Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Misaki Tachibanaさんのログブック(旅行記)「真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -」

真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -

2013-12-07 - 2013-12-0711 Episodes
Misaki Tachibana
Travel Collector
Misaki Tachibana
  • 20s / female
  • Turkey
Places visited
Turkey

サフランボルからカッパドキアへ向かう最中に出会った、Bahar(バハル)。首都のアンカラから親戚の結婚式へ向かう途中だった彼女に、バスの中で声をかけられ「絶対アンカラへ来てね!」と別れ、数日後に再会。初めてトルコの人の家の中へ入り、初めてトルコの女の子と喋り、初めてトルコの日常を過ごした。トルコを好きになるきっかけをくれた、Baharとアンカラの日々。

  • 2Favorite
  • 1094view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12013/12/07

Anıtkabir Ankara Province, Turkey

アタテュルク廟(Ataturk Mausoleum)/アヌトゥカビル(Anıtkabir)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん)

「今迎えに行くから!!」というBaharとの電話の後、20分後くらいにBaharのお父さんと弟のDogkan(ドウカン)が到着。車に乗せてもらって、Baharのお母さんの職場へ。その後30分経ってやってきたBahar。家族総出で出迎えてくれました。こちらは、翌日に行ったアタテュルク廟。

  • Loved to be there!

Anıtkabir Ankara Province, Turkey

アタテュルク廟(Ataturk Mausoleum)/アヌトゥカビル(Anıtkabir)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 02

アタテュルク廟の中の広場。国民の休日などはこの広場に多くのトルコの人々が集まるそう。館内はギリシアとのチャナッカレ戦争を中心に、様々な展示物が並び、自分の無知さの恥ずかしさのあまり、館内でなぜか号泣。疲れもあったのか鼻血まで出てくる始末。でもそんな情けない姿にもかかわらず、学芸員の人が感激して、賞状のようなものをくれました。

  • Loved to be there!

Ankara Ankara Province, Turkey

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 02

アタテュルク廟から帰ってくると出迎えてくれたBaharのおばさん。わたしのことを大層気に入ってくれたようで、とにかく頭を撫でたり抱きしめたりと可愛がってくれました。何故かは謎のままですが。

  • Loved to be there!

Kızılay Ankara Province, Turkey

キジライ地区(Kzlay)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん)

BaharとBaharのおばさんに連れて行ってもらったレストラン「MADO」。イスタンブールやほかの街にもちょこちょこ見かけたこのお店、甘いものが大好きなトルコの人々にとってはお決まりスポット。でも意外と観光客がいないのよね、とBahar。アイスやケーキの種類も豊富。

  • Loved to be there!

Ankara Ankara Province, Turkey

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん)

Baharの料理シリーズ①。料理が得意なBaharは家族の台所を仕切っていました。これは到着したときに振舞ってくれた、パスタと野菜のトマトソースの和物。主食はパンを食べ、食べる分だけテーブルで直にナイフを入れて切り分けます。

  • Loved to be there!

Ankara Ankara Province, Turkey

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 03

Baharの料理シリーズ②。夕食をつくっているBahar。沸騰したお湯に入れているこの小さいものとは?

  • Loved to be there!

Ankara Ankara Province, Turkey

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 04

茹で上がったのは「マントゥ」と呼ばれるトルコ料理。見た目は親指くらいの大きさの水餃子で、一度にたくさん茹でて、ヨーグルトをかけていただきます。世界三大料理なだけあってボリューム満点で種類も豊富なトルコ料理。どれもちょっとオイリーなのがネックでしたが、美味しくいただきました。

  • Loved to be there!

Kızılay Ankara Province, Turkey

キジライ地区(Kzlay)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 02

BaharのボーイフレンドのAnil。どこへ行くにも一緒の二人。付き合って1年ほどらしく、ずーっと仲良さそうに寄り添っていたし抱きしめ合ったりしていたけれど、決してキスはしなかった。そこまで厳しいイスラム国家ではないトルコでも、人によっては若者でも未婚の男女がキスをするのには抵抗があるのだとか。

  • Loved to be there!

Kızılay Ankara Province, Turkey

キジライ地区(Kzlay)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 03

何度も取り直した1枚。なかなか三人の顔が均等に入らなかった。。Anilが眩しそう。

  • Loved to be there!

Ankara Ankara Province, Turkey

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 05

Baharたちの住む家のリビング。ここでテレビを見たりお茶を飲んでおしゃべりしたり。食事はキッチンの横にある小さなテーブルを使っているようです。なぜか食器棚にマドラーのごとく耳かきが飾られており、本来の用途を伝えたら「やだ~なにそれ!」と言って取り出していました。

  • Loved to be there!

Ankara Ankara Province, Turkey

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 06

突然の来訪にもかかわらず、寛大なBaharとそのファミリー。ほんとうにあったかくて、滞在中何度泣いたか知れない。日本にいた母に、家族みんなの好きなものをメールして、後日お礼の品を送ってもらった。荷物が届いた後「素敵なプレゼントありがとう!ミルキーがすごく気に入った!!」とメッセージをもらいました。これからもずっと繋がっていたい。繋がっていよう。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 1094view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない - 真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -

Back to Top of 真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -