Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Shohei Watanabeさんのログブック(旅行記)「アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー」

アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー

2013-08-23 - 2013-08-25 34 3889 28

旧ソ連で独裁国、イスラム国。まったく想像のできないアゼルバイジャンでしたが、油田のおかげか、経済は好調のようです。
世界中からショッピングモールに有名ブランドが来ており、街はすばらしく清潔、いまだリノベーション中でした。旧市街も観光地として申し分なし。

大統領が父子世襲という北朝鮮のような政権下でありながら油の恩恵を被っているアゼルバイジャン。
旧市街は全体が世界遺産となり風光明媚に整備され、新市街は素晴らしくお洒落な街として生まれ変わりを果たしている。
「地球の歩き方」にはロシア編の後ろのほうに「コーカサスの国々」そしてバクーが数ページ紹介されているだけ。

旧ソ連の未だ怪しい国と思いきや、行ってみれば素晴らしき観光立国となりつつあるバクー。この国は、油が切れた後をしっかり考えて進んでいるのかもしれません。

前回
https://www.compathy.net/tripnotes/700
次回
https://www.compathy.net/tripnotes/747

写真はこちら
http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157638003363806/

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2013/08/23

Heydar Aliyev International Airport (GYD) バクー, アゼルバイジャン

Heydar Aliyev International Airport (GYD)(バクー, アゼルバイジャン)|アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー(Shohei Watanabeさん)

深夜に到着したヘイダル・アリエフ国際空港
ヘイダル・アリエフは現大統領の父。
父子世襲の大統領国家。
タジキスタン22:00発バクー2:00着の国際便のスケジュールって何なの??

  • 行ってよかった!

旧市街 バクー, アゼルバイジャン

旧市街(バクー, アゼルバイジャン)|アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー(Shohei Watanabeさん) - 04

旧市街の大通りは美しく整備されて今後の観光としての価値は期待されるばかり。

  • 行ってよかった!

Cəfər Cabbarlı Meydanı バクー, アゼルバイジャン

Cəfər Cabbarlı Meydanı(バクー, アゼルバイジャン)|アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー(Shohei Watanabeさん)

鉄道駅前の広場の歴史的な建物にはKFCが入ってました。Free wifiで便利です。
地元の若者が集まってました。

  • 行ってよかった!

ビーチ バクー, アゼルバイジャン

ビーチ(バクー, アゼルバイジャン)|アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー(Shohei Watanabeさん)

黒海沿いのビーチ
長い散策路で、カップルが和んでいました。

  • 行ってよかった!

公園 バクー, アゼルバイジャン

公園(バクー, アゼルバイジャン)|アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー(Shohei Watanabeさん)

タジキスタンからの飛行機が深夜2時についてしまったので、公園のベンチで野宿。朝日がきれいでした。

  • 行ってよかった!

2日目2013/08/24

旧市街 バクー, アゼルバイジャン

旧市街(バクー, アゼルバイジャン)|アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー(Shohei Watanabeさん) - 02

高いビルのライトアップは、写真のように炎が揺れたり、人が国旗を振ったりします。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

Baku Azerbaijan

baku
Baku Azerbaijan

2014-02-01 - 2014-03-29

  • 5
  • Hu Salih
It is one of the greatest countries in the world. Different beautiful cities in one Country. It was a great time

作者: Hu Salih

  • 0
  • 356

アルメニア公認国家!魅惑の珍スポット、ナゴルノカラバフに潜入!

世界一周
アルメニア公認国家!魅惑の珍スポット、ナゴルノカラバフに潜入!

2013-09-19 - 2013-09-19

  • 14
  • Natsumi Daizen
ナゴルノカラバフ、私もこの地域にこなければ知ることはなかった国。この国はアゼルバイジャンの領地内にあり、アゼルバイジャンは認めておらず、隣国のアルメニアは公認している国である。仲が悪いということはナゴルノカラバフにビザを持っていると、アゼルバイジャンに入国することはできないのだ。なぜ私がこの国に来たのか、それは想像をはるか上回るほどの、シュールな国という噂を耳にしたからである。言葉はロシア語で英語は通じない、地図もないので情報はゼロ、そんなナゴルノカラバフへ行ってきた。

作者: Natsumi Daizen

  • 7
  • 12659

母と2人でトルコ旅ちょっとだけアブダビ

世界遺産
母と2人でトルコ旅ちょっとだけアブダビ

2012-08-12 - 2012-08-17

  • 70
  • Yasuko Kimura
トルコにはちょっとした思い入れがあり、母と2人旅で行ってきました。お目当てはカッパドキアの奇岩群とパムッカレの石灰棚とイスタンブールの待ち歩き!母と二人なので貧乏旅行はできないけど、やっぱりツアーはイヤなので、フリープランのツアーを探して・・・。そしたらトランジットのアブダビで時間がありそうだったので、アブダビについて調べているうちにお目当てが一個増えちゃいました。飛んでイスタンブ~ル♪を口ずさみながら久々の中東へ!

作者: Yasuko Kimura

  • 14
  • 16345

ヨーロッパ8か国一人旅

世界遺産
ヨーロッパ8か国一人旅

2013-06-03 - 2013-07-13

  • 51
  • Maddy
2013年、自分を変えるため、西洋文化史に直接触れるため、そしてメタルフェスに行くために8か国を旅してきました。はじめての海外旅行がまさかこんな旅になるとは!全て自分でオーガナイズ。今思えばよくやったなぁと思います。 香港→オランダ→ドイツ→オランダ→イタリア→イギリス→フランス→ベルギー→ドイツ→チェコ→ドイツ→フィンランド 行ったフェス→DOWNLOAD FESTIVAL2013@イギリス、OBSCENE EXTREME FESTIVAL13@チェコ

作者: Maddy

  • 27
  • 19490

【ロンドン一週間満喫の旅】女子一人でマイペースにロンドン観光

世界遺産
【ロンドン一週間満喫の旅】女子一人でマイペースにロンドン観光

2014-02-17 - 2014-02-23

  • 14
  • Yumi Nakamura
来ちゃいました!ロンドンです!イギリスと言えば何を思い付きますか?私はアフタヌーンティーやハリーポッターやシャーロックホームズやピーターパンを思い付きます。俳優で言えば、ジョニーデップやオーランドブルームあたりですかね。 ロンドンの街並を日本に例えると銀座らへんが妥当でしょうか。歩いてるだけでなんだか上流階級にいるような気品のある街並です。その背景には凄まじい黒歴史も残っているであろう。さて今回はいろんな所に行ってきました。

作者: Yumi Nakamura

  • 13
  • 73418

モロッコ:アーティストを魅了する国

世界遺産
モロッコ:アーティストを魅了する国

2010-07-30 - 2010-08-06

  • 18
  • Hideki Tanaka
写真家、画家、作家、ミュージシャン。世界中のアーティストに愛される土地だと知って興味を持ったモロッコ。トラベルカルチャー誌「TRANSIT」のモロッコ特集が決め手となり、航空券を手配。初めてのアフリカ、初めてのイスラム圏。いつものカメラと15本のフィルムをバッグに入れモロッコへ。

作者: Hideki Tanaka

  • 53
  • 11043

世界一危険な都市から始まる、カリブ海 〜 マヤ遺跡 〜 原住民の村

世界遺産
世界一危険な都市から始まる、カリブ海 〜 マヤ遺跡 〜 原住民の村

2014-02-15 - 2014-03-02

  • 14
  • Daisuke Taniwaki
世界一危険な都市サンペドロ・スーラから飛行機で入国し、前半はUtila島、ベリーズの世界遺産ブルーホールでダイビング三昧。後半は内陸に移動し、マヤの遺跡やグアテマラ原住民の村をぶらぶら。 中米諸国は危険と言われているが、それは一部の地域・人であって、人々は基本的に優しかった。遺跡や自然がいっぱいで、動植物も種類が多くて飽きない。 スペイン語圏が多く、英語はほとんど通じないけど、それがまた楽しい!

作者: Daisuke Taniwaki

  • 13
  • 11585

これが学校?もはや世界遺産レベル⁉バリを訪れたら絶対に見るべきグリーンスクールの驚異的な建築群

世界遺産
これが学校?もはや世界遺産レベル⁉バリを訪れたら絶対に見るべきグリーンスクールの驚異的な建築群

2014-10-08 - 2014-10-08

  • 58
  • Masayuki  Oka
バリ島観光ツアーの中でも人気急上昇中なのが、グリーンスクール見学ツアー。 連日100人以上の見学者がこの学校へやって来ます。 こんな学校は、世界でもここだけでしょう。 もはや「学校界の世界遺産」といっても過言ではないくらいです。 その驚くべき建築物を中心にまとめてみました。

作者: Masayuki Oka

  • 10
  • 19004

アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー

アゼルバイジャン ポテンシャル高きバクー トップへ