Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Satoko Nishiyama Fujiokaさんのログブック(旅行記)「マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)」

マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)

2007-09-21 - 2007-09-2519 Episodes
Satoko Nishiyama Fujioka
Travel Collector
Satoko Nishiyama Fujioka
  • 30s / female
  • New Zealand
Places visited
New Zealand

国を知ることは簡単ではないことはわかっていた。ただオークランド市内を歩いててもマオリと白人の目つきの違いや話す言葉が微妙に違うことは、よそものの私だって肌で感じていたこと。
白人の友達(キウイ)は出来たけど、結局最後まで、マオリの友人はできなかった。

せっかく縁あって暮らした地なのだからしっかり学んでおきたかったし、体感したことを言葉にしておきたい。いつか誰かが行くときに、役にたてるのなら、それは私にとってニュージーランドへの恩返しにつながるかもしれないと、そういった期待も込めて、記憶を辿りながら、見聞きし感じたことを記しておこう。

  • 0Favorite
  • 2281view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12007/09/21

Auckland War Memorial Museum Auckland, New Zealand

オークランド戦争記念博物館(Auckland War Memorial Museum)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fujiokaさん

オークランド博物館。って、日本語ではこう訳されていることが多いのだけれど、実際の英語表記は"war memorial"が入る。
マオリや南太平洋諸島の歴史コレクション、ニュージーランドの自然に関する展示は世界一で、世界大戦に関するギャラリー、一番上の階にはゼロ戦もあるのだとか(私はそこまでみきれなかったけれど)

  • Loved to be there!

Auckland War Memorial Museum Auckland, New Zealand

オークランド戦争記念博物館(Auckland War Memorial Museum)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fuji - 08

歴史的建造物としても有名な博物館。オークランド・ドメイン(オークランドを見下ろせる、小高い丘)中にある。ちょっとギリシャの神殿のようなつくり。

  • Loved to be there!

Auckland War Memorial Museum Auckland, New Zealand

オークランド戦争記念博物館(Auckland War Memorial Museum)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fuji - 02

マオリのショーは、毎日3回行われていて、ホール全体にそれはそれはとても大きな力のある声が響く。

  • Loved to be there!

Auckland War Memorial Museum Auckland, New Zealand

オークランド戦争記念博物館(Auckland War Memorial Museum)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fuji - 03

マオリの”ハカ”は、ALLblacksが試合前に行うので世界的に有名になった踊り。本来はマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞なんだそうで、実は、これは二部構成。

一部は、女性による優しい歌声を聞かせるパートがあり、そのあとすぐに、二部の男性の荒々しい舞にかわる。
ここではそれが両方とも短い時間で見学できた。いつまでもみていてられるほど、引き込まれる・・・。

  • Loved to be there!

Auckland War Memorial Museum Auckland, New Zealand

オークランド戦争記念博物館(Auckland War Memorial Museum)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fuji - 04

ショーのあとの記念撮影。
でも、にこりとも笑わない。
いつだって感じるのは、こういった仕事についている人達は、何を目的として何を楽しみにして、おこなっているんだろう。金銭なのか、精神的なものなのか、胸がなんだかちくちくする瞬間でもある。
でも少なくとも、私はこの土地について理解ができたし、美しい歌声をきき、ニュージーランドの歴史に思いを馳せる事ができて、得るものの多い時間だったと思っている。

  • Loved to be there!

Auckland War Memorial Museum Auckland, New Zealand

オークランド戦争記念博物館(Auckland War Memorial Museum)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fuji - 05

この表情は笑っているのではなくて、威嚇のポーズ。

後からきいた話で、ハカは本物のマオリ文化を伝える観光としてだけでなく、現代芸術としてその腕を競い合っていて、小さい年齢こどもの大会から年配者の大会まで、あらゆるレベルの様々な大会が各地で実施されているんだとかで、
それはなんだかいいねと、嬉しくなった。

  • Loved to be there!

Auckland War Memorial Museum Auckland, New Zealand

オークランド戦争記念博物館(Auckland War Memorial Museum)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fuji - 06

昔のキッチュなお菓子や子供のオモチャを展示してあるコーナーを発見。駄菓子屋のような雰囲気に思わずテンションがあがる!

  • Loved to be there!

Auckland War Memorial Museum Auckland, New Zealand

オークランド戦争記念博物館(Auckland War Memorial Museum)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fuji - 09

もうなんだかシュールすぎるこの感じがとってもツボ。ミントガムのCMに使用されたとか。
これは撮るしかないでしょう。

  • Loved to be there!

Day 22007/09/22

Wintergarden Auckland, New Zealand

ウィンターガーデン(Wintergarden)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fujiokaさん) - 02

オークランド・ドメイン内の植物園に。
ニュージーランドのシンボルマークである葉裏が白いシダを始め、ニュージーランドの森林をそのまま都会の真ん中に再現したようなエリアもあり、ここどこだっけ?!と錯覚が起きる。

  • Loved to be there!

Wintergarden Auckland, New Zealand

ウィンターガーデン(Wintergarden)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fujiokaさん)

この植物園には100種類以上ものシダが!(そんなに種類あることにびっくり) 温室内には他にも南国植物が常時咲き誇っているらしくて、とても華やか。

  • Loved to be there!

Mission Bay Auckland, New Zealand

ミッションベイ(Mission Bay)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fujiokaさん)

オークランド中心部からバスで約10分。オークランド随一の高級住宅が建ち並ぶ場所。沖にはランギトト島の姿がみえ、夏になるとヨット、ウインドサーフィンなどマリンスポーツのメッカ。う〜ん、いい雰囲気!(今の季節は冬)

  • Loved to be there!

Movenpick Auckland, New Zealand

Movenpick(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fujiokaさん)

Movenpickは本当に美味しいアイス。特にミルク味は絶品で、ニュージーランドで採れる新鮮なミルクから作っているとかで、みんなの大好物だとか。大人気のアイスクリーム屋さんで、この日も行列ができるくらい。真夏はもっとすごい人たちなんだろうな・・。
Movenpickは確かスイスの会社だったはず。
ヘルシンキ空港にもあって、もちろん即食。

  • Loved to be there!

Mission Bay Auckland, New Zealand

ミッションベイ(Mission Bay)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fujiokaさん) - 02

食べながら、スカイタワーを眺める。一緒にいた友人はもう1年以上留学していて、日本に帰りたくないと話していた。
留学して思うのは、確かに目の前のことが現実なんだけれど、どこかリアルじゃないということ。
だから私は、延長する事もできた留学を、当初の予定通り半年で区切って帰ってきた。

  • Loved to be there!

Day 52007/09/25

Mt albert Auckland, New Zealand

マウントアルバート(Mt albert)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fujiokaさん)

Advanceクラスの先生の家に呼ばれ、ラム肉を食す。ラム肉は生後4ヶ月から1年未満の子羊の肉のこと。元々ラム肉のあのにおいが苦手だったけれど、ジューシーで柔らかくて、においがない!たっぷりいただきました。

  • Loved to be there!

Mt albert Auckland, New Zealand

マウントアルバート(Mt albert)(オークランド, ニュージーランド)|マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)(Satoko Nishiyama Fujiokaさん) - 02

先生の話が止まらない。
ニュージーランドの料理は、フュージョン料理ともいわれるらしい。
狩りを主とするマオリの食文化から、ヨーロッパからの移民が持ち込んだ小麦など。さらに大きく変化したのは、1980年代の移民規制緩和。アジア系移住者の増加するにつれ、各地方の料理を出すレストランが次々とでき、ニュージーランドの食文化の幅が広がったという意味らしい。

確かにオークランドでは韓国料理屋さんが多かったし、留学生も圧倒的に韓国・中国・台湾人が多い。

私が先住民の地をひく現代のマオリから受け取ったのは、文化をつないでいく一方で、いつのまにやら入ってきた欧米・アジア人種がどこかうらめしくて、なんだかナナメにみている。けど、共存していかなきゃ生きられない。だから、ポケットに手を突っ込んで歩くさ。
なぁんて感じにみえた。
本当に、声をかけてもなかなか打ち解けられなかったのは、私の歴史背景の理解不足だったのだと痛感した。
単一民族国家の日本との大きな違いをひたすらに実感して、ニュージーランドを後にした。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 2281view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

NZ TRIP


NZ TRIP

2013-09-22 - 2013-09-26

  • 10Episodes
  • Hiroshi Yuri
ニュージーランド北島でのショートトリップ オークランドをベースにオークランド近郊のトレッキングと 2日かけてロトルア周辺エリアの探索がメイン

Travel Collector: Hiroshi Yuri

  • 2
  • 4558 views

ワイヘキ島

一人旅
ワイヘキ島

2014-02-15 - 2014-02-17

  • 20Episodes
  • Ikkoshi Ota
オークランドからフェリーで40分。 ワイナリーを多く保有するワイヘキ島へψ(`∇´)ψ 空・海の青、木々の緑が美しすぎてまさに天国のような島でした!

Travel Collector: Ikkoshi Ota

  • 9
  • 2653 views

コロマンドルでお湯加減、カセドラル・コーブであの国へワープ。

絶景
コロマンドルでお湯加減、カセドラル・コーブであの国へワープ。

2007-09-01 - 2007-09-01

  • 13Episodes
  • Satoko Nishiyama Fujioka
1Day trip、砂浜からお湯が沸くビーチと、「ナルニア物語」の舞台、アーチ状の岩窟へ。 留学中すっかりご無沙汰していたお湯にほっこり。と思えば、映画のロケ地で大興奮。 とにかく、自然の美しさがこんなにも近くにある環境の素晴らしさに、いちいち感動する。

Travel Collector: Satoko Nishiyama Fujioka

  • 0
  • 2429 views

帆の街オークランドを、デボンポート海軍基地から一望しよう。

街歩き
帆の街オークランドを、デボンポート海軍基地から一望しよう。

2007-08-04 - 2007-08-04

  • 10Episodes
  • Satoko Nishiyama Fujioka
”City of sails- 帆の街”、オークランド。ノースランド半島が付け根のところでくびれ、地峡となった部分に建設された人口約120万の国際都市。 東西を海に挟まれた港町で、船舶保有率は車の保有率をしのぐほどの圧巻の景色を、独り占め。

Travel Collector: Satoko Nishiyama Fujioka

  • 0
  • 1652 views

ニュージーランド✨オークランドの旅❕

NZ❕
ニュージーランド✨オークランドの旅❕

2013-02-09 - 2013-02-12

  • 17Episodes
  • Chihiro Inukai
南の小さな島国ニュージーランド✨快適な気候とフレンドリーなKiwiの人々🎶

Travel Collector: Chihiro Inukai

  • 1
  • 869 views

ハウラキ湾に浮かぶ鳥の王国ティリティリ・マタンギで目を丸くする。

自然保護
ハウラキ湾に浮かぶ鳥の王国ティリティリ・マタンギで目を丸くする。

2007-08-25 - 2007-08-25

  • 15Episodes
  • Satoko Nishiyama Fujioka
オークランド発着でいける、面積220ヘクタールの小さな島は、公開保護区で、誰でも行けるけれど、ルールがある。 日本では知らなかった自然保護の姿勢や取り組みを新たに知り、それはそれは、目を丸くすることばかり。

Travel Collector: Satoko Nishiyama Fujioka

  • 0
  • 847 views

ニュージーランド縦断の旅


ニュージーランド縦断の旅

2007-12-05 - 2007-12-15

  • 15Episodes
  • Yuichi Kudo
ニュージーランドは南島のみ行く人が多いですが、今回は北島もしっかりと観光してきました。北島ではロードオブザリングの撮影場所ともなったトンガリロ国立公園、ツチボタルで有名なワイトモ洞窟があります。南島もクライストチャーチからマウントクック国立公園、ミルフォードサウンドへと王道コースもしっかり網羅。楽しかったです。

Travel Collector: Yuichi Kudo

  • 1
  • 639 views

激走★ニュージーランド2200km


激走★ニュージーランド2200km

2016-02-19 - 2016-02-28

  • 79Episodes
  • Keita
羊、ひつじ、ヒツジ、HITSUJI・・レンタカーで巡る夏のNZ南島 フィヨルドを目指す2200kmのロードトリップ 〆に台湾グルメを堪能して帰る話

Travel Collector: Keita

  • 3
  • 427 views

マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに) マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)

Back to Top of マオリとイギリスとラムのこと。半年間暮らした国の歴史と文化を忘れないために記そう(美味しいアイスクリームのお店も忘れずに)