Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Satoshi Abeさんのログブック(旅行記)「「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅」

「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅

2007-08-28 - 2007-09-0536 Episodes
Satoshi Abe
Travel Collector
Satoshi Abe
  • 30s / male

赤毛のアンの舞台である、カナダ東部の小さな島、プリンスエドワード島に滞在。

島中がとてもゆっくりと、穏やかで、優しい空気と景色に包まれており、他のどこの地にいても体験し得ないであろう感動をもたらしてくれた。

この島の至る所に見られる綺麗な赤土、そこにいつまでも座って穏やかな海の先を見つめ、オレンジ色の夕日が沈む瞬間を待つ、風と鳥の鳴き声以外何も聞こえない美しい草原の道を目的もなくただ歩く。 この島での滞在は、自分を美しい自然界にゆっくりと溶け込ませてくれたようで、とても穏やかな気持ちを持たせてくれたとおもう。

  • 3Favorite
  • 1876view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12007/08/28

Day 62007/09/02

Charlottetown Airport (YYG) Prince Edward Island, Canada

Charlottetown Airport (YYG)(プリンスエドワード島, カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん)

トロントからハリファックスを経由して、プリンスエドワード島へ到着!

  • Loved to be there!

Charlottetown Mall Prince Edward Island, Canada

Charlottetown Mall(プリンスエドワード島, カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん)

島の中心部シャーロットタウンの町を散策します。
町のいろいろな所で赤毛のアンを発見できます。

  • Loved to be there!

Victoria Park Prince Edward Island, Canada

ヴィクトリア・パーク(Victoria Park)(プリンスエドワード島, カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん) - 02

街の南側のビクトリア・パーク。
素晴らしい景色と穏やかなウォーキングコースがあります。
ここをのんびり散策するのはとても贅沢な気持ちになります。

  • Loved to be there!

Confederation Bridge Prince Edward Island, Canada

Confederation Bridge(プリンスエドワード島, カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん)

島の西側までレンタカーで1時間ほど。
そこにはカナダ本土とを結ぶ橋があります。
辺りには人もおらず、ただただ穏やかな海の風景と風の音だけ。

  • Loved to be there!

Victoria Park Prince Edward Island, Canada

ヴィクトリア・パーク(Victoria Park)(プリンスエドワード島, カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん)

夕方再度シャーロットタウンに戻りました。
ビクトリアパークからの夕日の眺めが素晴らしかった。

  • Loved to be there!

Victoria Park Prince Edward Island, Canada

ヴィクトリア・パーク(Victoria Park)(プリンスエドワード島, カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん) - 04

他にもこのベストタイミングを見逃さないように足を止める人達の姿がありました。

  • Loved to be there!

オンタリオ(カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん) - 16

  • Loved to be there!

Day 82007/09/04

オンタリオ(カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん) - 11

  • Loved to be there!

オンタリオ(カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん) - 12

  • Loved to be there!

オンタリオ(カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん) - 13

  • Loved to be there!

Day 92007/09/05

オンタリオ(カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん) - 14

  • Loved to be there!

オンタリオ(カナダ)|「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅(Satoshi Abeさん) - 05

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 3Favorite
  • 1876view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

一人旅
地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

2010-10-18 - 2010-10-19

Read more

  • 8Episodes
  • Masayuki Takahashi
2カ国目、カナダの首都、オタワに着いた。飛行機ではあるが国境を越えた。 国境を越えたからと言ってこの時点では何の変化も見られない。 カナダというと自然が豊かというイメージが先行しているが、実際に中心部に来てそのイメージが正しかったことを実感した。 その佇まいは田舎町のような静けさとその静けさの中に川、紅葉がかった木々、小動物の多さで、本当に一国の首都なのかと思ってしまうほど美しい町だった。 川を境にオタワが属するオンタリオ州、反対側はケベック州。対岸のガディノーという都市を含めた周辺都市とを合わせて都市圏を形成しているという事だが、面白いのは、ケベック州では公用語がフランス語だという事。 ただひたすら歩いた。 夜、宿では世界地図を広げ、次の目的地を考えた。 この旅にはガイドブックも持ってきていなければ、電子機器もない。唯一の情報源と言えば世界地図のみ。 その世界地図も安物だ。当然日本で発行されたものには書かれていない土地だってある。とりあえず地図を広げ目を通す。 東のモントリオールか。南のトロントか。 北アメリカ大陸東側での最終目的地はアメリカはフロリダ州のマイアミ。ここまで陸路で行くことになる。 物価の高い北アメリカでは余分に使える金がない。トロントに向かうことにした。ここまでくれば後はアメリカだ。 宿のドミトリーに同泊していたインド系イギリス人の彼がトロント行のミニバスを予約してくれた。彼曰く、最安値だと。 次の日、朝になって問題発生。同じ名前の待ち合わせ場所がもう一つあるという事が発覚した。前日に場所を確認しておいたのだが、そこではなく、もう一か所同じ名前の、6キロくらい離れたところだった。 バックパックを背負って2時間くらい歩いてようやく到着。 いざトロントへ。これから陸路での北アメリカ東エリア南下の旅が始まる。

Travel Collector: Masayuki Takahashi

  • 1
  • 349 views
地球一周の旅 カナダ―アメリカ合衆国・ナイアガラフォールズ

一人旅
地球一周の旅 カナダ―アメリカ合衆国・ナイアガラフォールズ

2010-10-24 - 2010-10-24

Read more

  • 16Episodes
  • Masayuki Takahashi
国境に近づいていくにつれ、その音は激しさを増していく。下には川が流れている。この川に沿って伸びる道路を進めば国境だ。再びアメリカへ入国する。 この国境の町、カナダ側をナイアガラフォールズと呼べば、アメリカ側も同じくナイアガラフォールズと呼ぶ。 カナダ側から見るナイアガラの滝は、その全体像を見ることが可能なのだが、いかんせん世界三大瀑布の一つ。滝壺から昇ってくる霧状になった水しぶきがその視界を遮る。 滝壺からは何メートルも高いところにあるにもかかわらず、水で濡れてしまう。 ナイアガラの滝を見るように架かる橋を渡るとアメリカ合衆国だ。 アメリカ側から見るナイアガラの滝もカナダ側から見るナイアガラの滝も大して差はないものの、より激しさを見たいのであればアメリカ側からみればいいし、全体を楽しみたいならカナダに行けばいい。 しかし、どちら側から見ようと自然の力というものを、大げさに言えば地球のエネルギーというものを感じる事には変わりない。 人間は絶対に自然に勝つことはできない。 アメリカに再入国し、もう少し滝を見たかったが、ここに留まることはできなかった。すべては懐事情による。 インフォメーションで確認すると、すぐ近くのバス停から近くの町に行くバスがあるという。その町の名は「バッファロー」。何て力強い名前なのだろう。 私以外に旅人と思われる人は一人もいなく、皆が皆その町へ向かう。やがて道路の先には高層ビル群が見えてきた。 隣のおばちゃんに聞くと、「そう、あれがバッファロー」と答えてくれた。

Travel Collector: Masayuki Takahashi

  • 0
  • 251 views
「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅 「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅

Back to Top of 「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅