Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Yutaka  Tanakaさんのログブック(旅行記)「幸せの国ブータンを見に行く」

幸せの国ブータンを見に行く

2016-04-30 - 2016-05-06 54 623 69
Yutaka  Tanaka
Travel Collector
Yutaka Tanaka
  • male

ほぼ鎖国状態に近い国ブータン。今も個人旅行が許されていないので、ブータン国内を旅する際は必ずガイドの同行が義務づけられています。そんなんで、旅行費は意外と高額になってしまうのです。
今のところブータン唯一の国際空港があるパロへは自国の航空会社のみの運行で、周辺諸国のみ繋がってる状況。日本からはバンコクから入るのが、一般的のようです。
今回は、現地旅行社にバンコクからの3泊4日ツアーをコーディネイトしてもらいます。もちろん、航空券、宿泊、食事、ガイド、車と全て込みで依頼。それなりの旅費は覚悟しなければなりません(笑)

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12016/04/30

Hong Kong International Airport | HKG | 香港國際機場 New Territories, Hong Kong

香港国際空港/Hong Kong International Airport(HKG)(新界, 香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

ブータンへ向かう際、バンコクで一泊する必要があったので、引退間近のB747に乗り収めとばかりにキャセイを利用します。
この時、羽田~香港線がキャセイで唯一B747を運行してる路線だし、機材は長距離仕様なので乗り得な路線でした。

Baiyoke Sky Hotel Observation Deck Bangkok, Thailand

Baiyoke Sky Hotel Observation Deck(バンコク, タイ)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

香港乗り継ぎで、19時すぎにバンコクへ到着。
翌朝は日の出前にはチェックアウトしなくてはならないので、泊まるだけと割り切って安ホテルへ投宿。
すぐ隣がバンコク一高い(当時)バイヨークタワーだったので、食事ついでに夜景見物してきました。

Day 22016/05/01

Paro Airport パロ, Bhutan

Paro Airport(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

外に出るとまず目に飛び込んでくる、5代目国王の写真。
実はこの後、本物の国王夫婦に出会えるとは思っても見なかった。

Paro Airport パロ, Bhutan

Paro Airport(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

航空管制もILSもないパロ国際空港。
有視界飛行で滑走路へ降りるので、自国以外の航空会社が敬遠するのも分かるわな。当然ながら、日没以降の離着陸は不可能になります。
熱帯のバンコクから到着すると、涼しいし、空気も良いし、生き返った~。

Tachog Lhakhang パロ, Bhutan

Tachog Lhakhang(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

空港でガイドとドライバーと合流し、本日の宿泊地であるプナカへと向かう。
目に映る光景は初めて見るものばかりなので、途中で車を停めてもらう。

Dochula Pass ティンプー, Bhutan

Dochula Pass(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

国土の殆どが山岳地帯なので、移動するのも時間がかかります。山を登っては降りを繰り返すので、車に弱い人は大変でしょうね。
今回行く中で最高地点となるドチュラ峠、標高3150m。さすがに歩くと息苦しくなります。

Dochula Resort ティンプー, Bhutan

Dochula Resort(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

かなり遅い昼食となってしまったけど、ブータン初の食事。
殺生を嫌う国なのでベジタリアンメニューですが、美味しかったですよ。やはり野菜本来の味が濃いですね。

Chime Lhakhang プナカ, Bhutan

Chime Lhakhang(プナカ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

やっとプナカ近郊の町へ到着。
しかし、この農村風景って正しく日本に近いものがありますよね。

Chime Lhakhang プナカ, Bhutan

Chime Lhakhang(プナカ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

英語が通じるので、現地の子供たちとも話しが通じますよ。しかし、みんな人懐っこい。

Punakha Dzong Punakha, Bhutan

Punakha Dzong(Punakha, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

ジャカランダの季節だったので、紫の花との組み合わせがまた美しかった。

Punakha Dzong Punakha, Bhutan

Punakha Dzong(Punakha, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

釘を一本も使わない建築は、日本建築に通じるものもあります。

Zhingkham Resor プナカ, Bhutan

Zhingkham Resor(プナカ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

ホテルの選択も全て旅行社にお任せ。
プナカの宿泊は、新しいコテージホテルでした。十分すぎます。もちろん夕食も含まれてるので、アルコール飲料くらいしか自己負担がありません。

Zhingkham Resor プナカ, Bhutan

Zhingkham Resor(プナカ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

ホテルの前から、プナカゾンが見渡せます。
ただ、街中から山を登ったところにあるので、ちょっと買い物とかは無理です。

Zhingkham Resor プナカ, Bhutan

Zhingkham Resor(プナカ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 03

夕食のあと星空を見に出てみたけど、結構明るいんです。

Zhingkham Resor プナカ, Bhutan

Zhingkham Resor(プナカ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 04

プナカゾンの夜間ライトアップもバッチリ見えます。
このあとホテルのバーでブータンウイスキーを飲んだけど、一杯200円もしなかったと思います。

Day 32016/05/02

Zhingkham Resor プナカ, Bhutan

Zhingkham Resor(プナカ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 05

ホテルの前が通学路になってたので、下界から子供たちが坂を登ってきます。
毎日これだけの坂道を登るとなると、気が遠くなるわ(笑)

Dochula Pass ティンプー, Bhutan

Dochula Pass(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

再度、標高3150mのドチュラ峠を越えます。
行きは雨も降ってて全く見えなかったブータンヒマラヤですが、薄っすらと姿を拝む事ができました。

Kuensel Phodrang ティンプー, Bhutan

Kuensel Phodrang(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

この日、ティンプーで運良く盛大なお祭りに当たったのですが、何と撮影禁止。
4代目、5代目国王が来ていたので、そうなったらしい。しかし、何と目の前に5代目国王夫婦が登場。写真でしか見られなかった本人に会う事ができました。

Kuensel Phodrang ティンプー, Bhutan

Kuensel Phodrang(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

山の上に立つ仏像が目印です。
結局、敷地外からしか撮れなかった。

Tashichhodzong View Point ティンプー, Bhutan

Tashichhodzong View Point(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

ライステラスが広がるティンプー。
ブータンの首都だけど、市街地は歩いて回れるほどしかありません。

Chorten Lam (National Memorial Chorten) ティンプー, Bhutan

Chorten Lam (National Memorial Chorten)(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

観光コースに必ず入ってるらしい。
国王の記念仏塔らしいが、特にって感じ。

Pedling Hotel ティンプー, Bhutan

Pedling Hotel(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

本日のホテルへチェックイン。
もともとエレベータのない国なので、3階だと結構大変でした(笑)。

Pedling Hotel ティンプー, Bhutan

Pedling Hotel(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

ブータン唯一の交通信号。ブータンで一番賑わってる所です。
この国には渋滞と言う言葉はないですね。

Tashichho Dzong (Thimphu Dzong) ティンプー, Bhutan

Tashichho Dzong (Thimphu Dzong)(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

この日はホテルチェックイン後をフリータイムにしてもらったので、タクシー拾ってブータン一のタシチョゾンへ行ってみます。
中に入れる時間ではなかったので、外周をぐるっと一周。

Pedling Hotel ティンプー, Bhutan

Pedling Hotel(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 03

大通りには流しのタクシーも走ってたので、無事街中へ帰還。時間によっては、ゾンから戻るのが大変かも知れません。

Clock Tower Square ティンプー, Bhutan

Clock Tower Square(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

首都なんで土産も仕入れておこうと、街中を歩きまわります。
ここが若者が集う広場です。

Pedling Hotel ティンプー, Bhutan

Pedling Hotel(ティンプー, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 04

野菜類は凄く豊富ですが、殺生が許されない国なので、魚や動物の肉に関しては輸入品だけだそう。

Day 42016/05/03

Takstang Palphug Monastery パロ, Bhutan

Takstang Palphug Monastery(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

朝早くティンプーを出て、ブータンと言ったらここと言うほど有名なタクツァン僧院へ向かいます。本日は標高3000mにあるそこまで登ります。
出発地点から見た寺院。

Taktsang Cafeteria パロ, Bhutan

Taktsang Cafeteria(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

中間地点にある山小屋まで来ました。標高が高いので、かなり厳しい登りですわ。
ここまでは馬で登って来ることができますが、ガイド曰く、動物を虐待してる事につながるので、本音は乗らないで欲しいとのこと。日本人の皆さん、乗らないで行きましょうね(笑)

Takstang Palphug Monastery パロ, Bhutan

Takstang Palphug Monastery(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

山小屋から先はさすがに馬も入れない階段や急勾配が現れます。とどめは、一度同じ標高まで登って、また谷底まで下って登ると言う修行のような道が待ってます(笑)
2時間半かけてやっと到着。

Tashi Namgay Resort パロ, Bhutan

Tashi Namgay Resort(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

ヘロヘロになって、ブータン最後の宿へ到着。
空港の脇なので、飛行機好きにはたまりません(笑)。

Paro Town パロ, Bhutan

Paro Town(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

少々休憩の後、タクシーでパロの街中へ。
ブータンの玄関口に当たる町だけど、かなりコンパクト。ただ、土産物は首都のティンプーよりも充実してるので、こちらで仕入れる方が良さそうです。

Day 52016/05/04

Tashi Namgay Resort パロ, Bhutan

Tashi Namgay Resort(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

いよいよ最終日。本来ならば11時の便でバンコクへ向かうはずでしたが、数日前にディレイの連絡があり、なんと7時間遅れとの事。
帰りもバンコク泊りの予定だったので、まあブータン滞在時間が増えたと思えばラッキーと言う事になります。
突然の延長に係わる費用も、支払う必要もないとのことで助かりました。

Tashi Namgay Resort パロ, Bhutan

Tashi Namgay Resort(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 03

そんなんで、のんびりと朝食をとる時間ができましたよ。
しかし、ベジタリアン料理ばかり食べてましたが、どれもホンと美味しかったですわ。

Tashi Namgay Resort パロ, Bhutan

Tashi Namgay Resort(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 04

ホテルを出ると滑走路が望める場所があって、そこから着陸する飛行機が撮れます。
フライトレーダーのアプリがあれば、こちらに向かってくる飛行機の時間もある程度読めますよ。

Dzongdrakha Monastery パロ, Bhutan

Dzongdrakha Monastery(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

予定では行けなかった岩肌に建つ寺院へ。
こちらは、すぐ近くまで車で行けるので楽々でした(笑)。
観光コースにも入ってないので、誰もいませんでした。

Dzongdrakha Monastery パロ, Bhutan

Dzongdrakha Monastery(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

そして、この辺りはブータンでも有数のライステラスが望める場所。
水田に水が入るのに少し早かったけど、中々の展望ですよね。

Rinpung Dzongkhag パロ, Bhutan

Rinpung Dzongkhag(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

最後に向かったのは、パロの街を見下ろすパロゾン。
パロゾンから見るパロの市街地。コンパクトなのが分かりますよね。

Rinpung Dzongkhag パロ, Bhutan

Rinpung Dzongkhag(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

ブータン独特の城はホンとどこから見ても絵になります。

Paro Airport パロ, Bhutan

Paro Airport(パロ, ブータン)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 03

ブータンを出発。ディレイした影響か、乗客は数える程しか乗ってません。
帰りも、同様にインドを経由してバンコクへ。

Day 62016/05/05

Siam Star Hotel Pratunam Bangkok, Thailand

Siam Star Hotel Pratunam(バンコク, タイ)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

ドンムアン空港から最終の電車に間に合い、往路と同じホテルへ。
早朝発の便に乗るので、ホテルの滞在時間は4時間もないほどですわ。
近くのコンビニ行って夜食購入。

Hong Kong International Airport | HKG | 香港國際機場 New Territories, Hong Kong

香港国際空港/Hong Kong International Airport(HKG)(新界, 香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

素直に日本へ帰らないのが常。ストップオーバーが1回無料のチケットなので、香港で明日まで遊んで行きます。

North Point Ferry Pier 北角渡輪碼頭 Hong Kong

North Point Ferry Pier 北角渡輪碼頭(香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

北角の定宿に荷物預けて、早速出かけます。
ホテル前が北角埠頭になので、HKフェリーでホンハムへ渡ります。

The Hong Kong Polytechnic University 香港理工大學 Kowloon, Hong Kong

The Hong Kong Polytechnic University(九龍, 香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

かなりマニアックですが、ザハハディドが設計した建築物を見に行きます。
やはり、曲線を多用した建築は目を見張りますわ。

Yick Fat Building 益發大廈 Hong Kong Island, Hong Kong

Yick Fat Building 益發大廈(香港, 香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

香港は建物巡りが最高の楽しみ。
映画のロケ地にもなった益発大廈。中庭が有名だけど、外観も凄いです。

Yick Fat Building 益發大廈 Hong Kong Island, Hong Kong

Yick Fat Building 益發大廈(香港, 香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

今では傍若無人な振る舞いが多く、撮影禁止になってしまったようです。
SNSの力恐るべし。

Tai Ping Shan Lions View Point Pavilion 太平山獅子亭 Hong Kong Island, Hong Kong

Tai Ping Shan Lions View Point Pavilion 太平山獅子亭(香港, 香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

夕方になると曇ってきて、ピークタワー付近は雲の中。
暫く待つも好転しそうもないので、高度を下げて見ることに。

Peak Tram Barker Road Station (山頂纜車白加道站) Aichi Prefecture, Hong Kong

Peak Tram Barker Road Station (山頂纜車白加道站)(愛知県, 香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

山頂の長蛇の列を見てしまったので、ここは一駅下から乗れば良いやと来たものの、ボタンを押しても通過されてしまうのでした。

Peak Tram Barker Road Station (山頂纜車白加道站) Aichi Prefecture, Hong Kong

Peak Tram Barker Road Station (山頂纜車白加道站)(愛知県, 香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

ここまで下ってしまったので、もう下界まで歩くしかないと、夜景を撮りつつ金鐘まで1時間のウォーキング。

Java Road Market 渣華道街市 Hong Kong

Java Road Market 渣華道街市(香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

久しぶりのノンベジ料理。やっぱり海鮮料理は美味いな~。
毎度お馴染みの熱食中心内にある食堂で。

Day 72016/05/06

Ibis North Point 世紀軒 Hong Kong Island, Hong Kong

Ibis North Point 世紀軒(香港, 香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

いよいよ最終日。
海沿いのホテルだったけど、既に重機が入って建物を建設中。低層階からビクトリアハーバーが見えなくなるのも時間の問題かな。

Java Road Market 渣華道街市 Hong Kong

Java Road Market 渣華道街市(香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん) - 02

朝食は昨晩と同じ熱食中心にある食堂へ。
飲茶の朝食はついつい取りすぎてしまうのが難ですわ。

Shau Kei Wan (Shau Kei Wan 筲箕灣) Aichi Prefecture, Hong Kong

Shau Kei Wan (Shau Kei Wan 筲箕灣)(愛知県, 香港)|幸せの国ブータンを見に行く(Yutaka  Tanakaさん)

香港トラムの未乗区間を乗り潰し。
太古~筲箕灣間を乗って全線踏破しました。

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

10DAYS IN BHUTAN!

文化・宗教
10DAYS IN BHUTAN!

2014-08-22 - 2014-08-31

  • 22
  • Yosuke UCHIDA
ブータン・デンマーク・小値賀島の旅行記、角幡唯介氏や坂本大三郎氏などのインタビューを掲載した雑誌『LOCKET』を創刊しました。 http://locketmag.tumblr.com

Travel Collector: Yosuke UCHIDA

  • 7
  • 6479

Butan/ブータン


Butan/ブータン

2011-09-30 - 2011-09-30

  • 10
  • 玉井 大輔/生粋の旅人
幸福の国ともいわれているブータンは、収入の60%を隣国への水力発電の輸出で、まかなっています。四大文面が水域に栄えたように、ブータン人にとっての幸福の源泉も、生命の源である豊富な水資源に由来しているのかもしれません。

Travel Collector: 玉井 大輔/生粋の旅人

  • 5
  • 1666

幸福の国ブータン 幸せを感じてきました。

ブータン
幸福の国ブータン 幸せを感じてきました。

2009-08-08 - 2009-08-11

  • 16
  • Yuichi Kudo
ついにかつての秘境ブータンを訪ねる旅に行くことができました。観光に関する全てが国によって管理されているという国で、以前は鎖国状態にありました。そういう過去があるため現在でも素朴な人々の生活が見られるのがブータンの最大の魅力です。今回は首都のティンプーとパロの2つの町を観光してきました。派手さはありませんが、印象に残る旅となりました。

Travel Collector: Yuichi Kudo

  • 2
  • 989

ネパールから訪れたブータン4泊5日の旅

一人旅
ネパールから訪れたブータン4泊5日の旅

2012-05-25 - 2012-05-29

  • 29
  • Teramoto Itsuki
2011年10月に行われたロイヤルウェディングでその名をよく知られるようになった幸せの国ブータンですが、外国人観光客はツアー参加が原則です。日本から参加すると高いうえに、自由度も少ないため、個人でネパールから訪れました。タメルでビザと、フライト、車、現地ガイド、公定料金などすべて込みで自分で手配しました。マンツーマンでのツアーですが公定料金も安くしてもらい割安で参加することができました。 なかなかできない体験もでき、普段の一人旅とは違った楽しみができました。

Travel Collector: Teramoto Itsuki

  • 3
  • 555

フランクフルト周辺5都市を移動♪人気スポット巡りの一人旅

周遊
フランクフルト周辺5都市を移動♪人気スポット巡りの一人旅

2012-07-15 - 2012-07-18

  • 15
  • Takako Mamiya
フランクフルト周辺の人気スポットを巡る一人旅。 ダルムシュタット→アシャッフェンブルク→ミルテンベルク→マインツ→ヴォルムスを移動。 それぞれの美しい街並みに感動。 アシャッフェンブルクのメスペルブルン城では、ときめいて、 マインツのザンクト・シュテファン教会ではステンドグラスの美しさに言葉を失い、 ヴォルムスでも大聖堂には、圧倒されて。 心がたくさん動いた旅でした!

Travel Collector: Takako Mamiya

  • 5
  • 7946

経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿

周遊
経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿

2005-07-14 - 2005-07-23

  • 21
  • Takuo Shikata
「アジア最後のフロンティア」として経済沸騰中のミャンマー 安い労働力を背景に急成長を遂げる姿に世界のビジネスの注目を集めるが 旅行するにも見所あふれる場所 10年前に訪れた時は 首都のヤンゴン(当時)でさえ 人々はロンジーといわれる伝統的な巻スカートをはき まさに異国情緒漂う国だった さらに驚かされたのはその物価の安さ 日本に送ったポストカードの切手代は1枚たったの3円! さすがに物の値段はすでに高騰してしまったが 強い印象を残してくれた人々の親切さは いまなお変わっていないことを望む

Travel Collector: Takuo Shikata

  • 7
  • 5858

イタリア周遊旅行

周遊
イタリア周遊旅行

2015-03-06 - 2015-03-12

  • 100
  • takamichi
ミラノ〜ヴェネチア〜フィレンツェ〜ローマの4都市をフリーで周遊。 イタリアは料理が美味しくて、歴史も古い素敵な国でした。

Travel Collector: takamichi

  • 10
  • 5302

ワイン、トリュフにバ―ニャカウダ!イタリア・ピエモンテ州で絶景と美食の旅

周遊
ワイン、トリュフにバ―ニャカウダ!イタリア・ピエモンテ州で絶景と美食の旅

2007-10-29 - 2007-11-03

  • 28
  • Kumiko
トリノオリンピックから気になりだしたピエモンテ州。トリノ、ノヴァーラに住む友人を訪ねることと合わせて、南から北へ、美味しいもの、美しい景色を満喫した秋旅。イタリアは州によって方言、食べ物、街並みも変わるので、同じ有名なワインの産地とはいえ、トスカーナ州との違いが面白かった旅でもありました。 自宅から全て車移動、走行距離は約1000キロで、ガソリン代や高速代で約2万円。それも含めた旅の総額は約12万円でした。

Travel Collector: Kumiko

  • 0
  • 3833

幸せの国ブータンを見に行く 幸せの国ブータンを見に行く

Back to Top of 幸せの国ブータンを見に行く