Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Baroness カルメン 麻樹  さんのログブック(旅行記)「「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ」

「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ

2016-11-14 - 2016-11-19 46 777 15

Day 12016/11/14

奄美大島 Kagoshima Prefecture, Japan

奄美大島(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 02

航海記1.
マゾヒズム全開の私の旅は自ら苛酷な航路を選ぶのが常で、ダイビングにしろ、暖かくて波のない海なと退屈で仕方がないと数年は荒れた日本海ばかりに潜り続けた。その為200本以上潜っているダイバーよりもかなりなレベルにまでいつの間にか達し、更に苛酷な海をと考えていると、うっかりかの奄美大島を飛ばしていた事に気付いた。 無論、鹿児島県の更に南、気温も水温も緊張感とは無縁なのは分かっていたが、大島紬と田中一村を敬愛して止まない私が行かずにどうする、と勝手な焦燥感に駆られ曇り空の伊丹から飛んだ。
ムシャクシャするんじゃ、例の如く煙草を噛みながら吸っていると、月のものが来ている。

凄まじく強引な着陸で奄美空港着のまだ昼前。きっと私という言動の全て、月のもののせい、強引な着陸もパイロットに月のものが来たから。
月のものがまだない小さな頃、私はそれはそれは人見知りで可愛い女の子だった。
旅にもダイビングにも大した意味は無い。自己を遥かに超越した何かに触れ、このムシャクシャ等捻り潰して欲しいのさ。

私が旅に出るのは生理中。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

ゲストハウス 涼風 鹿児島県, Japan

ゲストハウス 涼風(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 06

ゲシトハウス涼風にて。婚期も仕事もガン無視全員集合!!石原さとみポーズをここぞとばかりに。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

ゲストハウス 涼風 鹿児島県, Japan

ゲストハウス 涼風(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 05

航海記2.
島へ到着直後から三本ダイビング。島の人は寒いと長袖を着、潮が速いと内海へ。ホテル泊まり等鼻から念頭に無い押さえたゲストハウスでは先約の女性が既に宴会スタート済。
させるかと急ピッチで呑み食いしていると、やはり酒飲みのゲストハウスオーナー親娘参戦、先約の女性は今無職だし、飛行機安かったからと奄美に予定立てず来たとの事。男性はほぼおらず、結婚して子を産み育て、という女の図式から完全にドロップアウトした絵面が揃った、筈が一番ドロップアウトテンションのゲストハウス親娘はきっちりと図式に乗っている。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Day 22016/11/15

ゲストハウス 涼風 鹿児島県, Japan

ゲストハウス 涼風(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 02

横浜からLCCバニラエアで来たというパイセンは、イキなタバコを吸っていた。電子タバコ吸うくらいなら、タバコやめたら?と思ってしまうタチなのでこういうガチな女性のタバコ好きに出会えて嬉しい。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

ゲストハウス 涼風 鹿児島県, Japan

ゲストハウス 涼風(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 03

本州ではほとんど見れなかったらしいスーパームンがこのゲストハウスバルコニーからはよく見えた。相変らず、私はツイてるな、と感じ。内地では見れなかったスーパームーンが奄美では鮮明に見える。もう図式とかどうであれ、私が私で良かった。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

加計呂麻島 Kagoshima Prefecture, Japan

加計呂麻島(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん)

翌日早朝より船で加計呂麻島へ。島尾敏雄が人間魚雷として絶命すべく、終戦まで待機し続け、挙句には極度に精神を病み、死の棘を書き上げた島。
昨夜ビーチからのナイトダイビングでは複数の海亀に逢った。 「龍宮、行っとく?」
海亀の甲羅にしがみ付いたままの私に翁は問う。 「いや、まだコッチ龍宮あるし。」

ヨタヨタ夜の海から上がりウェットスーツを脱いでいると、頭上に見たことも無い赤と緑の光が凄まじい轟音とスピードで過る。 「オスプレイだね。ホントは飛行禁止だけど、たまに手を振ると返事してくれてさ。」

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

加計呂麻島 Kagoshima Prefecture, Japan

加計呂麻島(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 02

予感と期待を裏切らずに苛酷を極めたこの島は、日本最後の世界自然遺産登録が確定しているという。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

加計呂麻島 Kagoshima Prefecture, Japan

加計呂麻島(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 04

地形派ダイバーとしてはやはり穏やかながらも加計呂麻の海中地形には興奮。各地のショップスタッフから毎度言われる「勝手な行動取らないで下さい!」も、御多分に漏れずコノ海でも言われ。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

加計呂麻島 Kagoshima Prefecture, Japan

加計呂麻島(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 03

しかし、私自身では素潜り漁とドリフト経験の多さから1000本ダイバーと同等スキルには達してるのではと自惚れ抜きで実感している。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Amami Oshima, Japan 鹿児島県, Japan

Amami Oshima, Japan(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん)

航海記3
加計呂麻島海中はさすが魚雷の隠れ家だっただけあり、多数の洞窟がある。
到着日よりも更に透明度の高いこの海が日本海程荒れていないのをいい事に、夢中になって海中洞窟を出たり入ったりしてみた。
ふと周りを見渡すと誰もいない。

あー、また勝手な行動するなと怒られるのだろうなと考えながらも、落ち着いてタンクの残圧にまだ余裕があるからとどんどん一人で海中洞窟探検をする。
さすがに奥まで行き過ぎた感とタンク残圧が減った事からとにかく来た海中を引き返してみた。だいぶ手前の方にまだいたダイビングショップの寡黙なイントラさんに、手でゴメンに、とサインを送るとおもむろにホワイトボードで「勝手な行動はやめて下さい!」と予想通り海中激怒されてしまった。
大人しく、手前の洞窟あたりをウロウロしていると、ユラリ岩陰からネムリブカの出現。おお、ウミウシやらクマノミやらどうでもいい、お前みたいな凄味のある奴に会いに来たんだ、きっと私を慰めに来てくれたんだと勝手に解釈。ボートへ上がると更に怒られたが、黒糖焼酎がタダで飲み放題のショップだから許す。

加計呂麻島で記念すべき100本目のダイビング。長かったが、レベルは260本目だという同行の女性より遥かに上回っていた、さて乾杯。 ゲストハウス親娘に教えて貰った、内地では売っていない黒糖焼酎、昨夜の「高倉」に続き今夜はショップから貰った「珊瑚」と、酒屋で発見「龍宮」。流石に内地販売の黒糖焼酎よりも遥かに飲みごたえがある。 スーパーで発見したすき焼き味のドッグフードもこちらの犬が食べごたえを求めているからなのか。
夜道は大きな月に照らされて明るい。

奄美は人も魚も酒も犬も優しくて凄味がある。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

ゲストハウス 涼風 鹿児島県, Japan

ゲストハウス 涼風(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 07

で・・・やってきました女だらけの宴会タイム。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

奄美大島 Kagoshima Prefecture, Japan

奄美大島(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん)

え・・・奄美のお犬様って、グルメなんすか?

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

ゲストハウス 涼風 鹿児島県, Japan

ゲストハウス 涼風(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 04

涼風の御嬢さんは美人でスマートだがやはりかなりの酒飲みで、私が相当酒好きなのを嬉しがってくれ、この島の外では手に入らないレアな黒糖を教えてくれた。早速涼風近所の酒屋でゲット。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Day 32016/11/16

奄美大島 Kagoshima Prefecture, Japan

奄美大島(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 03

https://youtu.be/iyLdoQGBchQ
航海記4
さてダイビング100本目達成した暁には翌日陸路をレンタカーでドライブだ!目的地は決まっている、大島紬巡りに田中一村。一村画伯がよく描いた奄美原生林の金作春へ!!金作春へのレンタカー乗り入れ禁止とダッシュボードに貼られてるけど、知らない!

まずはビール!よくわからないテンションで大音量の車内BGMはかのランバダ!何故?!乾杯!

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

本場奄美大島紬協同組合 鹿児島県, Japan

本場奄美大島紬協同組合(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 05

私の左胸には、大島紬に古代から使われている麻の葉の紋様を刺青している。魔除けとして奄美の人達はこの柄を好んで紬に織り込んだ。
大島紬民芸館にて念願の工場を見、あの独特の色合いの泥染誕生の歴史と大島紬完成までの非常に長い行程に唸る。かの一村も、奄美を終焉の地と決め全てを棄て渡り、絵を描き続けるべく大島紬工として糧を得ていた。展示販売されている大島紬に惹かれる品はなかったが、長年焦がれ続けた人にやっと逢えた様な感慨。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Day 42016/11/17

本場奄美大島紬協同組合 鹿児島県, Japan

本場奄美大島紬協同組合(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 04

こうして、気の遠くなる時間と行程を経て、一見地味だが「一度羽織れば他の着物は着れなくなる。」と言われる大島紬が出来ていく。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

本場奄美大島紬協同組合 鹿児島県, Japan

本場奄美大島紬協同組合(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 02

何故か展示されていた大阪の古代地図の精確さにまた唸り、

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

奄美博物館 鹿児島県, Japan

奄美博物館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 07

ビールを飲んだら田中一村美術館目指し奄美パーク内へ。 奄美の歴史や風土が老若男女問わず判る様、興味深い演出がされている。やばい、面白い、美術館に辿り着くまでのまさかの穴馬だった。 ビールを飲んだら田中一村美術館目指し奄美パーク内へ。 奄美の歴史や風土が老若男女問わず判る様、興味深い演出がされている。やばい、面白い、美術館に辿り着くまでのまさかの穴馬だった。 シマのアミニズムに基づくコスモロジーの図解の前にて、立ち尽くす。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

奄美博物館 鹿児島県, Japan

奄美博物館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん)

航海記5
奄美パーク内シマの歴史展示館にて、神への祈りと言わば口寄せの役割を持つノロとユタの風景。
ノロはシマでは代々女性が受け継ぐ役割であり、ノロの女性が娘を産めば自動的にその娘もノロとなる。一年を通してシマの行事にはノロが鎮座し、その年の収穫物を供えられ、食す。
対しユタとは、修験を積みユタになる事を許され、基本的には群れずに村人の依頼時に、占い、祈る個人事業主である。 愛する男が死んだ際、母が反物のまましまっていた薄緑の美しい付け下げを仕立てて貰い、男が肌身離さず身に付けていた麻糸に沢山の御守りが付いた重いネックレスを首に下げて、当時働いていたバーに沢山の友達を呼び、お別れ会をした。(Profile pic of the FB)

「想い出の品を少しずつこのヘンプに付けていってる、きっと僕が死ぬ前には、物凄く重いネックレスになるよ。」

ネックレスの麻糸がほつれるたび、器用に余ったゴムや紐で補修しながら、彼は言っていた。私もまた彼に習い、ほつれた麻糸に男が破れても履き続けたジーンズの切れ端を巻き付け、ネックレスを補強する。 お別れ会が終わった後に出向いた別のバーである人に「あら、どうしたの。着物だし、そのネックレス、、イタコ?」と突っ込まれた。ある意味当たっていた。
もうこれ以上重くならないネックレスは、外してあなたの首にかけてある。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

奄美博物館 鹿児島県, Japan

奄美博物館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 02

心臓の上に魔除けの紋様を入れ、酒を愛し、不浄とされる月のものに急き立てられるように空を飛び海を行き、

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

奄美博物館 鹿児島県, Japan

奄美博物館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 03

写真のノロが手に取っている恐らく愛する者達の髑髏は、その手から何処に渡ったのだろうか。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

奄美博物館 鹿児島県, Japan

奄美博物館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 04

この島をやっと訪れた私はとどのつまり、ネリヤカナヤを探しているのだ。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

奄美博物館 鹿児島県, Japan

奄美博物館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 05

この岩を抜ければ、神の住む山へ辿り着く。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

奄美博物館 鹿児島県, Japan

奄美博物館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 06

美しい大島紬の様々な紋様を再び目にした後は、神の住む山へ至るカミミチを抜け、アマミノクロウサギ、ルリカケスの潜む原生林へと。

海から来たモノは、森にいもーる。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

奄美博物館 鹿児島県, Japan

奄美博物館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 08

航海記6
一時間で一村美術館に移動するつもりが、奄美パークの面白さにぞっこん、ゆうに三時間は経過していた。果たして閉館までに美術館へ辿り着けるのか。斜め見をしたくても一点一点いちいち展示品が興味深く、いちいち一点ずつ夢中になってしまう。 奄美の昔の暮らしを再現したコーナー、先客がいる、とビクッとしたら人形だった。人形がいちいち奄美言葉で話しかけるのである、無視など出来る訳がない。
縁側に腰掛けた奥様は絣の着物を着て絹をこより、紬糸作りに忙しく、台所では子供達が遊んでいる。
靴を脱いでお上がり下さいと床の間にお邪魔すれば、遠路遥々ようこそおいで下さいました、アンタ良い人だよと日めくりカレンダーが挨拶し、テーブル前に腰掛けると奄美の昔話が始まった。いやはやもう、充分にもてなして頂いて、と失礼したが表では奄美大島、喜界島や沖永良部等それぞれの方言を解説してくれる。

全ての島言葉、全く意味が分からないし、島によって言葉が違い過ぎる。海を少し渡っただけでこれ程言葉が変わるとは、昔は小さな島ひとつひとつがそれこそ世界の全てだったのだろう。奄美弁は難し過ぎて、いもーれ。しか覚えていない。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

田中一村記念美術館 Kagoshima Prefecture, Japan

田中一村記念美術館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 04

航海記7
奄美をイメージして作製されたという万華鏡が楽しい。もう奄美パークにひとりでわいわい言って受付のねえちゃんが引く位に時間が経過していた。 万華鏡シリーズを最後にいざ、併設の田中一村美術館への廊下を渡る。と、エントランス横に何かの案内。 「田中一村の杜-一村が描いた奄美の風景をこの庭で再現しています。」!! いちいち凄ぇな!どれだけ美術館内部に行くまで足止めトラップ造るんだ!これは日が暮れる前に見なくては、とまんまと一村画伯の絵再現の庭巡りからスタート。 忠実に箇所箇所の再現にひとりまた魅入り、唸り、美術館下に海まで再現、、ガジュマル森の向こうには展望台らしきものが見え、、ああ、無論昇りたい。

一村さん、あなたの森の予備知識は得ました。辿り着くまでもう少し、待っていもーれ。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

田中一村記念美術館 Kagoshima Prefecture, Japan

田中一村記念美術館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 05

航海記8
海辺まで再現した美術館周りの一村の杜を堪能した後は、いざ向こう展望台へ。何やら荒野の鉄塔の様に寂寞とした中唐突に無機質な建物。無人かつ無料、たったひとり無言でエレベーターで展望室のみの階上へ。 暑い。誰もいないし窓だけやたらある。こんな色気のない物まで建てるとは、地味に奄美は金があるのか、とかいらぬ事を考えながら奥へ進む。 やっと観光客向けに色気付いたお決まり、顔くり抜き人形そしてお約束方位示。取り敢えず、乗ってあげるか、とまたお決まりのウラジオストクまでの方角を確認し、くり抜き人形から顔を出してみるが、くり抜き型がでか過ぎて楽しくはない。 大きな窓から見下ろせば、先程の一村の杜と美術館が見え、東シナ海がゆったりと揺蕩う。

東シナ海をもしかしたら私は初めて見るのではないか、いや知らないけど。
日本海とも太平洋ともまた違い、何か巨大で、恐ろしい物が潜む様な畏怖を抱く海だ。
東シナ海のシナとは、そう言えば支那のシナ、で、何だか広大過ぎて畏れ多い、支那の大陸と共通するものがあった。 少し離れた太平洋の離島でも、遥か彼方に感じた昔のシマの人々は、それこそ東シナ海の向こうなど、月の裏側、最も恐ろしい海だった筈で、支那人とは宇宙人同様だったに違いない。

その通り、広大で潮が早く、おそらく深いこの海沿いにシマの人々は潜らず、道路はあれど、そのルートを極力避けて車は走る。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

田中一村記念美術館 Kagoshima Prefecture, Japan

田中一村記念美術館(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 06

航海記9
そう言えば、まだ記憶に新しい数年前に喜界島を中心にこの群島は皆既日食騒ぎでエラい数の客が訪れ、奄美もご多聞に漏れずちゃっかり皆既日食客をアテにしていた。
学校のグラウンドにはツアー会社の組んだテントが張られ、私の宿泊したゲストハウスは台所にまで三段ベッドを据え、一泊二万五千円と普段の15倍の価格をぼったくったらしい。生憎皆既日食当日天気も海も大荒れ、高いツアー料金を支払いテント泊の客は踏んだり蹴ったりだった様子がTVニュースにあった。ただ幸運にも、群島の中で奄美だけは皆既日食がよく見えたらしい。
皆既日食が過ぎた後も、航空券が安くなるまでルンペンさながらのボロでウロ付き回る観光客をよく目にした、とダイビングショップオーナー談。展望台はそれを見越してきっと建てられたのだった。

ウン十年に一度の、という文句に人々は惹かれていざ行かんとする。ただ、それを言えば、お前の今日こそがおおよそ百年に一度の大チャンスであり、最も逃してはならないタイミングなのではないか。皆既日食ブームから数年後の無用の長物展望台から海を、森を見下ろし、私は来るべきタイミングでやっと奄美に来れたな、と感謝する。

おもむろに田中一村美術館内部へ入ると、ツアー客に解説する職員からカメラを構えてるのを注意され、奥では下手糞な英語の女のキンキン声が響く。HPに載せるという一村さんへの手紙に、力いっぱい不満と愛情を書き殴り、キンキン声の女と連れらしい欧米人のデカイ声も蹴り倒してやろうかと。アンタラ素人が美術館でさも知った様にデカイ声出すなよ、とよっぽどネイティヴに罵声を浴びせ様かと考えたが、殺気に気づき連中は私が追いつくと逃げた。 閉館ギリギリ、海を再現した美術館下の水際を眺めながら所蔵の一村作品を改めて見直し、併設土産コーナーで散々予算と戦いながら、愛する画伯の絵を選択する。

閉館しますよというチャイムに負けて、やっとレジに立つと、レジ職員の女性が珍しいタイプの客がいるさながら私に話かける。 「随分と、長くいらっしゃいましたね。」 「はい。一村が大好きで、大島紬も好きで、やっと奄美に来ました。」 「ああ、では本当に奄美に訪れるべき人なんですね。」

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

田中一村終焉の家 鹿児島県, Japan

田中一村終焉の家(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん)

航海記10
名瀬市有屋の田中一村終焉の家、中に自由に入る事が出来たので、真っ暗な中にお邪魔させて頂く。特に何か展示や遺されている訳でも無く、10畳程の畳敷に、勝手口を隔て台所と風呂場に便所らしきものがあるだけだった。
気候も穏やかなこのシマで染色工として働き、簡素な食事と下履きで絵を描く事に費やす暮らしなら、十分な住処だろう。むしろ絵を描く邪魔になるから、それ以外の物が増えるのを極端に嫌ったかも知れない。
昼間から真っ暗な台所は現在蝙蝠が巣を作っている。お邪魔させて頂いておきながら、夕食の仕度中に一村が倒れたというその蝙蝠住み着く台所には、何だか畏れ多く踏み込まなかった。

わが人生の最期まで、絵を描き続けられる事になりました。感謝はとても言葉では言い尽くせません。
運命に感謝します。

大島紬の染色工を辞め、終焉の地となるそれこそ一見粗末なあばら家に一人住まい、一日豆腐半丁に下履き一枚で鬼気迫る絵を描気続けた晩年の一村の言葉だ。 流行の画壇とは確たる距離を置き、絵は決して売らず、ストイックに絵の為だけに生きた一村の人生を良しとはしない。ただ、売れっ子になった画壇の同級生に若い頃「腐って死ね」と罵られ、その同級生が先に死んだ報せを聞いた際に一村は「奴は腐って死んだ」と吐いたと言う。それ程当時は万人に売る、売れる絵を描くというのが魂を殺すのを一村は直感していたかと感じる。まさしく鋭敏を極から、神様に捧げた絵だった。

田中一村終焉の家は、かなり分かりづらく、道を尋ねたシマの土建屋のおっちゃんが車で案内してくれた、日暮れ。

感謝はとても言葉では言い尽くせません、運命に感謝致します。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

田中一村終焉の家 鹿児島県, Japan

田中一村終焉の家(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 02

夕方17:30、有屋一帯に、日暮れだから皆さん帰りましょうという町内放送が流れる。 一村さんもそろそろ夕餉のご準備でしょうし私も失礼しますね、有難う御座います。と玄関口で独りごち、石段のある裏庭へ抜けると小さな畑や蘇鉄にアダン生い茂る小山があり一つのコスモロジーが完成している。一見あばら家ながらも、なんと豊かな住まいだろうか。

お邪魔しました。
と車で落陽ギリギリだなと考えながら最終目的地である、一村が愛した金作春原生林へと向かうが、どう探しても全く道の情報が出てこない。
すでに陽の落ちた名瀬市街に車を止め、頼みの綱の観光案内所に電話。名瀬市街からはどうやって行くんだと尋ねるも「あの、、今から行って、一体何をされるつもりなんですか?街灯も無くもう真っ暗ですし、何もありませんが、、」いやだから、道知りたいだけだし!としつこく食い下がる。「大和村に向かう東シナ海沿いの道路ですけど、、こんな時間に目的も定かではない方に詳細はお教えできません。」 いや、死なないし!!むしろ生きる気しかないから!!どんだけテンション高い自殺志願者やねん⁉︎

とりつくシマ無く電話は切られ、仕方ねえな、陽も暮れたし、酒だ飯だ!大漁だあー‼︎と、ダイビングショップオススメ、漁師経営の居酒屋へ。Pはどこ?と電話するとわざわざ店の外まで大将が出てきて案内してくれた。
舟盛り!島のナポレオン!猪に奄美名物巨大鶏飯!味の龍宮城じゃあ!大漁じゃあ〜‼︎

この日は流石にゲストハウス親娘の宴会の誘いにも乗らず、三段ベッドの真ん中で爆睡した。

一村さん、私もあなたの様な住処で足りる人間です。

ただ、欲を言えば私の航海には、常に旨い酒とたまには旨い飯が必要です。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

金作原原生林 鹿児島県, Japan

金作原原生林(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 08

航海記11
旅に出れば殆ど飛行機に乗り遅れて延泊が常の為、いっそ高くても片道で航空券を予約した方が安くつく、とは考えてみるものの、そうすれば永遠に帰らない様な気がし、やはり安さに惹かれて毎回往復を購入する。
今回も国内だしと往復を押さえた。

伊丹へ戻る飛行機の飛ぶ早朝、昨晩逃した念願の金作春原生林へ車を飛ばす。案内所で聞いた通り、大和村への道を薄暗く、恐ろしく深い東シナ海に沿って。
わからない。道がわからないとシマの人々に尋ねても、そもそもシマの人々の言葉がわからない。 行ったり来たりを繰り返してもう9時を過ぎている、すわ、案内板らしき看板発見!と道を折れグイグイ進むが辿り着かない。恐らく道はあっているであろう、と路面がいよいよボコボコになってきた辺りで車を停め、ひたすら歩く。おお、森らしくなってきた。どうやらまだ先まで車は入れた様で、歩く途中で貴重な野生動物に注意の但し書き。更に進むとやっと、クワズイモの葉に紛れた「金作春原生林」の看板。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Day 52016/11/18

金作原原生林 鹿児島県, Japan

金作原原生林(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん)

ああ、やっと来れました一村さん。
一村がよく絵のモチーフにしたクワズイモやソテツ、

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

金作原原生林 鹿児島県, Japan

金作原原生林(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 02

アダンなどの他にもサンゴ樹やガジュマルが繁り、

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

金作原原生林 鹿児島県, Japan

金作原原生林(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 04

ヒカゲヘゴの葉から射す陽光が美しい。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

金作原原生林 鹿児島県, Japan

金作原原生林(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 06

実はこの原生林に来たのは一村が愛した森を見たい他にもう一つ、目的があった。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

金作原原生林 鹿児島県, Japan

金作原原生林(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 07

山道をどんどん奥に進むと、滝の流れる音する斜面を見つけた。
此処ならば、と思い後生大事にバッグの中に入れておいたジップロックのパケを取り出す。殆ど粉末となったその中の白い破片を少しまた舐めて、滝の流れる斜面の緑に撒いた。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

金作原原生林 鹿児島県, Japan

金作原原生林(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 03

ネリヤカナヤに先に還った愛する男は、花屋で長年勤めた天性のGreen thumbだった。世界中の海にいる彼を、美しい森にも還してやりたかった。緑の上に散らばった白い破片の上から、半分残していたビールを浴びせる。破片は綺麗に滝へ流れて行く。

と、ビールをガブ飲みしたせいでもよおし、その場にしゃがみ込みオシッコで更に流れた。 ビールとオシッコの水溜りがキラキラと陽光に映え、白い破片はもう何処にあるかわからない。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

金作原原生林 鹿児島県, Japan

金作原原生林(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 05

マキらしいな、完全犯罪だよ!Well done!

と彼が爆笑しながら喜んでくれた気がした。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

金作原原生林 鹿児島県, Japan

金作原原生林(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん) - 09

航海記12
奄美での最終目的地にて最終目的を果たし、乾杯とおもむろにまたビールの自撮り、意識した訳じゃないがグリーンラベル缶と土産に買った黒糖焼酎「龍宮」ラベル手ぬぐいのグリーンが原生林のグリーンとトータルコーディネートされお洒落ですね。
夜行性のアマミノクロウサギのポイントが入ったTシャツは、子供用のSサイズしか無く、ピチピチにヘソ丸出しで着ていた。

さて、きらめく陽光の中森林浴しながら帰ろうとまたひたすら歩き来た道を戻る。と、貴重な野生動物を守る為樹々にマングースがいないかチェックしていたお兄ちゃんが出現、「うわぁ‼︎ビックリした〜、歩いてるんすか?!」「はあ、だいぶ手前に車停めたんで。」金作春原生林には殆どの観光客はツアーを組んでガイドに連れられて来る。自力で探して一人歩きの女がヘソ丸出しでビール飲んでたのが余程絵面としてビビったらしかった。
車へ。えと、確か飛行機、、12時だよね、、。今11:05AMて、、マジか。いや嘘だろう。とにかく飛ばそう、空港へ!
再び山道を抜け、広い空港行き道路で猛スピードの軽が走る。JALに遅れそうだと電話、「空港側に伝えますからとにかく頑張って来て下さい。11時50分に到着すれば乗れます。」頑張る!で、、頑張った末に車内で迎えた11時50分。

名瀬から鹿児島へ船で渡り、そこからバスを乗り継いで帰るルートや、東京まで飛んでバスで帰るというルートも検討したが、迂回し過ぎて訳がわからないし、そんなルート空き時間が長すぎてそれこそ着のみ着のまま夜逃げしている女全開では無いか。却下。 飛び立つ飛行機を見送り、チケット買い直しにうなだれて空港カウンターへ。レンタカー回収に来てくれたゲストハウスオーナーに事情を説明、まだ借ります。もうマイカーの様になってしまった車に再び乗り込んだ途端、宿に美術館で買った田中一村の画を忘れて来たのに気付いた。酔って間違えて履いて来た昨夜の居酒屋スリッパも返していない。

一村さんと居酒屋が忘れてるぞと足止めさせたんだな、ニクい演出!
あてもなく車を走らせ、日暮れに辿り着いた加計呂麻島との境にあるうなぎの寝床ゲストハウスで龍宮を空けて、海へ山へ、お約束で飛行機を逃す自分に乾杯!

旨い酒があれば基本的に何かもがうまく行く、今夜は二段ベッドの最上階で、龍宮城の夢を見る。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Day 62016/11/19

古仁屋ゲストハウス 昭和荘 鹿児島県, Japan

古仁屋ゲストハウス 昭和荘(鹿児島県, 日本)|「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ(Baroness カルメン 麻樹  さん)

航海記13

辿り着いたうなぎの寝床は、漫画大国でもあった。さいとう・たかおの傑作「サバイバル」でも再読するか、、と、右横に「ドラゴンヘッド」が懐かしい望月峯太郎の「万祝」という新作発見。全10巻。はて今夜23時が鉄則らしい宿の消灯までに読み切れるのか。ええい、ままよ、と手に取れば伝説の漁師を祖父に持った少女の海への冒険譚であり、面白過ぎて夢中になってしまう。4巻目途中で消灯に来た宿オーナーにもう寝ろとガチで怒られる。

面白かったな畜生、覚えとけよ、と忘れないように万祝表紙を撮っておく。田中一村の画は無事に回収、居酒屋スリッパはオープン前に軒先へ返却し、マイカー化しかけた軽ともお別れ。また無茶な操縦で無事飛行機はシマを離陸し、私は今、世界中の陸と海の対比を見る。

月の物が来るたびに、跡を雲霞にくらます龍のごとく、山にや蟄せし、海にやかくれし。さて一体私は今どこか。

轟音オスプレイもその役目を終え、ムシャクシャする月のモノも来なくなり、沢山の愛する者を全て看取り、人の声も全くしなくなった世界のある晩に、洞窟の影からぬぅーと、海亀が姿を現わせる。

流しのタクシー乗込む客さながら、私は翁の甲羅に捕まりがてら、にやりとひと言。
「ネリヤカナヤまで。」

Amani-Ohshima island 15th-19th.Nov.2016.
航海記 「ネリヤカナヤまで。」
一旦劇終。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

“東洋のガラパゴス” 奄美大島へ、往復6,000円でいってきた!


“東洋のガラパゴス” 奄美大島へ、往復6,000円でいってきた!

2014-10-18 - 2014-10-21

  • 59
  • Miho Nico Suzuki
トロピカルカラーで透明な海 おだやかでゆっくりなひとびと おいしい食事と、黒糖焼酎・・・ 鹿児島県の奄美大島へ行ってきました! 2014年7月からLCCのバニラエアが 奄美大島へのフライトを開始したんです。 (以前は東京からの飛行機が片道2〜4万円くらい) 今回、バニラエアのキャンペーンで 航空券が往復6,000円でGETできたので、 初めての奄美大島へ 彼と一緒にふたり旅♪

Travel Collector: Miho Nico Suzuki

  • 5
  • 18173

2014GW 瀬戸内海をぐるりと一周の旅!


2014GW 瀬戸内海をぐるりと一周の旅!

2014-05-02 - 2014-05-06

  • 28
  • Karin Inoue
  • Xintian Lao
  • Kosuke Matsuura
  • Maiko Wakita
島から島へと渡りました。急に決めた旅でしたが、とってもたのしい旅になりました。瀬戸内は本当に景色も食べ物も最高。

Travel Collector: Karin Inoue

  • 2
  • 2944

新島船旅第二弾。


新島船旅第二弾。

2014-11-01 - 2014-11-03

  • 23
  • Akira Naito
初めての新島は、滞在時間わずか3時間ほどの超弾丸!だったので、改めて一泊二日で行ってまいりました♪

Travel Collector: Akira Naito

  • 3
  • 1068

映画テルマエ・ロマエのロケ地を巡る温泉旅行

温泉
映画テルマエ・ロマエのロケ地を巡る温泉旅行

2014-08-15 - 2014-08-22

  • 9
  • 大西桜子
実写劇場版テルマエ・ロマエに登場した平たい顔の種族の住む世界(日本)の様々なロケ地、温泉地、銭湯や観光地を県を大幅に跨いでご紹介します。車と防寒具は必須!

Travel Collector: 大西桜子

  • 16
  • 18698

道後オンセナート~1泊2日でぎゅっとたのしむ女子旅~

女子旅
道後オンセナート~1泊2日でぎゅっとたのしむ女子旅~

2014-04-12 - 2014-04-12

  • 26
  • Lisa
一度行ってすっかり大好きになった、松山・道後。 4月10日より、道後オンセナートというアートイベントがスタートしたので早速行ってまいりました。

Travel Collector: Lisa

  • 11
  • 13905

飛鳥Ⅱ Astylecruise 日本が誇る豪華客船で贅沢な時間を過ごす。

クルーズ
飛鳥Ⅱ Astylecruise 日本が誇る豪華客船で贅沢な時間を過ごす。

2011-10-07 - 2011-10-08

  • 26
  • Hazuki Ikeda
世界でもラグジュアリー船として有名な日本が誇る豪華客船飛鳥Ⅱ。 世界一周はもちろん定期的にショートクルーズもありこれなら参加できると思い行ってきました。 外国船は何度か乗っていますが日本船は初めて。 やはり単価が高いということもあり若い方は少なくご年配の方が多く見受けられました。 日本船が高くなってしまうのはやはりカジノがないというのが大きな原因でもありますね。 あと日本人のバケーションが短すぎるので船旅というのが選択肢に上がらないのも原因でしょう。 私は船旅が大好きなのでもっと日本人に船で旅に出るということが広まって欲しいなと思います。 cruiseは最高ですよ☆☆

Travel Collector: Hazuki Ikeda

  • 5
  • 12200

美瑛、富良野、旭川と札幌、北の大地を満喫する旅 Jul.2014

一人旅
美瑛、富良野、旭川と札幌、北の大地を満喫する旅 Jul.2014

2014-07-06 - 2014-07-08

  • 16
  • momocol
初めての北海道は、前から行ってみたかった「青い池」を起点に。風景に圧倒されてしまいつつ、美味しいものも食べちゃう、遠慮のない旅。

Travel Collector: momocol

  • 15
  • 8416

鎌倉で一人旅 観光・グルメのおすすめ ぶらっと行くならこんなとこ!!

一人旅
鎌倉で一人旅 観光・グルメのおすすめ ぶらっと行くならこんなとこ!!

2013-07-06 - 2013-07-06

  • 10
  • 上原 直
七夕の時期と丁度重なり、風情あるお寺巡りと海までの軽いウォーキング、最後はご当地グルメと私が必ず訪れる鎌倉おすすめのお店にも行けて鎌倉を堪能出来ました。最後に紹介するおすすめのお店も必見です!

Travel Collector: 上原 直

  • 6
  • 9388

「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ 「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ

Back to Top of 「ネリヤカナヤまで。」田中一村、大島紬、オスプレイ