Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Akira Naitoさんのログブック(旅行記)「旧満州エリア紀行」

旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-0652 Episodes
Akira Naito
Travel Collector
Akira Naito
  • 30s / male

父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

  • 9Favorite
  • 4841view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12008/03/19

仁川国際空港 Incheon, South Korea

仁川国際空港(仁川, 韓国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

初韓国!アジアのハブ空港仁川!さて、このバスターミナルから宿のある市街まで出発。

  • Loved to be there!

仁川国際空港 Incheon, South Korea

仁川国際空港(仁川, 韓国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 02

空港のバス停。一泊だけで事前に何も調べてないので右も左もちんぷんかんぷんw

  • Loved to be there!

黒竜江省(中華人民共和国)|「宿になんとか到着ー。地理感覚がまったくわからんなかでプリント一枚たよりになんとか、ね。
一泊2,4000ウォン。」旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

宿になんとか到着ー。地理感覚がまったくわからんなかでプリント一枚たよりになんとか、ね。
一泊2,4000ウォン。

  • Loved to be there!

黒竜江省(中華人民共和国)|「ご飯食べた後にコンビニでビール買って一杯。
HiteとCassという銘柄。

アテは...↓」旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

ご飯食べた後にコンビニでビール買って一杯。
HiteとCassという銘柄。

アテは...↓

  • Loved to be there!

黒竜江省(中華人民共和国)|「うまい棒だったりしてね。
明太味は日本語っていうw」旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

うまい棒だったりしてね。
明太味は日本語っていうw

  • Loved to be there!

Day 22008/03/20

哈尔滨站近くの安宿 Heilongjiang, China

哈尔滨站近くの安宿(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

さて、ハルビンでの宿は站の前にいた客引きについていって決めました。3泊100元。お湯が出るって言ったのに出ないので、洗面器一杯のお湯を朝夕と持ってきてもらいました。

  • Loved to be there!

哈尔滨站近くの安宿 Heilongjiang, China

哈尔滨站近くの安宿(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 02

宿の入り口の階段まわり。裸電球とよくわからん貼り紙がいい味出してる。

  • Loved to be there!

Day 32008/03/21

哈尔滨市平房区新疆大街25号 Liaoning, China

哈尔滨市平房区新疆大街25号(遼寧省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

七三一部隊の跡地。バスで市街から小一時間。

  • Loved to be there!

秋林公司の近くの地下道出口? Heilongjiang, China

秋林公司の近くの地下道出口?(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

地下道の出入り口には冷気が入らないようにこんな分厚いカーテンのようなものがついています。

  • Loved to be there!

秋林公司 Heilongjiang, China

秋林公司(I Ya Churin & Co)(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

ハルピンのデパート?秋林公司。建物立派。目的はデパ地下での買い物ー。

  • Loved to be there!

中央大街 Harbin Central Street Heilongjiang, China

ハルビン中央通り(中央大街 Harbin Central Street)(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

ハルビンの繁華街?「東方のパリ」と言われる「中央大街」。
1キロ以上続くこの石畳の通しの両脇には歴史的な洋風建築が多数。ライトアップもキレイ!

  • Loved to be there!

中央大街 Harbin Central Street Heilongjiang, China

ハルビン中央通り(中央大街 Harbin Central Street)(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 02

哈尔滨啤酒!中国最古のビール会社なんだそーな。

  • Loved to be there!

Day 42008/03/22

秋林公司 Heilongjiang, China

秋林公司(I Ya Churin & Co)(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 02

秋山公司の地下で買ってきた名物?らしいロシアパン「大列包」超絶大きくて、その後食べ切るまでかなりに日数を要した。ちなみに、特に味はなく饅頭(中華まんの具なしのやつ)よろしく辛いのとか付けて食べた。

  • Loved to be there!
  • Budget:20USD

哈尔滨站近く Heilongjiang, China

哈尔滨站近く(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

瓜子(ヒマワリの種)。初めて中国行って以来食べると止まらなくなる魅惑のおやつ。哈尔滨站近くで購入。瓜子自体は一袋2元だったのだけど、おばちゃんに撮影料3元をせがまれるw
撮影料のほうが高いってのが何ともw

  • Loved to be there!
  • Budget:5USD

黒竜江省(中華人民共和国)|「「韮菜合子」というニラ玉が入ったお焼き的な小吃。これで1個5角!安っ!2個ゲット。
動画アップしてた↓
http://youtu.be/AsNSEAoFw2U」旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

「韮菜合子」というニラ玉が入ったお焼き的な小吃。これで1個5角!安っ!2個ゲット。
動画アップしてた↓
http://youtu.be/AsNSEAoFw2U

  • Loved to be there!
  • Budget:1USD

黒竜江省(中華人民共和国)|「「韮菜合子」中身はこんな感じ。
中国のおやつはホントに充実してるので旅先では本当に助かる。」旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

「韮菜合子」中身はこんな感じ。
中国のおやつはホントに充実してるので旅先では本当に助かる。

  • Loved to be there!
  • Budget:1USD

哈尔滨站前のロータリー Heilongjiang, China

哈尔滨站前のロータリー(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

寒冷地ならではの輪タク!この手作り感たまらんっ!
タクシーと変わらない価格で交渉成立したのでライドオンっ!!

  • Loved to be there!
  • Budget:8USD

哈尔滨市内を行く Heilongjiang, China

哈尔滨市内を行く(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

車内はこんな感じ。
イカすw

これも動画録ったんだった。
でも、エンジン音が大き過ぎて何が何だかw
http://youtu.be/QcEmV2-fKdc

  • Loved to be there!
  • Budget:8USD

中央大街 Harbin Central Street Heilongjiang, China

ハルビン中央通り(中央大街 Harbin Central Street)(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 03

夜ご飯に入ったロシア料理のレストラン。
頼んだのは、右手前から時計回りに
・俄式沙拉(ロシアンサラダ)
・黑椒牛排(ステーキ)
・白菜卷(ロールキャベツ)

かなり豪勢。
観光地中央大街のど真ん中にあったからかかなりお値段は高かったような感覚。

  • Loved to be there!
  • Budget:83USD

ソフィスカヤ寺院 Heilongjiang, China

ソフィスカヤ寺院(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

ライトアップされたソフィスカヤ寺院(聖ソフィア大聖堂)。
ロシア統治時代を今に色濃く残す代表的建築物。
この大っきな玉ねぎドーム、いい!

  • Loved to be there!

Day 52008/03/23

牡丹江市公路客运总站 Heilongjiang, China

牡丹江市公路客运总站(黒竜江省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

さあ、中朝路国境へ!
まずは牡丹江へ。
こっからバスを乗り換えて国境への最寄りの街「珲春」を目指すも、直行便は見当たらず...

バスの客引きに尋ねると「珲春」とは行き先に書いてないのに大丈夫だ乗ってけと言う。
だいぶ手前の「图们」行きだったのでおそらくそこで乗り換えかと思ったらそうでもないらしい。

で、思い切って乗り込んでみる。

すると、

バスに乗ってる途中で、もぎりのおばちゃんに呼ばれ降ろされる。「???」

そこに停まっていたタクシーに乗るように促され乗車。
おばちゃんが「これで图们まで行きなさい!」的なことを言ってきた(と、思う)
複数人で乗り込み発進。

すっかり真っ暗になりハイビームでタクシーは進む。
どうやら图们到着。
で、降ろされる...
持ってたバスの切符は图们までなのでついたのであれば当然なんだけど、
こんな右も左もわからない異国の地で、
しかも真っ暗...どーすんの???

前に停まっているタクシーに乗り換えて「珲春
」へ行ってもらえると言われる(たぶん)。

無事、「珲春」到着。

乗り換えるたびに、もぎりのおばちゃんやらタクシーの運転手が「この子、日本人らしいんだけど珲春に行きたいらしいのでよろしくね!」と伝えてくれたらしく、
車内でもみんなやさしく、こんなハチャメチャな乗り換えなのに無事目的地まで届けてくれるなんて...

哈尔滨-牡丹江 86元。
牡丹江-图们  55元。
图们-珲春   20元。

朝10時に哈尔滨を出発し、
珲春に到着したのは21時前。
かれこれ約半日にも及ぶ大移動でした。

疲れたー!

  • Loved to be there!

Day 62008/03/24

防川村3国国境展望台 Jilin, China

防川村3国国境展望台(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

遂にやってきました!
中朝露3国にまたがる国境地帯!
買ってに命名「レッドトライアングル」!

珲春からバスとかの公共機関は通ってなかったのでタクシー捕まえてかれこれ小一時間。

写真は中国側にある展望台から撮影。
川にかかる橋がちょうど三国の国境にあたるらしく
左がロシア、わずかにその陸地の河沿いに食い込もうと中国(ほぼないけど)、そして、橋を渡った先が北朝鮮。

中国側のここの地名が「防川」ていうのも、なんだか中国側の日本海に出たい執念というかなんかそんな気迫のようなものを感じた。陸地に国境線を持たない島国の人間には到底理解できないものなのかもしれない。

ちなみに、写真に地平線のようにうっすら伸びてる線が
肉眼で見た時の印象からすると日本海。

そう、海はもうすぐそこまでのところだったのです。

さらに補足として。
ロシア側は車も往来してたんだけど、北朝鮮側では民家も目にすることが出来ずついに人の気配を感じられることがありませんでした。残念。

入園料:20元

  • Loved to be there!

圏河口岸 China

圏河口岸(中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

このゲートの向こうは北朝鮮。
タクシーの運ちゃんに撮影はやめた方がいいよと諭されるもこっそり。ちなみに、ゲートまで近づいて番してる人に撮影してもいいかと聞いたら思いっきり「不能」と言われた。

  • Loved to be there!

Day 72008/03/25

长春站 Changchun Railway Station Jilin, China

長春駅(长春站 Changchun Railway Station)(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 02

珲春から一路、満州国の首都「新京」だった長春へ。

いつも思うけど、駅舎がでかい。

  • Loved to be there!

Day 82008/03/26

偽満皇宮博物院 Jilin, China

偽満皇宮博物院(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

満州国皇宮。(今は博物院)
現地ではやっぱり歴史観からなんだろうけど満州の前に【偽】と付けている。

いやしかし、時の権力と冨の象徴となる場所と言うのは本当に今でもほれぼれする調度品やら設えで見て絶対に損はない場所だと思います。

ちなみに、中国語で喋ってる人たちもちらほらいたので
なにも日本人だけが来るわけではなさそうです。

入場料:80元。

  • Loved to be there!

偽満皇宮博物院 Jilin, China

偽満皇宮博物院(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 02

皇宮博物院その2。
こんな階段映画の世界のよう。

  • Loved to be there!

偽満皇宮博物院 Jilin, China

偽満皇宮博物院(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 03

皇宮博物院その3。
ここが玉座。

ここに溥儀がいたのかと思うと
詳しくもないけどなんか昂ります。

  • Loved to be there!

偽満皇宮博物院 Jilin, China

偽満皇宮博物院(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 04

皇宮博物院その4。
ここは食事するところ?
はたまた会議をするところかな。

まだまだ見所はたっくさん。

80元でも納得の内容です。

  • Loved to be there!

吉林大学 Jilin, China

吉林大学(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

さて、博物院を出て長春の市街に点在する当時の建築物を求めて散策。

当時の建物が今も文革によって破壊されることなく使用されていると言うのがグッときます。

なんていうかあまりにも立派なものだったから
有効活用したのかな。

とにかく、往時を知ることが出来る貴重な建築物たち。
その偉容は素晴らしいものばかりでした。

ここは満州国司法部旧跡。
今は吉林大学の一部として使われてるそうです。

  • Loved to be there!

吉林大学 Jilin, China

吉林大学(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 02

ここは交通部旧跡。

ここも今は吉林大学の一部のよう。

  • Loved to be there!

吉林大学 Jilin, China

吉林大学(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 03

軍事部旧跡。

今は吉林大学の病院みたいですね。

  • Loved to be there!

関東軍司令部旧跡 Jilin, China

関東軍司令部旧跡(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

お城みたいなこの威風堂々とした建物が、

関東軍司令部旧跡。

今は共産党が使ってるのかな?

  • Loved to be there!

長春火车站近くの飯屋 Jilin, China

長春火车站近くの飯屋(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

長春を発つ前に腹ごしらえ。

冬菇烧油菜(椎茸と青菜の炒め物) 
炸酱面(ジャージャー麺)
雪花啤酒(雪花ビール)

しめて20元(当時のレートでおよそ¥285)。

  • Loved to be there!
  • Budget:285USD

長春火车站近くの辻 Jilin, China

長春火车站近くの辻(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

ご飯を食べ終わって駅に向かう途中に目を奪われたオート三輪。
後ろに載せてるものから察するに廃品回収なんだろうけど、この車自体がもうなんだかまま化石のような感じで、そばのレストランとかのネオンが赤く照らすものだから尚のこと怪しげでものすごい存在感でした。

  • Loved to be there!

长春站 Changchun Railway Station Jilin, China

長春駅(长春站 Changchun Railway Station)(吉林省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

長春から大連まで旧満鉄と同じ路線でgo go!

発:長春 22:20 → 着:大連 5:50

座席の種類:硬卧(ハードスリーパー) 下段

料金:175元(当時のレートでおよそ¥2,488)

  • Loved to be there!
  • Budget:2488USD

Day 92008/03/27

旧満鉄の線上 Liaoning, China

旧満鉄の線上(遼寧省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

旧満州の地を車窓から。

うっすらと白んできた大地を一人眺める人。

この大地で先人たちは国をかけて争ったり新たな夢を見て開拓に勤しんだりしたんだなとぼんやりと思う。

おじいちゃんやお父さんもこの大地に暮らしていたと思うだけで他には何も知らないのになぜだか勝手に哀愁を感じてはおセンチな気分に。

誰ともなしに起きだしては
顔を洗ったり、歯を磨いたりと
少しずつ車内が賑やかになってきた。

旧満鉄の終着地、大連まであとほんのもう少し。

  • Loved to be there!

Day 102008/03/28

大連賓館(旧ヤマトホテル) Liaoning, China

大連賓館(旧ヤマトホテル)(遼寧省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

大連2日目。
旧満州時代の建物がこの大連にも多数現存する。

写真の左手は、旧ヤマトホテル。

こういう建物が明治に作られたんだなと思うと
ホントにすごいなと思う。

  • Loved to be there!

大連路面電車のあるロータリー Liaoning, China

大連路面電車のあるロータリー(遼寧省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

大連には今でも路面電車が活躍しています。

まるで松山の坊ちゃん列車のようなレトロな趣きのものまで。

もちろん新しい車輛とかも走ってるようなのですが
このほうが雰囲気あるなーと勝手に思うのです。

  • Loved to be there!

黒竜江省(中華人民共和国)|「中国でハマったものの一つ、
中国版焼き芋「烤白薯」。

ドラム缶の中につり下げ
練炭の熱でじっくりと焼き上げる(と思う)。

日本の石焼き芋と比べると
ホクホクのそれではなくてねっとりとしていて蜜がじわ〜っ!

これ日本でも絶対流行るのに!と勝手に悶絶。

重さでたぶん

中国でハマったものの一つ、
中国版焼き芋「烤白薯」。

ドラム缶の中につり下げ
練炭の熱でじっくりと焼き上げる(と思う)。

日本の石焼き芋と比べると
ホクホクのそれではなくてねっとりとしていて蜜がじわ〜っ!

これ日本でも絶対流行るのに!と勝手に悶絶。

重さでたぶん値段が変わると思うんだけど、
この時はそこそこの大きさのが2個で3元でした。

料金:2個で3元(当時のレートでおよそ¥42)

  • Loved to be there!
  • Budget:42USD

Day 122008/03/30

南山日本人街 Liaoning, China

南山日本人街(遼寧省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

何も当時の面影が残るのは立派な建物ばかりじゃない。

旧日本人街にはその当時の市井の人らの暮らした面影が残ってるらしいとのことでそれらしい場所を散策。

確固たる自信はまるでないんだけど
きっとここら辺のことなのかなぁと。

  • Loved to be there!

Day 132008/03/31

203高地 Liaoning, China

203高地(203高地)(遼寧省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

日露戦争の激戦地二○三高地。乃木大将して爾の御霊の眠る山「爾霊山」。旅順港がいまだ軍港のため自由には旅行できないみたいだったのでタクシーの運ちゃんを雇っていってもらいました。入場料は40元。

  • Loved to be there!

203高地 Liaoning, China

203高地(203高地)(遼寧省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 02

この旅のハイライトの一つ旅順、そして203高地へ。

日露戦争においてロシアの旅順艦隊を殲滅させる為に胆となった場所です。
この場所を獲る為にとてつもない量の血が流れたそうです。

司馬遼太郎の「坂の上の雲」の中で、この203高地を陥落させた後に総参謀長として第3軍の乃木大将を助けるため旅順にくだってきた児玉源太郎から、この203高地を奪取する作戦の成否を問う言葉が受話器の向こうの観測将校に投げかけられます。

『旅順港は、見おろせるか』

その時の観測将校になりきってその光景を眺めながら、
同じ言葉を言ってみたかったんです。

『見えます。各艦一望のうちにおさめることができます』
と。

小説を読みながら思い描いていた風景が目の前に広がっているこの感動。

戦争を賛美する気は毛頭ないですが
この激戦を首の皮一枚で負けずに終われた先人たちがいたからこうしてここでこの風景を見ることが出来たんだと。

黙祷。

  • Loved to be there!

水师营会见所 Liaoning, China

水师营会见所(遼寧省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

水師営。

ここで旅順戦の停戦条約が締結された。

入場料:40元(当時のレートでおよそ¥565)

  • Loved to be there!

蓝湾 Liaoning, China

蓝湾(遼寧省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

旅順の帰り道にふと立ち寄った蓝湾という漁村。

すごいものを見てきた後なので
こうした土地の日常を見ることが出来てホッとした。

ちなみに、たくさんあがっていた中からなぜか蝦蛄を買ったもののどうすることも出来ないのでタクシーの運ちゃんにあげました。

  • Loved to be there!

Day 142008/04/01

沈阳站 Shenyang Railway Station Liaoning, China

沈阳站 Shenyang Railway Station(遼寧省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

実は、大連にきてからビザの延長を申請していたのですが
遅々として進まず、進んだと思ったら発行まで日数がかかるとか言われ滞在が伸びてしまったので、
ちょっと戻って瀋陽へ。

  • Loved to be there!

黒竜江省(中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

  • Loved to be there!

Day 152008/04/02

黒竜江省(中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん) - 02

  • Loved to be there!

Day 162008/04/03

黒竜江省(中華人民共和国)|「市街地からほどなくにある観光塔というところから日の沈んだ市街地をパチリ。さらば大連、旧満州の地。さて、ここからはフェリーで烟台まで。」旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

市街地からほどなくにある観光塔というところから日の沈んだ市街地をパチリ。さらば大連、旧満州の地。さて、ここからはフェリーで烟台まで。

  • Loved to be there!

Day 192008/04/06

鲁迅公园 Luxun Park Shandong, China

鲁迅公园 Luxun Park(山東省, 中華人民共和国)|旧満州エリア紀行(Akira Naitoさん)

大連からフェリーで烟台まで渡り、バスで友達に会いに青島へ。青島で友達に再会し気を緩めてしまったのかカメラをスられたのでここらへんの写真は全滅。かろうじて当時携帯で撮った写真が残っていたのでそちらで。

青島での出費の一部をなくなった写真の代わりに。

烟台から青島までのバス 55元
なかなかお湯が出ない宿 40元
市内のバス        1元
ウォルマートでの買い物 18元
青島ビール博物館     50元
奮発した海鮮レストラン 380元

2日間に及ぶ青島での甘酸っぱい思い出 priceless

鼻の下を伸ばして浮かれていた間に
鮮やかにスられた1眼レフカメラ     10,000元(およそ)

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 9Favorite
  • 4841view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

一人旅
意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

2013-03-09 - 2013-03-09

Read more

  • 27Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
人生で3回目の個人旅行。 前年に日本に初就航した中国のLCC、春秋航空を有明佐賀空港から利用。 上海まで片道、3000円という驚きの価格(燃油サ-チャージ等は別)そして初めてのネットでホテルの予約。 世の中すべてネットで出来るという便利だけど、チョッピリ不安な旅立ち。 空港までは下道で約1時間半。 有明佐賀空港の駐車は何日でも無料。新しくコンパクトな空港。 春秋航空も、1時間半にフライトは快適…CAさんとかも悪くないなぁ(*^^)v ~佐賀✈上海、往復22580円(カード別手数料有) 上海浦東空港も大きくてモダン、直ぐにタクシー乗り場へ。 しかし、ホテル予約サイトの口コミで書いてあった通り、運ちゃん、ホテルが分からない。地図を見たり電話をかけたりしても埒があかず、30分以上も走る。 結局、ホテルの写真を持っていた私が発見!Uターンさせて到着。それでも1000円もしなかったのは、近くてタクシー代が安いということか… ガイドブックとかにも、ホテル地図にも載っておりず、殆ど冒険で適当に最寄りのバス停からバスに乗る。2元だったかな…エアコン付。 適当に降りたところが地鉄2号線の川沙駅近く。 川沙公園に行ってみる(適当に歩いていたら着く) 原住民の憩いの公園、無料で、何となくホノボノ…嫌いじゃない。 駅に行って、地下鉄2号線で静安寺に行き、上海雑技を見る。 帰りは川沙まで地下鉄で来たが、帰りのバスがなくなって仕方なしにタクシーで🚖 道不案内を恐れたが、良く知っていて、スムーズに到着…20分くらい。 トラブルもあったが、中々楽しい1日目(*^^)v

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 2106 views
旧満州エリア紀行 旧満州エリア紀行

Back to Top of 旧満州エリア紀行