Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Vincenza Vicky Maione (美貴)さんのログブック(旅行記)「Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」」

Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」

2014-01-23 - 2014-01-2320 Episodes
Vincenza Vicky Maione (美貴)
Travel Collector
Vincenza Vicky Maione (美貴)
  • 20s / female
  • Italy
Places visited
Italy

皆さん、今日は!
電車が好きなら、こういう記事を読まないと駄目だと思います。なぜなら、今回はナポリの最近変更された地下鉄のLinea 1(リネア・ウーノ「1線」)の新しい駅についてお話しようと思いますから。
これまで、ナポリだは地下鉄の駅が結構古いし、あんまりかっこよくないと思いました。しかし、2000年代に革命的な予定が出来て、ナポリの一番有名な観光地や大学の場所などを繋がる為に段々新しくてモダンアートのような駅を造ることになりました。その駅の建築家が世界中のどこからの有名な方だそうです。
この間、ナポリ中央駅にいて新しい地下鉄の駅を見てみようと思ってつい1の線に乗っちゃったのです。

  • 8Favorite
  • 2448view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/01/23

Stazione Garibaldi Campania, Italy

ガリバルディ駅(Stazione Garibaldi)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 03

とりあえず、こちらの写真をご覧ください。
これは1の線の電車の見た目です。他の線は更新していないのでまだまだ古くて水色の電車が利用されていますが、ナポリの綺麗な場所に行きたいならここの電車に乗るしかありませんよ!
この線が「Metronapoli」とも命名されたみたいです。Metroというのはメトロ(東京メトロのメトロね)、Napoliはもちろんナポリ。分かりやすいじゃないですか。
中身も小さいながらも、綺麗です。
新しい1の線は、Piscinola(ピシーノラ)行きです。その逆行は、Garibaldi(ガリバルディ)行きです。もちろん、終点はピシーノラ駅とガリバルディ駅であります。

  • Loved to be there!

カンパニア(イタリア)|「ここの写真はガリバルディ駅の次の駅で撮ったからGaribaldi駅もUniversita'駅も読めません。ですけれど、ここの面白いのはカラフルな丸い印です。
その印があると、あそこの駅はStazione dell'arte(スタツィオーネ・デッラールテ),つまり、「美術の駅

ここの写真はガリバルディ駅の次の駅で撮ったからGaribaldi駅もUniversita'駅も読めません。ですけれど、ここの面白いのはカラフルな丸い印です。
その印があると、あそこの駅はStazione dell'arte(スタツィオーネ・デッラールテ),つまり、「美術の駅」という場所です。ようすると、その駅の建築・デザインはただの駅としてではなく、アートとして考慮しなければなりません。
やはり、去年の年末年始の間に要望する方は無料でその駅をツアーに連れて行かれたそうです。情報はこちら(イタリア語):http://www.napolike.it/metroart-speciale-natale-2013-napoli
私が訪ねた駅はGaribaldi・Universita'・Toledo・Danteです。

  • Loved to be there!

Stazione Garibaldi Campania, Italy

ガリバルディ駅(Stazione Garibaldi)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 02

1停車駅・Stazione Garibaldi (ガリバルディ駅)

ナポリは主な広場の一つがガリバルディ広場です。名前は、イタリアの統一を実際に行った人から取られています。
さすがに、その良将の像はあそこで見つかります。像の下側に、ガリバルディ氏の1000人の兵軍たちは彫刻されています。その人たちが、1000人だったからこそ、ガリバルディのMille(「ミッレ」、つまり、1000人)か、「ガリバルディー二」(ガリバルディの子)とおも言われています。
ガリバルディ広場にナポリ中央駅があります。最近段々変更しているから、お店でいっぱいになってきています。5年間前ぐらいと比べて、異常に綺麗になったと言えよう。
ちなみに、イタリアで初めての鉄道はどこだとご存知でしょうか。ナポリですよ!!

ナポリ中央駅の前側に、長年から工事中です。さもしい人がナポリは工事・ごみだらけの町だと観光客に対してナポリを馬鹿していますが、ナポリのあっちこっちの工事の基礎的な理由は、地下鉄を造りながらギリシャ・ローマ時代の遺跡が沢山発見されたことである。
特に、ガリバルディ駅を完成するのは大変そうでした。
ガリバルディ駅がいつ始まったかをご存知ですか。これまで、一番新しい駅ですよ。去年(2013年)の12月31日に開催されましたよ!中央駅の方の部分はまだ完成していませんが、中身はもう開いていますので向こうに入り口があります~
この写真は、切符売り場の方とエスカレータの見た目です。
建築家はフランス人のDominique Perraultであります。

  • Loved to be there!

Stazione Garibaldi Campania, Italy

ガリバルディ駅(Stazione Garibaldi)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん)

駅はさすがに綺麗ですが、私が想像したほどそんなに素晴しい駅じゃないと思います。
なぜなら、私はナポリ人としてその駅が鉄張りでちょっと冷たさを感じました。でも、それは私がまだ慣れていないからかな。
このコラージュは、左にエスカレータ、右は鉄張りの壁です。

  • Loved to be there!

Stazione Garibaldi Campania, Italy

ガリバルディ駅(Stazione Garibaldi)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 04

エスカレータが終わると、こいう鏡の壁になります。あの人は、鏡に着けてある写真ですよ。
色々なタイプの人の物語は語っている気がするので、いいアイデアだと思います。
それに、もっとにぎやかに見えます!

  • Loved to be there!

Stazione Garibaldi Campania, Italy

ガリバルディ駅(Stazione Garibaldi)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 05

ここはピシーノラ行きのホームです。
こんな大きい文字で書いてある停車駅を始めて見ました!
で、次は大学!

  • Loved to be there!

Piazza Bovio Campania, Italy

ボヴィオ広場(Piazza Bovio)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 02

2停車駅.Università(「ウニヴェルシター」。大学前)

Universitàというのは「大学」という意味です。
ここの駅が最近修復されたBovio(ボーヴィオ)広場の地下にあります。
ただ、Bovio広場の大切な建物は大学じゃなくて、ナポリの中央銀行ですよ!出たらすぐその前です。
銀行の中は、商工会議所が見つかります。

駅を出てから、せいぜい5分歩くと大学の地区になります。
左側にナポリ東洋大学もあるMezzocannone(メッゾカンノーネ)通り(坂道)、前の方に世界中の一番古い公立大学のフリドリッヒ2世の主な建物、右に同大学の哲学科や法律学科もあります。
東洋大学は、ベニスのCa Foscari大学とともに、ヨーロッパの一番古いアジア学科の大学の一つです。それから、早くSpaccanapoli通りに行きたいなら、Mezzocannone通りを上れば着けますよ~
建築家は Alessandro Mendiniですが、私にとってはここの駅にデザインが象徴的です。デザイナーはアラビアで生まれたカナダ人の Karim Rashidです。
この駅も結構新しいです。開催は2011年3月26日でした。駅の深さは、
30メトロだそうです。

  • Loved to be there!

Piazza Bovio Campania, Italy

ボヴィオ広場(Piazza Bovio)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 03

これまで、ここは一番きに入った駅です。
ショッキングピンクが大好きのが関係もあるだろう。。(笑)

  • Loved to be there!

Piazza Bovio Campania, Italy

ボヴィオ広場(Piazza Bovio)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 04

若者にぴったり合うカラフルでバリエーションも一杯あるデザインですよね!
ここは、ピンクの壁とあそこの床のデザイン。。

  • Loved to be there!

Piazza Bovio Campania, Italy

ボヴィオ広場(Piazza Bovio)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん)

エスカレータを上りあがって、ゲームっぽい天井と可愛いオレンジの床!
壁に、天井と同じ様な電灯。
下側に、独特のベンチ。(コラージュです)

  • Loved to be there!

Piazza Bovio Campania, Italy

ボヴィオ広場(Piazza Bovio)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 05

エスカレータを上る前に床のサイクデリックなデザインをご覧どうぞ!

  • Loved to be there!

Piazza Bovio Campania, Italy

ボヴィオ広場(Piazza Bovio)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 06

またエスカレータ!
ただ、今回は壁が青です~
壁の詳細は右であります。

  • Loved to be there!

Piazza Bovio Campania, Italy

ボヴィオ広場(Piazza Bovio)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 07

ここは最後、駅の入り口です。凄いモダンらしいでしょう。

よし、次!

  • Loved to be there!

Via Toledo Campania, Italy

トレド通り(Via Toledo)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 03

3停車駅.Toledo(トレード駅)

トレード駅はナポリのショッピングや観光でずっとにぎやかなトレード通りにあります。
名前は、1500年代にナポリを20年間指導したスペイン人の総督のPedro da Toledo(トレードからのペドロ)から来ます。トレード総督は、ナポリを開発させたおかげでナポリの歴史に関して間違えなく大事な人物であります。
トレード通りを歩くと、ウンベルト1世のアーケード、素敵な服屋さん(H&M, Zara, Pull and Bearなど)、伝統的なレストラン(Nennellaは有名)、プレビシート広場にあるブルボン家の王宮パレース、San Carlo劇場、Nuovo城や、遠くに海とヴェズヴィウス火山の素敵な景色も見えます。
駅から反対の方に行くと、Dante広場になります。
この駅の言いたいことは、綺麗より、広さでビックリさせるということです。私だけじゃなく、他の乗車も頭を上げて高い天井とその青い光を観察していたから。
この駅はDaily Telegraphという雑誌によると、ヨーロッパの一番魅力的な駅の一つだとWikipediaにそう書いてあります!!!

建築家は、スペイン人のÓscar Tusquetsです。工事中に、Toledo総督時代の遺跡も発見されたそうです。その遺跡が、スペインのアラゴン家に建設させられた壁や、ローマ時代からのあるものも見つかりました。
駅を出たら、William Kentridgeさんの「トレードの騎士」という近代的な像です。

この駅のデザインはナポリの海が基準です。
一番深いとこは、壁も青いし、天井もレッド光も青っぽいし、エスカレータの手摺も波の形にしています。
なお、エスカレータを上る前に長い道路を歩かなければなりません。あそこの壁には海の絵がありますが、その絵を動いてじろじろすると、波も動くとビックリ!
開催は2013年9月18日でした。

  • Loved to be there!

Via Toledo Campania, Italy

トレド通り(Via Toledo)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん)

エスカレータを上りながら、天井からとっても青い光が降りてきます。
頭を上げて、深そうなトンネルから素晴しい青い光だと気づきました。
あの天窓は見ないと残念ですよね。

  • Loved to be there!

Via Toledo Campania, Italy

トレド通り(Via Toledo)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 02

上がれば上がるほど、海の代わりに土の色が来ます。そういうわけで、壁も黄土色、デコレーションもテラコッタ色です。
最後の階段を上ったら綺麗なモザイクです。
それで、土の上に深夜があるから壁は黒に変わって、星みたいなレッドで一杯であります。
トレード通りを散策するとき、この駅はお勧めです~

  • Loved to be there!

Piazza Dante Campania, Italy

ダンテ広場(Piazza Dante)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 03

4停車駅.Dante(ダンテ駅)

Gae Aulentiをご存知ですか。亡くなったばかりした女性建築家です。
この駅は、2002年にGae Aulenti さんに計画されました。
確かに、先ご紹介した駅ともっと前の駅です。1の線が更新された前まで、ここの駅から乗り換えなきゃ行けませんでした。
けっこう面倒くさかったですが、今ガリバルディ駅まで乗り換えずに走れてよかった~

  • Loved to be there!

Piazza Dante Campania, Italy

ダンテ広場(Piazza Dante)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん)

これを始めて見た時から10年間前ぐらい経ったのに、毎回駅に行くとちょっと観に止まります。
このアートはJannis Kounellisさんから発明され、Scarpe e trenini(「靴と電車」)と言います。鉄道に靴や服が掛けられて、乗車とその人々の生活という意味です。

  • Loved to be there!

Piazza Dante Campania, Italy

ダンテ広場(Piazza Dante)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 02

ホームに行くところ、大きくて可愛いモザイクと出会います。
Nicola de Mariaさんのアート。名前はUniverso senza bombe, regno dei fiori, 7angeli rossi(爆弾なしの宇宙・花の国・赤い天使7人)です。
情報はこちら:http://www.metro.na.it/metro/index.php?option=com_content&task=view&id=197&Itemid=176

  • Loved to be there!

Piazza Dante Campania, Italy

ダンテ広場(Piazza Dante)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 04

ちなみに、ダンテさんについて聞いたことがありますか。
イタリア人にとって、イタリア文学の一番大切な識者・作家であります。1300年代に長ぁいDivina Commedia(ディヴィーナ・コッメーディア、「神曲」)を書いた作家です。その作品は日本人の「源氏物語」と同じように大切です。
ここは、駅の入り口であります。そのピカピカな文字は、「神曲」の段落です。

さて、
私のベスト・ステーションのランキング:
1. 大学前駅
2. トレード駅
3. ダンテ駅
4. ガリバルディ駅
どう思いますか。ここのランキングと賛成できますか。

1の線の利点:
・ナポリ市の観光地を繋がるから便利です
・やっと乗り換える必要はなくてナポリ中央駅から直接にヴォーメロ丘まで着けます。
・電車に乗りながら素敵な近代美術を楽しめます。
・綺麗で、トイレも綺麗です。
弱点:
・説明などがイタリア語しかで書いていません。英語の標識はあまりないから、迷ったら受け付けに聞いた方がいいです。
・線が開いたばかりですから、まだまだ完成していないものもあります。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 8Favorite
  • 2448view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」 Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」

Back to Top of Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」