Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Harumiさんのログブック(旅行記)「冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜」

冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜

2017-07-08 - 2017-07-13 103 936 70

何ということだろうか、ここはドラクエの世界?いやインドだ。
7月に10日間の日程で、ムンバイからインドに入ってアウランガーバードへ飛び、バダミ、パンピ、そしてバンガロールへと抜けるルートで主に南インドを堪能。
デリーとは全く違ったインドがそこにあった。
前編では、アウランガーバードから日帰りでエローラ、ダウラターバード、ビービー カ マクバラーを巡り、次にデカン高原を南下して、ビジャープル経由でバダミへ行く。
後編は、バダミからパンピへ行き、パンピを堪能してバンガロールへ。
インドの広さとを実感するとともに、自然の地形のすごさと冒険心そそられる遺跡を楽しみ、インドがとても好きになる、そんな旅だった。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2017/07/08

マハーラーシュトラ(インド)|「7月に勤続10年のご褒美として5日の有給をもらい、土日祝日を合わせた10日間、インドを旅してきた。
ムンバイから入り、国内線でアウランガーバードへ行き、南下してバンガロールから出国するルート。
まずはムンバイへ向けて、羽田を午前10:30に出発。
タイ国際航空でバンコ

7月に勤続10年のご褒美として5日の有給をもらい、土日祝日を合わせた10日間、インドを旅してきた。
ムンバイから入り、国内線でアウランガーバードへ行き、南下してバンガロールから出国するルート。
まずはムンバイへ向けて、羽田を午前10:30に出発。
タイ国際航空でバンコクを経由し、ムンバイには21:55に到着。
日本との時差は、マイナス3時間半。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Mumbai Domestic Airport マハーラーシュトラ, インド

Mumbai Domestic Airport(マハーラーシュトラ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ムンバイに到着すると、空港で一夜を明かし、そして早朝。
まだ真っ暗な中、国内線でアウランガーバードへ向かう。フライトは1時間程度。

ムンバイの街には分厚い雨雲が覆い被さっていて、ふと雲の切れ目に差し掛かると、街は随分と明るかった。
そう、この時期は雨季なんだ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Central Bus Station (Aurangabad) マハーラーシュトラ, インド

Central Bus Station (Aurangabad)(マハーラーシュトラ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

場所は変わって、ここはアウランガーバードバスターミナル。ここから、いろんな地域に行ける。

ここアウランガーバードに来た目的はというと、やっぱ目当ては「アジャンター石窟寺院」と「エローラ石窟寺院」。
宿にチェックインし、バスでアジャンターへ行こうと思ったら、結構遠くて一泊二日の行程になるとのこと。しかも、バスはもっと早い時間に出発してしまったという。残念。日帰りのエローラ行きのツアーバスがあったので、そちらに乗り込む。乗客は私の他にはインド人の若者とおっさんの2人だけ。今日1日は一緒に行動する仲間だ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

2日目2017/07/09

マハーラーシュトラ(インド)|「エローラに来たぞー!

実はここにくる前に、ヒンズーの寺院に寄って礼拝に参加して来た。写真禁止だったのでお見せできないのが残念だけど、良い経験だったので、ここに記す。

そのヒンズー寺院はたくさんの露店に囲まれていて賑やかだった。寺に入る前に靴を脱ぎ、露店で預かっても

エローラに来たぞー!

実はここにくる前に、ヒンズーの寺院に寄って礼拝に参加して来た。写真禁止だったのでお見せできないのが残念だけど、良い経験だったので、ここに記す。

そのヒンズー寺院はたくさんの露店に囲まれていて賑やかだった。寺に入る前に靴を脱ぎ、露店で預かってもらい、その代わりにお供えの花を買う。
寺に入る時には持ち物チェック。スマホやカメラはもちろん、カバンもダメ。私は予めバスの運転手に言われて荷物を全部バスに置いて来たのでそもそも手ぶらだった。
建物は石造りで、中に入ると、男性は上半身裸になる。
裸の老若男に囲まれて並ぶこと10分ほどで、中心の建物に至る。みな、入口の梁にあたる部分の石の彫刻に触れて祈りを捧げていく。多分、刻まれているのはヒンズーの神様の像なのだろう。
そして中に入ると、水場がありそこが神聖な場のようだった。そこで、ヒンズーの礼拝の方法を教えてもらう。見様見真似でやってみて、祈りを捧げる。
こんな神聖な場に、明らかにヒンズーではない外国人が混じっているのに気にせず、あるいは受け入れ、礼拝の方法を教えてくれるとは、ずいぶんオープンなのだなと驚いた。意外なことだった。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Ellora マハーラーシュトラ, インド

Ellora(マハーラーシュトラ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

エガネーシャさん!
ではなく、こちらは埋まっちゃってるだけの、ただの象さんだった。いや、正しくは像さんか。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ブッタさんは修行中。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ブッタさんは修行中。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「像、もとい象が世界を支えているんだ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

像、もとい象が世界を支えているんだ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「間近で見ると、よくできている」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

間近で見ると、よくできている

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「なんだかスパ施設とかで見たことある光景。

「はぁーあっつ〜い、汗だく。」
「デトックス、デトックス!」」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

なんだかスパ施設とかで見たことある光景。

「はぁーあっつ〜い、汗だく。」
「デトックス、デトックス!」

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「こちらの象さんは、今にも動き出しそうなのだが、鼻に力強さを感じない。この鼻、牙もろとも折れたのだろうか?」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

こちらの象さんは、今にも動き出しそうなのだが、鼻に力強さを感じない。この鼻、牙もろとも折れたのだろうか?

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「「誰だ! 」
廊下に己が発した誰何の声が響く。私は足を止め身を凍らせた。肌がざわつく。
あの柱の裏に、誰かがいるーー。

なーんて。
エローラは広いので、時々他の誰もいなくて、冒険心くすぐられる。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(

「誰だ! 」
廊下に己が発した誰何の声が響く。私は足を止め身を凍らせた。肌がざわつく。
あの柱の裏に、誰かがいるーー。

なーんて。
エローラは広いので、時々他の誰もいなくて、冒険心くすぐられる。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「壁が壊れているからこそ、このアングル。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

壁が壊れているからこそ、このアングル。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「一体どうすればいいのか。
膝の上に肘を乗せ、組んでいる手に力がこもる。
両脇に控えた脇侍がそっとこちらの様子を伺っている。
迷っているところ、弱気なところをみせてはならないのだ。

なんちゃってー。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜

一体どうすればいいのか。
膝の上に肘を乗せ、組んでいる手に力がこもる。
両脇に控えた脇侍がそっとこちらの様子を伺っている。
迷っているところ、弱気なところをみせてはならないのだ。

なんちゃってー。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「一糸纏わぬその姿。あられもない姿を晒すところが、紛れもなく彼がジャイナ教徒であることを示していた。
エローラは仏教遺跡だけど一部ジャイナ教。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

一糸纏わぬその姿。あられもない姿を晒すところが、紛れもなく彼がジャイナ教徒であることを示していた。
エローラは仏教遺跡だけど一部ジャイナ教。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「よく作ってものだ。なかなか楽しかった。
さて、次の場所へ移動!」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

よく作ってものだ。なかなか楽しかった。
さて、次の場所へ移動!

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Daulatabad fort マハーラーシュトラ, インド

Daulatabad fort(マハーラーシュトラ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

場面転換。
ここはダウラターバード(Daulatabad)という要塞。
アウランガーバードとエローラの間にある。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Daulatabad fort マハーラーシュトラ, インド

Daulatabad fort(マハーラーシュトラ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん) - 02

背中を向けている彼は、バスツアー(目的地に連れて行ってくれるだけ)の同行者。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「崩れかけた砦に、闘いの爪痕をみた。(知らんけど)」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

崩れかけた砦に、闘いの爪痕をみた。(知らんけど)

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「この廃墟感たまらない。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

この廃墟感たまらない。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「廃墟、もとい遺跡の向こうに広がるのは、デカン高原である。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

廃墟、もとい遺跡の向こうに広がるのは、デカン高原である。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Bibi ka Maqbara マハーラーシュトラ, インド

Bibi ka Maqbara(マハーラーシュトラ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ここはビービー カ マクバラー。
似非タージマハルという残念な汚名も。しかしとても良い雰囲気のところだった。
ただし、入場チケットは外国人Rs200。インド人は10分の1。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「白いから分かり辛いけど、壁面の模様は精緻で美しい。
」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

白いから分かり辛いけど、壁面の模様は精緻で美しい。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「中にも入れる。
見上げたドーム状の天井は高く、吹き抜けになっている下の階は神聖な場所なのか、ここがお墓なのか。
」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

中にも入れる。
見上げたドーム状の天井は高く、吹き抜けになっている下の階は神聖な場所なのか、ここがお墓なのか。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Aurangabad マハーラーシュトラ, インド

Aurangabad(マハーラーシュトラ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

「いいカメラ持ってるね。娘を撮ってくれないか」
と言われてパチリ。
昔行ったことのあるデリーではそんなことなかったけど、ここアウランガーバードから始まる南インドの旅では、写真をせがまれること多い。
「フォト」
と言われたらそのパターン。なお、写真を撮らせてあげたんだから、とお金をせびりに来ることもなし。
あと、自分でスマホを持っている人は、一緒に写真を撮りたがる。
そんな時は、
「セルフィー?」
と声をかけてくる。何度声をかけられただろうか。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「「どうだい、簡単にむけて、絞れるんだぞ!今買わなくて、いつ買うの?」

レモン的な柑橘系果物を搾る実演販売中。みんな真剣に見ている。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

「どうだい、簡単にむけて、絞れるんだぞ!今買わなくて、いつ買うの?」

レモン的な柑橘系果物を搾る実演販売中。みんな真剣に見ている。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

3日目2017/07/10

マハーラーシュトラ(インド)|「さて、今日は何をしよう。

アジャンターは日帰りが無理なようなので、この少ない日程では難しい。南下してバンガロールを目指さねばならない。

バンガロールまでに寄りたいところは、パンピ。でもその手前にバダミというところがあり、そこも寄ってみたい。
バダミ、パンピを経由す

さて、今日は何をしよう。

アジャンターは日帰りが無理なようなので、この少ない日程では難しい。南下してバンガロールを目指さねばならない。

バンガロールまでに寄りたいところは、パンピ。でもその手前にバダミというところがあり、そこも寄ってみたい。
バダミ、パンピを経由する南下ルートは地図を見る限り、どう考えても列車だと遠回りになるため、きっとバスで行けるはず。そう思い、昨日のツアーバスの運転手に相談していたのだ。すると、南はビジャープルというところに行くバスがあるとのこと。そこで乗り換えることにし、チケットも手配済み。その先、バダミへの行き方は、とりあえずビジャープルに行ってから考える。
しかしバスの時間は20時45分だそうで、今日は一日暇なのである。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ということで、アウランガーバードの街をぶらぶら。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ということで、アウランガーバードの街をぶらぶら。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「アウランガーバードの街にはオシャレな洋服屋が非常に多い。実際、アウランガーバードで見かける女性は、みんなインドの民族衣装でパンジャビドレスかサリーなんだけど、ストールや服の色、柄の組み合わせにセンスを感じる。とにかくオシャレのレベルが非常に高い。
アウランガーバードに

アウランガーバードの街にはオシャレな洋服屋が非常に多い。実際、アウランガーバードで見かける女性は、みんなインドの民族衣装でパンジャビドレスかサリーなんだけど、ストールや服の色、柄の組み合わせにセンスを感じる。とにかくオシャレのレベルが非常に高い。
アウランガーバードにいったら、現地の女性を見習って、ぜひ自分好みのパンジャビドレスを揃えるといい。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「それから、アウランガーバードはイスラム系のインド人街がある。街の雰囲気が変わるのですぐわかるけど、その辺に差し掛かると女性はみなヒジャブ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

それから、アウランガーバードはイスラム系のインド人街がある。街の雰囲気が変わるのですぐわかるけど、その辺に差し掛かると女性はみなヒジャブ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Aurangabad Caves マハーラーシュトラ, インド

Aurangabad Caves(マハーラーシュトラ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ちょっと郊外のアウランガーバードケイブスまで足を延ばしてみた。学生の憩いの場だった。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「デカン高原を眺められるなら穴場!」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

デカン高原を眺められるなら穴場!

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

aurangabad railway station マハーラーシュトラ, インド

aurangabad railway station(マハーラーシュトラ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

アウランガーバードケーブスでデカン高原の眺望を堪能してから、街に戻ってきた。
とりあえず、インドの列車を見に行ってみる。撮り鉄ではないが。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「こどもたちがあらわれた!しゃしんをようきゅうしてくる。

   にげる
▶︎しゃしんをとってあげる

今日もカメラは大人気。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

こどもたちがあらわれた!しゃしんをようきゅうしてくる。

にげる
▶︎しゃしんをとってあげる

今日もカメラは大人気。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「7月のアウランガーバードは、雨季のインドにしては、それほど雨は降らないようだ。でもたまにスコールがあって、そんな時は皆、軒下や木陰に避難する。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

7月のアウランガーバードは、雨季のインドにしては、それほど雨は降らないようだ。でもたまにスコールがあって、そんな時は皆、軒下や木陰に避難する。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「食べていけ、と勧められる。ちょっとつまむ分にはお金はかからないのだ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

食べていけ、と勧められる。ちょっとつまむ分にはお金はかからないのだ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Central Bus Station (Aurangabad) マハーラーシュトラ, インド

Central Bus Station (Aurangabad)(マハーラーシュトラ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん) - 02

夜行バスで、まずはビジャープルへ。
そこから目的地である、インド南部のカルナタカ州バダミへ向かう。ちゃんとたどり着けるかな。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Solapur MSRTC Bus Depot インド

Solapur MSRTC Bus Depot(インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

いつしか乗客も減り、二人がけの座席を一人で占領できるようになった。私はサンダルを脱ぎ、そな硬い椅子に横たわる。揺れに気をつけなければ転げ落ちそうだ。
睡魔に襲われウトウトする。そりゃそうだ、もう夜中なのだから。到着時間は、明日朝6時と言っていたと思う。ちゃんと到着するといいのだが。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Bijapur カルナータカ, インド

Bijapur(カルナータカ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ビジャープルに到着!本当はここも少し観光したかったのだけれど、酷い揺れとダニと睡魔のせいで気力が湧かず、このままバスを乗り換え、バダミを目指すことに。
バスターミナルの人にバダミへの行き方を尋ねると、バガルコートで乗り換えるそうな。割とすぐにバガルコート行きのバスがあることがわかった。ラッキー!

ここまで割とノープランできたけど、ちゃんとバスもあったし、なんとかバダミに辿り着けそうだ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

4日目2017/07/11

Bādāmi カルナータカ, インド

Bādāmi(カルナータカ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

昼過ぎ、ダニとの闘いには敗北を喫するが、無事にバダミに到着!ビジャープルから4時間半程かかったよ・・・。
バダミは結構な田舎でござる。
疲れ果てていたので今晩の宿は奮発して750ルピー。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Bādāmi カルナータカ, インド

Bādāmi(カルナータカ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん) - 02

まずはこの近所にあるらしいケーブ・テンプル、バダミ石窟寺院の方へ行ってみることにする。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「バダミ石窟寺院は、向こう側、池の対岸だ。そっちが観光のメインになるところだけど、せっかくだからこっち側、北側にある博物館に立ち寄ることにした。

結果的には大正解!」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

バダミ石窟寺院は、向こう側、池の対岸だ。そっちが観光のメインになるところだけど、せっかくだからこっち側、北側にある博物館に立ち寄ることにした。

結果的には大正解!

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「博物館はあっさり見終わったけど、博物館の傍から上の岩山に登れるようだったので、行ってみる。山があると登りたくなる質なのだ。
BGMはやっぱドラクエの
いざ行かん!」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

博物館はあっさり見終わったけど、博物館の傍から上の岩山に登れるようだったので、行ってみる。山があると登りたくなる質なのだ。
BGMはやっぱドラクエの
いざ行かん!

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ハルミはヒミツのみちをみつけた。
 ▶︎すすむ
     ひきかえす

裏路地を見つけると、入りたくなる心理と同じである。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ハルミはヒミツのみちをみつけた。
▶︎すすむ
ひきかえす

裏路地を見つけると、入りたくなる心理と同じである。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「眺めの良い場所に出た。
なんて気持ちいいのだろうか!観光客なんていない。
バスの移動疲れも吹き飛ぶ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

眺めの良い場所に出た。
なんて気持ちいいのだろうか!観光客なんていない。
バスの移動疲れも吹き飛ぶ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「池が見下ろせる!

ハルミのHPがかいふくした。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

池が見下ろせる!

ハルミのHPがかいふくした。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「向こう側、メインロードの方に人の姿が。
行ってみるか。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

向こう側、メインロードの方に人の姿が。
行ってみるか。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「登ったら降らなくてはならない。
メインの道に戻る。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

登ったら降らなくてはならない。
メインの道に戻る。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「奥に何かありそうだ。道という道は、隈無く歩いて見たくなる。
冒険家の気分である。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

奥に何かありそうだ。道という道は、隈無く歩いて見たくなる。
冒険家の気分である。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「門を発見。BGMはやっぱドラクエのダンジョンかな。
」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

門を発見。BGMはやっぱドラクエのダンジョンかな。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「門をくぐると道は左右に分かれていて、左側に塔が見えた。
▶︎ひだりへすすむ
    みぎへすすむ
    ひきかえす」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

門をくぐると道は左右に分かれていて、左側に塔が見えた。
▶︎ひだりへすすむ
みぎへすすむ
ひきかえす

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「塔のところで道は行き止まりだった。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

塔のところで道は行き止まりだった。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「今度は右側の道に進む。
再び門が見える。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

今度は右側の道に進む。
再び門が見える。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ドラクエならこの辺にセーブポイントがあって、門番との戦いになるパターン。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ドラクエならこの辺にセーブポイントがあって、門番との戦いになるパターン。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「門を抜け、さらに進むと再び分岐。
左手の法則に則って、左側の道、岩の割れ目のような道を進む。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

門を抜け、さらに進むと再び分岐。
左手の法則に則って、左側の道、岩の割れ目のような道を進む。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Bādāmi カルナータカ, インド

Bādāmi(カルナータカ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん) - 03

すると、眺めの良い場所に出た。
向こうには、さっき立ち寄った塔が見える。
岩山のすぐ下には民家が密集している。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「反対側には円形の遺跡がある。あれは何だろうか。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

反対側には円形の遺跡がある。あれは何だろうか。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「あちこち遺跡を彷徨い、探索するのはとても楽しい。時々床が崩壊して穴が空いているなどのトラップもありつつ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

あちこち遺跡を彷徨い、探索するのはとても楽しい。時々床が崩壊して穴が空いているなどのトラップもありつつ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「向こう側に建物が見える。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

向こう側に建物が見える。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「道なりに進むと開けたところに出た。ここに来るまでに鬼ごっこしている若者に遭遇。うん、わかるよ。楽しいもんね、ここ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

道なりに進むと開けたところに出た。ここに来るまでに鬼ごっこしている若者に遭遇。うん、わかるよ。楽しいもんね、ここ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「なんだこれ。
よくわからないけど貯蔵庫か何かかしら。

変な建物を横目に進んでいくと、岩山の山頂に出た。
人は少ないけれど、地元の人たちの憩いの場であった。

そして、私はそこで、シートを広げてお昼ご飯を食べている一家に出会ったのだ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編

なんだこれ。
よくわからないけど貯蔵庫か何かかしら。

変な建物を横目に進んでいくと、岩山の山頂に出た。
人は少ないけれど、地元の人たちの憩いの場であった。

そして、私はそこで、シートを広げてお昼ご飯を食べている一家に出会ったのだ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「成り行きでご相伴にあずかる。
美味しいけど、めちゃ辛い。辛いもの好きの私が辛いと思うほどに辛い!
そして、この草はいったい何だろうか…雑草の味しかしないのだが…。
インドカレーといえばナンのイメージだけど、ここインドに来て一度も出会わない。チャパタや固いパリパリしたや

成り行きでご相伴にあずかる。
美味しいけど、めちゃ辛い。辛いもの好きの私が辛いと思うほどに辛い!
そして、この草はいったい何だろうか…雑草の味しかしないのだが…。
インドカレーといえばナンのイメージだけど、ここインドに来て一度も出会わない。チャパタや固いパリパリしたやつが出てくる。
ライスはある。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「余ったご飯は猿にあげるのだ。

お母さんは、お腹いっぱいだというのに、どんどん食べるよう私に勧める。ついに限界を超え、ギプアップすると、お母さんはは大層がっかりしてみせた。だってもうお腹に入らない。
すると今度は子供らが嬉々として、猿へ餌やりをはじめる。
お母さんはせ

余ったご飯は猿にあげるのだ。

お母さんは、お腹いっぱいだというのに、どんどん食べるよう私に勧める。ついに限界を超え、ギプアップすると、お母さんはは大層がっかりしてみせた。だってもうお腹に入らない。
すると今度は子供らが嬉々として、猿へ餌やりをはじめる。
お母さんはせっかく作ったご飯を猿にあげたくなくて、あんなに勧めてきたんだな。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ここの猿は意地汚くない。強引に奪ったり襲ってきたりはせず、差し出された餌をさっと受け取っていくくらいだ。
頬張り過ぎなのはいるけど。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ここの猿は意地汚くない。強引に奪ったり襲ってきたりはせず、差し出された餌をさっと受け取っていくくらいだ。
頬張り過ぎなのはいるけど。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「集合写真。
お父さんを除いた男子たちとはこの後、この辺の散策に連れて行ってもらった。ヒンズー寺院へ行く裏道とか。アブに追われて、刺されたりしていたけど、みんなヤンチャだ。
奥さんやお姉さんはあきれた様子。お姉さんは、こんな人たちに付き合うの大変ね、といった感じで私に目

集合写真。
お父さんを除いた男子たちとはこの後、この辺の散策に連れて行ってもらった。ヒンズー寺院へ行く裏道とか。アブに追われて、刺されたりしていたけど、みんなヤンチャだ。
奥さんやお姉さんはあきれた様子。お姉さんは、こんな人たちに付き合うの大変ね、といった感じで私に目配せ。まぁ、私も楽しませてもらったよ。
男に混じって遊ぶ私は、若い女の子、妹ちゃんには気に入られなかったみたい。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ここで過ごしたほんの数時間はとても貴重な思い出になった。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ここで過ごしたほんの数時間はとても貴重な思い出になった。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「1番と3番目にヤンチャな2人と。
もっと色々お話しできるたらよかったなぁ。
ちなみに、この辺はあんまり英語が通じない。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

1番と3番目にヤンチャな2人と。
もっと色々お話しできるたらよかったなぁ。
ちなみに、この辺はあんまり英語が通じない。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「さて、戻ってきたよん。
豚がたくさん町中にいるバダミの光景、結構好き。
今日はこれでおしまい。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

さて、戻ってきたよん。
豚がたくさん町中にいるバダミの光景、結構好き。
今日はこれでおしまい。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「おはようございます、次の日です。
今日はここからリキシャに乗って、パッタダカルへ行くのだ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

おはようございます、次の日です。
今日はここからリキシャに乗って、パッタダカルへ行くのだ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

5日目2017/07/12

Pattadakal Temple カルナータカ, インド

Pattadakal Temple(カルナータカ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

バダミからリキシャで1時間かからず、パッタダカルにやってきた。40分くらいだったかな?1時間もかかってないと思う。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ここは6世紀から8世紀に建てられたヒンドゥー教寺院で、世界遺産に登録されている。

「英語で解説するよ!有料でね」
・・・としつこくくっついてくるガイドを振り切り進む。

いい感じの遺跡。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Haru

ここは6世紀から8世紀に建てられたヒンドゥー教寺院で、世界遺産に登録されている。

「英語で解説するよ!有料でね」
・・・としつこくくっついてくるガイドを振り切り進む。

いい感じの遺跡。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「このご一行はなんだろ、学生には見えないな。
そしてお決まりの
「セルフィー?」
はいはい撮りましょうかね。

ここにきて始めて私以外の外国人(欧米人)がいて、彼らもセルフィー攻撃を受けていた。
撮らせてもらうのはいいけど、一緒に撮りたがるのを相手にするのがちと面倒くさ

このご一行はなんだろ、学生には見えないな。
そしてお決まりの
「セルフィー?」
はいはい撮りましょうかね。

ここにきて始めて私以外の外国人(欧米人)がいて、彼らもセルフィー攻撃を受けていた。
撮らせてもらうのはいいけど、一緒に撮りたがるのを相手にするのがちと面倒くさくなってきた今日この頃。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ここに至るまでに見てきたエローラとかアウランガーバードケーブスなどは石窟寺院だったけど、ここパッタダカルは石を積んで建ててるのでちょっと雰囲気が違う。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ここに至るまでに見てきたエローラとかアウランガーバードケーブスなどは石窟寺院だったけど、ここパッタダカルは石を積んで建ててるのでちょっと雰囲気が違う。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「秘薬アムリタのレシピ

材料:様々な薬草、種、海水

1.まずたーっぷりの海水、というか海に素材を入れます。

2.山を撹拌棒とし蛇を巻きつけ、両端を神々と悪魔でそれぞれ引っ張り合いながら、海を混ぜ混ぜします。

3.撹拌すること1000年、アムリタのできあがり!

秘薬アムリタのレシピ

材料:様々な薬草、種、海水

1.まずたーっぷりの海水、というか海に素材を入れます。

2.山を撹拌棒とし蛇を巻きつけ、両端を神々と悪魔でそれぞれ引っ張り合いながら、海を混ぜ混ぜします。

3.撹拌すること1000年、アムリタのできあがり!

これはヒンズーの神話の有名なシーン「入海攪拌」ですな。
アンコールワットでも見たし、タイのバンコク国際空港にもオブジェがある。アンコールワットで見たときは、なんのこっちゃと思ったので予習してきたよ!

なんというか・・・日本の神話もギリシャ神話も、神々がなんと躍動的で人間的であることが。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「やあ、紹介するよ。
彼女の名前は、カーリー。
又の名をドゥルガー、本名はパールバティ、ボクの奥さんだよ。
ボクかい?ボクなら君の目の前にいるじゃないか。彼女の足元を見てごらんよ。
そうさ、今踏みつけられているのが、ボクだよ。
ボクの名前はシヴァ。今はこんな姿だけど、イ

やあ、紹介するよ。
彼女の名前は、カーリー。
又の名をドゥルガー、本名はパールバティ、ボクの奥さんだよ。
ボクかい?ボクなら君の目の前にいるじゃないか。彼女の足元を見てごらんよ。
そうさ、今踏みつけられているのが、ボクだよ。
ボクの名前はシヴァ。今はこんな姿だけど、インドじゃ有名人だし人気者なんだよ。

・・・インドの神様やべー。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「何このリア充。
ヴィシュヌさんとラクシュミーさんかしら?」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

何このリア充。
ヴィシュヌさんとラクシュミーさんかしら?

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ホントは、パッタダカルの次に、遺跡が村の中に点在するという、アイホーレにも行ってみたかったけど、時間かかりそうだし雨も降りそうなので撤収。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ホントは、パッタダカルの次に、遺跡が村の中に点在するという、アイホーレにも行ってみたかったけど、時間かかりそうだし雨も降りそうなので撤収。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「さて、パッタダカルからバダミに戻ってきましたよん。スコールに降られたけど、すぐ止んだ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

さて、パッタダカルからバダミに戻ってきましたよん。スコールに降られたけど、すぐ止んだ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Bādāmi カルナータカ, インド

Bādāmi(カルナータカ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん) - 04

バダミ石窟寺院を目指す。昨日行ったダンジョンと反対側に行ってみる。
とそこに、少女が現れた。やけに懐かれる。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「子供たちはとても元気。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

子供たちはとても元気。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「そして、子供たちの親御さんたちも登場。
左側の女性は10代後半なのに、こんな大きな子供がいる・・・。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

そして、子供たちの親御さんたちも登場。
左側の女性は10代後半なのに、こんな大きな子供がいる・・・。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「おでこに赤いの付けられた。
ここら辺の女の子は、髪に生花を付ける。おしゃれ。
朝方、籠に入れ売り歩いている人をたくさん見かけたけど、主に髪飾用なのね。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

おでこに赤いの付けられた。
ここら辺の女の子は、髪に生花を付ける。おしゃれ。
朝方、籠に入れ売り歩いている人をたくさん見かけたけど、主に髪飾用なのね。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「さて、子供たちと別れて、バダミ石窟寺院に来たよ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

さて、子供たちと別れて、バダミ石窟寺院に来たよ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「いい眺め。向こう側は昨日行ったところだ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

いい眺め。向こう側は昨日行ったところだ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ジャイナ教の石窟寺院のため、裸体をたくさん拝める。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ジャイナ教の石窟寺院のため、裸体をたくさん拝める。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「アラレちゃん?

ジャイナ教の寺院でよく見かける頭上の渦巻き状の物体だけど、なんだかわからず、日本に返ってきてから調べたところ、正確な情報はわからず。菩提樹だろうか。

なんか雰囲気がラピュタっぽい。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅

アラレちゃん?

ジャイナ教の寺院でよく見かける頭上の渦巻き状の物体だけど、なんだかわからず、日本に返ってきてから調べたところ、正確な情報はわからず。菩提樹だろうか。

なんか雰囲気がラピュタっぽい。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「彼らはどちらの方だろうか。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

彼らはどちらの方だろうか。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ここでは考古学専攻のインド学生たちに出会った。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ここでは考古学専攻のインド学生たちに出会った。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「石窟寺院の目の前の池は洗濯スポット。
カラフルで素敵。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

石窟寺院の目の前の池は洗濯スポット。
カラフルで素敵。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「いい光景!遺跡と日常生活の融合した感じ。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

いい光景!遺跡と日常生活の融合した感じ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「昨日行っていないエリアに行こうとてくてく。
そしたらこんな道が・・・どこに続いているんだろうか。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

昨日行っていないエリアに行こうとてくてく。
そしたらこんな道が・・・どこに続いているんだろうか。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「ずんずん進む。やばい冒険心が・・・」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

ずんずん進む。やばい冒険心が・・・

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「おおっと、こんなところにガネーシャさんじゃないですかぁ!
シヴァリンガ※もあるぞ。

※インドでよく見かけるシヴァさんのあれ。信仰の対象なのだな。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

おおっと、こんなところにガネーシャさんじゃないですかぁ!
シヴァリンガ※もあるぞ。

※インドでよく見かけるシヴァさんのあれ。信仰の対象なのだな。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「石畳の坂道をずっと上て行くと、広いところに出た。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

石畳の坂道をずっと上て行くと、広いところに出た。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「地面に穴があいていて、覗いてみると道になっていた。
▶︎当然降りてみるでしょ。
   危ないし、怖いしやめておく。

滑らないよう気をつけながら、降りてみる。穴は意外と深くて、すっぽりと入った。だけど奥に進むとなると、屈む必要がある。
頭に気をつけながら進んでみる。出

地面に穴があいていて、覗いてみると道になっていた。
▶︎当然降りてみるでしょ。
危ないし、怖いしやめておく。

滑らないよう気をつけながら、降りてみる。穴は意外と深くて、すっぽりと入った。だけど奥に進むとなると、屈む必要がある。
頭に気をつけながら進んでみる。出口はすぐそこに見えているので、それほど暗くはないが、手元にライトがあったので助かった。
暗い道を出ると、来た道の脇に合流。これ、多分水路か何かかな?

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「いい眺めだ!絶景!!」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

いい眺めだ!絶景!!

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「池のほとりに戻ってきた。次はあそこを目指す。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

池のほとりに戻ってきた。次はあそこを目指す。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「躍動感あるれる彫刻。
インドの神様は勉強してきたつもりだけど、この神様たち、ガネーシャさんの他はわからないや。」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

躍動感あるれる彫刻。
インドの神様は勉強してきたつもりだけど、この神様たち、ガネーシャさんの他はわからないや。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Badami Bus Stand カルナータカ, インド

Badami Bus Stand(カルナータカ, インド)|冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

朝です、おはようございます。
バダミを堪能したので、バスで次の目的地、ハンピを目指します。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

6日目2017/07/13

マハーラーシュトラ(インド)|「美味しいかな?」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

美味しいかな?

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

マハーラーシュトラ(インド)|「バスに揺られていると、学校へ通学する子たちが乗ってきた。
やっぱ生花の髪飾りとてもキュート!

後編はいよいよインドの楽園、ハンピを旅します!」冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜(Harumiさん)

バスに揺られていると、学校へ通学する子たちが乗ってきた。
やっぱ生花の髪飾りとてもキュート!

後編はいよいよインドの楽園、ハンピを旅します!

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

ぶらぶら南インド


ぶらぶら南インド

2011-07-12 - 2011-07-20

  • 26
  • Eika Akasaki
南インドを二週間ほどかけて移動しました。何より南インドのカレーがおいしかった!インドに行く度に太って帰ってしまうのが悲しい。

作者: Eika Akasaki

  • 6
  • 5015

普段強気な私が路地にて恐れをなして号泣し、彼はその横で嬉しそうにスパイスを買い求めていた、思い出深きムンバイ。

弾丸旅行
普段強気な私が路地にて恐れをなして号泣し、彼はその横で嬉しそうにスパイスを買い求めていた、思い出深きムンバイ。

2010-06-25 - 2010-06-27

  • 28
  • Satoko Nishiyama Fujioka
海外スタディでムンバイにいた彼(現:夫)に会いに、まさかの二泊四日・滞在時間55時間くらいの強行スケジュールの初インド旅。 観光よりも彼に会う目的だったけれど、植民地の名残を残した地で未だ貧富の差を目の当たりにし、空港に到着した時点でもう眩暈でくらくら。 やっぱりどこみても人がたくさんいて、人ごみが苦手な私はますますくらくら。 あげくの果てに、料理が辛すぎてほとんど食べれず、唯一の食料だったレモネードの氷がどうやら、帰国直後の私のお腹を直撃。早朝の地下鉄でぶっ倒れて救急車で運ばれ、 医師に尋ねられる。 「最近、何か普段とは違う食べ物食べましたか?」 「・・・インド行ってたんで。。。(ほとんど何も食べてないけど)」 インドを好む旅人と話しているうちに、もしかしたらこれは美談かもしれない。 私の知らないインドは、きっとまだあるんだと、小さな希望を胸に、 この旅をまとめておかなくてはと思い立った。

作者: Satoko Nishiyama Fujioka

  • 8
  • 4661

異世界の入口、ムンバイ

一人旅
異世界の入口、ムンバイ

2013-11-08 - 2013-11-10

  • 20
  • Sougaku
イスタンブールからアブダビ経由でムンバイへ。生まれて初めてのインドは結構最悪だった笑 まず夜行便で寝れずにフラフラなのと、イスタンブールと落差がありすぎる汚い街並み、ガタガタの道、エネルギッシュすぎる人々に圧倒されてしまう。あと睡眠薬詐欺にもあいかけた。

作者: Sougaku

  • 2
  • 2402

【超~怖い!?】インドの石窟寺院

一人旅
【超~怖い!?】インドの石窟寺院

2013-11-12 - 2013-11-15

  • 36
  • Sougaku
スポメニックの旅を終え、おまけ程度の気持ちで来たインド。ムンバイで生活する辛み。腹痛、騒音、ダニのオンパレード。おまけ、どころではない。気を取り直して観光しよう!つーことでムンバイのホテルであったヨシくんと一緒にアジャンター・エローラという世界史教科書にのってるとこに行ってきた・・・!!

作者: Sougaku

  • 1
  • 2075

インド産ワインがこんなにおいしいなんて!「SULA」ワイナリー紀行inナシック

美食・グルメ
インド産ワインがこんなにおいしいなんて!「SULA」ワイナリー紀行inナシック

2015-03-07 - 2015-03-07

  • 15
  • いなもん
ヨーロッパでも絶賛のインド産ワイン「SULA」。ムンバイから車で4時間くらいのナシックにあるワイナリー「Sula Vineyards」では、ワイナリー見学やワインの試飲ができると聞き、弾丸旅行してきました! Sula Vineyards の創業者 Rajeev Samant は、スタンフォード大学卒業後、 Oracle でキャリアを築き上げた後、インドに帰国。農業を営む実家の土地がワインづくりに適していると気付き、1999年にワイナリーを立ち上げたそうです。まだ歴史は浅いですが、その香り・味わいに各国がぞっこん、今やインドを代表するワインとしてあらゆる地域に輸出されているそうです。 はたしてインド産ワインのお味は。。。

作者: いなもん

  • 0
  • 2045

ムンバイからインドの秘境ハンピへ!大自然と巨岩群、歴史をめぐる旅

大自然
ムンバイからインドの秘境ハンピへ!大自然と巨岩群、歴史をめぐる旅

2011-11-12 - 2011-11-19

  • 10
  • Kaede Shinagawa
インド随一の大都市ムンバイからスタートして、巨岩群で有名な地方の町ハンピまで行ってきました!まだそれほど観光化されていないハンピ、スケールの大きい大自然と悠久の歴史を感じさせる、おすすめの町です!

作者: Kaede Shinagawa

  • 4
  • 1743

インド女子旅♪~大都会ムンバイと秘境の古都ハンピ~

絶景
インド女子旅♪~大都会ムンバイと秘境の古都ハンピ~

2008-02-22 - 2008-02-28

  • 10
  • 安田 咲
ムンバイに住んでいる友達を訪ねて2度目のインド旅 インド最大の都市ムンバイはイギリス植民地時代の面影も色濃く残っていて、ヨーロッパとインドが融合したような雰囲気がオシャレでした。でも一方でアジア最大と言われるスラムがあるのもここムンバイなんですよね... 友達イチオシのハンピは遺跡群はもちろんのこと、自然が織りなす絶景と田舎の素朴な風景、魅力的な人々、全てが気に入りました。行ってよかった! ほんとインドは表情豊かです!

作者: 安田 咲

  • 0
  • 1087

南ルートをぶらっと。ハンピとムンバイ

世界遺産
南ルートをぶらっと。ハンピとムンバイ

2006-04-15 - 2006-04-21

  • 10
  • Mitsuyo Kondo
インド最大の都市ムンバイと日本ではあまり知られていない世界遺産のハンピの建造物群をめぐる旅に出ました。とても暑く、また意外と移動も長距離で大変でした。しかし見る建物はヨーロッパとはまた違い繊細で、しかしまたアジアとも違い不思議な文化の融合している国でした。

作者: Mitsuyo Kondo

  • 0
  • 984

冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜 冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜

冒険者よ、南インドへ行け!(前編)〜アウランガーバード、バダミの旅〜 トップへ