Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Shino Ichimiyaさんのログブック(旅行記)「\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験」

\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験

2019-04-19 - 2019-04-20 32 80 31
Shino Ichimiya
Travel Collector
Shino Ichimiya
  • 30s / female
  • Switzerland
Places visited
Switzerland

念願のテルメ・ヴァルス (Therme Vals)。テルメ・ヴァルスとは、スイスのヴァルス村にある温泉施設のことで、この施設のお陰で村に賑わいが出たと言われています。

シンプルにため息が出るほどかっこ良く、フォトジェニックな空間なのですが、それ以上に、アプローチから始まる五感を通して感じるスパ体験や、建築と自然が作るその場の空気など、実際にその場に身を置いてみないと分からないことばかりなので、是非この神秘的なスパ体験を味わって欲しいと思います。

テルメ・ヴァルスを設計したピーター・ズントーは、スイスのバーゼル出身で2009年にはプリツカー賞を受賞した建築家でで、1996年に竣工したこの「ヴァルスの温泉施設 (Therme Vals)」は、ズントーの名前を世界に知らしめ、自身の最高傑作であると言われます。

浴室内は撮影禁止のため、詳しくは↓
https://7132therme.com/en

宿泊者専用時間帯:
夜:23:00〜01:00(水曜、金曜、日曜のみ)
朝:7:30〜11:00

併設のホテルに宿泊するなら↓
https://7132.com/en

テルメには訪れるだけでも大丈夫です。
ただし3000円くらい払うっぽいです。

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12019/04/19

Openair Val Lumnezia グリソン, Switzerland

Openair Val Lumnezia(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん)

クールから鉄道に乗って30分、イーランツ下車。そこから黄色のポストバスと呼ばれるバスに乗って目的地のヴァルスへ。

バスのチケットは、私はスイストラベルパスを持っていたので問題なかったですが、持ってない場合はクールで鉄道のチケットと一緒にバスのチケットも買うと良いです。
ただバスに乗っててチケット調べられたことないのだけど。。

Sankt Martin グリソン, Switzerland

Sankt Martin(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん)

ヴァルスまでバスで30分。ヴァルス村は、海抜1,200mの山中にある、綺麗な空気と美味しい水で有名な険しい谷に沿っている村。
険しい渓谷をうねうねと走ります。道が狭く、目下には崖と川、カーブもたくさんあり、結構なアトラクションでドキドキ。。

Therme Vals グリソン, Switzerland

Therme Vals(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 04

テルメ・ヴァルスはホテル併設の温泉施設。
斜面に対して幾何学的なヴォリュームを挿入することで、雄大な自然との対比がより際立っています。

Therme Vals グリソン, Switzerland

Therme Vals(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 06

外壁は地元ヴァルス産の石の積層。外部から内部まで続きます。モダンでありながらバナキュラーな建築で、その土地にしか表せない、凛とした佇まい。

Therme Vals グリソン, Switzerland

Therme Vals(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 05

テルメの周りをぐるっと拝察。
ところどころに贅沢なヴォイド。
大きく開いた開口からは、周囲の樹々や渓谷を眺めながらのんびりできそう。

寝椅子はこの建築に合わせてズントーがデザインしたもの。

Therme Vals グリソン, Switzerland

Therme Vals(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 09

受付を通って浴室までの廊下。
アプローチをわざと狭く、長くすることで来客者の期待感を助長します(緊張する、とも言いますw)。

ピーター・ズントーはテルメ・ヴァルスの設計にあたり、ブダペストやイスタンブール、ブルサといった古い温泉や風呂を視察したそう。
(ブルサ、行っておいて良かった。。)

Therme Vals グリソン, Switzerland

Therme Vals(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 10

内部は、幾何学的なハコではあるものの、洞窟の中にいるような静寂さを持つ落ち着いた空間。
中央に大きな浴槽があり、周囲に様々なタイプの浴室が配置されています。

中央の浴槽は水温32°で、42°の「火の浴槽」や14°の「水の浴槽」、花びらが散らばる「花の浴槽」など、温度の異なる浴室となっていて、それぞれの空間で体験できる質がそれぞれ異なっています。

※内部撮影禁止のため、写真はHPから拝借。
https://7132therme.com/en

Therme Vals グリソン, Switzerland

Therme Vals(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 11

様々な浴室が点在していることで、空間が間延びせず、移動する楽しみや、泳いだり歩いたりといった行為もそれぞれ楽しめます。

個人的にお気にりの浴室は、確か35℃の、天井が低い通路をくぐった先にある3m四方くらいの小さな浴室。
フロアにはアッパーライトが仕込まれていて、水面の揺らめきが天井に映り込みます。ぷか〜っと浮きながら瞑想に更けることができます。

※写真はHPから拝借。
https://7132therme.com/en

Therme Vals グリソン, Switzerland

Therme Vals(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 12

外部の浴場は、内部とはまた違った趣で、ヴァルスの雄大な山々を見ながらゆったり出来ます。内部から繋がる小さな開口部は、外部と自由に行き来ができるので、そのシークエンスの変化を是非ご堪能あれ。

※写真はHPから拝借。
https://7132therme.com/en

Therme Vals グリソン, Switzerland

Therme Vals(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん)

スパ施設以外の通路とかはガシガシ撮ってきました。壁面やスリットの入り方、自然光の差し込み方は浴室内も同じ。

外壁から続く石を積層させた壁面が、スリットからの自然光に照らし出され、空間の表情がとても豊かになっています。このミニマルな光と、洞窟のような設えが、来客者に対して凛とした神秘的な体験を演出しているのだと思います。

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん)

テルメ・ヴァルスは、宿泊施設に併設されています。
宿泊施設7132 Hotel。名前の由来は英語で調べてやっとわかったのだけど郵便番号からきているらしい。(昔そういう記号的な名前の付け方流行ったなぁ。)

何かの施設を実業家が購入、ホテルとして生まれ変わったそう。

テルメ・ヴァルスには宿泊者専用時間帯があったので、奮発して泊まることにしたのです。

  • Budget:40000USD

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 10

エントランスは、バス停から階段を結構上ります。。荷物持ってると大変。。

7132ホテルのエントランスは、曲線を使ったダイナミックなデザイン。

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 04

エントランスもフロントもコンパクト。
早めに着いたので荷物だけ置かせてもらおうと思ったのだけど、すんなりチェックインできました。
写真はラウンジバー。シックでラグジュアリーな設えだけど、窓の外には雄大な景色が。

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 05

一部にスタッコ。
これはピーター・ズントーの監修かもしれない。

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 02

ホテルにはHouse of Architect 棟があり、ズントーがデザインした部屋、安藤忠雄、隈研吾など有名建築家による客室もあります。

ここまで来て安藤・隈部屋はないだろう、と迷わずズントー部屋を選択。

黒や黄色もあったと思うのですが、私は赤の部屋!
分かりづらいでしょうが、天井・壁面全てスタッコ。ヌメッとした質感が外部の緑とのコントラストで楽しい。
こちらを参考にどうぞ↓
https://7132.com/en/rooms-and-suites/7132-house-of-architects/room-detail/id/1949/zumthor

安藤・隈部屋はこちらをどうぞ↓
https://7132.com/en/rooms-and-suites/7132-house-of-architects

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 08

アメニティチェック。
ESPAというイギリスブランドのもの。
ここのホテルのマッサージもこのブランドのものでした。

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 03

ミネラルウォーター・ヴァルサー(VALSER)の生産地でもあるヴァルス。
お部屋にももちろん。

Restaurant Alpenrose グリソン, Switzerland

Restaurant Alpenrose(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん)

この日も、クールで出会った東京の建築学生とテルメで合流し、ディナーを一緒に。7132ホテルから少し歩いて家族経営っぽいAlpenrose。
カツレツ。
塩味がしっかりついててなかなか食べ応えがあり、レモンがあと3個くらいは欲しいところ。ラズベリージャムは爽やかというよりは甘く、お肉とのコンビネーションは絶妙というよりは微妙。
つまり全然美味しくない。

  • Budget:3000USD

Day 22019/04/20

Therme Vals グリソン, Switzerland

Therme Vals(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 02

朝、テルメは7:30 から11:00まで宿泊者専用の時間。
1時間ほど人が少ないテルメを堪能し、(例の瞑想部屋が良かった!)前日予約いっぱいでやれなかったマッサージへ。
階段を降ります。

Therme Vals グリソン, Switzerland

Therme Vals(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 08

ブレていますが、受付。写真左側を進むとマッサージ部屋。
値段はやっぱり日本と比べると高いけれど、お姉さんの腕はとても良かったです。

何より終わった後のズントーデザインの寝椅子で、大きな開口部から見える大自然を見ながらゆったりお茶できたのは最高でした。
あのおもてなし空間はとても参考になりました。

  • Budget:20000USD

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 11

そして朝食。
朝食は確か3000円ほど。
美味くなかったらキレるわ!と思っていましたが、ちゃんとやっぱり、大変美味でございました。
すぐにお腹がいっぱいになるパンが美味しいってずるいと思うw

  • Budget:3000USD

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 16

チェックアウトして、バスの時間まで1時間、ホテルのギャラリー&ショップへ。

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 15

ショップの隣には、テルメ・ヴァルスに関わる模型やパネル、モニターが。
この模型はヴァルス村の地形と建物。
その大きな塔は一体。。。?
と思ったら、今度この村に、アメリカの建築家、Thom Mayneによる5スターホテルのスカイスクレイパーが出来るらしい。

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 17

モニターには、ヴァルスに関わる人たちのインタビューが流されています。
安藤さんも隈さんも。

隈さんのインタビューでは、「日本は島国と言われるが谷国だと思う。」「スイスと日本は工芸の点で似ている。」「物質の中に精神がある。物質に愛情を注ぐ。」と応えていました。

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 12

ヴァルスにはもう一つプロジェクトが。
建築家安藤忠雄による屋外美術館が。

7132 Hotel グリソン, Switzerland

7132 Hotel(グリソン, スイス)|\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験(Shino Ichimiyaさん) - 13

光と影の美術館。
ヴァルスを訪れる人が散歩しに、ただその環境を感じるための「場」となる美術館。

さて、フランスとドイツの国境の街、デザイン都市バーゼルに向かいます。

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

\スイス山中/ピーター・ズントーの聖ベネディクト教会を訪ねて

建築
\スイス山中/ピーター・ズントーの聖ベネディクト教会を訪ねて

2019-04-18 - 2019-04-18

  • 35
  • Shino Ichimiya
ピーター・ズントー(ペーター・ツムトーア)とは、スイスのバーゼル出身の建築家で、同じくスイス内にある温泉スパ施設「テルメ・ヴァルス」が特に有名です。その前にズントーが世に名を知らしめるようになった、スイス山中にある聖ベネディクト教会を訪れてきました。 ピーター・ズントーについては↓ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BC

Travel Collector: Shino Ichimiya

  • 7
  • 59

\スイス/アルプスの山々に囲まれた街クールでピーター・ズントーの建築めぐり

建築
\スイス/アルプスの山々に囲まれた街クールでピーター・ズントーの建築めぐり

2019-04-17 - 2019-04-19

  • 39
  • Shino Ichimiya
スイスのクールは、古代ローマ時代から続くスイス最古の街の一つで、美しいアルプスの山々に囲まれた街。それほど大きな街ではなく、中心部は新しい建設中の建物が見えましたが、昔からの細い路地が続く趣のある街です。 ピーター・ズントーの有名な建築物である「ヴァルスの温泉施設」や「聖ヴェネディクト教会」へは、このクールが起点となります。彼のアトリエも近いため、クールにはピーター・ズントーの作品が多いです。 リヒテンシュタイン公国に立ち寄るにも起点となるかも。

Travel Collector: Shino Ichimiya

  • 8
  • 36

スイス アルプスを行く

アルプス
スイス アルプスを行く

2017-08-14 - 2017-08-16

  • 18
  • 阿佐智
スイスには鉄道の世界遺産があります。アルプス越えのベルニナ急行です。イタリアンのティラーノからスイスのサンモリッツまでの路線は世界有数の景勝路線となっています。サンモリッツからは、アルプスの谷を東西に貫く通称「氷河急行」が走っています。これらに乗った後、バスでアルプスの峠を越えます。

Travel Collector: 阿佐智

  • 3
  • 682

のんびり10日間女一人旅【スイス・ジュネーブ(Geneva, Switzerland)】

一人旅
のんびり10日間女一人旅【スイス・ジュネーブ(Geneva, Switzerland)】

2011-04-09 - 2011-04-16

  • 19
  • Momo Nagano
初めてのヨーロッパ、スイス・ジュネーブ女一人旅10日間。 ヨーロッパの中でも少し敷居の高いイメージのスイス。ここさえ押さえればジュネーブはしっかり楽しめます! I went to Geneva, Switzerland alone for 10 days for the first time.

Travel Collector: Momo Nagano

  • 3
  • 21953

スイス 〜アルプスの大自然を巡る旅〜

アルプス
スイス 〜アルプスの大自然を巡る旅〜

2012-05-23 - 2012-05-25

  • 10
  • Mutsuki Ito
アルプスの大自然を満喫。 どこを見ても自然!自然!!自然!!! 本気でスイスに移住しようか悩みました・・・ ハイジうらやましい・・・

Travel Collector: Mutsuki Ito

  • 21
  • 9742

憧れのヨーロッパアルプス、マッターホルンを眺めるスイス旅

大自然
憧れのヨーロッパアルプス、マッターホルンを眺めるスイス旅

2012-07-24 - 2012-07-28

  • 10
  • 上原 直
山好きな人にとって ヨーロッパアルプスは憧れの存在 いつも写真で眺めては、ため息ついてたマッターホルン 思い切って夏休みに山岳リゾートスイスへGO!

Travel Collector: 上原 直

  • 8
  • 5055

ツェルマット(スイス)


ツェルマット(スイス)

2013-10-17 - 2013-10-17

  • 7
  • Yuki Ishiwatari
標高1620mのマッターホルンを望める小さな村。普通の車は走らず、馬車や電動自動車しか見かけない。ヨーロッパの中でも物価が高いスイスだが、鉄道で3000mまで登り、マッターホルンを眼前に捉えることのできる展望台があるこの地は訪れてほしい場所である。

Travel Collector: Yuki Ishiwatari

  • 3
  • 4901

ベルン、ルツェルンを満喫☆絵画のような風景に感動!スイス旅♡

女子旅
ベルン、ルツェルンを満喫☆絵画のような風景に感動!スイス旅♡

2006-06-22 - 2006-06-26

  • 10
  • Masumi Yoshimura
メインはベルン、ルツェルン観光です。朝も昼も夜も、まるで絵画のような風景に終始感動させられました。 ベルンでは連邦議会議事堂、バラ園、ルツェルンではカペル橋、ルツェルン湖など定番の観光スポットへ。ルツェルン湖ではクルーズも体験しましたー。とっても満喫したスイス女子旅でした!

Travel Collector: Masumi Yoshimura

  • 3
  • 4201

\スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験 \スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験

Back to Top of \スイス/ピーター・ズントーの最高傑作テルメ・ヴァルスで贅沢スパ体験