Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Mika Wakoさんのログブック(旅行記)「美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光」

美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光

2019-11-15 - 2019-11-16 44 487 13
Mika Wako
Travel Collector
Mika Wako
  • 30s / female

ポーランド第二の都市、クラクフ。ここは戦禍を逃れ、昔ながらの街並みが残る美しい街です。物価が安く、美味しいものもたくさん。
そんな美しい街から50kmほど離れたところに、ホロコーストで有名なアウシュヴィッツがあります。アンネの日記を読んでから一度は行きたかったアウシュヴィッツ。今回は近年話題になっているダークツーリズムのアウシュヴィッツ強制収容所を見学し、戦争とは、差別とは、国際問題とは、様々なことを考えさせられる旅でした。

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12019/11/15

マウォポルスカ(ポーランド)|「クラクフ到着。
まずは旧市街を目指します。旧市街の入り口に佇むバルバカン。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

クラクフ到着。
まずは旧市街を目指します。旧市街の入り口に佇むバルバカン。

マウォポルスカ(ポーランド)|「旧市街に入ると一気に雰囲気が変わります。
中央広場まではショッピング街になっています。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

旧市街に入ると一気に雰囲気が変わります。
中央広場まではショッピング街になっています。

マウォポルスカ(ポーランド)|「まずはランチ。
ポーランド名物ブルシチ。ロシアのボルシチはシチューみたいなイメージでしたが、ポーランドのものは透き通ったビーツのスープです。
中には水餃子のようなピエロギが入っていました。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

まずはランチ。
ポーランド名物ブルシチ。ロシアのボルシチはシチューみたいなイメージでしたが、ポーランドのものは透き通ったビーツのスープです。
中には水餃子のようなピエロギが入っていました。

マウォポルスカ(ポーランド)|「こちらが揚げピエロギ。
中身はいろいろは種類のものがありますが、餃子みたいで美味しい。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

こちらが揚げピエロギ。
中身はいろいろは種類のものがありますが、餃子みたいで美味しい。

マウォポルスカ(ポーランド)|「こちらもポーランド名物、ゴヴォンブギというロールキャベツ。日本人の口に合う、ポーランド料理でした。
しかもポーランドの物価は激安!!ベルギーの半額以下といったところでしょうか。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

こちらもポーランド名物、ゴヴォンブギというロールキャベツ。日本人の口に合う、ポーランド料理でした。
しかもポーランドの物価は激安!!ベルギーの半額以下といったところでしょうか。

マウォポルスカ(ポーランド)|「中央広場まで来ました。
ランドマークの聖マリア教会です。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

中央広場まで来ました。
ランドマークの聖マリア教会です。

マウォポルスカ(ポーランド)|「教会の向かいにある織物会館のアーケードはお土産屋さんになっています。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

教会の向かいにある織物会館のアーケードはお土産屋さんになっています。

マウォポルスカ(ポーランド)|「琥珀が有名だそうで、様々な琥珀製品が売られていました。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

琥珀が有名だそうで、様々な琥珀製品が売られていました。

マウォポルスカ(ポーランド)|「旧市街の端にはヴァヴェル城があります。
時間の関係で内部は見学できませんでした。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

旧市街の端にはヴァヴェル城があります。
時間の関係で内部は見学できませんでした。

マウォポルスカ(ポーランド)|「カジミエシュ地区にやってきました。
ここはユダヤ人街で、シナゴークがたくさんあるところ。しかし、一番有名なシナゴークは改装中のため入れませんでした。
ユダヤ人博物館を見学後、街を散歩。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

カジミエシュ地区にやってきました。
ここはユダヤ人街で、シナゴークがたくさんあるところ。しかし、一番有名なシナゴークは改装中のため入れませんでした。
ユダヤ人博物館を見学後、街を散歩。

マウォポルスカ(ポーランド)|「ここも小さなシナゴーク。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

ここも小さなシナゴーク。

マウォポルスカ(ポーランド)|「さて、中央市場に戻ってきました。
夜の聖マリア教会です。ライトアップされていて幻想的。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

さて、中央市場に戻ってきました。
夜の聖マリア教会です。ライトアップされていて幻想的。

マウォポルスカ(ポーランド)|「夕食はスウォヴァッキ劇場の近くにある素敵な内装のレストランで食事。
こんな豪華な内装ですが、価格は高くないのでご安心を。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

夕食はスウォヴァッキ劇場の近くにある素敵な内装のレストランで食事。
こんな豪華な内装ですが、価格は高くないのでご安心を。

マウォポルスカ(ポーランド)|「大きなパンに入ったシチュー。
ボリュームがすごいです。ポーランドは寒い国なので、スープやシチューが充実している気がします。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

大きなパンに入ったシチュー。
ボリュームがすごいです。ポーランドは寒い国なので、スープやシチューが充実している気がします。

マウォポルスカ(ポーランド)|「もう、毎食食べたいピエロギ。
すっかりピエロギのとりこですが、これも量が多い。。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

もう、毎食食べたいピエロギ。
すっかりピエロギのとりこですが、これも量が多い。。

マウォポルスカ(ポーランド)|「タルタル。
生肉好きとしては、各地方のタルタルを食べなければ。いろいろな薬味といただくスタイル。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

タルタル。
生肉好きとしては、各地方のタルタルを食べなければ。いろいろな薬味といただくスタイル。

マウォポルスカ(ポーランド)|「ポーランドのお酒といえば、ウォッカですよね。
もちろんショットでいただきます。
しかし、次の日のアウシュヴィッツは朝が早いので、今日はここまで。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

ポーランドのお酒といえば、ウォッカですよね。
もちろんショットでいただきます。
しかし、次の日のアウシュヴィッツは朝が早いので、今日はここまで。

Day 22019/11/16

Auschwitz I - Former Concentration Camp マウォポルスカ, Poland

Auschwitz I - Former Concentration Camp(マウォポルスカ, ポーランド)|美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

さて、今回のメイン、アウシュヴィッツ強制収容所の見学に来ました。
唯一の公式日本人ガイド、中谷さんという方がいらっしゃるのですが、旅行2ヶ月前にメールで直接ガイド依頼をさせていただき、今回は真剣に学ぶ気満々で挑みました。ここの施設自体、年々来訪者が増えているそうなので、予約は必須かと思われます。
ここは収容所の入り口。『働けば自由になる』と書かれていますが、Bの文字が逆さまになっていて、これは労働者の小さな抵抗だっとか。実際、自由になれた人は極々わずか。労働者はわかっていたのでしょうね。

マウォポルスカ(ポーランド)|「内部は博物館になっており、中谷さんについてまわります。
今回のツアーは20人くらいだったでしょうか。若い女の子のグループや学校の先生など、様々な人が参加していました。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

内部は博物館になっており、中谷さんについてまわります。
今回のツアーは20人くらいだったでしょうか。若い女の子のグループや学校の先生など、様々な人が参加していました。

マウォポルスカ(ポーランド)|「建物の中は、様々な展示物があります。こちらが当時の建物の模型。どういうシステムでガス室に送られるようになっているかなどの説明です。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

建物の中は、様々な展示物があります。こちらが当時の建物の模型。どういうシステムでガス室に送られるようになっているかなどの説明です。

マウォポルスカ(ポーランド)|「被収容者の持ち物などの展示もあります。
カバンや、食器、靴なども展示されていました。
中でも衝撃的なものは、髪の毛。いろいろなものに加工するためにみんな髪の毛をかられたそう。ここは流石に写真撮影NGということでした。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観

被収容者の持ち物などの展示もあります。
カバンや、食器、靴なども展示されていました。
中でも衝撃的なものは、髪の毛。いろいろなものに加工するためにみんな髪の毛をかられたそう。ここは流石に写真撮影NGということでした。

マウォポルスカ(ポーランド)|「義足や杖などもあり、障害者の人も収容されたのがわかります。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

義足や杖などもあり、障害者の人も収容されたのがわかります。

マウォポルスカ(ポーランド)|「ここは、銃殺が行われていたところ。
死の壁と呼ばれています。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

ここは、銃殺が行われていたところ。
死の壁と呼ばれています。

マウォポルスカ(ポーランド)|「ガス室の隣には焼却炉が。
遺体を焼く仕事も全て被収容者が行ったそうです。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

ガス室の隣には焼却炉が。
遺体を焼く仕事も全て被収容者が行ったそうです。

マウォポルスカ(ポーランド)|「焼却炉の外側です。煙突があります。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

焼却炉の外側です。煙突があります。

Terrain Of The Former Birkenau Camp Lesser Poland Voivodeship, Poland

Terrain Of The Former Birkenau Camp(マウォポルスカ, ポーランド)|美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん) - 02

アウシュヴィッツ強制収容所から2kmほどのところにもう一つの収容所、ビリケナウ収容所というところがあります。アウシュヴィッツからはシャトルバスで向かいました。
ここは、アウシュヴィッツよりもさらに多くの人を収容しており、アンネもここに収容されていたそうです。
長く続く鉄道引き込み線。

マウォポルスカ(ポーランド)|「こちらが入り口になっています。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

こちらが入り口になっています。

Terrain Of The Former Birkenau Camp Lesser Poland Voivodeship, Poland

Terrain Of The Former Birkenau Camp(マウォポルスカ, ポーランド)|美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

多くの建物はナチスが証拠隠滅のために壊してしまったそうで、今はだだっ広い野原になっています。

マウォポルスカ(ポーランド)|「焼き残った跡もあります。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

焼き残った跡もあります。

マウォポルスカ(ポーランド)|「一部バラックが残っていて、内部も公開しています。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

一部バラックが残っていて、内部も公開しています。

マウォポルスカ(ポーランド)|「ここは、被収容者のベッド。3段ベッドになっていますが、1スペースに3人とか入れられていたそうです。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

ここは、被収容者のベッド。3段ベッドになっていますが、1スペースに3人とか入れられていたそうです。

Terrain Of The Former Birkenau Camp Lesser Poland Voivodeship, Poland

Terrain Of The Former Birkenau Camp(マウォポルスカ, ポーランド)|美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん) - 03

今回のツアー参加で今まで知らなかったホロコーストの真実、ドイツのその後の対応、これからの国際問題に対する考え方、大衆心理の恐ろしさなどいろいろなことを考えさせられ、学ばせていただきました。悲しむより考えて欲しいという、中谷さんの言葉通り、ここに来ると、誰しも学ぶことがあるかと思います。ぜひ、機会があれば訪れて欲しい、お勧めの場所でした。

マウォポルスカ(ポーランド)|「さて、中央駅に戻ってきました。
ちなみに今回アウシュヴィッツツアーは現地集合だったのですが、中央駅隣にあるバスターミナルからバスで向かいました。チケットは普通にカウンターで購入できたのですが、バスというよりバンのような小型バスでした。有名な観光地に行くのに小さなバス(

さて、中央駅に戻ってきました。
ちなみに今回アウシュヴィッツツアーは現地集合だったのですが、中央駅隣にあるバスターミナルからバスで向かいました。チケットは普通にカウンターで購入できたのですが、バスというよりバンのような小型バスでした。有名な観光地に行くのに小さなバス(しかも個人所有っぽい)ですごく不安ですが、帰りも降りたあたりに無事バスが来てくれて帰ることができました。おそらく何社かバス会社があるのかと思いますが、大丈夫なので自分を信じて向かってください。

Stary Kleparz マウォポルスカ, Poland

Stary Kleparz(マウォポルスカ, ポーランド)|美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

ここに来る前に何かの番組(おそらく世界ふれあい街歩き)で、クラクフを見てきたのですが、そこで市場を紹介していたので立ち寄ってみました。
午後にはすでに閉店しているお店もチラホラですが、地元野菜などを見るのは楽しい。

Glonojad マウォポルスカ, Poland

Glonojad(マウォポルスカ, ポーランド)|美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

街中には戦争の慰霊碑?記念碑?もあります。
今でもお花が添えられています。

マウォポルスカ(ポーランド)|「夜のヴァヴェル城はライトアップされます。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

夜のヴァヴェル城はライトアップされます。

マウォポルスカ(ポーランド)|「本日の夕食は地元のビアホールにて。
地ビールが飲めます。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

本日の夕食は地元のビアホールにて。
地ビールが飲めます。

マウォポルスカ(ポーランド)|「伝統料理っていう感じのものではありませんが、ポークリブのグリル。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

伝統料理っていう感じのものではありませんが、ポークリブのグリル。

マウォポルスカ(ポーランド)|「そして可愛いウォッカたち。
ジュースで割ってあるので飲みやすいです。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

そして可愛いウォッカたち。
ジュースで割ってあるので飲みやすいです。

マウォポルスカ(ポーランド)|「ちなみに汚い写真ですが、夫曰く男子トイレにはキラキラ専用シンクがあるんだとか。
さすがウォッカ大国ですね。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

ちなみに汚い写真ですが、夫曰く男子トイレにはキラキラ専用シンクがあるんだとか。
さすがウォッカ大国ですね。

Trattoria Degusti マウォポルスカ, Poland

Trattoria Degusti(マウォポルスカ, ポーランド)|美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

ウォッカバーで二次会。
ここもいろんな種類のウォッカが低価格で飲めます。

マウォポルスカ(ポーランド)|「ジュースみたいで飲みやすい。こんなに飲みやすいと、飲みすぎちゃいそうですね。

さて、これでクラクフ、アウシュヴィッツの旅はおしまい。いろいろ考えさせられ、とても心に残る旅となりました。」美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光(Mika Wakoさん)

ジュースみたいで飲みやすい。こんなに飲みやすいと、飲みすぎちゃいそうですね。

さて、これでクラクフ、アウシュヴィッツの旅はおしまい。いろいろ考えさせられ、とても心に残る旅となりました。

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

負の遺産巡り

世界遺産
負の遺産巡り

2015-05-07 - 2015-05-12

  • 36
  • りょーちゃん
ナチ収容所を回るのが今回の第一目的。ポーランドのアウシュビッツ・ビルケナウ、ベルリンのザクセンハウゼン収容所と秘密警察拘置所、ミュンヘンのダッハウ収容所、なんとか回り切りました。

Travel Collector: りょーちゃん

  • 1
  • 3547

これすべて塩!!坑夫の祈りが結晶化した聖なる地下礼拝堂

世界遺産
これすべて塩!!坑夫の祈りが結晶化した聖なる地下礼拝堂

2016-09-28 - 2016-09-28

  • 33
  • Mayumi
ポーランドの「ヴィエリチカ岩塩坑(2013年に名称が「ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群」に変更)」は、1978年、世界遺産にはじめて認定された12件の一つ。地下深くに掘られた世界最大級の岩塩坑には、坑夫の無事と安全を祈願して作り上げられた岩塩による礼拝堂や塩のシャンディア、マリア像などが存在します。執念と狂気すら感じられる圧巻の岩塩芸術作品です。 The Wieliczka Salt Mineis is one of the first 12 registered UNESCO heritage, located in Wieliczka, in southern Poland.(this is changed the name of "Wieliczka and Bochnia Royal Salt Mines" in 2013) The Wieliczka mine has "the Underground Salt Cathedral, Chandeliers, and statues of Maria made from salt by miners with praying of safe and healthy. It's like artistic and gorgeous works!

Travel Collector: Mayumi

  • 2
  • 1869

Kraków/Wieliczka Salt Mine- Poland

世界遺産
Kraków/Wieliczka Salt Mine- Poland

2017-11-09 - 2017-11-11

  • 25
  • Sakura
2017/11 クラクフとヴィエリチカ 馬糞のおかげで運がついたのか、全てが順調に進んだ2日間。次はアウシュビッツ

Travel Collector: Sakura

  • 3
  • 885

EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

世界遺産
EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

2002-10-22 - 2002-10-24

  • 28
  • Shohei Watanabe
まだ旧東欧の雰囲気が臭う2002年のポーランドです。 強制収容所訪問後は食べ物とお酒が合わなかったのか、クラクフで一泊二日入院。点滴を打ち、脱水症状、黄疸が出る中、日本に帰ってきました。 何度も近隣諸国に分割され、虐殺された歴史から解き放たれて10年のポーランド。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157600515987730

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 9
  • 7425

ポーランドってどんなところ?

世界遺産
ポーランドってどんなところ?

2016-07-02 - 2016-07-08

  • 58
  • Hiroko Yoshitake
昨年終戦70周年記念で、ナチスや強制収容所関係の番組や映画など多数見る機会がありました。 最初、アウシュビッツはドイツにあると思っていたのですが、実はポーランドにあると知り、それからポーランドに興味を持ち、機会があれば行ってみたいと思っていました。 周囲の人たちは、「ポーランド?何があるの?どこにあるの?なんでそこなの?」と、マイナーな国の選択に、首をひねるばかり。でも、何があるか、どんな国なのかわからないからこそ、ますます行ってみたくなって、行ってきました。 オーストリアやドイツなどのメジャー観光地に比べたら、確かに見劣りするかもしれませんが、それでも、見どころはあるし、物価は安いし、治安もいいし、一人でも旅行がしやすい国でした。 食べ物もおいしく、できるならもう一度、今度は冬に行ってみたいものです。

Travel Collector: Hiroko Yoshitake

  • 2
  • 2502

ポーランドの旅

世界遺産
ポーランドの旅

2016-05-03 - 2016-05-07

  • 45
  • Takafumi Sato
美しい景色と悲しい歴史を持つ国、ポーランドを旅してきました。中でも特に港町グダンスクがとてもよい雰囲気でした。

Travel Collector: Takafumi Sato

  • 4
  • 1929

2014_ポーランド

世界遺産
2014_ポーランド

2014-09-22 - 2014-09-29

  • 18
  • Yamamoto Saori
夏休みを使ってポーランドに行ってきました。 短い期間で移動も多めでしたが、楽しく過ごすことが出来ました。

Travel Collector: Yamamoto Saori

  • 1
  • 1643

ベルリン、ポーランド南回り、ブダペスト

世界遺産
ベルリン、ポーランド南回り、ブダペスト

2015-06-20 - 2015-06-26

  • 12
  • Takeshi Kaneko
世界遺産ハンター 2015-1 ベルリン

Travel Collector: Takeshi Kaneko

  • 1
  • 1206

美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光 美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光

Back to Top of 美しいポーランドの古都クラクフとアウシュヴィッツ観光