Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Natsuki  Yoshidaさんのログブック(旅行記)「【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!」

【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!

2017-09-10 - 2017-09-25 22 1642 15
Natsuki  Yoshida
Travel Collector
Natsuki Yoshida
  • 20s / male
  • Canada
Places visited
Canada

こんにちは、モントリオールで2週間農場でボランティアやってまいりましたNatsukiです!(2017.09.11-09.25)
それを申し込むにあたり僕が利用したのがこのWorkaway。
日本ではまだ聞きなじみのない「Workaway」で僕は何をしてきたのか皆さんにお伝えしたいと思います!

登録方法についても丁寧に説明したつもりなのでするつもりの方はこちらも見てみてください!
https://www.compathy.net/tripnotes/27886

モントリオールは街も非常にきれいです!
https://www.compathy.net/tripnotes/27735

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12017/09/10

M Montréal Hostel & Bar ケベック, Canada

M Montréal Hostel & Bar(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん)

Workawayとは・・・。
詳しくは⇒https://www.compathy.net/tripnotes/27886

簡単にですが説明すると、web上のプラットフォームでボランティアと労働力を対価として寝食を提供してくれるホストを結びつける場所になってます。

登録料は32$です!

ここを利用して僕はモントリオールの農場で2週間ボランティアしてきました。

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん)

かくして、僕はモントリオールの駅で夜に待ち合わせ。

車でお迎えに来てくれました。
やさしい!!

しかも途中でごはんをごちそうになり、(既に食べてましたが笑)

着いたのは午後10時。
ドキドキのまま中に入ると・・・

汚くない??笑

みんなでごはんを食べるテーブルには腐ったくだもの、食べ残し、周りを飛び交うハエ。

環境の適応度への僕の自信が打ち砕かれそうになりますがひとまず就寝。

「みんな最初はショックを受けるんだけど大丈夫?? まあみんな慣れるんだけどね笑」

OKとは答えたもののきっついな・・・。

しかし、結論から言うと翌日にはもう慣れていました笑

Day 22017/09/11

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 02

寝床はこんな感じ。

ここで、僕が行ったところの紹介をしようかと思います。

ざっくりというと農場なのですが、養鶏場もあり自給自足の生活を目指しているところでした。

つまり、カナダ特有の広大な敷地での麦畑などではなく比較的小さい敷地で無農薬栽培で多くの種類を栽培している農場ということです。

詳しくはおいおい説明していきます!

と、いうことでベッドの下には自家製の石鹸がありなんだか落ち着かない・・・限りですがベットはいたって普通。

扉もあるので一人の時間にゆっくり慣れていくことができたように思います。

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 03

朝ごはんは毎朝7時半。

猛烈な健康生活ですね笑

恐る恐る扉を開け、全力で全員に自己紹介笑

ホストがEric,Veronique,Marse,Elizabethの四人で全員ケベック出身。

そしてボランティアがアイルランド女子のEva、オーストラリア男子のGerard、ドイツ男子のMichael、スイス女子のNatalieの五人と非常に国際色豊か。

この日はさすがに心臓バクバクとは言いませんがなんとなく緊張していた記憶があります。

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 04

車に乗って農場へGO!

車内でもずっと喋ってましたがなかなかついてはいけないですね・・・。

(´・ω・`) って感じでした笑

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 05

着きました今回の仕事場です。

仕事なのであまり自撮りできる雰囲気ではありませんがこっそりパシャリ。

この日はひたすら雑草を刈り取り、大きい雑草は芝刈り機を使っていました。

いやー、9月のカナダなんですけど鬼アツいんですよ、28℃の中ずっとはきっついきつい・・・。

Day 32017/09/12

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 06

前夜9時間雑草を抜き、2日目の午前までそうだったので筋肉痛がえらいことになってたのですが、

この日の作業は洋ナシ切り。

自給自足生活なので収穫した洋ナシは腐る前に自分たちで食べなければなりません。

なので急いでドライフルーツにするために種取って切って!!

とのこと。
実は2日くらいずーっと切ってました笑

まさか包丁さばきが鍛えられるとはッて感じですね。

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 07

ご飯はこんな感じです。

朝食
午前休憩
昼食
午後休憩
夕食

となんと一日5食も出てきます笑
もちろん中の休憩ではパイやヨーグルトですが、常に満腹、いやーめっちゃおいしいんですよねほんとに。

大体の一日のスケジュールは、
7:30 朝食
8:00 作業時間
10:00 15分休憩
12:30 お昼ご飯、お昼寝タイム
14:30 作業時間
16:00 15分休憩
19:00 晩御飯

といった感じ。
週の休みは日曜日だけなので結構働いている方なんじゃないかなとは思います。

Day 52017/09/14

ケベック(カナダ)|「農場って意外にじみーな仕事が多いです。

この日はこの広がるナッツの苗の一つ一つにタグをつけていきます。

一つ一つですよ!!手作業で!!
腰がしんどい・・・笑」【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshi

農場って意外にじみーな仕事が多いです。

この日はこの広がるナッツの苗の一つ一つにタグをつけていきます。

一つ一つですよ!!手作業で!!
腰がしんどい・・・笑

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 08

この白いの!がんばったでしょ!笑

農作業って無心でやるので時間があっという間に過ぎていくんですけどなんだか小さな達成感が得られていいんですよね。

Day 62017/09/15

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 09

今日は日曜日!

お仕事はすっかりありません。

ということで、前日はいつも毎晩見ていたGame of Thronesのシーズン7を全員で見切ることに笑

爆睡でした・・・。
しかし今日は時間があるので近くまでお散歩。これは農場から2分ほど歩いたところから撮った写真。

本当に山の中です。壮大!!
あ、ちなみにアスファルトの車道はありますしインフラも完璧なので山小屋!といった感じはありません。

Day 72017/09/16

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 10

湖をハイキングってなんだかいいもんですね。

気候として夜は5℃ほどまで下がるので水は非常に冷たい!!
泳がないの!?とは言われたのですが僕は冷たすぎて遠慮しておきました笑

ちなみに、冬は-20℃まで気温が下がるとのこと!!

なんかもう次元が違います。
この湖も凍るそうです。そりゃそうだ笑

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 12

こちらが僕の部屋兼みんなのキッチンです。

一階は車庫、倉庫になっていて二階は4部屋あってかなり広々です。

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 11

こちらはEVAのお部屋、というか小屋ですね。

洗濯ものはここに干していました。

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 13

ここはオーナーの部屋の屋根裏部屋。

ここにスペアのTシャツ、靴下、ズボンと全てあります。靴までありました!

他の農場がどうかは分かりませんが本当に意味が分からないほど汚れるので笑、使うしかありません!

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 14

月曜日になり、再び仕事再開です。

そしてこれが僕が最もやる頻度が多かった仕事です。

この網の上に置いてあるのはチェダーナッツ。収穫した段階ではナッツはまだ殻の中に入っています。

ですので、上からフミフミするんです!

実はこれが結構辛くて何度か足が攣りました笑

そして砂の中に入っているケースもあるのですが、その場合中に蛾の幼虫(いもむし)がいるので別のバケツに分けてからフミフミタイムです。

虫が多いのも自然の農場ならではといった感じがしますね。

Day 82017/09/17

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 16

写真はなんか怖いですが笑

今日はMichaelとのお別れの日。

ここはお別れの日は最後にサッカーをするそうで、みんなで楽しんできました!

いい人だったなあ・・・。

Day 92017/09/18

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 15

もちろんですが、力仕事も多いです。

これは僕たちが3人で一日に刈り取った雑草。全て雑草なんですよ笑

このころには草を抜くことにもなんだかスカッとした快感を感じていて泥まみれになっています。

素直に楽しかったですね。

Day 112017/09/20

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 18

詳しい写真は撮れなかったのですが、ニワトリ40羽ほどいる中で雄鶏はわずか2匹。

有精卵が生まれたら困るのは分かりますがまさかここまで差があるとは思っていませんでした。

Day 162017/09/25

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 19

そんなこんなで2週間は一瞬で過ぎ去っていきました。

作業時間は頭を空っぽにしてひたすら手を動かし続けるので気が付いたら休憩時間になっていることもざらですし、語っていたら時間なんてすぐすぎていきます。

僕の最後の日もみんなでサッカーをやってくれました!

Selfie撮る!となったらみんなさすがアジア人!!という反応笑

珍しいのでしょうか、しかしこの笑顔!
ここから走って帰った時の夜空は二度と忘れることはないと思います。

HardyFruitTrees ケベック, Canada

HardyFruitTrees(ケベック, カナダ)|【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!(Natsuki  Yoshidaさん) - 20

昨日写真を撮り忘れたEVAとも写真を撮ってお別れです。

ボランティアに来ている人は、僕も人のことは言えないのですが変わった人が多いです。

EVAはすごいキレイなのですが髪が長くてめんどくさいからと言って、ここまで切ってしまっています。しかもここで笑

サッカー場でも突如三点倒立をしだしたり謎多き美女です笑

だからこそというのですが、今までにないような経験はできたような気がしますし都会の生活と真逆の生活もいいなと思うことができました。

もう日本ならどんな環境でも対応できちゃう気がします笑

このように、皆さんを30000を超えるホストが待っていますしそれぞれにそれぞれのストーリーがあると思います。

僕は2週間しか時間はありませんでしたが、平均的には1か月ほど。
1か月もいれば仲が深まらないわけがありません。

なかなか決断するのは難しいかもしれませんがぜひとも一歩踏み出してみてください!!

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

バンクーバー一人旅

一人旅
バンクーバー一人旅

2015-06-22 - 2015-06-25

  • 15
  • Noriko Suzuki
ロブソンストリート周辺は銀座かと思うくらいごちゃごちゃしているのに、ガスタウンやイェールタウンは洗練されていて、グランビルアイランドは南国のよう。おもちゃ箱のようなところだなと思った。いたるところにカフェがあり、珈琲とパンがおいしい。わたしと肌があっていたのか、日本より気楽に過ごせた。

Travel Collector: Noriko Suzuki

  • 3
  • 12224

-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!

一人旅
-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!

2014-02-17 - 2014-02-23

  • 30
  • Moyuru Matsuda
カナダといえば、快適な気候の夏がおすすめ。 なんですが…冬こそ本当のカナダらしさが味わえます。 神秘的な雪の世界、航空券も安いし、個人的には大好きなNBA(バスケットボールのプロリーグ)やアイスホッケーも見れるし、本当のカナダ好きはこの時期に行くのがオススメ!

Travel Collector: Moyuru Matsuda

  • 10
  • 9868

住み易さ抜群のバンクーバー

一人旅
住み易さ抜群のバンクーバー

2010-01-10 - 2010-01-12

  • 13
  • Naoya Hata
半年間の一人バックパッカーの最初の地がバンクーバーだった。サークルの友達が当時留学していたので、訪れることに。1月のバンクーバーはとにかく寒かったけど、日本料理や韓国料理も豊富にあるし、スーパーやコンビニもたくさんあって、暮らすのにはすごい快適だそう。確かに治安も良さそうだった。今度はスノボーをしにまたいつか訪れてみたいところ。

Travel Collector: Naoya Hata

  • 3
  • 6338

カナダ 33番モントリオール ケッベック州ではいつまで独立論争が続くのか。

一人旅
カナダ 33番モントリオール ケッベック州ではいつまで独立論争が続くのか。

2014-07-25 - 2014-07-27

  • 49
  • Shohei Watanabe
https://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157646978614914/ フランス語圏のケベック州では公共の看板などは英語表記が禁止されています。 よって、英語圏のトロントにカナダ最大の都市の座を奪われてしまったのかもしれません。 ほとんどのモントリオールの人々はフランス語から瞬時に英語に言語を切り替えます。 次回 カナダ オンタリオ https://www.compathy.net/tripnotes/3183 前回 ニューヨーク https://www.compathy.net/tripnotes/2828

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 2
  • 4521

急遽、当日にチケットを取ってバンクーバーへ弾丸トラベル

一人旅
急遽、当日にチケットを取ってバンクーバーへ弾丸トラベル

2015-12-03 - 2015-12-07

  • 23
  • Jun
バンクーバー在住の叔母さん(カナダ人)が亡くなり、急遽お別れに行ってきました。こんな形で行きたくはなかったけど、初めてのバンクーバーなので記念に...

Travel Collector: Jun

  • 0
  • 2559

地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

一人旅
地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

2010-10-18 - 2010-10-19

  • 8
  • Masayuki Takahashi
2カ国目、カナダの首都、オタワに着いた。飛行機ではあるが国境を越えた。 国境を越えたからと言ってこの時点では何の変化も見られない。 カナダというと自然が豊かというイメージが先行しているが、実際に中心部に来てそのイメージが正しかったことを実感した。 その佇まいは田舎町のような静けさとその静けさの中に川、紅葉がかった木々、小動物の多さで、本当に一国の首都なのかと思ってしまうほど美しい町だった。 川を境にオタワが属するオンタリオ州、反対側はケベック州。対岸のガディノーという都市を含めた周辺都市とを合わせて都市圏を形成しているという事だが、面白いのは、ケベック州では公用語がフランス語だという事。 ただひたすら歩いた。 夜、宿では世界地図を広げ、次の目的地を考えた。 この旅にはガイドブックも持ってきていなければ、電子機器もない。唯一の情報源と言えば世界地図のみ。 その世界地図も安物だ。当然日本で発行されたものには書かれていない土地だってある。とりあえず地図を広げ目を通す。 東のモントリオールか。南のトロントか。 北アメリカ大陸東側での最終目的地はアメリカはフロリダ州のマイアミ。ここまで陸路で行くことになる。 物価の高い北アメリカでは余分に使える金がない。トロントに向かうことにした。ここまでくれば後はアメリカだ。 宿のドミトリーに同泊していたインド系イギリス人の彼がトロント行のミニバスを予約してくれた。彼曰く、最安値だと。 次の日、朝になって問題発生。同じ名前の待ち合わせ場所がもう一つあるという事が発覚した。前日に場所を確認しておいたのだが、そこではなく、もう一か所同じ名前の、6キロくらい離れたところだった。 バックパックを背負って2時間くらい歩いてようやく到着。 いざトロントへ。これから陸路での北アメリカ東エリア南下の旅が始まる。

Travel Collector: Masayuki Takahashi

  • 3
  • 1517

カナダ ブリティッシュコロンビア州周遊

一人旅
カナダ ブリティッシュコロンビア州周遊

2014-09-08 - 2014-09-13

  • 19
  • Hiroki Kudo
海あり山あり。雄大な自然に囲まれたブリティッシュコロンビア州。 大自然と近代的な街が融合した美しい街がたくさん。

Travel Collector: Hiroki Kudo

  • 4
  • 1981

地球一周の旅 カナダ―アメリカ合衆国・ナイアガラフォールズ

一人旅
地球一周の旅 カナダ―アメリカ合衆国・ナイアガラフォールズ

2010-10-24 - 2010-10-24

  • 16
  • Masayuki Takahashi
国境に近づいていくにつれ、その音は激しさを増していく。下には川が流れている。この川に沿って伸びる道路を進めば国境だ。再びアメリカへ入国する。 この国境の町、カナダ側をナイアガラフォールズと呼べば、アメリカ側も同じくナイアガラフォールズと呼ぶ。 カナダ側から見るナイアガラの滝は、その全体像を見ることが可能なのだが、いかんせん世界三大瀑布の一つ。滝壺から昇ってくる霧状になった水しぶきがその視界を遮る。 滝壺からは何メートルも高いところにあるにもかかわらず、水で濡れてしまう。 ナイアガラの滝を見るように架かる橋を渡るとアメリカ合衆国だ。 アメリカ側から見るナイアガラの滝もカナダ側から見るナイアガラの滝も大して差はないものの、より激しさを見たいのであればアメリカ側からみればいいし、全体を楽しみたいならカナダに行けばいい。 しかし、どちら側から見ようと自然の力というものを、大げさに言えば地球のエネルギーというものを感じる事には変わりない。 人間は絶対に自然に勝つことはできない。 アメリカに再入国し、もう少し滝を見たかったが、ここに留まることはできなかった。すべては懐事情による。 インフォメーションで確認すると、すぐ近くのバス停から近くの町に行くバスがあるという。その町の名は「バッファロー」。何て力強い名前なのだろう。 私以外に旅人と思われる人は一人もいなく、皆が皆その町へ向かう。やがて道路の先には高層ビル群が見えてきた。 隣のおばちゃんに聞くと、「そう、あれがバッファロー」と答えてくれた。

Travel Collector: Masayuki Takahashi

  • 1
  • 1300

【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!! 【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!

Back to Top of 【Workaway徹底解説】【体験記編】Montrealで2週間タダでの滞在体験談!!