Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Yukiさんのログブック(旅行記)「メキシコ」

メキシコ

2018-10-12 - 2018-10-14 38 115 74
Yuki
作者
Yuki
  • 30代 / 女性

カンクン、ユカタン半島へ。マヤ文明に触れ、神秘の謎に迫り、美味しいメキシカンとビール、海、リゾート、そして買い物!

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2018/10/12

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

3日目2018/10/14

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円
  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

透明度抜群!今人気のドスオホスセノーテへ

メキシコ
透明度抜群!今人気のドスオホスセノーテへ

2017-03-27 - 2017-03-27

  • 15
  • Kishigami Tetsuya
急上昇中のメキシコで人気上昇中のドスオホス・セノーテ。 グランセノーテよりも透明度が高いという噂をもとにもツアーでなくても自力で行きました。 ●ドスオホスセノーテへの行き方 カンクン、プラヤデルカルメンからでも行けますが、今回はトゥルムを拠点。 まず、トゥルムのメイン通りを走っているプラヤデルカルメン行きのコレクティーボに乗ります。 コレクティーボに乗った際、運転手に「ドスオホス・セノーテ」で降りたいと 伝えればOK。 所要時間:10分 コレクティーボ:30ペソ 入場料:200ペソ 自転車レンタル:50ペソ グランセノーテ同様に朝一番に行くのがおすすめです。

作者: Kishigami Tetsuya

  • 2
  • 540

グランセノーテはトゥルム遺跡とセットで観光がおすすめ

世界遺産
グランセノーテはトゥルム遺跡とセットで観光がおすすめ

2017-03-26 - 2017-03-26

  • 15
  • Kishigami Tetsuya
透明度が100mあると言われているグランセノーテ。 メキシコのカンクンからでも行くことができますが、 トゥルムを拠点にするのがおすすめです。 ●グランセノーテの行き方 トゥルムからだとタクシーでわずか5分。 入場料:150ペソ 開園時間:8時から タクシー:70~90ペソくらい ●トゥルム遺跡の行き方 トゥルムの街から行き方としては3通りです。 1.歩く・・・30分くらいかかります。 2.タクシー・・・実際に利用していないので費用はわかりません。 3.レンタバイク・・・遺跡周辺のビーチにも自転車で行くことができます。(50ペソ) 入場料:65ペソ グランセノーテとトゥルム遺跡は、一日で観光できます。

作者: Kishigami Tetsuya

  • 2
  • 581

女子必見!【メキシコ、世界遺産の街グアナファト】宝石箱をひっくり返したようなカラフルな絶景の街へ♡

絶景
女子必見!【メキシコ、世界遺産の街グアナファト】宝石箱をひっくり返したようなカラフルな絶景の街へ♡

2014-01-14 - 2014-01-16

  • 29
  • 中 美砂希
【旅のきっかけ】 ネットでカラフルなグアナファトの写真を見てから、世界一周中に絶対に行きたいと思っていた絶景の場所の一つ。自分もこの目で見て写真におさめたい!と思っていたので、この宝石箱をひっくり返したような絶景を見た時は感動。 【オススメポイント】 メキシコに行くなら、絶対に外せない場所、世界遺産の街グアナファト♡街全体がカラフルで、フォトジェニック。街歩き好きのカメラ女子にはたまらない、カラフルな街並が広がります。 街には教会も多く、朝の目覚めは鐘の音からスタート。こんな絶景の街に住んでいる人が羨ましい! 【行き方】 メキシコのグアダラハラから行く場合、バスターミナルより、バスで4時間程、料金は341ペソでした。(約2700円)グアナファトに到着後は、ローカルバスで約30分(5ペソ、約40円)、中心地に到着します。

作者: 中 美砂希

  • 6
  • 15436

欲張りに旅しよう!メキシコでウミガメと泳いでピラミッドに登ってきた

世界遺産
欲張りに旅しよう!メキシコでウミガメと泳いでピラミッドに登ってきた

2015-05-04 - 2015-05-09

  • 32
  • Asami  Yamada
GW後半はメキシコへ! 前半のニューヨーク女子旅とは打って変わって、世界遺産を巡るメキシコぶらり旅。 死ぬまでに行きたい絶景・世界七不思議チチェンイッツァと憧れのリゾート・カリブ海に行ってきました。 ラグジュアリーなリゾートと、アクティブな遺跡巡り!贅沢に両方楽しんできました! 旅の予算は前半のニューヨーク旅行記に記載しています。

作者: Asami Yamada

  • 9
  • 13920

メキシコで最も洗練された街並み サンミゲル・デ・アジェンデ

景観
メキシコで最も洗練された街並み サンミゲル・デ・アジェンデ

2013-12-29 - 2013-12-29

  • 22
  • Takuo Shikata
メキシコ旅行で一番楽しみにしていたのは 実はグアナファトだった テレビで見た街並みに スペイン語を勉強しに行きたいとまで思いを寄せた場所にも関わらず 体調がすぐれなかったせいか あるいは天気が良くなかったせいか はたまた期待値が高すぎたのか 心動かされなかったのが正直な感想だ グアナファトから東へ1時間ほど サンミゲル・デ・アジェンデにたどり着くと あいにくの雨 しかし 街を去る時には名残惜しさがこみ上げるほど 心魅かれた 統一感のある街並みは メキシコで最も洗練された景観といっても過言ではないだろう

作者: Takuo Shikata

  • 5
  • 10444

【世界遺産】おもちゃ箱のような街ーメキシコ・グアナファト

世界遺産
【世界遺産】おもちゃ箱のような街ーメキシコ・グアナファト

2014-09-06 - 2014-09-20

  • 58
  • Eika Akasaki
写真で見て絶対に行きたいと思っていた世界遺産の街、メキシコグアナファトへとうとう来ました。様々な色が溢れた小さな街ですが、芸術、エンターテイメント、自然、美味しいもの、そして暖かい笑顔が沢山詰まっていました。

作者: Eika Akasaki

  • 11
  • 8170

【メキシコシティ】フリーダ・カーロ、愛憎の芸術家のミュージアム。


【メキシコシティ】フリーダ・カーロ、愛憎の芸術家のミュージアム。

2014-09-24 - 2014-09-24

  • 44
  • Eika Akasaki
以前から気になっていたフリーダ・カーロ。彼女の人生を知るべくディエゴ・リベラと暮らしたメキシコシティ郊外の家へ行ってきました。 そこにあったものは、ディエゴへの愛と、彼女自身の苦しみでした。

作者: Eika Akasaki

  • 3
  • 8863

【メキシコ】古代マヤ文明の空気を怖いほど感じれる!生贄だらけのチチェン・イッツァ

生贄
【メキシコ】古代マヤ文明の空気を怖いほど感じれる!生贄だらけのチチェン・イッツァ

2016-01-27 - 2016-01-27

  • 24
  • Eika Akasaki
紀元前から興り、長い期間をかけて広い範囲で築き上げられてきたマヤ文明。 古代都市チチェンイッツァ遺跡の多くの建築物は今から1300年〜800年ほど前に造られたもの。 (日本では邪馬台国とか卑弥呼とか古墳時代とかあたり) まだ解明されていないことも多いものの、1年が365日でることを正確に割り出していたり、高度な文明と知識を有していました。 生贄(いけにえ)の文化が有名で、遺跡のほとんどで生贄との関係を見ることができ、今でも血の匂いがしてきそうな雰囲気。 広いので3時間ぐらい時間を取っておいたほうが良いかも。 日差しも強いのでUV対策や帽子・サングラスなどが必須。

作者: Eika Akasaki

  • 2
  • 8630

メキシコ メキシコ

メキシコ トップへ