Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Shuntaro Hosokawaさんのログブック(旅行記)「建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー」

建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー

2013-07-14 - 2013-07-19 36 26214 363

大学の建築・デザイン学科で知り合い、以来ずっとキチガイのように建築を巡る旅をしてきたメンバーによる初のヨーロッパツアー(個別の渡航を除く)!! もちろん今回も、スーパーハードスケジュールにより、一人はポルトガルで倒れるほど。 ついでに食べるのが大好きなメンバーによる飽食の結果、帰国後の金欠に悩まされる!(しかも、食べるのに夢中で、ほとんど写真を撮らず)
ルートは、ロンドンーポルトーブラガーリスボンーマドリッドの三か国をまたぎ、10日にわたることに。
今回僕は、イギリスに在英中だったため、イギリスの写真はなしで、いきなりポルトガルからスタートで!

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2013/07/14

ポルト(ポルトガル)|「イギリスよりLCCでポルトガルの首都、ポルトへ。今回泊まったのはアパートメントタイプの宿で、デザイナーズの素晴らしい施設! なのに、激安で、一泊一人、3000-4000円。
しかもしかも、宿がすいていたので、なんと二部屋を同一金額で貸してくれるという太っ腹!!
素晴らしいホテ

イギリスよりLCCでポルトガルの首都、ポルトへ。今回泊まったのはアパートメントタイプの宿で、デザイナーズの素晴らしい施設! なのに、激安で、一泊一人、3000-4000円。
しかもしかも、宿がすいていたので、なんと二部屋を同一金額で貸してくれるという太っ腹!!
素晴らしいホテルでした!!

  • 行ってよかった!

2日目2013/07/15

ポルト大学 建築学部(Faculdade de Arquitectura da Universidade do Porto) ポルト, ポルトガル

ポルト大学 建築学部(Faculdade de Arquitectura da Universidade do Porto)(ポルト, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 02

ポルト大学建築学部は、ポルトガルNo.1の建築教育! そこの建物は当然、ポルトガルで(多分)一番有名なアルヴァロ・シザ設計。それもそのはず、シザはこの大学の出身でしかも教授だったから!
シザらしい、白と幾何学の建物が素敵でした!

  • 行ってよかった!

ポルト大学 建築学部(Faculdade de Arquitectura da Universidade do Porto) ポルト, ポルトガル

ポルト大学 建築学部(Faculdade de Arquitectura da Universidade do Porto)(ポルト, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

これは、建物内部の多分教授室。
ちなみに、見学は、入り口の受付で見学だといえば、自由にさせてくれます。ただし、講義室へは入れないんで、注意を!

  • 行ってよかった!

Piscinas das Marés ポルト, ポルトガル

Piscinas das Marés(ポルト, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 02

さて、腹ごしらえ後は歩いて同じく初期作である、レサのプールへ。ここは、ポルトガルといえばここ、というくらい有名な場所なので、何かの雑誌で写真を見たことがあるかも!
66年の設計なので、かなりコンクリートとか古い感じだったけど、一貫したシザの設計姿勢を確認できる貴重なスポット。
自然と建物が良い感じで融合しています。
ちなみに、このときめっちゃ寒くなって、プールには入らず。。ただ、入水しなくても、プールサイドでお酒が飲めるので、そこでポルトガルビールをいただきました!!

  • 行ってよかった!

Piscinas das Marés ポルト, ポルトガル

Piscinas das Marés(ポルト, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

さて、シザの初期作品であるレストランで食事を、とわざわざタクシーで行ったのに、改装中!!
仕方がないので、歩いて海岸線を下っていくと、素敵なレストランを発見! 海岸すぐよこのテラスでの食事は、素晴らしかったです!
スペイン到着前にパエリアを食しておきました!

  • 行ってよかった!

カサ ダ ムジカ(Casa da Música) ポルト, ポルトガル

カサ ダ ムジカ(Casa da Música)(ポルト, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 03

ポルトガル現代建築では外せない、OMA(レム・コールハース)のCasa da Musicaへ。 ここは、見学ツアーを日に二回やっていて、その時はコンサートに行かなくても中がみられます。(ちなみに、英語のツアーとポルトガル語のツアーとあり)
コールハースらしい、超現代的かつデコンな感じで、めちゃくちゃかっこよかった!

  • 行ってよかった!

カサ ダ ムジカ(Casa da Música) ポルト, ポルトガル

カサ ダ ムジカ(Casa da Música)(ポルト, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

音楽ホールだけに、楽器のおいてある部屋もけっこうあり、これはなんと、伝統音楽の楽器をインタラクティブに動かしてるもの。
伝統と現代の融合、素晴らしい!

  • 行ってよかった!

カサ ダ ムジカ(Casa da Música) ポルト, ポルトガル

カサ ダ ムジカ(Casa da Música)(ポルト, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 04

これが、外観。外のうねうねした傾斜は、建築家の意図を超え、スケートボーダーたちに愛されてましたw

  • 行ってよかった!

ポルト(ポルトガル)|「夕方は、まちをブラブラ。素敵なカフェやおいしい食事もあり、しかも安い。
ここに住みたい!
教会も素敵でした。 建築家の友達にいろいろ説明を聞いたけど、内容は忘れてしまいましたw」建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

夕方は、まちをブラブラ。素敵なカフェやおいしい食事もあり、しかも安い。
ここに住みたい!
教会も素敵でした。 建築家の友達にいろいろ説明を聞いたけど、内容は忘れてしまいましたw

  • 行ってよかった!

3日目2013/07/16

セラルヴェス現代美術館(Museu de Serralves) ポルト, ポルトガル

セラルヴェス現代美術館(Museu de Serralves)(ポルト, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

セラルヴェス現代美術館入り口にて。 当然、シザの作品。
入り口からのアプローチが既に素敵すぎます。
建築写真は、人が入ってる方がスケールも分かるし、画面が生き生きとして好きです。
現代アート好きとしては、中の展示もかなり面白かったです!
特に、特設の動画の作品は分野も近いので、かなり参考に。

  • 行ってよかった!

セラルヴェス現代美術館(Museu de Serralves) ポルト, ポルトガル

セラルヴェス現代美術館(Museu de Serralves)(ポルト, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 03

現代美術館内部の図書スペース。僕のいる上の階が小さい特別展スペースで、下が図書スペース。学生らしき人らが勉強したり調べ物したりしてました。
天井から下がったカラフルな電球がキュート!
光が強くなると窓は遮光されるようで、この後だいぶ暗くなってました。

  • 行ってよかった!

ポウサダ ド ジェレス - アマレス サンタ マリア ド ボウロ(Pousada do Gerês - Amares, Sta. Maria do Bouro) ブラガ, ポルトガル

ポウサダ ド ジェレス - アマレス サンタ マリア ド ボウロ(Pousada do Gerês - Amares, Sta. Maria do Bouro)(ブラガ, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 02

ポルトから電車とタクシーで二時間ほどかけて、今日のホテルへ。
サンタ・マリア・ド・ボウロというブラガの田舎町に、建築家エドゥアルド・ソウト・デ・モウラが10年もかけて改修し、ホテルにした修道院ホテル、これが今日の宿!
とにかく、遠い。 駅からもバスかタクシーで30分以上かかる。
ただ、それだけに、すっごく素敵で豪華なホテルでした!!
修道院の雰囲気そのまま、高級ホテル化した手腕はさすが。
国営だからか、けっこう安くて、一人1.5万くらいで夕食付きでした(確か)
プールもあって、ここでは天気もよかったのでひと遊び!

  • 行ってよかった!

ポウサダ ド ジェレス - アマレス サンタ マリア ド ボウロ(Pousada do Gerês - Amares, Sta. Maria do Bouro) ブラガ, ポルトガル

ポウサダ ド ジェレス - アマレス サンタ マリア ド ボウロ(Pousada do Gerês - Amares, Sta. Maria do Bouro)(ブラガ, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

ここは、次回は1weekくらい滞在した感じの、ほんとに隠れ家ホテルで良かったです!
おすすめ!!遠いけど!
部屋も広くはないけど、とっても快適で眺めも素晴らしかったです。

  • 行ってよかった!

4日目2013/07/17

ポルト(ポルトガル)|「さて、来た道を戻って、そのまま行き過ぎ、リスボンへ。
ポルトよりもかなり活気があるかも!
観光スポットを巡ったり、美味しいレストランを巡ったりして、ゆったり過ごしました。
宿はまたも、デザインアパートメントを借りて。」建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro

さて、来た道を戻って、そのまま行き過ぎ、リスボンへ。
ポルトよりもかなり活気があるかも!
観光スポットを巡ったり、美味しいレストランを巡ったりして、ゆったり過ごしました。
宿はまたも、デザインアパートメントを借りて。

  • 行ってよかった!

5日目2013/07/18

ポルトガル館(Pavilhão de Portugal) リスボン, ポルトガル

ポルトガル館(Pavilhão de Portugal)(リスボン, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 03

1998年のリスボン万博のポルトガル館は、シザの代表作の一つ。これは一番有名な部分でないですが、駅からのアプローチから見える風景で、すごく素敵でした。海と強い日差しと真っ白な建築という、ほんとにポルトガルらしい経験ができて、すごく良かった!

  • 行ってよかった!

ポルトガル館(Pavilhão de Portugal) リスボン, ポルトガル

ポルトガル館(Pavilhão de Portugal)(リスボン, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 02

こちらが、有名な部分。 めちゃくちゃでかいスペース!
この時は、音楽フェスみたいのの準備中でした。
これ、屋根もコンクリートで、ワイヤーでテンションしてるんだけど、ちょっとずつ垂れ下がってるのは間違いない気がww

  • 行ってよかった!

ポルトガル館(Pavilhão de Portugal) リスボン, ポルトガル

ポルトガル館(Pavilhão de Portugal)(リスボン, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

ポルトガルらしい最高の陽気の中、多くの人々が日光浴! ちょっとした水場も、このデザイン性の高さは、流石です。 お母さんとおばあちゃん(?)を撮影する少女に、未来のフォトグラファーの芽をみて、思わずパチり!

  • 行ってよかった!

オリエンテ駅(Gare do Oriente) リスボン, ポルトガル

オリエンテ駅(Gare do Oriente)(リスボン, ポルトガル)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

そのままバスや電車のターミナルであるオリエンテ駅まで。 ここは、サンティアゴ・カラトラバの設計。かれは構造設計も出来、土木学科も出ているので、橋などの設計も多く、そのデザインは動物の骨を組み合わせたような不思議なもの。
でもでも、それがかっこいい!!

  • 行ってよかった!

6日目2013/07/19

ホテル シルケン プエルタ アメリカ マドリード(Silken Puerta América Madrid) マドリード, スペイン

ホテル シルケン プエルタ アメリカ マドリード(Silken Puerta América Madrid)(マドリード, スペイン)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 03

さて、夜行の寝台車に乗って、スペイン、マドリッドまで。
夜行は一等車だったのでシャワー付き、かつ豪華な食事付き!
なかなか良い経験でした。
マドリッドにわざわざ来たお目当ては、ホテル シルケン プエリタ アメリカに泊まること!
ここは、建築好きにとって夢のようなホテルで、なんと各階を別々の有名建築家がデザインしてるんです!!
ずっと来たかったので、ほんとに嬉しかった!
ここは、最上階のスペース。
レストランとジムがあります。

  • 行ってよかった!

ホテル シルケン プエルタ アメリカ マドリード(Silken Puerta América Madrid) マドリード, スペイン

ホテル シルケン プエルタ アメリカ マドリード(Silken Puerta América Madrid)(マドリード, スペイン)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

ここが部屋! かなり近代的な設備も満載で、カーテンもオートだし、テレビも天井から出てきます。 シャワールームがカーテンで仕切られてるだけなのは、友達同士だと微妙ですw

  • 行ってよかった!

ホテル シルケン プエルタ アメリカ マドリード(Silken Puerta América Madrid) マドリード, スペイン

ホテル シルケン プエルタ アメリカ マドリード(Silken Puerta América Madrid)(マドリード, スペイン)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 07

ここは、日に何度か、見学ツアーがあり、それのも当然参加!
この部屋は有名なラブホテルを参考にした(っぽい)部屋。 設計は誰だっけ?確かロン・アラッドかな?

  • 行ってよかった!

ホテル シルケン プエルタ アメリカ マドリード(Silken Puerta América Madrid) マドリード, スペイン

ホテル シルケン プエルタ アメリカ マドリード(Silken Puerta América Madrid)(マドリード, スペイン)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 05

こちらが内部。 ガラスの組み合わせ方とかすっごいかっこいいけど、ベッドから丸見えなのが難点w
ちなみに、日本人では、磯崎新さんが設計の階があります。

  • 行ってよかった!

ホテル シルケン プエルタ アメリカ マドリード(Silken Puerta América Madrid) マドリード, スペイン

ホテル シルケン プエルタ アメリカ マドリード(Silken Puerta América Madrid)(マドリード, スペイン)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん) - 06

ここが一番高いへやで、今話題のザハ・ハディド設計。 立体成形で出来てるので、壁面などがまるで生物のように滑らかで、すごく素敵な部屋でした。
ただ、下が絨毯なので、そこが汚れやすいのが残念。
お風呂ももちろんウネウネしてました!
次はここに泊まりたいな〜!

  • 行ってよかった!

CaixaForum Madrid マドリード, スペイン

CaixaForum Madrid(マドリード, スペイン)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

さて、旅も大詰め。 マドリッドは以前来たことがあるので、今回は観光というよりも観たい展示を観てきました。
最初はみんなでプラド美術館へ。ここは王道。
次にこの画像の、カイサ・フォーラムへ。ここは、ヘルツォーク&ド・ムーロンの設計(青山のプラダのビルの人です)
小さい美術館なので、みんなは建築だけ観て、ほかのところへ。
僕は、ここでやってた写真の展示を観てきました。
この展示はすごい面白かった!!

  • 行ってよかった!

ソフィア王妃芸術センター(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía (MNCARS)) マドリード, スペイン

ソフィア王妃芸術センター(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía (MNCARS))(マドリード, スペイン)|建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー(Shuntaro Hosokawaさん)

再度合流して、ソフィア王妃美術館へ。カフェでお茶をして、お土産をみて、今回の旅のメインは終わり。
エレベーターで上に上がったところのテラスは、街の風景が反射して、とても面白かった。
そのまま夕食、宿泊をして、翌日、イギリスへ帰国しました!
いろいろあったけど、素晴らしい旅だった!!!

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

サウダーデの国ポルトガルへ ポルト

街歩き
サウダーデの国ポルトガルへ ポルト

2015-05-30 - 2015-06-02

  • 56
  • トモテラ
ヨーロッパの西の果て カモンイスの詩「ここに地果て海始まる」の通り、まさに最果ての国 どこか鄙びたイメージがあって、いつか必ず訪れたいと願っていた国です ポルトガルを言葉で表す時「サウダーデ 」と言うポルトガル語が良く使われます 懐かしさ、未練、懐旧の情、郷愁、ノスタルジー、孤愁などと訳されますが、 実際のポルトガルはサウダーデのイメージ通りの顔もありつつ、 太陽に満ち溢れ、陽気で親切な人々が暮らす最高の国でした 今回はポルト、ギマランイス、リスボン、シントラ、ロカ岬と、王道とも言える観光地を訪れました まずはポルトから

作者: トモテラ

  • 3
  • 4997

ヨーロッパの極西―ポルトガルの境界までの旅

世界遺産
ヨーロッパの極西―ポルトガルの境界までの旅

2011-09-14 - 2011-09-18

  • 17
  • Guarini Letizia
日本に移住するまえ、最後に訪れたヨーロッパの国、ポルトガールです。ポルトに到着して、リスボンに移動して、またヨーロッパが終わる、極西まで行きました。イタリアやスペインと同様に、南ヨーロッパのゆっくりしたライフスタイル、おいしい食べ物&ワインの国、ポルトガールと恋に陥ってしまいました。 (写真:Ross Selavy)

作者: Guarini Letizia

  • 9
  • 4220

Portugal - ポルトガル・スペインの旅 / ポルトガル編 坂道のある街並みと建築

建築
Portugal - ポルトガル・スペインの旅 / ポルトガル編 坂道のある街並みと建築

2015-04-19 - 2015-04-24

  • 101
  • Yuko
街並みを期待して普段の旅行よりも一都市に長めに滞在しました。(それでも欧米人の旅行に比べたらだいぶ駆け足)。ポルトのシザの建築群やカサダムジカ、リスボンの万博会場の建物...建築も見どころが多いポルトガル。食べ物も安くておいしいし、住んでいる人も穏やかな雰囲気で、楽園でした。 フランス人がこれでもか!ってくらいポルトガルに来る理由も分かりますね。

作者: Yuko

  • 3
  • 3920

世界遺産の町ポルト旧市街を歩く――ポルトガル黄金時代の栄華に触れる旅

世界遺産
世界遺産の町ポルト旧市街を歩く――ポルトガル黄金時代の栄華に触れる旅

2011-10-26 - 2011-10-28

  • 21
  • Hanako Kawano
ポルトガル第二の都市ポルト。 ポルトガルでも歴史の長い、長い伝統の町です。 特にドウロ川河口の旧市外は、歴史地区として地区ごと世界遺産に登録されています。 いったいどんな所なんだろう? 世界遺産のネームバリューと持ち前の好奇心にかられて、その歴史地区を訪れてみることにしました。

作者: Hanako Kawano

  • 1
  • 2852

サウダーデの国ポルトガルへ リスボン

街歩き
サウダーデの国ポルトガルへ リスボン

2015-06-03 - 2015-06-06

  • 65
  • トモテラ
リスボン大地震を免れてかつての地震前の面影が色濃く残る旧市街アルファマ地区にアパートメントを借りました 6月13日に聖アントニオ祭というお祭りがあり、6月に入った辺りからリスボン中が大騒ぎになると言う事を全く知らずにいたら アルファマはまさにその馬鹿騒ぎの真っ只中で、夜通しどんちゃん騒ぎで辺りは名物の鰯を焼く煙がモクモク たまたま知らずに居合わせてしまったけど、この時期にリスボンにいられてとても楽しかった

作者: トモテラ

  • 1
  • 2432

サウダーデの国ポルトガルへ ギマランイス

街歩き
サウダーデの国ポルトガルへ ギマランイス

2015-06-02 - 2015-06-02

  • 26
  • トモテラ
ポルト滞在中、近郊の世界遺産都市ギマランイスへ日帰りトリップ ギマランイスはポルトガルの初代国王アフォンソ1世が生まれた街と言う事で、ポルトガル誕生の地と言われています とにかく坂道が多くて激しく体力を消耗しました・・・

作者: トモテラ

  • 0
  • 1528

Traveling from North to South of the Portugal. (Ⅰ. Porto-Nazare))

ツアー
Traveling from North to South of the Portugal. (Ⅰ. Porto-Nazare))

2012-10-19 - 2012-10-23

  • 31
  • MAHO
魅力的な街が多すぎたので移動と日程を考え、ツアーに1人参加。 PortoからLisboaまで。 ポルトガルに行きたいと思ったきっけけは、ポルトの本屋さんとレガレイラ宮殿。 延泊したりして、両方ともしっかり見てきました! もちろん街も素敵だったけれど、それ以上に人の雰囲気が好きだな、と思えた国。 もし行くのなら、各地でナタ(エッグタルト)の食べ比べもしてみてください。お店で全然違うから。

作者: MAHO

  • 1
  • 1188

The long and amazing road to Portugal.

一人旅
The long and amazing road to Portugal.

2009-09-23 - 2009-10-02

  • 54
  • acco
ポルトガル目指してハノイ経由パリ行きにて出発。 パリから当時はまだ少なかったLCCのRyanairでポルトガルへ。 ポルトーリスボンーナザレを辿る旅。

作者: acco

  • 3
  • 979

建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー 建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー

建築キチガイによる、ヨーロッパ弾丸ツアー トップへ