Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Daisuke Takishimaさんのログブック(旅行記)「インド放浪記」

インド放浪記

2013-02-14 - 2013-03-0212 Episodes
Daisuke Takishima
Travel Collector
Daisuke Takishima
  • 30s / male
  • India
Places visited
India

”ヒト”の生きる力を感じられた国インド。

3週間のインド1人旅をしてきた。

旅のきっかけは、勤めてた会社が倒産した。

急に今まで忙しかった日常から、急に何もすることがなくなると
かえって何をしていいか分からなくなった。

それだけ忙しい日常生活に馴れてしまっていた。。

そんな時、家でテレビを見ているとインド特集の番組が流れていた。

それを見た瞬間、、この国に行こう!と決意し
5日後に日本を旅立った。

  • 11Favorite
  • 6730view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12013/02/14

New Delhi Railway Station (NDLS) Delhi, India

ニューデリー駅(New Delhi Railway Station)(デリー, インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん)

日本からは香港経由でデリーin

道はゾウが優先。

  • Loved to be there!

Day 52013/02/18

Ganga River Uttar Pradesh, India

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん) - 03

聖なる川”ガンガー”。

ヒトだけでなく、死んだ家畜も当たり前に川を流れていた。

生と死について こんなにも直球な場所は初めてだった。

  • Loved to be there!

Ganga River Uttar Pradesh, India

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん)

仲良くなったインドの青年17歳。

彼のお父さんに舟を借り、ガンガー遊覧した。その中での会話がとても印象的だった。

将来の夢は何?と聞いてみると。
「ガンジス川で船乗りさ!」と即答。

どうして?と聞いてみると
「僕の家族は貧乏で、代々ガンジス川で仕事をしている。だから海外には行ったことがないし、インドしか知らない。でもこの街には世界から色々なヒトがやってきてくれる。だから毎日世界の色々なヒトと会えるんだ!毎日世界を旅している気分になれるんだ!」と嬉しそうに彼が言った。

自分には考えたことのない感情だった。
ヒトの幸せというのは、ヒトそれぞれ考えがあり、それに向かい全力で頑張ってる彼をみて、日本に戻ったら企業することを決意した。

  • Loved to be there!

デリー(インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん)

  • Loved to be there!

デリー(インド)|「サドゥと呼ばれる修行僧。」インド放浪記(Daisuke Takishimaさん)

サドゥと呼ばれる修行僧。

  • Loved to be there!

Day 62013/02/19

デリー(インド)|「次の日も1日ガンジス川にいた。

日の出から沈むまで、、、
本当に1日ずっと太陽を見て何もせず過ごした日は人生でもこの日だけかもしれないな〜」インド放浪記(Daisuke Takishimaさん)

次の日も1日ガンジス川にいた。

日の出から沈むまで、、、
本当に1日ずっと太陽を見て何もせず過ごした日は人生でもこの日だけかもしれないな〜

  • Loved to be there!

Ganga River Uttar Pradesh, India

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん) - 02

お腹がすいたら市場でフルーツを買って食べた。

  • Loved to be there!

Day 72013/02/20

Monkey Bar & Restaurant, Anjuna Beach, Goa Goa, India

Monkey Bar & Restaurant, Anjuna Beach, Goa(ゴア, インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん)

バラナシから南に飛んでゴアに行った。

目的はパーティー!!!
トランスピーポーでは無いが、南の楽園、ヒッピーの聖地には興味があった。

  • Loved to be there!

デリー(インド)|「インドは北と南でまるで正確が違う。

南のヒトはとにかく穏やかで優しい。
裕福なヒトが多いというのも関係しているかもしれない。」インド放浪記(Daisuke Takishimaさん)

インドは北と南でまるで正確が違う。

南のヒトはとにかく穏やかで優しい。
裕福なヒトが多いというのも関係しているかもしれない。

  • Loved to be there!

Day 82013/02/21

デリー(インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん) - 02

  • Loved to be there!

Day 112013/02/24

デリー(インド)|「ゴアの最後にもらった手紙。」インド放浪記(Daisuke Takishimaさん)

ゴアの最後にもらった手紙。

  • Loved to be there!

Day 172013/03/02

デリー(インド)|「最後の街はムンバイ。

証券取引所があり、街も発展していた。
インド版東京みたいで、みんなせかせかしてたな。」インド放浪記(Daisuke Takishimaさん)

最後の街はムンバイ。

証券取引所があり、街も発展していた。
インド版東京みたいで、みんなせかせかしてたな。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 11Favorite
  • 6730view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

2012.11 濃いするインド ~Delhi~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Delhi~

2012-11-22 - 2012-11-25

Read more

  • 30Episodes
  • tabitabi parsley
ニューデリーのメインバザールに1泊目と3泊目に宿泊 最終日にデリーを観光しました 最後の最後、最悪のリクシャを捕まえてしまって、やっぱり予定よりアチコチ観光できなかった。仕舞いにリクシャドライバーに怒りをぶつけてしまいました。アハハ・・・。 思ったこと&反省点・・・なるべくメトロを使ったほうがよかった メトロのニューデリー駅は、ここから乗降しないほうがいいことがわかりました そして、3泊5日の弾丸インド旅行は、弾丸では終わらず、最悪な後味を残してくれました 帰国後、やっぱりお腹を壊しました。それだけではありません、、、よくなったかと思いましたら、それから40度前後の高熱が1週間前後続く×3セット。抗生物質もあまり効かず、、、ぶり返し。1セット目は肝機能障害で入院寸前の絶対安静と言われ、3セット目になると薬やら何やらで胃腸もボロボロになり、大学病院で大量の薬をもらう羽目に。。。 結果、帰国後2ヶ月で7キロの減量。 職場にも迷惑をかけてしまいましたし、、、、しばらく?二度と?インド、インド近隣は行くなということですね、、、衛生面での危機管理が足らんということですね。 インドはもう1度行きたかった、ダージリンに行きたかったなぁ・・・。

Travel Collector: tabitabi parsley

  • 8
  • 2349 views
インド放浪記 インド放浪記

Back to Top of インド放浪記