Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Mika Wakoさんのログブック(旅行記)「美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。」

美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。

2017-11-17 - 2017-11-19 32 1579 60
Mika Wako
Travel Collector
Mika Wako
  • 30s / female

ヨーロッパに駐在していると周囲の日本人の方とどこの国が一番いいか、という話になります。その中でも食事が一番美味しいのはポルトガルと必ず言われます。街並みの綺麗さや物価の安さ、気候の温暖さも加わり、旅行先としてはかなりの高評価。
今回はスケジュールの都合でポルト1都市のみとなってしまいましたが、美味しい食事とポートワイナリー巡り、美しい街歩きを楽しみました。

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12017/11/17

Mercado do Bolhão Porto District, Portugal

Mercado do Bolhão(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん)

ポルト到着後、まず向かったのはボリャオン市場。中心街から近くて便利です。やっぱり地元食材をチェックしなきゃですね。さらにここはたくさんのおみやげ屋さんがあり、アズレージョやコルク製品がお安く手に入ります。私も早速、コルク製のポーチを購入。

  • Loved to be there!

Capela das Almas Porto District, Portugal

Capela das Almas(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん)

市場の近くにはアズレージョで覆われた教会、アルマス礼拝堂が。中ではちょうど礼拝をしていて写真を撮れる雰囲気でなかったものの、外観同様美しかったです。

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 11

教会の近くのカフェで一休み。
ポルトガルはエッグタルトが有名ですが、ここも人気のお店。
甘くて濃厚なのに周りのパイがサクサクで最高!!気に入ってこの旅では毎日食べていました。しかも驚くのがその値段。1個1ユーロ。コーヒーは0.85ユーロ。2ユーロあればカフェで満足できちゃいます。やはりポルトガルは物価が安い。

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 12

エッグタルトのお店で飲んだサングリア。
このサングリア、すごいです。何がってアルコール度数が高い。。なのに飲みやすいから女の子がベロベロになってしまうやつです。調べたところによるとポルトガルのサングリアはワインを香辛料やフルーツと一緒にジュースで割っているのですが、ウォッカもプラスしているそう。スペインで飲んだサングリアは強い感じがなかったのですが、これはすごい!!

  • Loved to be there!

Estação Ferroviária de Porto - São Bento Porto District, Portugal

Estação Ferroviária de Porto - São Bento(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん)

こちらも美しいアズレージョで有名なサン・ベント駅。
そんなに大きな駅ではないのですが、とても綺麗でした。

  • Loved to be there!

Livraria Lello e Irmão Porto District, Portugal

レロイ・イ・イルマオン書店(Livraria Lello e Irmão)(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 03

ここは世界一美しいとされている本屋さん。
あのハリーポッターの舞台にもなったとか。
入場料を払うのですが、本を買うときにバウチャーとなるのでお客さんは無料で入れる仕組み。

  • Loved to be there!

Livraria Lello e Irmão Porto District, Portugal

レロイ・イ・イルマオン書店(Livraria Lello e Irmão)(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 02

どうなっているの、この階段!?と思うでしょうが、登ってみて初めて理解できます。
とにかくすごい曲線美。
よくこんなデザインしたなーと感心してしまします。

  • Loved to be there!

Livraria Lello e Irmão Porto District, Portugal

レロイ・イ・イルマオン書店(Livraria Lello e Irmão)(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん)

上階のステンドグラスも美しい。夜行ったので暗いですが、昼間はもっと光が入って綺麗かもしれません。
オランダのマーストリヒトにも世界一美しい本屋さんはあったのですが、そこよりは規模が小さめ。なので内部は結構込み合っています。

  • Loved to be there!

Casa Aleixo ポルト, Portugal

Casa Aleixo(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん)

夕飯はタコ料理で有名なお店へ。
世界でも嫌われがちなタコですが、ポルトガルはタコが名物なんです。スーパーにも市場にも巨大なタコがゴロゴロと売ってました。
ふとーいタコの足のグリル、日本のタコと違ってやわらか〜です。

  • Loved to be there!

Casa Aleixo ポルト, Portugal

Casa Aleixo(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 02

もう一つのメインは海老のポルトガル風プディング。こちらもなんだかよくわからないけど、海老の出汁がきいてて美味しい!!

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 10

飲んべえの夜は終わりません。
実はここ4件目(笑)
1件目でタコを食べ、2件目でビールを飲み、3件目でバーに行き、4件目でたどり着いたのがココ。なんと亀の手がありました!!昼間に市場で見かけてびっくりしたのですが、たまたま通りがかったシーフードレストランでありました!!日本でもなかなか食べられない亀の手、こんな異国で出会えるとは。。これは明日も来ちゃいますね!!

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 07

さて、私の大好物、それは魚介です。そしてポルトガル名物といえばバカリャオ。鱈を塩漬けにして干した保存食なのですが、これが美味しいのなんのって。普通の塩鱈よりも身が引き締まってて味わい深い。今回の旅ではそんな大好物を買って帰ることも大きな目的。
スーパーに入ると既に生臭いバカリャオの香りが。。奥に進むといました!!しかも大量に色々な種類のものが売っています。私はこのセールになっていた大きめのバカリャオを買うことに。魚屋さんのおばちゃんに手渡そうとすると、、、重い。重すぎる。。なんと2kgもありました。。しかし一匹買いするのが筋でしょう。スーツケースが生ぐさくなろうが、スペースを取ろうが買って帰ることにします。これで家でもバカリャオが食べれるなんて幸せ。

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 09

スーパーは他にも魚介が豊富。
一週間くらい入られたらアパートメントを借りて毎日魚介料理をして食べるんだけどなあ。

Day 22017/11/18

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 08

ぷらぷら歩いていたらまたまたアズレージョの教会発見。
観光名所でもなんでもないみたいですが美しいです。

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 06

エリンケ航海王子の像。歴史に疎いので詳しいことはわからず写真のみ。
ちなみにこの近くにボルサ宮というのがあり、そこは気になっていたのですが、時間の関係で割愛させていただきました。

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 05

ランチは川沿いのお店でいただくことに。
11月も半ばだというのにテラス席でも全然寒くない。そして本当にいい天気。それだけでビールが進んでしまいます。

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 04

で、何を食べたかというと、バカリャオ!!
おっきなバカリャオがでんと乗っていますが、下に敷かれているのもポテトと玉ねぎとバカリャオを炒めたもの。味は単調ですが鱈の旨味がギュッと出ていて美味しすぎる。

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 03

もう一品はバカリャオのリゾットとバカリャオの天ぷら。これは本当に天ぷらです。
こういう揚げ物ってヨーロッパでは食べないのかと思っていましたが、あるんですね。
美味しいけど、ちょっとべちゃっと感がありました。

  • Loved to be there!

Ponte D. Luís I Porto District, Portugal

ドン・ルイス1世橋(Ponte D. Lus I)(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 02

川沿いを歩いて行くと、巨大な橋が。
こちらはドン・ルイス1世橋。下は人と車が、上はトラムと人が歩ける二重構造になっています。

  • Loved to be there!

Caves Cálem Portugal

Caves Cálem(ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 04

さて、橋を渡ってどこに行くかというと、ポートワイナリー。
ポルトの街はドウロ川を挟んで反対側がポートワインのワイナリーが並んでいるというなんともワイン好きにはたまらない立地。なぜなら街から徒歩でワイナリー巡りができてしまうからです。
数あるワイナリーから1軒目に選んだのはこちらCALEMさん。国内第1位のシェアらしいです。

  • Loved to be there!

Caves Cálem Portugal

Caves Cálem(ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 03

ガイド付きの案内で、英語、ポルトガル語、フランス語のツアーが選べるようになっています。
最初はポートワインの博物館を見学します。ポートワインは寝かせると色が変わってくるのでこのように色の見本を示したり、

  • Loved to be there!

Caves Cálem Portugal

Caves Cálem(ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん)

匂いをかいでこれは何の匂いかを当てたりする展示があります。
規模は小さいですが、すごく近代的で綺麗な博物館です。

  • Loved to be there!

Caves Cálem Portugal

Caves Cálem(ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 02

そしてツアーガイドが始まり、樽の説明などを受けた後でお待ちかねのテイスティング。
赤と白の二種類をいただきました。
ポートワインはブランデーを入れて発酵を止めるワインでシェリー酒と同じ種類のワインなのですが、甘くて飲み易い!!食前食後酒としてはもちろん、カフェで一休みするときにももってこいですね。

Caves Taylor's Porto District, Portugal

Caves Taylor's(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 03

せっかくなのでもう一軒。
こちらも有名なワイナリー、TAYLOR'S。すごい坂道の先にあってかなり辛いですが景色もいいので行く価値ありです。
しかもこちらはオーディオガイドを持って自分で回るシステムなのですが、日本語対応してます。なのでより深く学ぶことができました。

  • Loved to be there!

Caves Taylor's Porto District, Portugal

Caves Taylor's(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 02

ながーく続く樽の道。
すごい広いです。

  • Loved to be there!

Caves Taylor's Porto District, Portugal

Caves Taylor's(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 04

その先には最大の樽が。直径は7.5mなのだとか。大量のポートワインを寝かせておけます。

  • Loved to be there!

Caves Taylor's Porto District, Portugal

Caves Taylor's(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん)

そしてこちらも赤と白のテイスティング。
こちらは年代物の高いポートワインもプラスでお金を払えばお手軽価格で試飲できます。
なのでテイスティングルームは長居している人で大にぎわいでした。
ちなみにワイナリーに行ったらぜひ買って帰りたくなるのもですよね。ということで格安航空Ryanairで帰る私たちは、ワインを持って帰るべく、帰りは預け荷物を一個追加してきました。格安航空って普通、荷物の預けはお金がかかるんですよ。。なので行きは機内持ち込みだけにして、帰りは追加するといった感じ。驚くべきことに一人片道35ユーロだったのですが、荷物が一個40ユーロといった値段設定。。ベルギーで買ったほうがお得では、、という指摘は無視してポートワインを買って帰りました。

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん) - 02

ワイナリーを出るととっぷりと夜も更けていました。ってまだ夕方なのに11月のヨーロッパは日が沈むのが早い。
でもそのおかげでサマータイムではいつも呑んだくれてて見れない夜景を見ることができました。

  • Loved to be there!

Porto Porto District, Portugal

Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん)

帰りは先ほどのドン・ルイス橋の上を通るためにロープーウェイで丘を登ることに。
ここからの景色がまた絶景。

  • Loved to be there!

Ponte D. Luís I Porto District, Portugal

ドン・ルイス1世橋(Ponte D. Lus I)(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん)

丘の上に着いたところ。
ドウロ川沿いにライトアップされてて本当に綺麗です。
クルーズもいいなあ。

  • Loved to be there!

Abadia do Porto Porto District, Portugal

Abadia do Porto(ポルト, ポルトガル)|美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。(Mika Wakoさん)

ディナーはまたしてもバカリャオとトリパス。トリパスは臓物の煮込みなのですが、内臓料理好きの私たちにはたまりません。美味しくいただきました。
さらにこの後、昨日の亀の手のお店で再び亀の手を食べるのでした。
次の日は朝6時前くらいにホテルを出たのですが、ポルトの若者は元気なようで、まだまだ街にはオール明けの酔っ払いがたくさんいました。
安くて美味しくて活気のあるポルト、朝までだって楽しめちゃいますね。

  • Loved to be there!

Day 32017/11/19

ポルト(ポルトガル)|「最近は旅行に行ってもお土産は食品くらいしか購入しないのですが、今回は市場で見つけたお皿が可愛くて買っちゃいました。
カッティングボードはナイフ付きでチーズ用にいい感じです。あとのお皿は仕切りがついてて薬味やタレを入れたりするのにいいかなと思います。
雑貨も可愛いポルト、お土産

最近は旅行に行ってもお土産は食品くらいしか購入しないのですが、今回は市場で見つけたお皿が可愛くて買っちゃいました。
カッティングボードはナイフ付きでチーズ用にいい感じです。あとのお皿は仕切りがついてて薬味やタレを入れたりするのにいいかなと思います。
雑貨も可愛いポルト、お土産がかさばるので大きめの鞄でお出かけください!!

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

サウダーデの国ポルトガルへ ポルト

街歩き
サウダーデの国ポルトガルへ ポルト

2015-05-30 - 2015-06-02

  • 56
  • トモテラ
ヨーロッパの西の果て カモンイスの詩「ここに地果て海始まる」の通り、まさに最果ての国 どこか鄙びたイメージがあって、いつか必ず訪れたいと願っていた国です ポルトガルを言葉で表す時「サウダーデ 」と言うポルトガル語が良く使われます 懐かしさ、未練、懐旧の情、郷愁、ノスタルジー、孤愁などと訳されますが、 実際のポルトガルはサウダーデのイメージ通りの顔もありつつ、 太陽に満ち溢れ、陽気で親切な人々が暮らす最高の国でした 今回はポルト、ギマランイス、リスボン、シントラ、ロカ岬と、王道とも言える観光地を訪れました まずはポルトから

Travel Collector: トモテラ

  • 9
  • 12511

サウダーデの国ポルトガルへ リスボン

街歩き
サウダーデの国ポルトガルへ リスボン

2015-06-03 - 2015-06-06

  • 65
  • トモテラ
リスボン大地震を免れてかつての地震前の面影が色濃く残る旧市街アルファマ地区にアパートメントを借りました 6月13日に聖アントニオ祭というお祭りがあり、6月に入った辺りからリスボン中が大騒ぎになると言う事を全く知らずにいたら アルファマはまさにその馬鹿騒ぎの真っ只中で、夜通しどんちゃん騒ぎで辺りは名物の鰯を焼く煙がモクモク たまたま知らずに居合わせてしまったけど、この時期にリスボンにいられてとても楽しかった

Travel Collector: トモテラ

  • 3
  • 6634

フンシェルはモンテでトボガンを楽しむ――「太平洋の真珠」マディラ再び1

街歩き
フンシェルはモンテでトボガンを楽しむ――「太平洋の真珠」マディラ再び1

2012-10-20 - 2012-10-23

  • 26
  • Hanako Kawano
マディラが気に入ってしまって、一年後にもう一度行ってしまいました。 以前に行けなかった場所がたくさんあって、後悔の連続だったから。 今回はどうなるか、それは見てのお楽しみ。

Travel Collector: Hanako Kawano

  • 1
  • 5127

サウダーデの国ポルトガルへ ギマランイス

街歩き
サウダーデの国ポルトガルへ ギマランイス

2015-06-02 - 2015-06-02

  • 26
  • トモテラ
ポルト滞在中、近郊の世界遺産都市ギマランイスへ日帰りトリップ ギマランイスはポルトガルの初代国王アフォンソ1世が生まれた街と言う事で、ポルトガル誕生の地と言われています とにかく坂道が多くて激しく体力を消耗しました・・・

Travel Collector: トモテラ

  • 1
  • 4094

ユーラシア大陸最西端 ポルトガル

街歩き
ユーラシア大陸最西端 ポルトガル

2017-04-28 - 2017-05-05

  • 79
  • Akira Kamata
学生時代、ヨーロッパを鉄道で回ったときに訪れられなかった国、ポルトガル。庶民的な国をのんびり観光してきました!

Travel Collector: Akira Kamata

  • 7
  • 1740

リスボン

街歩き
リスボン

2017-06-21 - 2017-06-25

  • 35
  • Shohei Watanabe
スペインのセビリアからバスで首都リスボンまで8時間。あまりイメージのない国への旅。テーマは他人任せ。僕は端っこに行きたいだけ。 次回 ポンタデルガダ編 https://www.compathy.net/tripnotes/27315 前回 アンダルシア編 https://www.compathy.net/tripnotes/27309 マドリッド編 https://www.compathy.net/tripnotes/27281 ロンドン編 https://www.compathy.net/tripnotes/27282 カタルーニャ イビサ編 https://www.compathy.net/tripnotes/27301

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 4
  • 1387

Porto (Portugal)

街歩き
Porto (Portugal)

2010-03-18 - 2010-03-18

  • 20
  • Mikako Izawa
2010年の旅 ポルトのみのまとめ。 スペインのヴィーゴから乗ったバスはリベルダーデ広場に到着。 ポルトの街は古い建物が多く、情緒があってとても美しかった。

Travel Collector: Mikako Izawa

  • 4
  • 1234

ポルトのんびり一人旅 ~Leisurely solo-trip in Porto ~

一人旅
ポルトのんびり一人旅 ~Leisurely solo-trip in Porto ~

2017-09-16 - 2017-09-18

  • 48
  • Yoshio Kurabayashi
~ロンドンからポルトへ一人旅~ 1日目 ポルト(ポルトガル) 2日目 サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン) 3日目 ポルト(ポルトガル)  ~Solo-trip to Portugal ! ~ First day Porto(Portugal) Second day Santiago de Compostela(Spain) Third day Porto(Portugal)

Travel Collector: Yoshio Kurabayashi

  • 9
  • 2182

美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。 美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。

Back to Top of 美しい街並みと温暖な気候そして美味しいものいっぱいのポルトへ。