Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Misaki Tachibanaさんのログブック(旅行記)「真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -」

真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -

2009-01-09 - 2012-07-07 55 7482 73

ひとり旅の第一国目、トルコ。行きたい理由なんて特にない。親日?トルコアイス?理由なんて何でも良い。ただ行きたかった、それだけで日本を飛び出した。ヨーロッパとアジアの交差点であるトルコに到着したのは夏真っ盛りの6月末。空が眩暈を起こしそうなくらい青く高く、地面は目を焼くほど白く火照っていた。そんな、ほくほくと人も大地もあったかい国、トルコ周遊の第一章。はじまりはじまり。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2009/01/09

イスタンブール(トルコ)|「不思議な形の岩の穴の中で、今も住んでいる人がいたり、宿やお店などを営業しているところがたくさんあります。中には、ホテルで結婚式をあげているカップルも。」真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki

不思議な形の岩の穴の中で、今も住んでいる人がいたり、宿やお店などを営業しているところがたくさんあります。中には、ホテルで結婚式をあげているカップルも。

  • 行ってよかった!

3日目2009/01/11

イスタンブール(トルコ)|「無事着陸すると、陸上組と運転手が合流してシャンパンで乾杯。なんのための乾杯なのかはよくわかりませんが、本人たちが一番楽しそうでした。」真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibana

無事着陸すると、陸上組と運転手が合流してシャンパンで乾杯。なんのための乾杯なのかはよくわかりませんが、本人たちが一番楽しそうでした。

  • 行ってよかった!

4日目2009/01/12

パムッカレ(Pamukkale) デニズリ, トルコ

パムッカレ(Pamukkale)(デニズリ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 02

石灰棚から見る夕焼け。ほんとうはこのエリアは立ち入り禁止区域なのですが、看板が2箇所程度にしか立っていないため、気付かず侵入。写真を撮っていた時に、チャリに乗ったおじちゃんに笛を吹かれて、いそいそと退場しました。

  • 行ってよかった!

7日目2009/01/15

ベルガマ(Bergama) イズミル, トルコ

ベルガマ(Bergama)(イズミル, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 02

遺跡の街「ベルガマ」に到着したものの泊まるところが無く、再びふらふらしているとバイクに乗ったオーナーに声をかけられやってきた「ATHENE PENSION」。成り行きでオーナーの宿直所を借りることができ、広い部屋を贅沢に使えました。

  • 行ってよかった!

1267日目2012/06/28

グランドバザール/カパリ チャルシュ(Kapalar) イスタンブール, トルコ

グランドバザール/カパリ チャルシュ(Kapalar)(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 04

日本からトルコへやって来て、驚いたのは「エザン」という一日5回流れるイスラムのお経のようなもの。毎日欠かさず定刻になると響き渡ります。そしてモスクの多さ。イスタンブールのシンボルであるブルーモスクは無料で入ることができます。

  • 行ってよかった!

グランドバザール/カパリ チャルシュ(Kapalar) イスタンブール, トルコ

グランドバザール/カパリ チャルシュ(Kapalar)(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

ベリーダンスの衣装がそこかしこに売られていました。日本で買うことはないと思うけど、一着ネタで買ったらおもしろかったなのになあ。

  • 行ってよかった!

Beşiktaş イスタンブール, トルコ

Beşiktaş(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

度合いの違いはあれど、トルコはイスラム国家。肌を見せてはならないという戒律を守る女性も多く、そういう人々にとって重要なファッションアイテムがスカーフ。色や柄がとにかく多い!そして大判なので日本に帰っても使えそうなものばかり。

  • 行ってよかった!

グランドバザール/カパリ チャルシュ(Kapalar) イスタンブール, トルコ

グランドバザール/カパリ チャルシュ(Kapalar)(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 02

トルコの名産品でもあるトルコランプ。見ているだけで幸せな気持ちになれます。こちらも数がとにかく多いため、お気に入りを見つけるのが大変。お店によっては日本へ送ってくれるところもあるそうです。(そういうところは大抵ランプの値段も高いですが)

  • 行ってよかった!

グランドバザール/カパリ チャルシュ(Kapalar) イスタンブール, トルコ

グランドバザール/カパリ チャルシュ(Kapalar)(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 03

ドライフルーツのお店のおにいちゃんたち。グランドバザールで働く人々は簡単な日本語なら喋れるのだから商売根性逞しい。ただし、買うか買わないかはきちんと伝えないと勝手にお客として色々なものを売りつけられるので注意。

  • 行ってよかった!

istanbul pastanesi イズミル, トルコ

istanbul pastanesi(イズミル, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

イスタンブール大学の近くにある大きなモスク。ブルーモスクより人もいないし、静かだし、モスクの中はとても涼しいので思わず居眠りしてしまった・・・けれど周りを見ればお昼寝している人はほかにもちらほら。寝る寝ざるにかかわらず、荷物には注意が必要。

  • 行ってよかった!

ガラタ橋(Galata Bridge) イスタンブール, トルコ

ガラタ橋(Galata Bridge)(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

ガラタ橋を渡ったヨーロッパサイドでは魚を売っている。解散物が豊富にとれるため、魚料理がおいしい。見たことない魚や生き物も売られていました。それから、魚を狙って集まるカモメやほかの鳥の量がすさまじいので、頭上にも注意していないと、やられます。

  • 行ってよかった!

ガラタ橋(Galata Bridge) イスタンブール, トルコ

ガラタ橋(Galata Bridge)(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 02

ガラタ橋から見るアジアサイドのイスタンブール。夏は空がまっさおで高くて、海も近いため、目がくらむほど。サングラスはマスト。

  • 行ってよかった!

ガラタ橋(Galata Bridge) イスタンブール, トルコ

ガラタ橋(Galata Bridge)(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 03

ガラタ橋付近でなぜかビニール傘を売っているおじちゃん。ガラタ橋の近くはこういう、不思議なものを真面目に売っている人が多い。

  • 行ってよかった!

Galata Tower イスタンブール, トルコ

Galata Tower(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

ガラタ塔から見たイスタンブールのヨーロッパサイド。ガラタ塔はアジアもヨーロッパサイドもどちらも見ることができます。塔の中にレストランもあって、夜は景色を見ながら音楽を聴いて食事もできます。贅沢・・・!!

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 04

トルコの黒海沿いの街、サフランボルへ。街全体が世界遺産に登録されているという、ドールハウスのようなかわいらしい、こじんまりした街です。イスタンブールからはサフランボルへ行きたい、と言うと「Karabuk」という街まで出ているバスで行くことができます。「Karabuk」からは街中へ行くためのシャトルバスが出ており、会社や人によっては無料で送迎してくれます。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 02

お店の一角でバイオリンを引いていたトルコ人。ほかにも路上で楽器を演奏している若者がちらほら。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 03

サフランボルの名物は、世界遺産にも登録されている街、そのもの。家を模したおみやげものもたくさん。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 05

高台から見たサフランボルの街。ひと目で見渡せるくらいの小さな街ですが、赤い屋根と白い壁の家々が、山のあいだに密集していて、秘密の集落みたいでした。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 07

宿泊した宿「バストンジュペンション」。Karabukからのシャトルバスが朝8時に到着し、お店も全部閉まっている街中を、どうしようかと彷徨っていたところへ、ペンションのおじちゃんに声をかけられ、宿泊できました。日本人も多く利用しているようで、わたしを助けてくれたのも、そのおかげだったようです。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 09

ペンションにはいくつか部屋がありますが、サフランボルの昔からの民家を改装した作りになっており、廊下が狭く絨毯がかわいらしい味のある宿でした。わたしが泊まったのはドミトリーで、こんな感じ。Wifiもあり。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 10

トイレとシャワーは同室にあります。トイレットペーパーを外に出しておかないとびしょびしょになるので注意。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

到着してすぐ部屋を掃除しに来たおじちゃん。いくらお客さんが来ていようと、そんなことは関係ないのです。なぜか掃除が終わったあとにお菓子をくれました。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 08

サフランボルの歴史博物館。サフランボルだけでなく、トルコ全体の歴史も垣間見えます。恥ずかしながら何一つ知識がなかったわたしですが、昔の民族衣装や生活当時の写真などを見ると、どんどん愛着がわいてきました。高台にあるため、景色もよく見えます。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) イスタンブール, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

サフランボルの名物、サフランというお菓子を売っていたおじさん。試食してみなよ、と言っていくつもサフランをくれました。味は甘くグミのような食感。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) イスタンブール, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 02

立ち並ぶ露天は小さいものばかりですが、このおばあちゃんみたいに、店先で手作業をしている人も数多くいます。ことばは通じませんが、じっと見ていると、手元の作品を見せてくれたり、にこっと微笑んでくれたり。サフランボルの人々は総じてやわらかい雰囲気を持っていました。

  • 行ってよかった!

Tarihi Cinci Hamamı カラビュック, トルコ

Tarihi Cinci Hamamı(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

街で一番大きなハマム。ハマムはトルコの温泉のようなもので熱~いお湯をたっぷり使って体をゴシゴシ洗えます。湯船はありませんが、現地の人も使う憩いの場です。男女別で分かれていて、それぞれにアカスリのおばちゃん(時々おじちゃん)がいて、ものすごい力でマッサージしてくれます。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 12

ふらっと入ったモスクで課外授業中だった子供たち。モスクはいたるところにあります。

  • 行ってよかった!

サフランボル(Safranbolu) カラビュック, トルコ

サフランボル(Safranbolu)(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 14

モスクを出た広場のベンチに座っていたら話しかけてきた、ザフェル(左)とイリャシュ(右)。どちらも英語がほとんど喋れなかったけれど、ひまわりの種をくれたりサッカーボールで遊ぶのに「おいでよ!」と誘ってくれたりとにかくフレンドリー。お礼に日本語を書いてあげるというと、「腕に書いて!」とのリクエストを受け、当て字でなんとか書き上げると、うれしそうにしていました。

  • 行ってよかった!

Karabük Otogar カラビュック, トルコ

Karabük Otogar(カラビュック, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

サフランボルからカッパドキアへ向かうバスの途中に寄った、トルコのサービスエリア。意外と物価が安く、お土産を買う穴場かも。

  • 行ってよかった!

イスタンブール(トルコ)|「宿泊した「Paradise Pansion」。宿主のオスマンがとても親切で、食事を作って宿泊客みんなに振舞ってくれたり、気球ツアーを手配してくれたり至れり尽せりでした。バルコニーでみんなでトルコティーを飲みながら夕日を見てしゃべったり。」真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(

宿泊した「Paradise Pansion」。宿主のオスマンがとても親切で、食事を作って宿泊客みんなに振舞ってくれたり、気球ツアーを手配してくれたり至れり尽せりでした。バルコニーでみんなでトルコティーを飲みながら夕日を見てしゃべったり。

  • 行ってよかった!

イスタンブール(トルコ)|「オスマンが予約してくれた気球ツアー。朝5時頃に、気球ツアーを組んでいる会社のシャトルバスが、宿まで迎えに来てくれて、そのまま乗る場所まで連れて行ってくれます。」真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Mis

オスマンが予約してくれた気球ツアー。朝5時頃に、気球ツアーを組んでいる会社のシャトルバスが、宿まで迎えに来てくれて、そのまま乗る場所まで連れて行ってくれます。

  • 行ってよかった!
  • 予算:5000円

イスタンブール(トルコ)|「気球に乗って見る朝焼けは、とても目に染みます。いろんな色の気球が空にぷかぷか浮かんでいるのは幻想的でした。でも日本企業が広告を出している気球が浮かんでいたのを見つけたときはちょっぴり興醒めだったなあ。」真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパ

気球に乗って見る朝焼けは、とても目に染みます。いろんな色の気球が空にぷかぷか浮かんでいるのは幻想的でした。でも日本企業が広告を出している気球が浮かんでいたのを見つけたときはちょっぴり興醒めだったなあ。

  • 行ってよかった!

イスタンブール(トルコ)|「低空飛行中。ぶつかりそうになるけれど運転手の巧みな技術頼み。」真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

低空飛行中。ぶつかりそうになるけれど運転手の巧みな技術頼み。

  • 行ってよかった!

パムッカレ(Pamukkale) デニズリ, トルコ

パムッカレ(Pamukkale)(デニズリ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

石灰棚に湧き出る温泉で有名なパムッカレ。実際温泉と言えるほど熱々ではなく、ぬるい水が溢れて流れ出ています。入場時は裸足で、水着を持っていればなかに浸かることもできます。でも風邪をひきそう。

  • 行ってよかった!

パムッカレ(Pamukkale) デニズリ, トルコ

パムッカレ(Pamukkale)(デニズリ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 03

日が沈むと石灰棚全体がライトアップされます。幻想的ですが足元を気をつけていないと、つるっとすべりそうになります。

  • 行ってよかった!

パムッカレ(Pamukkale) デニズリ, トルコ

パムッカレ(Pamukkale)(デニズリ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 04

レストランで店番をしていたおばちゃん夫婦がおごってくれたご飯。焼き魚とバターライスでいただく食事は、パンをかじりながら旅をしていた私にはご馳走。

  • 行ってよかった!

パムッカレ(Pamukkale) デニズリ, トルコ

パムッカレ(Pamukkale)(デニズリ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 05

水タバコ“シーシャ”を楽しめるカフェ。エキゾチックな雰囲気が漂っていて、現地の人も多く利用しているようでした。

  • 行ってよかった!

ベルガマ(Bergama) イズミル, トルコ

ベルガマ(Bergama)(イズミル, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

ペンションの主人の家に招かれ、とりあえず食べなさいと出されたこちら。ジャガイモのスープとポテトサラダ。初めて訪れたトルコ人のお部屋は石造りで、綺麗に片付けられていました。

  • 行ってよかった!

ベルガマ(Bergama) イズミル, トルコ

ベルガマ(Bergama)(イズミル, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 03

ベルガマの、丘をちょっと登ったところにある「エフェソス遺跡」・・・の入口。わたしはどうやって遺跡にたどり着けるのか分からず、迷ったら遺跡のはじっこ、のようなところにたどり着きました。

  • 行ってよかった!

ベルガマ(Bergama) イズミル, トルコ

ベルガマ(Bergama)(イズミル, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 05

ベルガマは街全体が色とりどり。パッと見は地味ですが、歩いて住宅街に入っていくと、石造りの平屋がたくさん並んでいます。

  • 行ってよかった!

ベルガマ(Bergama) イズミル, トルコ

ベルガマ(Bergama)(イズミル, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 07

いいなと思ってもなかなか同じ場所へ戻ってくるのが難しい。けれど、一期一会の街並みを楽しむことができます。

  • 行ってよかった!

ベルガマ(Bergama) イズミル, トルコ

ベルガマ(Bergama)(イズミル, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 08

ベルガマのレストランで頂いた食事。ピタという長細いパンの上にチーズや卵がトッピングされた、ピザのような一品。赤玉ねぎのサラダと、ヨーグルトを飲んでいただきます。トルコでは食事の席で必ずヨーグルトを飲みます。嫌いな人は最後まで慣れないかも。

  • 行ってよかった!

ベルガマ(Bergama) イズミル, トルコ

ベルガマ(Bergama)(イズミル, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん) - 09

ベルガマから見るエーゲ海。イスラム教とは言え、ヨーロッパ側のベルガマには、バカンスに訪れる人もたくさんいるようで、老若男女が海を楽しんでいました。

  • 行ってよかった!

1270日目2012/07/01

イスタンブール(stanbul) イスタンブール, トルコ

イスタンブール(stanbul)(イスタンブール, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

トルコの最大の都市でもあるイスタンブールは、アジアサイド、ヨーロッパサイドと分かれています。そのどちらもつないでいる、現地の人も旅行者も使う乗り物がトラム。チケットではなく、専用のコインのようなものを買って乗ります。どこへ行こうと料金一律なのがうれしい。

  • 行ってよかった!

1276日目2012/07/07

カッパドキア(Cappadocia) ネヴシェヒル, トルコ

カッパドキア(Cappadocia)(ネヴシェヒル, トルコ)|真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

サフランボルで勧められてやってきたカッパドキア。乾燥がひどくて髪や肌がぱっさぱさに。ハンドクリームを使うほどの乾燥地帯ですが景色は広大。なんでそんな形なの?という岩がひしめきあって、高い山がないため地平線までよく見えます。

  • 行ってよかった!

イスタンブール(トルコ)|「レッドバレーという渓谷。夕焼けがあたっていなくても赤い地帯。トレッキングもできます。」真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -(Misaki Tachibanaさん)

レッドバレーという渓谷。夕焼けがあたっていなくても赤い地帯。トレッキングもできます。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

見てるだけで幸せ♥エキゾチックなトルコ雑貨

女子旅
見てるだけで幸せ♥エキゾチックなトルコ雑貨

2014-09-03 - 2014-09-10

  • 10
  • Alice
トルコの雑貨は可愛い!カラフル!安い! 可愛いと思っても、滅多に買わないこの私が 悩み、悩み、悩んで末に購入したトルコ雑貨。 眺めているだけで幸せな気分になれる♡ そんなトルコ雑貨の魅力と、購入に関するプチ知識を旅にまとめました。 ※トルコ関連ログブック※ 【トルコ】2日でさくっとイスタンブールの世界遺産巡りhttps://www.compathy.net/tripnotes/11225 【トルコ】17000円の価値あり☆カッパドキア 気球ツアー https://www.compathy.net/tripnotes/11312

作者: Alice

  • 5
  • 7095

【トルコ】超弾丸、10時間のイスタンブール滞在で見えたもの

世界遺産
【トルコ】超弾丸、10時間のイスタンブール滞在で見えたもの

2014-02-20 - 2014-02-20

  • 13
  • Saki Asao
飛行機の乗り継ぎで立ち寄ったトルコ。 ヨーロッパとアジアが交差する不思議な国、トルコ。 市街地にはあの独特な音楽が流れて、夕日がゆっくり沈んでいく。 そんな情緒感漂うイスタンブールを、路面電車に乗って観光してきました。 使える時間は何があっても10時間。 選んだ場所は、【世界遺産】イスタンブール歴史地区。 短い滞在だったけれど、行ったからこそわかったことがたくさんありました。 今度はトルコ目的でちゃんとこの場所を訪れたいな、と思った弾丸旅。

作者: Saki Asao

  • 3
  • 4873

Istanbul 2009 - フレンドリーでエキゾチックな、飛んでイスタンブール!

世界遺産
Istanbul 2009 - フレンドリーでエキゾチックな、飛んでイスタンブール!

2009-09-19 - 2009-09-20

  • 37
  • Akiyuki Minami
MBA留学のあと、活気溢れるイスタンブールの喧騒の中、イギリスを去る寂しさと、日本に帰る楽しみを一人で味わおうとした旅。

作者: Akiyuki Minami

  • 18
  • 4124

イスタンブル 1泊2日。好調な経済と伝統的な町並みのバランスを見た。

世界遺産
イスタンブル 1泊2日。好調な経済と伝統的な町並みのバランスを見た。

2010-07-13 - 2010-07-14

  • 32
  • Shohei Watanabe
イスラエルからの移動でイスタンブルの空港でトランジットがありましたので、ついでに一泊二日で街を散策しました。 あまりの交通の便のよさに驚きでした。 メトロ、トラム、LRT、ケーブルカー、近郊電車、船。 街はBRICsの影響をモロに受けています。 ボスポラス海峡を意味もなく船で往復し、ヨーロッパ~アジアを満喫。 夕日に輝くイスタンブルの街は最高に美しかったです。 https://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157624900945956/

作者: Shohei Watanabe

  • 5
  • 3321

【モスクが輝くアラビアンナイト】ヨーロッパ、中東、アジア3大陸の美しさを持つトルコ・イスタンブール

一人旅
【モスクが輝くアラビアンナイト】ヨーロッパ、中東、アジア3大陸の美しさを持つトルコ・イスタンブール

2013-11-11 - 2013-11-13

  • 31
  • 田島知華(たじはる)
親日国としても有名なトルコ。国の位置がちょうど各大陸の境目になっているため、街はヨーロッパや中東、アジアの雰囲気を併せ持っています。そんなイスタンブールでスーク巡りをしたり、モスクへ入ったり、有名な絶品B級グルメまで食してきました!

作者: 田島知華(たじはる)

  • 0
  • 3172

イスタンブール 新市街の楽しみ方♡~夜遊び&ガラタ塔~

女子旅
イスタンブール 新市街の楽しみ方♡~夜遊び&ガラタ塔~

2014-09-02 - 2014-09-03

  • 14
  • Alice
到着初夜から楽みました♡《トルコ イスタンブールの新市街》 翌朝はゆっくり起床し、《ガラタ塔》付近をぶらぶら探索。 旧市街とは一味違う雰囲気の新市街。 イスタンブールがもっともっと好きになりました♡ イスタンブール関連ログブック https://www.compathy.net/tripnotes/11225 イスタンブール/新市街/ガラタ塔/水タバコ

作者: Alice

  • 1
  • 3176

必見!トルコ航空無料ツアー!

無料ツアー
必見!トルコ航空無料ツアー!

2015-08-11 - 2015-08-11

  • 13
  • George Wiltshier
イスタンブールでの14時間のトランジットを利用して、トルコ航空の無料1日ツアーに参加! 朝食と昼食も込みで、トルコ航空に乗る機会があればオススメのツアー! 詳しくは下記参照 http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2015/08/11/000000

作者: George Wiltshier

  • 3
  • 2988

歩くだけで心が弾むブルサでトルコに惚れる - Istanbul & Bursa

一人旅
歩くだけで心が弾むブルサでトルコに惚れる - Istanbul & Bursa

2015-10-10 - 2015-10-16

  • 53
  • Shino Ichimiya
バースデー旅行という名目で出発3日前に航空券を取りました。下調べ無し、決めた予定もころころ変わり、出会うもの出会う人で行き先を決めたトルコの旅前編。イスタンブールからもほど近い、街並が素敵なブルサという街にすっかり魅了されました。

作者: Shino Ichimiya

  • 0
  • 2778

真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) - 真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) -

真っ赤な国トルコ - 旅の始まり(イスタンブール・サフランボル・カッパドキア・パムッカレ・ベルガマ) - トップへ