得できた。
本年からは在トルコイラク大使館でのビザ取得に変更になったことを知らず。
入国を拒否されピックアップトラックの荷台に乗ってトルコへ強制送還(?)。

  • Loved to be there!

habur sinir kapisi Şırnak Province, Turkey

habur sinir kapisi(シュルナク, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん) - 02

イラク/トルコ国境間の橋にて。
渋滞により皆外に出て暇をもてあそぶ。

イラククルド人自治区に行けなかった僕のことを知り、皆親切に情報をくれる。

このときまだ日本人が国境でビザ取得ができなくなったことを知らずにいた。

皆親切にイラクに入国できるはずだと方法を教えてくれる。
英語ができるクルド人を紹介してくれ、この写真のあと再度イラクに向かう。

そこでやっとビザ取得の条件が変わったことを知る。

前回と同じ国境のスタッフが現れ、トラックで再度トルコに帰る。

スタッフは「またお前か!(たぶん)」と笑いながら指をさす。
国境を2往復し、パスポートはトルコ入出国のスタンプだらけになってしまった。

このやり取りに10時間ぐらいかけてしまった。。

Day 42013/09/05

ジズレ Şırnak Province, Turkey

ジズレ(シュルナク, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん) - 05

イラク入国失敗後いろいろあってジズレのクルド人の民家に泊まる。
クルド人民家の部屋にて。
イラクのクルディスタン地区大統領の写真が飾ってある。

  • Loved to be there!

ジズレ Şırnak Province, Turkey

ジズレ(シュルナク, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

クルド人の家や家族の役割、過ごし方を知る。子供たちもみな働く。

  • Loved to be there!

ジズレ Şırnak Province, Turkey

ジズレ(シュルナク, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん) - 02

村に外人が来たと、近所から子供達が集まってきた。

  • Loved to be there!

Nusaybin Mardin Province, Turkey

Nusaybin(Mardin Province, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

ジズレからマルディンへ向かう。
シリアとの国境線沿いのハイウェイをバスは走る。
あの策の向こうは内戦中だ。

  • Loved to be there!

エルズルム(トルコ)|「マルディンからディヤルバクルのミニバスで移動の途中、
腹痛に襲われる。たまらずバスを降りて、道路沿いの喫茶店(?)でトイレを借りた。

店主は大笑いしながらトイレを貸してくれ、チャイをただでごちそうしてくれた。

僕のスマホを珍しそうにいじりながら、
「あ、俺が写った(多分)

マルディンからディヤルバクルのミニバスで移動の途中、
腹痛に襲われる。たまらずバスを降りて、道路沿いの喫茶店(?)でトイレを借りた。

店主は大笑いしながらトイレを貸してくれ、チャイをただでごちそうしてくれた。

僕のスマホを珍しそうにいじりながら、
「あ、俺が写った(多分)」

電話で「日本、日本」と誰かに話している。
しばらくすると、近所の人が僕を見に集まってきた。

エルズルム(トルコ)|「トイレを借りて近所の人とお茶した喫茶店(?)」トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

トイレを借りて近所の人とお茶した喫茶店(?)

広場 Diyarbakır Province, Turkey

広場(Diyarbakır Province, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

ディヤルバクル着。
住人のほとんどがクルド人。クルド人の首都と言ってもいい重要な街。
かつてクルディスタン労働党(PKK)がゲリラ闘争を開始した地。

  • Loved to be there!

Surp Giragos Ermeni Kilisesi Diyarbakır Province, Turkey

Surp Giragos Ermeni Kilisesi(Diyarbakır Province, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

アルメニア教会。
アルメニア人は第一次世界大戦後にほとんどが街から追放された。
地元の人は親切に場所を教えてくれた。

  • Loved to be there!

ディヤルバクル Diyarbakır Province, Turkey

ディヤルバクル(Diyarbakır Province, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん) - 07

途中公園で妙に気が合い盛り上がった若者たち。
家に帰るらしい。

ディヤルバクル Diyarbakır Province, Turkey

ディヤルバクル(Diyarbakır Province, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

ディヤルバクルの城壁で出会ったみなさん。
青いスカーフの女性に2ショットで写真を頼まれ、思わず手で肩を寄せてしまった。

宗教的にまずかったかと感じ、謝ると
そんなのいいのよ
と向こうから腕を組んできた。

世俗主義のトルコとはいえ、ここはクルドだし、、
イスラムは難しい。。

  • Loved to be there!

Hotel Buyuk Kervansaray Diyarbakır Province, Turkey

Hotel Buyuk Kervansaray(Diyarbakır Province, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

ひょんなことでクルド人の結婚披露宴に参加。
地元のフォークダンスもみんなと一緒に踊ることに。
ステップが難しかった。

  • Loved to be there!

Hotel Buyuk Kervansaray Diyarbakır Province, Turkey

Hotel Buyuk Kervansaray(Diyarbakır Province, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん) - 03

新郎の学校の英語の先生が僕をずっと世話してくれた。
新郎新婦に僕を紹介する。
先生「こちら日本から」
新郎新婦「まあ、とおいところからわざわざ」
僕「おめでとうございます」

わざわざ来たわけではないですけどね。。

Day 62013/09/07

esenler otogar Istanbul, Turkey

esenler otogar(イスタンブール, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

ディヤルバクルからバスで約25時間、イスタンブルのバスターミナルに到着。
どうしようかと思ったら、30分後にブルガリア方面のエディルネ行きバスがあるので、飛び乗った。

  • Loved to be there!

Selimiye Camii Edirne Province, Turkey

Selimiye Camii(Edirne Province, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

オスマン帝国の実質上の首都であったエディルネ。
ギリシャ国境まで5km
ブルガリア国境まで10km
セリミエモスクは世界遺産。

  • Loved to be there!

Arslanlı Tesisleri Edirne Province, Turkey

Arslanlı Tesisleri(Edirne Province, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

エディルネから先は公共交通機関がないのでタクシーで15分ほど行ったArslanliドライブインまで。
そこからブルガリア行きのミニバスが出る。

  • Loved to be there!

Kapıkule Sınır Kapısı Edirne Province, Turkey

Kapıkule Sınır Kapısı(Edirne Province, トルコ)|トルコ東部 クルドの人たち(Shohei Watanabeさん)

トルコ~ブルガリア国境
ミニバスの運転手は国境の免税店で買った大量の煙草をバスの天井に隠す。
ギリシャとトルコ双方で国籍を持つ。

再度旧共産圏へ入っていく。
運転手「ようこそ暗いブルガリアへ」

ブルガリアへ→
https://www.compathy.net/tripnotes/842

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

【モスクが輝くアラビアンナイト】ヨーロッパ、中東、アジア3大陸の美しさを持つトルコ・イスタンブール

一人旅
【モスクが輝くアラビアンナイト】ヨーロッパ、中東、アジア3大陸の美しさを持つトルコ・イスタンブール

2013-11-11 - 2013-11-13

  • 31
  • 田島知華(たじはる)
親日国としても有名なトルコ。国の位置がちょうど各大陸の境目になっているため、街はヨーロッパや中東、アジアの雰囲気を併せ持っています。そんなイスタンブールでスーク巡りをしたり、モスクへ入ったり、有名な絶品B級グルメまで食してきました!

Travel Collector: 田島知華(たじはる)

  • 4
  • 6167

トルコ旅行2013

一人旅
トルコ旅行2013

2013-07-13 - 2013-07-13

  • 15
  • Asuka Kawakami
  • Miho Seki
大好きな世界遺産にいっぱい訪れる事ができて大満足♪いろいろあったから、もう1人では行かないと思うけど、今度は家族で行きたいな〜!

Travel Collector: Asuka Kawakami

  • 5
  • 2006

母と2人でトルコ旅ちょっとだけアブダビ

世界遺産
母と2人でトルコ旅ちょっとだけアブダビ

2012-08-12 - 2012-08-17

  • 70
  • Yasuko Kimura
トルコにはちょっとした思い入れがあり、母と2人旅で行ってきました。お目当てはカッパドキアの奇岩群とパムッカレの石灰棚とイスタンブールの待ち歩き!母と二人なので貧乏旅行はできないけど、やっぱりツアーはイヤなので、フリープランのツアーを探して・・・。そしたらトランジットのアブダビで時間がありそうだったので、アブダビについて調べているうちにお目当てが一個増えちゃいました。飛んでイスタンブ~ル♪を口ずさみながら久々の中東へ!

Travel Collector: Yasuko Kimura

  • 21
  • 21889

見てるだけで幸せ♥エキゾチックなトルコ雑貨

女子旅
見てるだけで幸せ♥エキゾチックなトルコ雑貨

2014-09-03 - 2014-09-10

  • 10
  • Alice
トルコの雑貨は可愛い!カラフル!安い! 可愛いと思っても、滅多に買わないこの私が 悩み、悩み、悩んで末に購入したトルコ雑貨。 眺めているだけで幸せな気分になれる♡ そんなトルコ雑貨の魅力と、購入に関するプチ知識を旅にまとめました。 ※トルコ関連ログブック※ 【トルコ】2日でさくっとイスタンブールの世界遺産巡りhttps://www.compathy.net/tripnotes/11225 【トルコ】17000円の価値あり☆カッパドキア 気球ツアー https://www.compathy.net/tripnotes/11312

Travel Collector: Alice

  • 11
  • 10868

真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -


真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -

2009-01-09 - 2012-07-07

  • 55
  • Misaki Tachibana
ひとり旅の第一国目、トルコ。行きたい理由なんて特にない。親日?トルコアイス?理由なんて何でも良い。ただ行きたかった、それだけで日本を飛び出した。ヨーロッパとアジアの交差点であるトルコに到着したのは夏真っ盛りの6月末。空が眩暈を起こしそうなくらい青く高く、地面は目を焼くほど白く火照っていた。そんな、ほくほくと人も大地もあったかい国、トルコ周遊の第一章。はじまりはじまり。

Travel Collector: Misaki Tachibana

  • 12
  • 10221

色で見る大自然

世界一周
色で見る大自然

2013-12-04 - 2015-02-09

  • 26
  • Hiroharu Zoshiki
僕は先日世界一周の旅から帰国しました。この旅の目的の一つは理科教師として生徒に教える「理科ネタ」探しです。従って、このログブックは、その為に撮った写真の中の大自然を色に焦点を当てて紹介したいと思います。

Travel Collector: Hiroharu Zoshiki

  • 24
  • 10507

トルコひとり旅

世界遺産
トルコひとり旅

2013-10-05 - 2013-10-11

  • 39
  • kiki
はじめての海外ひとり旅。カッパドキア→パムッカレ→イスタンブールとまわりました。片言の日本語で話しかけられまくりでした。戸惑うこともあったけど、ほぼみんな親切でたのしかった!!

Travel Collector: kiki

  • 10
  • 8733

Istanbul 2009 - フレンドリーでエキゾチックな、飛んでイスタンブール!

世界遺産
Istanbul 2009 - フレンドリーでエキゾチックな、飛んでイスタンブール!

2009-09-19 - 2009-09-20

  • 37
  • Akiyuki Minami
MBA留学のあと、活気溢れるイスタンブールの喧騒の中、イギリスを去る寂しさと、日本に帰る楽しみを一人で味わおうとした旅。

Travel Collector: Akiyuki Minami

  • 19
  • 8317

トルコ東部 クルドの人たち トルコ東部 クルドの人たち

Back to Top of トルコ東部 クルドの人たち