Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Horie Kentaroさんのログブック(旅行記)「3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる」

3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる

2019-05-02 - 2019-05-05 42 357 43
Horie Kentaro
Travel Collector
Horie Kentaro
  • male

イスラエルに訪問する機会があったので、最大の観光地であり、その旧市街はイスラム教、キリスト教、ユダヤ教と3つの宗教の聖地でもあり、アメリカのトランプ大統領がイスラエルのアメリカ大使館を移転したことで大きな話題にもなった街、エルサレムを訪問して参りました!

数々の経典に登場する地に自分の足で立った感動はもちろん、想像以上にこの地が辿った歴史と、複数の宗教を信じる人々が同じ街で暮らすことの大変さとそこから生まれる混沌(カオス)、そして何よりそれらを支える宗教への信心の強さを目の当たりにする旅となりました。

↓今回の旅行で訪れた他の場所に関する旅行記です!併せてどうぞ✨

テルアビブ編 🇮🇱:https://www.compathy.net/tripnotes/29876
ベツレヘム・ヘブロン編 🇵🇸:https://www.compathy.net/tripnotes/29886
アンマン編 🇯🇴:https://www.compathy.net/tripnotes/29891
ペトラ、ワディ・ラム編 🇯🇴:https://www.compathy.net/tripnotes/29891

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12019/05/02

Tel Aviv Central Bus Station (תחנה מרכזית חדשה תל אביב) Tel Aviv, Israel

Tel Aviv Central Bus Station (תחנה מרכזית חדשה תל אביב)(テルアビブ, イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 05

出発地となるテルアビブのセントラル・バス・ステーションに向かいます。

ただこちら、近づくと周辺はハイテクリゾート・テルアビブのイメージとはかなりかけ離れた、また雰囲気もガラッと異なったエリアにあります。

それもそのはずこの周辺は「ベタ・イスラエル」と呼ばれるエチオピア系のユダヤ教徒が暮らすエリア。街を歩く人達もエチオピア系の人が9割近くを占め、違う国に来たかのよう。

写真はこのエリアで貼られていた近隣イベント(?)のポスターなのですが、写っている人々が明らかにいわゆる「イスラエル人(アシュケナジーム)」のイメージとは違いますよね。

テルアビブのハイソな雰囲気に慣れていると少し怖いかもしれませんが、特に治安が悪いという話も聞かないので、ご安心を!

  • Loved to be there!

Tel Aviv Central Bus Station (תחנה מרכזית חדשה תל אביב) Tel Aviv, Israel

Tel Aviv Central Bus Station (תחנה מרכזית חדשה תל אביב)(テルアビブ, イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

こちらがターミナルへの入り口となる42番ゲート。
バスターミナルには入り口が複数あるのですが、行き先によって入り口が異なるみたいです。

最初に入ろうとした入り口の荷物検査を受けようとすると入館の目的を聞かれ、エルサレムに行くことを伝えるとこちらのゲートを案内されました。

  • Loved to be there!

Tel Aviv Central Bus Station (תחנה מרכזית חדשה תל אביב) Tel Aviv, Israel

Tel Aviv Central Bus Station (תחנה מרכזית חדשה תל אביב)(テルアビブ, イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 03

こちらが出発ロビー。

エルサレム行きは405番のバスに乗ります。
運賃は30NIS(約600円)で、30分おきくらいでバスが出発しています。

ここから1時間もバスに揺られれば、エルサレムのセントラル・バス・ターミナルに到着します。

  • Loved to be there!
  • Budget:600USD

Day 22019/05/03

Light Rail Station - Mt. Herzl エルサレム地区, Israel

Light Rail Station - Mt. Herzl(エルサレム地区, イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

いよいよエルサレムに到着!

まずはこの地(イスラエル)にユダヤ教が根付くまでの歴史をしっかりと復習するため、ホロコーストからイスラエル建国までの歴史が学べるというホロコースト記念館に向かいます。

ホロコースト記念館へのアクセスはライトレール(路面電車)の片一方の終点である「Mount Herzl(ヘルツルの丘)」駅から徒歩で15分程度です。

ちなみにライトレールはどこからどこまで乗っても一律5.9NIS(約180円)。

  • Loved to be there!
  • Budget:180USD

Herzl Museum (מוזיאון הרצל) エルサレム地区, Israel

Herzl Museum (מוזיאון הרצל)(エルサレム地区, イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

ホロコースト記念館に向かう途中には、シオニズムの記念博物館もあります。

この辺りは完全にイスラエルの一部といった感じで、愛国心の強そうなイスラエル人と観光客しか見当たりません。

  • Loved to be there!

Holocaust History Museum エルサレム地区, Israel

Holocaust History Museum(エルサレム地区, イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

記念館の入り口に到着します。
圧倒的に近代的なデザインが異色を放ちます。

記念館への入場は無料。25NIS(約750円)でオーディオガイド(日本語版はありません)を借りることができます。

英語版のオーディオガイドをレンタルし、いざ内部へ!

  • Loved to be there!

Holocaust History Museum エルサレム地区, Israel

Holocaust History Museum(エルサレム地区, イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 02

外観がお洒落の極み!
こんな感じの横に細長く伸びた形の記念館になっています。

テルアビブの美術館しかり、イスラエルの建造物はとにかく近代的。

  • Loved to be there!

Holocaust History Museum エルサレム地区, Israel

Holocaust History Museum(エルサレム地区, イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 03

こんな感じの長い通路の両脇が展示室になっており、ユダヤ教徒が辿った苦難の歴史を時系列で学んでいくことができます。

建築には全く教養がありませんが、この光の差し込み具合が計算されている辺り「さすがだな」と唸ってしまいます。

  • Loved to be there!

Holocaust History Museum エルサレム地区, Israel

Holocaust History Museum(エルサレム地区, イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 04

基本的に館内は撮影禁止のため写真が多くありませんが、映像コンテンツが多く非常に多くを知ることができる作りになっています。

特にホロコーストから生き残った生き証人達のインタビュー映像が多く見られ、併せて写真のような強制収容所の再現スペースもあり、ホロコーストの凄惨さを思い知ることができます。

エルサレムに訪れる方には是非とも訪れて欲しい場所ですが、映像コンテンツにはショッキングな内容も多く写り込んでいますので、行かれる際には覚悟の上で・・・!

  • Loved to be there!

Hall of Remembrance エルサレム地区, Israel

Hall of Remembrance(エルサレム地区, イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

飛ばし飛ばしで3時間ほどの滞在を経て(全てのコンテツを見ていたら、1日あっても足りなそうな量があります)記念館の最後には、「Hall of Remebrance」というスペースがあり、円形のこのスペースにはホロコーストの被害者達の名前と顔写真が全て記録されているのだそう。

現在登録されているのは200万人ほどですが、歴史上で伝えられる600万人分のスペースが準備してあるそうです。

奥に進むとコンピュータルームがあり、被害者の名前を検索することができます。

パレスチナ問題を間近で見る機会の中で、その主犯格であるイスラエルの負の歴史を見ることで、被害者が加害者になる歴史の繰り返しに鬱々とした気持ちになりつつ、記念館を後にします。

  • Loved to be there!

Zion Gate Israel

Zion Gate(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

続いていよいよ、イスラム教徒、キリスト教徒、ユダヤ教徒が同じ塀の中で暮らすエルサレムの旧市街へ向かいます。

旧市街に入るには複数のゲートがありますが、旧市街は文字通りの迷路でめちゃくちゃ迷いやすいので、最も大きく主要なスポットにも行きやすい、ダマスカス門から入ることをおすすめします。

自分が初めて訪問した際には、宿のあるダマスカス門近くが出口になるよう、真逆にあるジオン門から入りましたが、地図をロクに見ずに歩いていたらめちゃくちゃ迷いました笑 それもまた楽しい思い出ですが!

  • Loved to be there!

King David's Tomb Cave Israel

King David's Tomb Cave(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

旧市街は明確な区切りが分かりにくいものの、ユダヤ教徒地区、イスラム教徒地区、キリスト教徒地区、アルメニア人地区という4つの区域に分かれています。

ユダヤ教徒の安息日であるシャバット(金曜の日没〜土曜の日没まで)は多くのお店が閉まってしまうのですが、旧市街のイスラム教徒地区ではお店が空いているという面白い光景も目にすることができます。

ここはユダヤ教徒地区付近で高台に登れる場所から撮った風景。奥に見えるのはダビデの墓です。

  • Loved to be there!

The Jewish Quarter of the Old City of Jerusalem (Rova Yehudi) הרובע היהודי בעיר העתיקה בירושלים Israel

The Jewish Quarter of the Old City of Jerusalem (Rova Yehudi) הרובע היהודי בעיר העתיקה בירושלים(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

ユダヤ教徒地区を抜け、有名な「嘆きの壁」に向かいます。

ユダヤ教徒地区はこのように天井に屋根がついているのが特徴的で、狭い通路の両脇には多くのお店が軒を連ねています。

またこのエリアでは商魂逞しい方が多いので、注意が必要です。

自分は無理やり店に連れ込み、頼んでもいないのに勝手にアクセサリーを作ってお金を要求してくる人と、勝手に嘆きの壁までついてきてガイド料を請求する人に出会いました。どちらもちょっと怒ったらすぐに引っ込みましたが。笑

  • Loved to be there!

The Kotel / הכותל / The Western Wall Israel

神殿の西壁(The Kotel / הכותל / The Western Wall)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

こちらがかの有名な嘆きの壁です。

詳細は調べた方が正確な情報がありますが、ユダヤ教徒の辿った悲しい歴史が残された場所で、多くのユダヤ教徒がお祈りをする場所になっています。
また壁の向こうはイスラム教の聖地である「岩のドーム」と「アル=アクサー・モスク」があります。

入り口で男女に分かれており、壁に近づくにはキッパ(ユダヤ教徒が被っている小さな帽子のようなもの)の着用が必須で、無料でレンタルできます。

  • Loved to be there!

The Kotel / הכותל / The Western Wall Israel

神殿の西壁(The Kotel / הכותל / The Western Wall)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 02

このように多くの方が祈っている様子を間近で見ることができます。

写真の右側に写っている黒いスーツの人達は超正統派と呼ばれる人達で、長いもみあげが特徴です。

  • Loved to be there!

The Kotel / הכותל / The Western Wall Israel

神殿の西壁(The Kotel / הכותל / The Western Wall)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 04

またまた良く見ると、壁を形作る岩のスキマに紙がびっしり!

願い事か何かを書いて差し込んでいるのでしょうか。

  • Loved to be there!

The Kotel / הכותל / The Western Wall Israel

神殿の西壁(The Kotel / הכותל / The Western Wall)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 07

「嘆きの壁」というと、ここまで掲載した写真のような屋外の場所をイメージする方が多いかもしれませんが、実は室内のお祈り場所も存在します。

壁伝いに歩くとこのように室内に通じる通路があり、中にはヘブライ語の本が無数に置かれています。

  • Loved to be there!

The Kotel / הכותל / The Western Wall Israel

神殿の西壁(The Kotel / הכותל / The Western Wall)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 03

皆本を手に取り、読んだり祈ったりしています。

こちらにいたのはほとんどが超正統派の人達でした。

  • Loved to be there!

Via Dolorosa Palestine

Via Dolorosa(パレスチナ)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 06

続いてはキリスト教地区を横目に見つつ、キリスト教の聖地である「聖墳墓教会」に繋がる道「ヴィア・ドロローサ」へ。

ここはイエス・キリストが十字架の刑を受けてから、磔の地まで十字架を背負って歩いたと言われる1km程度の道で、1〜14の「留」(ステーション)と呼ばれる、聖書にも登場するチェックポイントをたどっていくと、イエスが眠るとされる「聖墳墓教会」に到着します。

写真奥に見えるエッケ・ホモ・アーチからスタートします。

  • Loved to be there!

Al Aqsa Mosque المسجد الاقصى הַר הַבַּיִת Israel

Al Aqsa Mosque  المسجد الاقصى  הַר הַבַּיִת(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

結論から言うと、自分は全てのステーションを見つける前にゴールの聖墳墓教会に到着してしまいました。笑

こちらが(おそらく)最初のステーションである、ピラト総督邸跡。現在はアラブ系の学校になっています。

  • Loved to be there!

Church Of The Condemnation Palestine

Church Of The Condemnation(パレスチナ)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

程なく進むと、「鞭打ちの教会」という、イエスがむち打ちの刑を宣告された場所に立つ教会にたどり着きます。

ここはサンフランシスコ系のキリスト教徒がヴィア・ドロローサ保存のために作った場所ともされ、敷地内にはヴィア・ドロローサのルートを記載した地図が設置されています。

  • Loved to be there!

Church Of The Condemnation Palestine

Church Of The Condemnation(パレスチナ)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 02

教会内部の様子です。

流石に信心深い方が集まっているのか、すすり泣いている人もいました。

  • Loved to be there!

Via Dolorosa Palestine

Via Dolorosa(パレスチナ)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 04

最初にステーションの印を見つけた第三ステーション。

ここは十字架を背負わされたイエスが地面に倒れ込んだ場所だそう。

  • Loved to be there!

Via Dolorosa Palestine

Via Dolorosa(パレスチナ)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 02

そのすぐ脇に第四ステーションがありました。

ここはそんなイエスを母マリアが見た場所とされていおり、近くには「苦悩の母マリア教会」が建てられています。

  • Loved to be there!

Via Dolorosa Palestine

Via Dolorosa(パレスチナ)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 05

第七ステーション。
この辺りから急激な坂道になっていきます。

これが自分が見つけた(特に頑張って全て見つけようとしていた訳ではないのですが)最後のステーションになりました。

普通に歩いていると見つけられないものも多くありそうなので、全てのステーションを見つけたい方は、事前にきちんと場所を確認してから向かわれることを強く推奨します。

  • Loved to be there!

Via Dolorosa Palestine

Via Dolorosa(パレスチナ)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

ここまで来ると聖墳墓教会は目と花の先!
この辺りはスーク(イスラム教における市場)になっており、多くのお土産物屋が立ち並んでいます。

  • Loved to be there!

Church Of The Holy Sepulchre / כנסיית הקבר / Ναός της Αναστάσεως / Храм Гроба Господня / القيامة‎‎ / Սուրբ Հարություն տաճար Palestine

聖墳墓教会(Church Of The Holy Sepulchre / כנסיית הקבר / Ναός της Αναστάσεως / Храм Гроба Господня / القيامة‎‎ / Սուրբ Հարություն տաճար)(パレスチナ)|3つの宗教の聖 - 04

内部に入るとすぐに、「塗油の石」があります。
これはイエスの遺体が横たえられて埋葬処置を施されたという言い伝えがある石だそう。

この石は水で濡れており、熱心なキリスト教徒達がその水を自分の持っている十字架に塗りたくったり、顔に塗ったりしていました。

  • Loved to be there!

Church Of The Holy Sepulchre / כנסיית הקבר / Ναός της Αναστάσεως / Храм Гроба Господня / القيامة‎‎ / Սուրբ Հարություն տաճար Palestine

聖墳墓教会(Church Of The Holy Sepulchre / כנסיית הקבר / Ναός της Αναστάσεως / Храм Гроба Господня / القيامة‎‎ / Սուրբ Հարություն տաճար)(パレスチナ)|3つの宗教の聖地!エルサ

こちらが最後のステーションでもある第14ステーションにして、イエス・キリストの墓です。

キリスト教では有名な話ですが、ここにはイエス・キリストの死体はありません。死んで3日後に甦ったとされているので・・・

  • Loved to be there!

Church Of The Holy Sepulchre / כנסיית הקבר / Ναός της Αναστάσεως / Храм Гроба Господня / القيامة‎‎ / Սուրբ Հարություն տաճար Palestine

聖墳墓教会(Church Of The Holy Sepulchre / כנסיית הקבר / Ναός της Αναστάσεως / Храм Гроба Господня / القيامة‎‎ / Սուրբ Հարություն տաճար)(パレスチナ)|3つの宗教の聖 - 05

教会内は2階部分と地下も含めると、この辺りのどの教会よりも大きい造りになっていました。

こちらは2階部から「塗油の石」を眺めたところ。

この日はイスラム教の聖地である「岩のドーム」にはイスラム教徒以外は入れなかったため、旧市街散策はここで終わりにして、エルサレムの夕景を楽しむべく、こちらも聖書に頻出する「オリーブ山」に向かいます。

  • Loved to be there!

Day 32019/05/04

Mount Of Olives Israel

マウント オブ オリーブス(Mount Of Olives)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 04

オリーブ山に向かうには、旧市街をライオン門から出ると便利です。

ライオン門から抜けるとオリーブ山を正面に見る形になるので、そのまま道なりに向かうとオリーブ山です。

つづら折りになった車道沿いに向かう道と、急な階段で向かう道があり、階段を選んだところめちゃくちゃキツかったです。またこのルートを選ぶと有名な「マグダラのマリア教会」等も行けませんのでご注意を。

  • Loved to be there!

Mount Of Olives Israel

マウント オブ オリーブス(Mount Of Olives)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん)

しかし厳しい階段を登った価値がある風景がそこに!

旧市街を臨めるというカフェに入りコーヒーで一息つくと、素晴らしい景色が広がっていました。

ここで日没までゆっくり過ごそうと思っていましたが、店主に勝手に料理を作られて料金を取られそうになったのでそそくさと後にします。

この辺りは、「勝手にサービスしておいて、お金を請求する」手口が流行しているようです。

  • Loved to be there!

Mount Of Olives Israel

マウント オブ オリーブス(Mount Of Olives)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 02

そのまま足を伸ばすと、「記念公園」と呼ばれるビュースポットがあったので、そちらでゆっくりと日の入りを待つことに。

旧市街に沈む夕日と、ポツポツと明かりの付き始める旧市街の様子は、見ているだけでも胸にこみ上げるものがありました。

  • Loved to be there!

Mount Of Olives Israel

マウント オブ オリーブス(Mount Of Olives)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 03

翌日は帰りのフライトに向けてアンマン(ヨルダン)に向かうエルサレム最後の夕日は、ゆっくりと時間をかけて見られたため、とても思い出深い場所となりました。

ニュース等で騒がれている場所でも確かに人々の暮らしがあり、時代は日々動いています。このエルサレムではそうでもありませんでしたが、この旅では多くの「日本での報道、情報」とは異なる景色を目にしてきたことが思い出されます。

だからこそ旅人はそこへ向かい、事実を伝えていくという意義ある役目を持っているのだなぁとひとりごちていると、日が暮れていきました。

イスラム教の聖地である「岩のドーム」にだけ行けていないことを心残りにしつつ。。。

  • Loved to be there!

Day 42019/05/05

The Kotel / הכותל / The Western Wall Israel

神殿の西壁(The Kotel / הכותל / The Western Wall)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 06

ということで、ヨルダンへの国境越えがあるエルサレム最終日も早起きして「岩のドーム」へ再アタック。

旧市街観光の目玉でもあるこちらは警備が厳重で、特にラマダンの初日となったこの日は多くの通用口が閉ざされ、「嘆きの壁」付近の入り口からしか入れないと言われ向かいます。

この時点で超絶的に嫌な予感はしていたのですが・・・

  • Loved to be there!

The Kotel / הכותל / The Western Wall Israel

神殿の西壁(The Kotel / הכותל / The Western Wall)(イスラエル)|3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる(Horie Kentaroさん) - 05

結果、行けませんでした・・・

入り口が一つに限定されてしまった影響で朝っぱらから大行列で、国境越えができる時間までに出るのは到底無理そうだったので、ここでエルサレムの旅は終了!!

エルサレムに帰ってくるための理由を残してくれたのだろうとポジティブな気持ちに切り替えて、国境へ向かいました。

岩のドームのへのリベンジ、必ずや!!!!

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

エルサレム

聖地
エルサレム

2015-01-01 - 2016-01-16

  • 22
  • Daichi
2015年1月 ヨルダン・キングフセイン橋から入国したイスラエル。 もともとは訪れる予定はなかったけど、色んな旅人からの強い勧めで、急遽行ってきました! エルサレムは、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教が緩やかに共存していて、他の都市にはない不思議な雰囲気がありました。

Travel Collector: Daichi

  • 1
  • 560

女一人旅 イスラエル 世界一厳しい入国&出国審査

一人旅
女一人旅 イスラエル 世界一厳しい入国&出国審査

2014-07-06 - 2014-07-09

  • 26
  • Ciel
やっぱり訪問してよかった! 聖地エルサレムは、とても美しくて パワーを感じる場所でした。 詳細はこちらをどうぞ。 http://ameblo.jp/aromaciel/entry-11903864945.html

Travel Collector: Ciel

  • 11
  • 22599

イスラエル テルアビブと周辺の街 米同盟国日本人の僕が訪れた理由。

世界遺産
イスラエル テルアビブと周辺の街 米同盟国日本人の僕が訪れた理由。

2010-07-11 - 2010-07-12

  • 30
  • Shohei Watanabe
「わたしは4才だった 誕生日のすぐ後 ハイファを追われた  何故 引っ越さなきゃいけないの? ママが言った『ユダヤ人に殺られちゃうよ』 家も街も祖国も なにもかも奪われた」 ライラのバラード https://www.youtube.com/watch?v=b8I3kaGohZY ハイファはPFLPの女性活動家(テロリスト)ライラ・カリドの故郷 アシュケロンはガザ地区からすぐの町で、ちょくちょくガザ地区からミサイルが飛んできます。 テルアビブから鉄道で地中海の街を見て周りました。 お洒落な建物が多い美しい街 しかし、パレスチナの葛藤を常に持つ街でもあります。 親米国家にはユダヤ人が祖国を取り戻した話 パレスチナ人には祖国を奪われた話。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157624880030648/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 6
  • 3118

Three seas in one Country


Three seas in one Country

2014-06-20 - 2014-08-11

  • 5
  • Witold Przygoda
Usually people recognize the Holy Land from the point of view of either religious places or political hot spot. Here you can follow the short story that this is also a country of three seas.

Travel Collector: Witold Przygoda

  • 1
  • 1359

New Year Trip


New Year Trip

2013-12-29 - 2014-01-04

  • 10
  • Dima Rodriguez
  • Andrey Pavlov
  • Anastasiia Onchukova
New Year Trip to Israel. Visited Tel-Aviv, Jerusalem and Haif

Travel Collector: Dima Rodriguez

  • 0
  • 991

Israel 01/ 02 2014


Israel 01/ 02 2014

2014-01-23 - 2014-02-17

  • 9
  • Rene Krueger
Your trip to Israel will start in the library next door or with your laptop on the chest, opening some hundred tabs with wikipedia content. Prepare yourself for a country founded only 1948 but a history going back thousands of years. I saw a country under constant fire, cities full of bomb shelters and soldiers, with the capital Jerusalem being still a war zone. This trip challenged me and changed me, and those four weeks left the deepest and most controversial impressions. It's worth going there but don't expect havong an easy time on beaches and clubs. Take your time, study people's faces, prepare yourself well and take and get the experience of your lifetime!

Travel Collector: Rene Krueger

  • 0
  • 959

Israel

初めての旅
Israel

2014-07-11 - 2014-07-14

  • 6
  • Joanna Nowak
Israel is one of the world's most beautiful countries :) Travel : WAW- TLV

Travel Collector: Joanna Nowak

  • 0
  • 826

Short break in Israel!

格安旅行・貧乏旅行
Short break in Israel!

2014-03-04 - 2014-03-06

  • 6
  • Rafał Walerczyk
Short stay in Israel, visitng Jerusalem and Tel Aviv! Had a wonderful time and weather!

Travel Collector: Rafał Walerczyk

  • 1
  • 761

3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる 3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる

Back to Top of 3つの宗教の聖地!エルサレムで彼の地が辿った歴史に触れる