Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Akira Naitoさんのログブック(旅行記)「【厦门(アモイ)】」

【厦门(アモイ)】

2008-04-28 - 2008-04-3019 Episodes
Akira Naito
Travel Collector
Akira Naito
  • 30s / male
  • China
Places visited
China

南京を出て向かった先は厦门(アモイ)。コロンス島の景色が見たくての訪問だったんだけど、移動中の車内で話かけられた若者との交流(会話、トランプ)をきっかけに、いつの間にか彼らとアモイで遊ぶことに。宿でも同年代の若者に話しかけられ、外から見える彼らの国についてあれこれと熱心に聞かれたり。外界への好奇心の強さにさすが華僑の故郷だなと思った滞在でした。

  • 2Favorite
  • 273view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12008/04/28

福建省(中華人民共和国)|「移動中必ずと言っていいほどこうやって車窓からの風景を撮ってる。緑の多さと水の多さ、湿り気具合にだいぶ南下してきたんだなーと実感する。」【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん)

移動中必ずと言っていいほどこうやって車窓からの風景を撮ってる。緑の多さと水の多さ、湿り気具合にだいぶ南下してきたんだなーと実感する。

  • Loved to be there!

福建省(中華人民共和国)|「だいたい電車の中で話しかけられたり、ごはんもらったりとかはあるんだけど、今回はなんとトランプにまで誘われてしまった...!?
【跑得快】という、日本で言うところの大富豪のようなゲームだった。これを片言の中国語と英語とボディーランゲージで教わりながらそこそこ遊べてしまったの

だいたい電車の中で話しかけられたり、ごはんもらったりとかはあるんだけど、今回はなんとトランプにまで誘われてしまった...!?
【跑得快】という、日本で言うところの大富豪のようなゲームだった。これを片言の中国語と英語とボディーランゲージで教わりながらそこそこ遊べてしまったのはいい経験だった。ちなみに写真のブレブレの彼は途中下車して成都に乗り換えていった「熊」くん。その後成都で再会を果たします。
済南で別れた友達に教わった【缘分】という言葉を、彼らの口からも聞いた。
彼らは出会いをとても喜んで受け入れてくれる。

  • Loved to be there!

Day 22008/04/29

福建省(中華人民共和国)|「あの向こうに見えるのがコロンス島!なはず。」【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん)

あの向こうに見えるのがコロンス島!なはず。

  • Loved to be there!

福建省(中華人民共和国)|「コロンス島に渡るフェリーの中で、地元のちびっ子にガイドブックを見せたら読めないだろうに興味津々にページをめくったり、写真を眺めたりしていた。知的好奇心でも刺激されたのかな?」【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん)

コロンス島に渡るフェリーの中で、地元のちびっ子にガイドブックを見せたら読めないだろうに興味津々にページをめくったり、写真を眺めたりしていた。知的好奇心でも刺激されたのかな?

  • Loved to be there!

厦门国际青年旅舍 Fujian, China

アモイユースホステル(厦门国际青年旅舍)(福建省, 中華人民共和国)|【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん)

泊まったユースのフロントにはこの白い猫さまが鎮座していた。気持ち良さそうにするなーと感心。

  • Loved to be there!

厦门国际青年旅舍 Fujian, China

アモイユースホステル(厦门国际青年旅舍)(福建省, 中華人民共和国)|【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん) - 02

ユースの外観。
緑も多くとても快適な宿だった。

ここのテラスで日記を書いたり次のルートを考えてる時に、同年代の女の子に話しかけられた。
とりとめもない話はまだしも、日中関係やチベット問題、台湾問題、オリンピックなどなど。しかも、その子は中国の中央が発表する情報に疑問を感じているらしく、それらの問題に対して果たして他の国はどう思っているのか見えているのかが知りたいと。どれだけ情報をコントロールしてもどこかでほころびがあるわけで、こうして与えられた情報に疑問を持つ子たちが出てきてるんだなとちょっとビックリした。

  • Loved to be there!

福建省(中華人民共和国)|「町中で見かけた猫。
これまた気持ち良さそう。」【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん)

町中で見かけた猫。
これまた気持ち良さそう。

  • Loved to be there!

福建省(中華人民共和国)|「線路を覆う樹木のトンネル。
もう使ってない線路なのかな。
でも、なんだかいいなーとパチリ。」【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん)

線路を覆う樹木のトンネル。
もう使ってない線路なのかな。
でも、なんだかいいなーとパチリ。

  • Loved to be there!

福建省(中華人民共和国)|「フェリー乗り場の並びの岸壁から釣りをするおじさん。
なんて味のある待機姿勢(笑)」【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん)

フェリー乗り場の並びの岸壁から釣りをするおじさん。
なんて味のある待機姿勢(笑)

  • Loved to be there!

福建省(中華人民共和国)|「おじさんのリール、よく見るとハンドルがない!

どうするのか見てたら、指を隙間に入れてくるくるとまわしてた。」【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん)

おじさんのリール、よく見るとハンドルがない!

どうするのか見てたら、指を隙間に入れてくるくるとまわしてた。

  • Loved to be there!

福建省(中華人民共和国)|「町中で買ったマンゴー。
とっても甘くておいしかったー。

これだけ入って5元。」【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん)

町中で買ったマンゴー。
とっても甘くておいしかったー。

これだけ入って5元。

  • Loved to be there!

福建省(中華人民共和国)|「厦门までの車内で出会ったのは、左端の郭くん。かれの彼女と友達を加え、夜4人でマッサージ屋さんへいってから夜の浜辺へ。花火とかをするわけではなかったけど、海を眺めながらビール飲んでとりとめもない話して。爽やかな夏の夜の青春1ページといった感じ。
最後はタイマーで集合写真。

厦门までの車内で出会ったのは、左端の郭くん。かれの彼女と友達を加え、夜4人でマッサージ屋さんへいってから夜の浜辺へ。花火とかをするわけではなかったけど、海を眺めながらビール飲んでとりとめもない話して。爽やかな夏の夜の青春1ページといった感じ。
最後はタイマーで集合写真。

楽しい夜をありがとう!

  • Loved to be there!

Day 32008/04/30

鼓浪屿 Gulangyu Island Fujian, China

コロンス島(鼓浪屿 Gulangyu Island)(福建省, 中華人民共和国)|【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん)

さて、今日もコロンス島へやってきました。

この標識は...?

  • Loved to be there!

鼓浪屿 Gulangyu Island Fujian, China

コロンス島(鼓浪屿 Gulangyu Island)(福建省, 中華人民共和国)|【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん) - 02

トンネルの出口で涼をとる人たち。
なんだか趣きがあるなー。

  • Loved to be there!

鼓浪屿 Gulangyu Island Fujian, China

コロンス島(鼓浪屿 Gulangyu Island)(福建省, 中華人民共和国)|【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん) - 03

コロンス島の外周を歩いて歩いて。

だいたい2時間くらいで1周は出来た。

  • Loved to be there!

鼓浪屿 Gulangyu Island Fujian, China

コロンス島(鼓浪屿 Gulangyu Island)(福建省, 中華人民共和国)|【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん) - 04

中に入ってあれこれ歩いているとこんな立派な門が。

中には誰が住んでるんだろう?

  • Loved to be there!

鼓浪屿 Gulangyu Island Fujian, China

コロンス島(鼓浪屿 Gulangyu Island)(福建省, 中華人民共和国)|【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん) - 05

高台から島の風景をパチリ。
向こうの新市街側も見える。

オレンジの屋根がかわいい。

  • Loved to be there!

鼓浪屿 Gulangyu Island Fujian, China

コロンス島(鼓浪屿 Gulangyu Island)(福建省, 中華人民共和国)|【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん) - 06

島の通りをすこし奥に入ったら、漁で使う網がかけてあった。

なんだか生活の匂いのする風景。

  • Loved to be there!

鼓浪屿 Gulangyu Island Fujian, China

コロンス島(鼓浪屿 Gulangyu Island)(福建省, 中華人民共和国)|【厦门(アモイ)】(Akira Naitoさん) - 07

島の中にはこんな通りも。結構賑わってるエリアなのかな。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 273view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

一人旅
意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

2013-03-09 - 2013-03-09

Read more

  • 27Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
人生で3回目の個人旅行。 前年に日本に初就航した中国のLCC、春秋航空を有明佐賀空港から利用。 上海まで片道、3000円という驚きの価格(燃油サ-チャージ等は別)そして初めてのネットでホテルの予約。 世の中すべてネットで出来るという便利だけど、チョッピリ不安な旅立ち。 空港までは下道で約1時間半。 有明佐賀空港の駐車は何日でも無料。新しくコンパクトな空港。 春秋航空も、1時間半にフライトは快適…CAさんとかも悪くないなぁ(*^^)v ~佐賀✈上海、往復22580円(カード別手数料有) 上海浦東空港も大きくてモダン、直ぐにタクシー乗り場へ。 しかし、ホテル予約サイトの口コミで書いてあった通り、運ちゃん、ホテルが分からない。地図を見たり電話をかけたりしても埒があかず、30分以上も走る。 結局、ホテルの写真を持っていた私が発見!Uターンさせて到着。それでも1000円もしなかったのは、近くてタクシー代が安いということか… ガイドブックとかにも、ホテル地図にも載っておりず、殆ど冒険で適当に最寄りのバス停からバスに乗る。2元だったかな…エアコン付。 適当に降りたところが地鉄2号線の川沙駅近く。 川沙公園に行ってみる(適当に歩いていたら着く) 原住民の憩いの公園、無料で、何となくホノボノ…嫌いじゃない。 駅に行って、地下鉄2号線で静安寺に行き、上海雑技を見る。 帰りは川沙まで地下鉄で来たが、帰りのバスがなくなって仕方なしにタクシーで🚖 道不案内を恐れたが、良く知っていて、スムーズに到着…20分くらい。 トラブルもあったが、中々楽しい1日目(*^^)v

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 2116 views
【厦门(アモイ)】 【厦门(アモイ)】

Back to Top of 【厦门(アモイ)】