Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Akira Naitoさんのログブック(旅行記)「南京」

南京

2008-04-26 - 2008-04-27 9 441 3

済南を出て向かったのは、南京。
日本人ならあれこれ思う場所だと思う。

色々な方から噂や情報は聞いていたけど、やっぱり自分の目で見てみなくちゃ、と。

ふたを開けてみたら、実は普通の地方都市でした。
旧満州エリアの時もそうだったけど、今回も嫌な思いは何一つ無し。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2008/04/26

南京駅(南京站 Nanjing Railway Station) 江蘇省, 中華人民共和国 (中国)

南京駅(南京站 Nanjing Railway Station)(江蘇省, 中華人民共和国 (中国))|南京(Akira Naitoさん)

南京駅を降りる。

ここもまただだっ広いわけで...

それにしても暑い。

済南からは約8時間。

着くなりすぐに次の場所までの切符を買おうと窓口の列に並んでいたら、寸前で割り込まれる。
ムッとして見るととても急いでそうだったので、こっちは急いでないしいいかと譲ってあげるととても感謝され、並びながらあれこれ拙い会話をしていたら、なぜか彼が切符を一緒に買ってくれる。

  • 行ってよかった!

江蘇省(中華人民共和国 (中国))|「大好きな中国の料理、西红柿炒鸡蛋(トマトと卵の炒め物)。」南京(Akira Naitoさん)

大好きな中国の料理、西红柿炒鸡蛋(トマトと卵の炒め物)。

  • 行ってよかった!

江蘇省(中華人民共和国 (中国))|「宿の上から。
夜でも暑い。

ビールが進む進む(笑)」南京(Akira Naitoさん)

宿の上から。
夜でも暑い。

ビールが進む進む(笑)

  • 行ってよかった!

江蘇省(中華人民共和国 (中国))|「夜の市街にはこんなモニュメントも。」南京(Akira Naitoさん)

夜の市街にはこんなモニュメントも。

  • 行ってよかった!

2日目2008/04/27

南京大虐殺記念館(南京大屠杀遇难同胞纪念馆 Nanjing Massacre Memorial Hall) 江蘇省, 中華人民共和国 (中国)

南京大虐殺記念館(南京大屠杀遇难同胞纪念馆 Nanjing Massacre Memorial Hall)(江蘇省, 中華人民共和国 (中国))|南京(Akira Naitoさん) - 03

終了。
なぜか最初順路を間違える。

圧倒的な展示量。

日本人の僕が途中からお腹いっぱいになるのであれば
中国の人からしたら耐えられない人もいるに違いない。

ちなみに、最後の方では今の日中友好の様子や平和を望む的な展示もある。

入場料ド忘れ。

  • 行ってよかった!

江蘇省(中華人民共和国 (中国))|「南京での目的も終え、宿をチェックアウト。
滞在中よく利用していた宿のカフェスペースのメンバーと記念に一枚。

街でもそうだったし、宿でもそうだったんだけど、

この写真を見ていただければ
必ずしもネガティブな感情だけが埋め尽くしているわけではないのが伝わるかなと

南京での目的も終え、宿をチェックアウト。
滞在中よく利用していた宿のカフェスペースのメンバーと記念に一枚。

街でもそうだったし、宿でもそうだったんだけど、

この写真を見ていただければ
必ずしもネガティブな感情だけが埋め尽くしているわけではないのが伝わるかなと思う。

日本人だから、中国人だから。
それよりもまずはお互い一人の人間。

きちんとみんな今を生きているよ。
そんなことが感じられた貴重な訪問でした。

どこのユースだったかは記録なし...

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 11
  • 5385

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 4881

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2878

船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

一人旅
船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

2008-04-14 - 2008-04-17

  • 9
  • Akira Naito
今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

作者: Akira Naito

  • 4
  • 3170

中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

一人旅
中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

2014-07-16 - 2014-07-26

  • 30
  • Seki
今回は、甘粛省の蘭州から新疆の伊寧まで12日間旅をしました。 2日に1回は移動していたので、結構あっという間でした。 今回の主な目的は「絶景」「国境」「名物料理」でしたが、すべて達成できて内容の濃い旅となりました。 新疆地区の料理は、また行ってはしごしたいです。笑

作者: Seki

  • 6
  • 3403

大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

一人旅
大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

2004-03-01 - 2004-03-01

  • 3
  • Akira Naito
「中国にもマチュピチュがある!」そんな情報を聞いて目指したその場所。 雲南省の世界遺産にもなっている少数民族納西(ナシ)族自治州の麗江からさらにさらに道の奥。

作者: Akira Naito

  • 3
  • 1593

その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

一人旅
その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

2002-03-14 - 2002-03-15

  • 8
  • Akira Naito
顔に刺青を施す風習が残るという独龍族に会えたらなと思い向かったものの会えずじまいだった貢山からの帰り道。六庫という町で大理行きのバスに乗り換えようとした僕に客引きの声が耳に留まる。それは、貢山へ向かう直前大理のバス停で出会った強者パッカーが「あそこはいいとこだったよ」と言っていた町の名前だった。『片马?』その言葉に、僕は身体を屈めながらその町行きのワンボックスに乗り込んだ。

作者: Akira Naito

  • 6
  • 1012

意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

一人旅
意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

2013-03-09 - 2013-03-09

  • 27
  • Hiroyuki  Fukagawa
人生で3回目の個人旅行。 前年に日本に初就航した中国のLCC、春秋航空を有明佐賀空港から利用。 上海まで片道、3000円という驚きの価格(燃油サ-チャージ等は別)そして初めてのネットでホテルの予約。 世の中すべてネットで出来るという便利だけど、チョッピリ不安な旅立ち。 空港までは下道で約1時間半。 有明佐賀空港の駐車は何日でも無料。新しくコンパクトな空港。 春秋航空も、1時間半にフライトは快適…CAさんとかも悪くないなぁ(*^^)v ~佐賀✈上海、往復22580円(カード別手数料有) 上海浦東空港も大きくてモダン、直ぐにタクシー乗り場へ。 しかし、ホテル予約サイトの口コミで書いてあった通り、運ちゃん、ホテルが分からない。地図を見たり電話をかけたりしても埒があかず、30分以上も走る。 結局、ホテルの写真を持っていた私が発見!Uターンさせて到着。それでも1000円もしなかったのは、近くてタクシー代が安いということか… ガイドブックとかにも、ホテル地図にも載っておりず、殆ど冒険で適当に最寄りのバス停からバスに乗る。2元だったかな…エアコン付。 適当に降りたところが地鉄2号線の川沙駅近く。 川沙公園に行ってみる(適当に歩いていたら着く) 原住民の憩いの公園、無料で、何となくホノボノ…嫌いじゃない。 駅に行って、地下鉄2号線で静安寺に行き、上海雑技を見る。 帰りは川沙まで地下鉄で来たが、帰りのバスがなくなって仕方なしにタクシーで? 道不案内を恐れたが、良く知っていて、スムーズに到着…20分くらい。 トラブルもあったが、中々楽しい1日目(*^^)v

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 2849

南京 南京

南京 トップへ