Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Figiel Figiel Figielさんのログブック(旅行記)「Uzbekistan: There and Back」

Uzbekistan: There and Back

2014-08-12 - 2014-08-125 Episodes

A couple of heat (>100ºF) days in probably not the most popular destination.

  • 1Favorite
  • 290view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/08/12

Bukhara Samarkand Province, Uzbekistan

Bukhara(サマルカンド, ウズベキスタン)|Uzbekistan: There and Back(Figiel Figiel Figielさん)

Bukhara is the city of some maginificient ancient stuff.

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Tashkent Street Samarkand Province, Uzbekistan

タシュケント通り(Tashkent Street)(サマルカンド, ウズベキスタン)|Uzbekistan: There and Back(Figiel Figiel Figielさん)

On the Tashkent's market you'll find all kind of stuff (and exchange money).

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Tashkent Street Samarkand Province, Uzbekistan

タシュケント通り(Tashkent Street)(サマルカンド, ウズベキスタン)|Uzbekistan: There and Back(Figiel Figiel Figielさん) - 02

And that's the modern train from the Uzbekistan's capital to Samarkand.

  • Loved to be there!

Bukhara Tashkent Province, Uzbekistan

Bukhara(Tashkent Province, ウズベキスタン)|Uzbekistan: There and Back(Figiel Figiel Figielさん)

And some other view of Bukhara. Progress stil in progress.

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 1Favorite
  • 290view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜

シルクロード
カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜

2014-09-25 - 2014-09-25

Read more

  • 17Episodes
  • Nakano Takayuki
アラル海。 - かつては世界で四番目に大きな湖が、今やなくなりかけていて、 あと数年で姿を消すとまで言われている。 - と言うわけで行って来ました! - 現地の人みたく、バスを駆使! 片道3ドル、3時間半。 アラル海の漁で栄えていた町モイナク。 - 着いて、どうしようかなーとキョロキョロしてたら、 「おい、乗れ」と運転手と3人の若者が乗る車に言われて、 どこに行くかも聞かずに乗せられる。 - 若者たちが学校で降りたあと、 「で、お前は何処に行くんだ?」 - 今、聞く? - まー、乗る方も乗る方だけど。 - - 船の写真見せたら、連れてってくれた。 船の墓場。 - - トルコ人のツアー客が何人が居た。 - (ジープで元々は海の底だったとこを突っ切って、今の海岸線まで行くツアーが出てる。一日で50~80ドル、一泊で150~200ドルくらい) - 僕は3時のバスまで、自由時間。 250km先にある、今の海岸線まで行く時間はなく、かつての海岸線を歩く。 - まるで砂漠なのだが、 足元には貝殻がある。 - - 昨日、ヒヴァでは命の連続を感じた。 遺跡の中に、今も人が日常を送っているからだ。 - 今日は、命の断絶を感じた。 つながるはずのバトンが途切れたような、そんな感覚。 - - ツアーじゃないから、 一人の時間が長い。 - - 色んなことを思う。 - あまりに広い「失った海」。 世界は、この海より遥かに広い。 - まだまだ見たい世界が広がってる。 立ち止まるにはもったいないほどの。 - - 行こうと思えば、どこだって行ける。 - 一歩一歩、どこに向かうか決めてさえいれば。 いつまでに、着くか決めてさえいれば。 - 風の音だけが無為に聞こえる一人の時間が、 忘れない時間を、身体に刻み込んでく。 - - 作りかけの建物に入ると、 なぜか、鳥肌がやまなかった。 - どんな想いが、 ここに残されてるのか。 - ここには、あったはずの水が「無い」。 - - 「無いこと」が有り、 それが、僕らに何かを残す。 - - <シルクロードのログブック> ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。 https://www.compathy.net/tripnotes/18588 キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18672 - ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18850 - カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18633

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 3
  • 964 views
Uzbekistan: There and Back Uzbekistan: There and Back

Back to Top of Uzbekistan: There and Back