Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Yutaka  Tanakaさんのログブック(旅行記)「夏のモンゴル撮影旅」

夏のモンゴル撮影旅

2018-08-10 - 2018-08-16 27 167 77

前回は晩秋のモンゴルを訪れて寒い思いをしてきました。その際、次は是非緑いっぱいの夏のモンゴルをとお勧めされてたので、チャンスがあればと狙ってた次第。そんな中、写真家の集まりで現地集合のモンゴルツアーをやると言う話を聞き、盆休みだしと早速乗っかる事に。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2018/08/10

仁川国際空港ターミナル2 韓国

仁川国際空港ターミナル2(韓国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん)

申し込みが遅かったので既に直行便は満席。そんなんで、片道買いの航空券を手配。成田~ソウルはLCCのチェジュ航空で、ソウル~ウランバートルは大韓航空運行のミアット便で購入。さすがにこんなルートで行くのは私だけでしたよ(笑)。

2日目2018/08/11

Flower Hotel ウランバートル, モンゴル国

Flower Hotel(ウランバートル, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん)

前夜は日付が変わる前に日系のフラワーホテルへ投宿。翌朝、ホテルから4台の四駆に分乗し、撮影をしつつベースキャンプ地へと向かいます。
コースはお任せになってるので、場所はイマイチわかりません。

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん)

天気にも恵まれ、昼は汗ばむ陽気です。
緑の草原と青い空が延々と続く景色はやっぱり新鮮ですわ。

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 02

さすが写真撮影を前提としたツアーなので、エキシビジョンも豊富に用意されてます。
こちらはモンゴル弓の名人。

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 04

日が落ちて、やっとベースキャンプ地へ到着。
電気は発電機のみなので、22時を過ぎるとロウソクの灯りだけになります。そんなんで星空を撮るには最高の条件だそう。天の川もしっかり見えましたよ。

3日目2018/08/12

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 05

昨晩は夜到着だったので、周囲の景色は全く見えず。翌朝の日の出前にやっと全貌が明らかに。
この時間はさすがに10℃くらいまで気温も下がり、川霧が湧いてきます。既に放牧の馬が水辺にいていかにもモンゴルらしい光景を見せてくれますわ。

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 06

キャンプに到着してしまうとこれと言ってやる事もないので、朝食後は運動のためキャンプ近くにある丘に登ってました。
山頂にはオボーがあって精霊が来る場所として崇められてました。

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 07

丘の上から見たツーリストゲルキャンプ。
周囲にはなにもないのが分かりますよね。泊まったのはウンドゥルシレット・リバーサイドキャンプなのですが、↓の位置情報が全然使えない代物なので合ってません。

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 08

遊牧中の人も山頂のオボーを回っていきます。ただ、馬に乗ったままですが(笑)

4日目2018/08/13

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 10

自然の厳しさを実感します。
たまに白骨化した動物の亡骸をみかけます。

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 11

川はそんなに綺麗じゃないけど、青空が反射してくれると物凄く美しくみえるのが不思議。

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 13

20年ぶりに馬に乗ってきましたが、意外と覚えてるもんですわ。
最後は草原を駆け足で駆け抜けてきました。

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 14

全日程で天気も良くて最高の撮影コンディションでした。
ただ、ペルセウス座流星群に合わせてやってきたわけですが、肉眼では数多く流れるのを見たけど、さすがに写真に写るかというと中々難しいと言う事を実感した旅でした。

5日目2018/08/14

Atar トゥブ, モンゴル国

Atar(トゥブ, モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 15

キャンプを出発し、またいろいろと寄り道をしながらウランバートルへ向かいます。
他の皆さんは明日の朝便で帰国するらしいので、今晩から私だけ別行動です。

Khustein Nuruu National Park モンゴル国

Khustein Nuruu National Park(モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん)

最後に再訪となったホスタイ国立公園へ。
やはり、残雪と茶色の平原より緑の方が良いですわ。ここでもエキシビジョン。さすが撮影ツアーです。

Best Western Gobi Kelso モンゴル国

Best Western Gobi Kelso(モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん)

ここからは一人旅に戻ります。
私は明日の深夜便でモンゴルを出るので、明日いっぱいは自分の好みで動きます。
しかし、ここでやっとコンピュータの電源をON。キャンプにいる時は電波も電気もなかったので全く使わず。たまにはそんな状況を作るのも良いかも知れませんね。それほど不便さは感じませんでしたよ。

6日目2018/08/15

bayanzurkh tovchoo モンゴル国

bayanzurkh tovchoo(モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん)

この日は帰国まで一日中、車とドライバーを依頼しました。ある意味、個人的にはここからが一番のお楽しみですわ。
まず、モンゴル鉄道の有名撮影地であるホンホルへ。壮大な景色の中を走る長大な貨物列車は日本では見られないです。

Tolgoit モンゴル国

Tolgoit(モンゴル国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん)

ついに雨が落ちてきました。
今回の旅で初めての雨。一気に気温も急降下して寒いこと。

7日目2018/08/16

Songdo Convensia (송도컨벤시아) 韓国

Songdo Convensia (송도컨벤시아)(韓国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん)

近場だしと行って見たものの、電車で行くのは結構大変でした。
まるで韓国らしさを感じられない新都市ですね。

Myeong Dong ソウル, 韓国

Myeong Dong(ソウル, 韓国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん)

韓国来たらやっぱりジャジャ麺ですよね。
いろいろと頼まれた物を買いに明洞へ。

仁川国際空港ターミナル2 韓国

仁川国際空港ターミナル2(韓国)|夏のモンゴル撮影旅(Yutaka  Tanakaさん) - 02

ソウルでのトランジットを14時間取ってたけど、空港が遠いので意外と時間なかったですわ。
成田経由のホノルル行きの便なので、座席は長距離仕様で楽々でした~。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

2018/6/30-2018/7/9 蒙古

大自然
2018/6/30-2018/7/9 蒙古

2018-06-30 - 2018-07-09

  • 303
  • Chen Yu-jin
和香港的朋友一起去蒙古,我先提早一天飛到香港,7/1一起飛蒙古,開始9天的行程 本來蒙古中部的行程只選了6天, 但最後多了一天去Terelj National Park, 共7天的郊外旅程再回到UB (編輯中...)

作者: Chen Yu-jin

  • 6
  • 418

世界最後の野生馬タヒが生きる、大自然のホスタイ国立公園へ

大自然
世界最後の野生馬タヒが生きる、大自然のホスタイ国立公園へ

2017-03-11 - 2017-03-11

  • 29
  • Mayumi
モンゴル第2夜は、世界で最後の野生馬と言われる“タヒ”が棲むホスタイ国立公園へ。雪かぶる壮大な大自然で力強く生きるタヒ達と出会いました! The 2nd day-trip took me to Hustai National Park, where the world's last Monglian wild-horses live. They're living strongly in majestic nature.

作者: Mayumi

  • 2
  • 1115

モンゴル

大自然
モンゴル

2013-06-10 - 2014-09-10

  • 11
  • Kazuya Kitamura
モンゴルの都会 ウランバートルの様子と大自然

作者: Kazuya Kitamura

  • 3
  • 809

【モンゴル】その場で屠殺!新鮮なホルホグ(羊の石蒸し焼き)の作り方。※閲覧注意:屠殺写真あり。

美食・グルメ
【モンゴル】その場で屠殺!新鮮なホルホグ(羊の石蒸し焼き)の作り方。※閲覧注意:屠殺写真あり。

2015-08-02 - 2015-08-02

  • 42
  • Eika Akasaki
一度、経験してみたかった間近で見る「命」を頂く屠畜。 スーパーのパックの中でしか見ることの無いお肉も元は生きていた動物。 モンゴルの遊牧民の中では、日常の中で「屠蓄(とちく)」が生活の一部となっていました。 改めて「食べるということ」を考えさせられると共に感謝して頂きました。 モンゴルの大草原で自由に走り回り、無農薬の草花だけを食べて育った羊は食べると独特の臭みもなく、ハーブの香りがしました。 「【モンゴル】突撃!隣の遊牧民。近所のゲルを馬に乗って尋ねてみた。」https://www.compathy.net/tripnotes/18950

作者: Eika Akasaki

  • 6
  • 10713

田舎と都市の違いに驚きっぱなしのモンゴル

文化・宗教
田舎と都市の違いに驚きっぱなしのモンゴル

2015-06-21 - 2015-06-28

  • 28
  • Maho Tsukui
都市計画のゼミ研修でモンゴルに行きました〜 田舎では遊牧民がまだ沢山いることに感動し、 都市ではロシアの影響が大きいと確信!! 想像とのギャップが面白かったです〜

作者: Maho Tsukui

  • 6
  • 5531

【モンゴル】突撃!隣の遊牧民。近所のゲルを馬に乗って尋ねてみた。

文化・宗教
【モンゴル】突撃!隣の遊牧民。近所のゲルを馬に乗って尋ねてみた。

2015-07-31 - 2015-08-03

  • 35
  • Eika Akasaki
日本からたった4・5時間で行けるモンゴルは、360度草原の世界でした。 遊牧民は移動中にゲルがあれば(もちろん知ってる人でも知らない人でも)立ち寄るのが習わしだそうです。 私がいっても、いつも暖かく迎え沢山の美味しいものをふるまってくれ感動しました。 こういった自由なモンゴル旅ができるのはここのツアー会社の強みらしいです。 「風の旅行社」(http://www.kaze-travel.co.jp/mongol) 羊とヤギの屠殺もしたよ。 「【モンゴル】その場で屠殺!新鮮なホルホグ(羊の石蒸し焼き)の作り方。※閲覧注意:屠殺写真あり。」https://www.compathy.net/tripnotes/18939

作者: Eika Akasaki

  • 5
  • 4157

【モンゴル】大感動!!360度の大草原を馬に乗って自由に駆け巡る。


【モンゴル】大感動!!360度の大草原を馬に乗って自由に駆け巡る。

2015-08-01 - 2015-08-02

  • 20
  • Eika Akasaki
憧れていたモンゴルの大草原を馬に乗って駆け巡ってきました。 そこには、大自然のなかで生き抜いている遊牧民の家族や、大切にされている馬や羊たちの姿があり、まるで本の中のような体験でした。 関連LB: 【モンゴル】突撃!隣の遊牧民。近所のゲルを馬に乗って尋ねてみた。 https://www.compathy.net/tripnotes/18950 【モンゴル】その場で屠殺!新鮮なホルホグ(羊の石蒸し焼き)の作り方。※閲覧注意:屠殺写真あり。 https://www.compathy.net/tripnotes/18939

作者: Eika Akasaki

  • 3
  • 3535

モンゴル帝国の首都カラコルム(ハラホリン)の青い空

一人旅
モンゴル帝国の首都カラコルム(ハラホリン)の青い空

2014-06-07 - 2014-06-08

  • 17
  • Teramoto Itsuki
モンゴルといえば草原の国のイメージがありますが、首都ウランバートルを離れると想像通りの大草原。それはかつてのモンゴル帝国の首都であるカラコルムも例外ではありません。 初訪問であり、短期間だったため、少ししか見て回ることができませんでしたが、それでも素晴らしい風景に感動しました。 いつものごとく格安一人旅です。

作者: Teramoto Itsuki

  • 2
  • 1279

夏のモンゴル撮影旅 夏のモンゴル撮影旅

夏のモンゴル撮影旅 トップへ