Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Eisuke Aizawaさんのログブック(旅行記)「年末年始!中国、三国志を巡る旅」

年末年始!中国、三国志を巡る旅

2013-12-28 - 2014-01-0220 Episodes
Eisuke Aizawa
Travel Collector
Eisuke Aizawa
  • 20s / male
  • China
Places visited
China

日本でもファンの多い『三国志』の舞台となった土地々々を巡る旅の記録です。まずは上海から南京を経て武漢へ。そこを拠点に赤壁、襄陽を巡り、武漢も観光すると、南京に舞い戻り、最後の夜は上海で迎えました。

  • 9Favorite
  • 1404view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12013/12/28

上海浦东国际机场 Shanghai Pudong International Airport Shanghai, China

上海浦東国際空港(上海浦东国际机场 Shanghai Pudong International Airport)(上海, 中華人民共和国)|年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

旅の始まりは東京・品川。新幹線で新大阪、特急「はるか」で関西国際空港へ降り立つ。
関空から上海浦東国際空港へ飛ぶと、地下鉄で1時間半かけトコトコ上海市中心部まで向かう。

  • Loved to be there!

地铁张府园站 ZHANGFUYUAN Station Jiangsu, China

地铁张府园站 ZHANGFUYUAN Station(江蘇省, 中華人民共和国)|年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

上海から中国版新幹線「和諧号」にて南京に入る。夜ご飯は牛肉面(ニョーローメン)。
本日はここでお休みなさいzzz

  • Loved to be there!

Day 22013/12/29

南京南站 Nanjing South Railway Station Jiangsu, China

南京南站 Nanjing South Railway Station(江蘇省, 中華人民共和国)|年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

翌日の朝ごはんも牛肉面。。
また中国版新幹線「和諧号」に乗り、南京から武漢へ移動!

  • Loved to be there!

Hubei, Wuhan, Wuchang, Zhongshan Rd 紫阳路281 Hubei, China

Hubei, Wuhan, Wuchang, Zhongshan Rd 紫阳路281(湖北省, 中華人民共和国)|年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

武漢の夜は「火鍋」。日本で言う「しゃぶしゃぶ」みたいなもんですが、鍋が「辛い・辛くない」の2つに分かれており、たれも様々ございます。ただ、総じて辛いっ!!笑

  • Loved to be there!

Day 32013/12/30

上海(中華人民共和国)|「3日目は武漢からバスで赤壁へ!
赤壁の戦いと言えば、三国志ファンで無い方でも割とご存じのはず。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

3日目は武漢からバスで赤壁へ!
赤壁の戦いと言えば、三国志ファンで無い方でも割とご存じのはず。

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「赤壁市内から古戦場に行くには、まず古戦場行きのバスに乗らねばなりません。
ということで、そのバスに乗り継ぐため、バイタク(バイクタクシー)を拾いました。。一人が乗るスペースに2人で座るという荒業笑」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

赤壁市内から古戦場に行くには、まず古戦場行きのバスに乗らねばなりません。
ということで、そのバスに乗り継ぐため、バイタク(バイクタクシー)を拾いました。。一人が乗るスペースに2人で座るという荒業笑

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「微妙に迷ったけど、古戦場行きのバス見つかった!」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

微妙に迷ったけど、古戦場行きのバス見つかった!

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「来ましたよ、赤壁。
ここで劉備・孫権の連合軍が、曹操船団を焼き尽くしました。真っ赤に燃える炎に照らされ、岸壁が赤く輝いたことから、この地は赤壁と名付けられましたとさ。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

来ましたよ、赤壁。
ここで劉備・孫権の連合軍が、曹操船団を焼き尽くしました。真っ赤に燃える炎に照らされ、岸壁が赤く輝いたことから、この地は赤壁と名付けられましたとさ。

  • Loved to be there!

Day 42013/12/31

上海(中華人民共和国)|「4日めはやはり武漢を起点にして襄陽を観光!関羽が太守をしていた街です。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

4日めはやはり武漢を起点にして襄陽を観光!関羽が太守をしていた街です。

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「関羽が敗死したことで有名な「樊城の戦い」というのがあるんですが、その樊城からバスで南漳なるところまで行きまする。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

関羽が敗死したことで有名な「樊城の戦い」というのがあるんですが、その樊城からバスで南漳なるところまで行きまする。

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「南漳の街からバイタク(再)に乗って水鏡荘へ。
劉備が水鏡先生こと司馬徽に軍師になって欲しいと頼んだところ、水鏡先生は自分に変わり、諸葛亮・龐統を紹介したと言います。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

南漳の街からバイタク(再)に乗って水鏡荘へ。
劉備が水鏡先生こと司馬徽に軍師になって欲しいと頼んだところ、水鏡先生は自分に変わり、諸葛亮・龐統を紹介したと言います。

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「水鏡荘からタクシーで45分ほど。諸葛亮(孔明)の住んでいたとされる古隆中に到達!」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

水鏡荘からタクシーで45分ほど。諸葛亮(孔明)の住んでいたとされる古隆中に到達!

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「劉備はここに2度訪れて断られ、3度目をもってついに諸葛亮を軍師として迎え入れることとなりました。有名な「三顧の礼」の逸話でございます。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

劉備はここに2度訪れて断られ、3度目をもってついに諸葛亮を軍師として迎え入れることとなりました。有名な「三顧の礼」の逸話でございます。

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「新幹線乗り逃したり色々あったけど、なんとか武漢まで帰ってきた。。ほんでもって漢口駅の前で年越しっ!」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

新幹線乗り逃したり色々あったけど、なんとか武漢まで帰ってきた。。ほんでもって漢口駅の前で年越しっ!

  • Loved to be there!

Day 52014/01/01

上海(中華人民共和国)|「5日目は、これまで拠点としてきた武漢自体を観光。
旧横浜正金銀行にて、半沢直樹っぽい雰囲気を醸し出している(つもりの)私。笑」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

5日目は、これまで拠点としてきた武漢自体を観光。
旧横浜正金銀行にて、半沢直樹っぽい雰囲気を醸し出している(つもりの)私。笑

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「船で長江を渡り、めちゃくちゃ混んでいる露店街を抜けると、黄鶴楼に至る!
これも、呉王孫権が建てたということで、三国志ゆかりの建造物でございます。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

船で長江を渡り、めちゃくちゃ混んでいる露店街を抜けると、黄鶴楼に至る!
これも、呉王孫権が建てたということで、三国志ゆかりの建造物でございます。

  • Loved to be there!

Day 62014/01/02

上海(中華人民共和国)|「5日目の晩に南京へ移動。6日目は南京を観光しました。
まずは辛亥革命によって中華民国の祖となった孫文の墓に参る。階段ありすぎて運動不足が露呈。。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

5日目の晩に南京へ移動。6日目は南京を観光しました。
まずは辛亥革命によって中華民国の祖となった孫文の墓に参る。階段ありすぎて運動不足が露呈。。

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「孫文の墓からちょっと降りたところに、明孝陵があります。すなわち、明(1368~1644)の時代の皇帝たちが眠る墓群。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

孫文の墓からちょっと降りたところに、明孝陵があります。すなわち、明(1368~1644)の時代の皇帝たちが眠る墓群。

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「南京の街の中心街に降りてきて、総統府を見学。仲違いしていた国民党と共産党が抗日のために手を組んだ「国共合作」が行われた部屋なんかもあります。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

南京の街の中心街に降りてきて、総統府を見学。仲違いしていた国民党と共産党が抗日のために手を組んだ「国共合作」が行われた部屋なんかもあります。

  • Loved to be there!

上海(中華人民共和国)|「最終夜は魔都上海にて。翌日早朝の飛行機で、無事日本に帰国しました。」年末年始!中国、三国志を巡る旅(Eisuke Aizawaさん)

最終夜は魔都上海にて。翌日早朝の飛行機で、無事日本に帰国しました。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 9Favorite
  • 1404view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

一人旅
意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

2013-03-09 - 2013-03-09

Read more

  • 27Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
人生で3回目の個人旅行。 前年に日本に初就航した中国のLCC、春秋航空を有明佐賀空港から利用。 上海まで片道、3000円という驚きの価格(燃油サ-チャージ等は別)そして初めてのネットでホテルの予約。 世の中すべてネットで出来るという便利だけど、チョッピリ不安な旅立ち。 空港までは下道で約1時間半。 有明佐賀空港の駐車は何日でも無料。新しくコンパクトな空港。 春秋航空も、1時間半にフライトは快適…CAさんとかも悪くないなぁ(*^^)v ~佐賀✈上海、往復22580円(カード別手数料有) 上海浦東空港も大きくてモダン、直ぐにタクシー乗り場へ。 しかし、ホテル予約サイトの口コミで書いてあった通り、運ちゃん、ホテルが分からない。地図を見たり電話をかけたりしても埒があかず、30分以上も走る。 結局、ホテルの写真を持っていた私が発見!Uターンさせて到着。それでも1000円もしなかったのは、近くてタクシー代が安いということか… ガイドブックとかにも、ホテル地図にも載っておりず、殆ど冒険で適当に最寄りのバス停からバスに乗る。2元だったかな…エアコン付。 適当に降りたところが地鉄2号線の川沙駅近く。 川沙公園に行ってみる(適当に歩いていたら着く) 原住民の憩いの公園、無料で、何となくホノボノ…嫌いじゃない。 駅に行って、地下鉄2号線で静安寺に行き、上海雑技を見る。 帰りは川沙まで地下鉄で来たが、帰りのバスがなくなって仕方なしにタクシーで🚖 道不案内を恐れたが、良く知っていて、スムーズに到着…20分くらい。 トラブルもあったが、中々楽しい1日目(*^^)v

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 2121 views

年末年始!中国、三国志を巡る旅 年末年始!中国、三国志を巡る旅

Back to Top of 年末年始!中国、三国志を巡る旅