Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Horie Kentaroさんのログブック(旅行記)「中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行」

中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行

2017-04-15 - 2017-04-19 52 1922 50
Horie Kentaro
Travel Collector
Horie Kentaro
  • male

前々から興味のあった、中国のシリコンバレー・深セン(深圳)。
深セン出身の友人ができたこと、香港から電車で数十分の距離ということを知ったこともあり、すぐに香港行きのチケットを手配して週末を利用してようやく訪問しました!

とにかく「スゴい」の一言に尽きるのですが、中国と日本の間で広がりつつある格差の根幹、そして世界のMakersムーブメントを支える都市とそこで生活し、働く人々をこの目で見ることは、大きな刺激となりました。

参考までに、下記の旅行記で香港から深センへの行き方を紹介しておりますので、興味のある方は併せてご覧いただけたら幸甚です。
https://www.compathy.net/tripnotes/26728

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12017/04/15

福田口岸 Futian Immigration Port Guangdong, Hong Kong

福田口岸(Futian Immigration Port)(広東, 香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

香港から中国に入りましたので、facebookやLINE、Google等のヘビーユーザである自分にはVPNが欠かせません。

自分は「VPNネコ」というアプリを自分のiPhoneにインストールしてVPNに接続しました。インストールしたアプリを起動するだけでVPNに接続した状態になるので、とても簡単で便利です!(しかも無料!)

https://itunes.apple.com/jp/app/vpn-cat-master-express-web-proxy/id1134784923?l=en&mt=8

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Huaqiang North Metro Station (华强北地铁站) China

Huaqiang North Metro Station (华强北地铁站)(中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

深セン市街、中国の秋葉原と呼ばれる「華強北」周辺の様子です。

さすが中国のシリコンバレー、大都会です。

中国を以前訪れたのは10年近く前になりますが、早速イメージが一新されました。
深セン出身の友人と合流し、まずは昼食を食べに向かいます。

自分は辛い食べ物が苦手で、以前北京と大連に訪れた際には辛い食べ物が多く辛かった思い出があるのですが、深センのような南部では辛いものが少ないとのことで、胸が高鳴ります。

  • Loved to be there!

Huaqiang North Metro Station (华强北地铁站) China

Huaqiang North Metro Station (华强北地铁站)(中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

深セン市内での移動手段でむちゃくちゃ使われていたのがこちら、バイクシェアリングです。

現在3つのスタートアップ企業がしのぎを削っているようで、3色の自転車が街中に転がっていました。

東京や台北のバイクシェアリングと違い、中国のバイクシェアリングは所定の駐輪場に返却する必要がありません。
そのため、町中には乗り捨てられたこれらの自転車が散乱していたのも印象的でした。

  • Loved to be there!

9 Square (九方购物中心) 広東省, China

9 Square (九方购物中心)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

ここが昼食をいただいたレストランの入るショッピングモール、「9 Square」です。

友人が「深センにはMakersとショッピングモールしかない」と言っていたのですが、本当にショッピングモールがアホほどありました。とはいえ売っているものはほとんど輸入品で、洋服の値段が信じられないくらい高かったことに驚きます。

そしてめちゃくちゃお洒落!

9 Square (九方购物中心) 広東省, China

9 Square (九方购物中心)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

こちらが9 Squareの全体像。
道路を挟んでいるのですが、建築のセンスの良さが日本にないそれで、歩いているだけでも気分が高まります。

  • Loved to be there!

Jade Garden (翠園) Aichi Prefecture, Hong Kong

Jade Garden (翠園)(愛知県, 香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

そして友人オススメのレストラン、 Jade Garden (翠園)へ。点心の人気店で、いつも行列ができているそう。

自分たちはたまたまランチタイム終了直前の15時頃の訪問になったので、すんなりと入ることができました。

食べたものをここから紹介していきますが、並んででも入る価値は大アリです!

  • Loved to be there!

Jade Garden (翠園) Aichi Prefecture, Hong Kong

Jade Garden (翠園)(愛知県, 香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

まずこちらは深センの友人イチオシの腸粉!
甘辛い味のついた豚ひき肉がもちっとした皮に包まれ、蒸したてをいただきます。

ただただ美味・・・
胃袋が無限に拡張してくれたら、と思わずにはいられない一品です。

  • Loved to be there!

Jade Garden (翠園) Aichi Prefecture, Hong Kong

Jade Garden (翠園)(愛知県, 香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 04

続いて点心の盛り合わせです。
左のカゴに入ったものは揚げ物の盛り合わせになっており、どれも美味しかったです。

特に海が近いだけあり、エビを中心とする海鮮系の点心は今までに食べたことないレベルの美味しさでした。

右側は蒸し餃子の盛り合わせですが、いちいち美味しくて、自分のリアクションの豊富さに驚きます。笑

  • Loved to be there!

Jade Garden (翠園) Aichi Prefecture, Hong Kong

Jade Garden (翠園)(愛知県, 香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 03

続いてこちらがメニュー名は忘れてしまったのですが、手前からしいたけとクワイ、鶏肉の団子に、奥がスペアリブの炒め物です。

とはいえ蒸しているようで、油っこくなく、塩気が絶妙でこれまた絶品でした。
これだけ食べても¥5,000程度で、物価も安い!

深センにはグルメがある!ということを舌で学んだ最初の食事となりました。

中国広しといえど、ここまで香辛料の使い方に違いがあることを考えると、まだ見ぬ中国の他の都市への想いが止まりません。全て見つくしたい、中国・・・!

自分は弾丸旅行だったのでそこまで多くの食事の機会はなかったのですが、ぜひ深センを訪れた際にはこちらのJade Gardenを訪れてみてください!

  • Loved to be there!
  • Budget:5000USD

9 Square (九方购物中心) 広東省, China

9 Square (九方购物中心)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 03

食後は腹ごなしとお茶屋さんを探し、再び9 Squareをぶらぶらと。

個性豊かなビル群は見ていても飽きませんね。

  • Loved to be there!

9 Square (九方购物中心) 広東省, China

9 Square (九方购物中心)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 04

はいこちら、何だか分かりますでしょうか?

なんと、カラオケBOXです!
2人専用ブースのコチラの形のカラオケは、こちらでは一般的だそう。

近付いても全く中の音が聞こえない、素晴らしい防音性能でした。これぞ深センの誇るテクノロジーだと、身震いします。

  • Loved to be there!

绿蓋茶 Lattea 広東省, China

绿蓋茶 Lattea(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

台湾でも味わったことがあった、お茶にクリームが乗っかったLatteaがここでも人気、とのことで、9 Square内のこちらのお茶屋さんにやってきました。

聞きしに勝る大人気で、20分ほど行列に並びました。

  • Loved to be there!

绿蓋茶 Lattea 広東省, China

绿蓋茶 Lattea(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

お茶の味は言うまでもなく最高でした!

有名なCoCoを始め、中国には美味しすぎるお茶屋さんがたくさんありますが、甘いお茶、クリームが乗っかったお茶はカロリーがめちゃくちゃ高いので現地の人たちも毎日が飲まないとのこと。。。飲み過ぎに気をつけましょう!でも食後のお茶は最高です!

  • Loved to be there!
  • Budget:300USD

9 Square (九方购物中心) 広東省, China

9 Square (九方购物中心)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 05

深センで現在話題沸騰、大人気だというドリアンのピザだそうです。

ドリアンが大っ嫌いな自分は全く興味が湧きませんでしたが、写真だけ撮っておきました。

  • Loved to be there!

OCT-LOFT 华侨城创意文化园 Hong Kong

OCT-LOFT 华侨城创意文化园(香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

腹ごなしも済んだところで、早速深センのスタートアップ環境探訪に参ります。

深センはもともと中国最大の工場町だったということもあり、Makers、IoTという文脈で語られるようなモノづくりのスタートアップが盛んです。

そのため、「コワーキングスペース」という呼称は一般的ではなく「メーカースペース(Makers' Space)」と呼ばれ、3Dプリンター等を始めとするモノづくりの協業スペースが多くあるとのことでした。

1件目に訪れたいとおもっていたCross factory(柴火)のある、OCTという芸術特区(?)にやってきたのですが、とにかくお洒落でした。

  • Loved to be there!

OCT-LOFT 华侨城创意文化园 Hong Kong

OCT-LOFT 华侨城创意文化园(香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

ここは敢えて古い建物の風情を活かしつつウォールアートなどでクールに仕上げたオフィスビルの中に、アートやデザイン系の会社が多く入っています。

また道端ではマーケットが開かれており、芸術品やスタートアップ企業が自社の商品を販売しています。

雰囲気も落ち着いていて、いつまでもいたいような場所でした。

  • Loved to be there!

旧天堂 | old Heaven Hong Kong

旧天堂 | old Heaven(香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

OCTの中でも観光スポットとして有名なのがこちら、「旧天堂」書店さんです。

キッチュでファンシーな本屋さんと、奥には素敵なカフェが入っていました。

  • Loved to be there!

柴火创客空间 Chaihuo Maker Space 広東省, China

柴火创客空间 Chaihuo Maker Space(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

そしてようやく到着したメーカースペース、柴火創客空間でしたが、何と休み・・・

週末に訪れたのですが、普段は週末も空いているそうです!

  • Loved to be there!

OCT-LOFT 华侨城创意文化园 Hong Kong

OCT-LOFT 华侨城创意文化园(香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 03

志半ばではあったものの、せっかく素敵な空間に来ていたこともあり、しばらくOCT内を散策します。

こちらは倉庫を再利用したてんじスペースで、中には自分の知識では理解できない現代アート(?)の展示が行われていました。

  • Loved to be there!

OCT-LOFT 华侨城创意文化园 Hong Kong

OCT-LOFT 华侨城创意文化园(香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 04

こちらは別の展示スペースで、絵画展が開かれていました。

とにかく歩いていても飽きない空間なので、すっかりお気に入りの場所になりました。

  • Loved to be there!

OCT-LOFT 华侨城创意文化园 Hong Kong

OCT-LOFT 华侨城创意文化园(香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 05

こちらがOCT内マーケットの一角です。

ドローンの企業が、自分で組み立てられる極小ドローンの路上販売を行っていました。

  • Loved to be there!

TCafe 広東省, China

TCafe(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

こちらはOCT中心部を少し離れたところで見つけたTCafeというアニメショップです。

日本のアニメグッズが多く売られており、自分は大好きなマンガ『僕のヒーローアカデミア』のガチャガチャを発見し、中国でも知られていることに感動して思わず購入しました。

  • Loved to be there!

TCafe 広東省, China

TCafe(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

マンガ教室が行われていました。

店長さん、ONE PIECEが大好きなようで、明らかに売っているものもONE PIECEコーナーだけ異様に力が入っていたように思います。

  • Loved to be there!

VIA Technologies Building (威盛科技大厦) 広東省, China

VIA Technologies Building (威盛科技大厦)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

続いて次の目的地、TechSpaceを訪問すべく深センのテクノロジーパークの付近にやってきました。

こちらは台湾のハードウェアメーカー、VIAのビルです。最近はVRに力を入れているようで、隣にはVR製品、VIVEを誰でも体験できるカフェのようなものが立っていました。

  • Loved to be there!

VIA Technologies Building (威盛科技大厦) 広東省, China

VIA Technologies Building (威盛科技大厦)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

こちらでは、VIAのVIVEを使ったさまざまなVRプロダクトを楽しむことができます。

東京ですらVRはテーマパークか限られた場所でしか気軽には体験できないと思うと、町中にネットカフェばりにVRカフェが乱立する深センがどれだけ先を行っているのかを痛感することができます。

  • Loved to be there!

VIA Technologies Building (威盛科技大厦) 広東省, China

VIA Technologies Building (威盛科技大厦)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 03

こちらは身体に別のデバイスを装着するタイプの製品だそう。

この日は時間がなく見るだけで終わってしまったので、次は使い倒したいですね。

  • Loved to be there!

TechSpace 広東省, China

TechSpace(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

そうしてようやく到着したTechSpace、何と既に閉鎖していました。近所にいた方に聞いたところ、運営者の方が急遽自分の会社に集中するため閉鎖してしまったとのこと。

公式サイトにもそんな事書いてなかったのに・・・

休館に閉鎖と、深センに何をしにきたのか分からなくなってきました・・・

Litchee Lab Guangdong, China

Litchee Lab(Guangdong, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

が!ここは深セン、そしてテクノロジーパークとくれば、辺りを見渡せばメーカースペースがある訳です。

せっかくなので、予定にはなかったのですがオープンしており人が集まっていたこちらのLitchee Labにお邪魔しました。

こちらでは学問では学べない'Creation'を共有することをミッションにし、子どもたちへのハードウェア、ソフトウェアのプログラム提供から、普通のメーカースペースとしての様々な器具の共有を行っているとのことでした。

この日は運良くオーナーのJamesさんがいたため、施設内を案内してくださいました。

  • Loved to be there!

Litchee Lab Guangdong, China

Litchee Lab(Guangdong, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

こちらがメーカースペース。

土曜日だったこともあり人はまばらでしたが、実に多種多様な器具が揃っており、この日も開発に励むエンジニアが数名、高い熱量で机に向かっておりました。

  • Loved to be there!

Litchee Lab Guangdong, China

Litchee Lab(Guangdong, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 03

その後しばらくオーナーのJamesさんと立ち話をしつつ、深センのMakers、スタートアップシーンについて話を伺いました。

深セン市内に溢れるメーカースペースと言ってもその種別は様々であり、ベンチャーキャピタルや大企業がバックにつくインキュベーションを目的としたものから趣味に特化したスペース、教育に特化したスペースと、目的に合わせて様々なスペースがあるそうです。

Jamesさんはビジネス自体にはほとほと興味はないらしく、ただただ「創造」というものの楽しさを一人でも多くの人に知ってもらいたいという想いでこちらのスペースを運営しているとのことでした。

その想いが形になったようにアットホームな空間で、いきなり訪問しても丁寧に出迎えてくれますので、興味のある方はぜひ行かれてみてください。

  • Loved to be there!

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center) 広東省, China

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

そんなLitchee LabのJamesさんから「スタートアップに特化したメーカースペースなら」とご紹介いただいたのがこちら、深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center)。

深センではTencentやAlibabaと言った名だたる企業が共同出資して運営されるインキュベーション施設やメーカースペースが多々あるそうで、こちらはその中で深センで最も勢いのあるスペースだそう。

施設内には20〜30のスタートアップが個別のブースを作り日々業務に励んでいます。
この日は土曜日の夜ということもあり、仕事をしているのは数社でしたが、ハードウェアのみではなく、ソフトウェアのスタートアップも入っているようでした。

Jamesさんに紹介してもらったこちの管理人、Hankさんに施設内を案内してもらいます。

  • Loved to be there!

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center) 広東省, China

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

こちらは施設に入る企業共用の設備が入った部屋になっています。
3Dプリンター等最先端の設備はもちろん、特殊な型を製造する特注のマシン等、実にさまざまな機器が置かれているようでした。

  • Loved to be there!

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center) 広東省, China

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 05

こちらも共用スペースで、バーラウンジのようになっています。
この日は使えないとのことだったのですが、モノづくりのスタートアップが入っているだけあり、パーティを楽しくするようなプロダクトも多く使われており、ここで開催するパーティが新しいプロダクトのお披露目の場にもなっているようでした。
素晴らしい環境ですね。

  • Loved to be there!

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center) 広東省, China

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 04

そしてこちらの木のようなモチーフの周辺に記載されているのが、本施設のスポンサー企業です。
中国企業に限らずAmazonやebayなど、アメリカ企業もスポンサーに入っていたのが印象的でした。

ここで開発されたプロダクトはこれらの企業にもすぐにプレゼンができる環境が整っており、本当に早いスピードで企業が成長していくことが安易に想像できます。

自分たちの会社もこれだけ恵まれ、そしてハードに仕事をする人たちと肩を並べていかなければいけないという思いに、身がが引きしまると同時に、その場にいるだけで本当にワクワクしてきました。

  • Loved to be there!

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center) 広東省, China

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 06

こちらがエントランススペースになるのですが、奥に見える棚には入居企業のプロダクトが飾られており、既に製品化したものも多数あるのだとか。

特に印象的だったのがパーキンソン病患者専用の食器で、Hankさんの知人の患者さんにあげたところ非常に喜んでいたとのお話を聞きました。

モノづくり企業の立ち上げがここまで支援されていると、パーキンソン病患者という、(不適切な表現かもしれませんが)市場としては非常にニッチな領域でも安価に事業立ち上げができるんだということにとても驚きました。

有名な話かもしれませんが、深センはスタートアップの中心と言われるシリコンバレーの企業や投資家たちが、こと「モノづくり」に関しては何度も研究に訪れる世界一の環境を誇っています。

その一角を見ることができたのは非常に貴重な経験になりました。

  • Loved to be there!

mojo 広東省, China

mojo(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

深圳华强北国际创客中心(Huaqiangbei International Maker Center)を出る頃にはすっかり夜も更けてしまっていたのですが、深センも最後の夜ということで、深センの友人に深センの繁華街に連れてきてもらいました。

ここは友人の紹介では整形美女が多く、海外出身の方々のナンパ待ちにも人気のエリアだそうで、昼間の深センの様子からは想像できないほど盛り上がっていました。

  • Loved to be there!

mojo 広東省, China

mojo(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

自分たちはその一角にあるファンシーなバー、mojoというお店に入り、今日見てきたものについて振り返りました。

このお店では中国では珍しく(?)シーシャも楽しむことができ、食事はまぁまぁでしたが、雰囲気もお洒落で楽しくお酒を飲むことができました。
支払はキャッシュオンで、ビールとカクテル数杯で3,000円程度と、やはり深センのエリアでは若干高めな印象を受けました。

とはいえ深センで生まれ育った友人に、深センで見て驚いたもの、疑問に感じたことをすぐに聞けるというのは、本当に贅沢な体験で、あっという間に夜は更けていきました・・・

  • Loved to be there!
  • Budget:3000USD

Day 22017/04/16

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market 広東省, China

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

翌日は朝から深センの電子マーケット散策に向かいます。

すっかり深セングルメの虜になっていた私は早々に宿を出、朝食を探し始めます。

  • Loved to be there!

家楽縁 広東省, China

家楽縁(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

しかし台湾などに比べると朝食を売っているお店はそこまでなく、空いていたフードコートのようなこちらのお店に入りました。

深センでは英語はあまり通じないのと、この時はまだ友人とも合流前だったこともあり、並んでいる食べ物から選ぶ形式は安心でもありました。

自分が選んだのは左が餃子と右が前夜に深センの友人に進められた米麺を注文しました。

餃子は月並みな味でしたが、麺の方は中華風フォーという感じで、めちゃめちゃ美味しかったです。これ2つで400円程度だったと記憶しており、お値段的にも大満足の朝食になりました。

辛いものが苦手な方にはぜひ、深センの中華料理をおすすめします!何を食べても本当に美味しいです。

  • Loved to be there!
  • Budget:400USD

Golconda electronic market 広東省, China

Golconda electronic market(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

その後深センの友人と合流し、早速電子市場巡りに繰り出します。深センの華強北というエリアには、腐るほどの(腐りませんが)電子市場があり、多くを回ったのですが、ここでは観光客でも楽しめそうなところをピックアップしてご紹介できればと思います。

ちなみにこの時点で時間は朝の10:30だったのですが、ほとんどの市場がまだ閉まっていました。多くの市場が正午前後に開き始めるようなので、行かれる方はご注意下さい。

まず最初はこちらの高科徳電子市場。(Golconda Electronic Market) こちらは映像用のフィルムやパーツをメインにしたものを扱っており、普段自分の知らない世界の道具を数多く見ることができたのでとても楽しめました。

  • Loved to be there!

Golconda electronic market 広東省, China

Golconda electronic market(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

内部はこんな感じで、建物の中央にエスカレーターが通って見通しの良い設計になっている建物が多かった印象があります。

1階はフィルム等を扱っているお店が中心に入っています。

Golconda electronic market 広東省, China

Golconda electronic market(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 03

こちらは2階。
もはやこれだけ種類があっても違いはもちろん、何のために使うものなのかはさっぱり分かりません。

でもだからこそ、見ているだけでワクワクしてきませんか?

  • Loved to be there!

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market 広東省, China

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

続いてここ、華強北でも最大級の規模を誇るマーケット、華強電子世界に訪れました。

ここには完成品の電子製品も多く売られているので、特にメカに興味のない人でもその商品の新規性や豊富さに、十分楽しめるのではないかと思います。

恐らく深センのメーカー系スタートアップが開発したであろう商品も数多く扱われており、資金、物流、製造、販売チャネルがこれだけの密度で揃っている環境であることをしみじみと感じます。

歴史的背景ももちろんあるのでしょうが、やはりメーカー系のスタートアップにとっては最高の場所であることは間違いがないように感じます。

  • Loved to be there!

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market 広東省, China

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 05

ここでは様々な「パクり」製品も楽しむことができます。

こういったものが売られているということは求める人がいるから、ということで、中国という市場や消費性向を直に感じることができる、非常に面白い体験ができました。

こちらのお店ではApple Watchに似たものが売っていました。)再現度合いが素晴らしいですね。

  • Loved to be there!

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market 広東省, China

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 03

そして個人的に最も驚いたのがこちら。

Vivoという携帯電話メーカーの携帯になるのですが、画面をよくご覧いただくと・・・
特にiPhoneをお使いの方であれば見慣れたアイコンが多く見つかるのではないでしょうか?

端末自体はもちろんiPhoneやGalaxyなど人気端末の良いとこどり感満載なのですが、OSの設計やアプリのアイコンまで似せてくるとことにビックリすると同時に、感心しました。

余計なことを考えて、余計なものを作って失敗するくらいなら、モタモタしないで良いものを真似してさっさと作った方が良い、という強力なメッセージを感じました。
今となってはきっと誰でも簡単に使えますもんね、これなら。

  • Loved to be there!

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market 広東省, China

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 04

続いてこちらはドローンエリア。
店員さんが自慢のドローンを店内で飛ばしています。極小のドローンからハイスペックなものまで、多種多様なドローンは見ているだけでも飽きません。

この後隣のお店のドローンとぶつかったか何かで、店員さん同士がガチの喧嘩に発展していたのが面白かったです。

  • Loved to be there!

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market 広東省, China

华强电子世界 Huaqiang Electronics Market(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 06

華強電子世界の外観です。

とにかくどの市場もデカい!
1日中見ていても飽きず、1泊2日しか深センで過ごせない旅程にしてしまったことをとにかく後悔しました。

  • Loved to be there!

探鱼-炭火烤鱼(海岸城店) 広東省, China

探鱼-炭火烤鱼(海岸城店)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

いよいよフライトも近付いて来たので、深セン最後の食事として、中華料理ではポピュラーだという魚の鍋をいただきに参りました。

日本では親しみのない魚の食し方ですが、日にかけた鍋に主役の魚とトッピングが乗って出てきます。

辛いものを食べる人が多いそうなのですが、自分は食べられないので塩ベースのカレースープにしてもらったのですが、止まらない旨さです。
魚は全く臭みがなく、トッピングとなる具には魚とスープの出汁が染み込み、あっという間にたいらげてしまいました。

こちらにビールをつけて1人2,000円ほどだったと記憶しています。

  • Loved to be there!
  • Budget:2000USD

探鱼-炭火烤鱼(海岸城店) 広東省, China

探鱼-炭火烤鱼(海岸城店)(広東省, 中華人民共和国 (中国))|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

赤で丸をしているのが注文したメニュー。
魚の種類とスープ、トッピングを選ぶ形になっています。

お店はお昼時だったこともあるのでしょうが大変混雑しており、どこのテーブルからもたまらない匂いが立ち込めていました。

深センとの別れを惜しみつつ、香港からのフライトに合わせるべく、急いでイミグレへと足を進めます。

テクノロジーに興味を持って訪れた深センですが、ここまで食で楽しめるとは想像だにしませんでした。
グルメな方にも深セン、本当におすすめです!

  • Loved to be there!
  • Budget:2000USD

福田口岸 Futian Immigration Port Guangdong, Hong Kong

福田口岸(Futian Immigration Port)(広東, 香港)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん) - 02

深センにやってきた時のイミグレを逆行し、香港へ戻ってフライトです。時間がなかったため、この辺りはダッシュしていた記憶しかなく、ここから飛行機に乗るまでの写真が一枚もなかったことに後から驚きました。

やはり旅程には1日くらいバッファーを持つくらいのノリで行きたいものですね・・・!

ちなみに香港=>深セン(中国)のイミグレに比べて、深セン(中国)=>香港のイミグレの方が圧倒的に混んでおり、審査も分かりにくいです。

戻る時は時間に余裕を持たれることを心からおすすめします。

  • Loved to be there!

Day 52017/04/19

株式会社ワンダーラスト Tokyo-to, Japan

株式会社ワンダーラスト(東京都, 日本)|中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行(Horie Kentaroさん)

【おまけ】深セン電子市場からのお土産

- 偽物キャラクターのUSBメモリー:似せ方の雑さに自分の笑いのツボがノックダウンされたことで即購入を決意したところ、USBメモリとして使うためにはキャラクターの首を取るという斬新すぎるデザインで報復絶倒し、更にはUSBメモリが空っぽで単なる人形としてしか使えないことで完全に笑い死にした一品です。
- USB扇風機:こちらは真面目に感心した一品なのですが、このUSBの端子が深センオリジナルで、mini-USBに可変するというすぐれものでした。

またすぐ訪れたい深セン、本当に大好きな場所になりました!

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

偽ディズニーで有名な石景山遊楽園


偽ディズニーで有名な石景山遊楽園

2014-08-13 - 2014-08-13

  • 16
  • Takeshi  Sekigami
私の最近の中国旅行では、極力、一般の日本人が行かないような観光地(テーマパーク、大仏など)へ行くようにしています。今回は北京→河北省→山西省→河南省→湖北省と旅をしました。辺鄙な場所にある観光地に向かうことも多く、中国も以前よりも物価が上昇しているので、けっこうお金を使います&移動が大変です。基本的に一人旅なのですが、現地で知り合った中国人も案外親切な方がいたりするので、助かっています。 第1回目は偽ディズニーとしてマスコミを賑わせていた北京の石景山遊楽園のレポート。入園料は15元(300円くらい)で、アトラクションは別料金でした。私は2度目の訪問で、北京在住の友人と行ってみたら、二人でいろんな意味で感動しました。北京に遊びに行かれるなら、故宮博物院や天安門広場と一緒に是非!もっと詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。http://blog.livedoor.jp/nantaireport/archives/40481038.html

Travel Collector: Takeshi Sekigami

  • 5
  • 10843

5時間トランジットで【中国 上海】を満喫♡

女子旅
5時間トランジットで【中国 上海】を満喫♡

2013-10-22 - 2013-10-22

  • 16
  • Alice
上海浦東空港にて5時間あまりのトランジット。 どうせなら上海を最大限に満喫したい! 上海の定番コースを女子一人で回ってきました。 陸家嘴駅/上海タワー/濱江大道/外灘/上海フェリー/豫園/Maglev

Travel Collector: Alice

  • 5
  • 13522

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

Travel Collector: Akira Naito

  • 13
  • 8171

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

Travel Collector: Daisuke Taniwaki

  • 17
  • 6858

中華人民共和国 内モンゴル自治区への旅


中華人民共和国 内モンゴル自治区への旅

2012-08-02 - 2012-08-07

  • 10
  • Kaori  Kasai
2012年8月、奔流中国のシルクロード乗馬キャラバンへ参加! 激動の中国の中にあって変わらないもの、力強く生きる人々の暮らしをこの目に焼き付けてきました。

Travel Collector: Kaori Kasai

  • 6
  • 6763

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

Travel Collector: Yusuke Kon

  • 11
  • 4826

中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

一人旅
中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

2014-07-16 - 2014-07-26

  • 30
  • Seki
今回は、甘粛省の蘭州から新疆の伊寧まで12日間旅をしました。 2日に1回は移動していたので、結構あっという間でした。 今回の主な目的は「絶景」「国境」「名物料理」でしたが、すべて達成できて内容の濃い旅となりました。 新疆地区の料理は、また行ってはしごしたいです。笑

Travel Collector: Seki

  • 8
  • 4900

中国常熟を街歩き


中国常熟を街歩き

2012-12-02 - 2012-12-02

  • 20
  • Ryo Kaga
上海から高速バスで2時間ほど内陸に入った先にある中国江蘇省の常熟。常熟は、長江デルタ区域の中心部に位置し、市内のいたるところに河川が流れ、その肥沃な大地による毎年の豊作から「常に熟している」と名付けられた自然豊かな街。そんな常熟で、この街のシンボルといえる山,湖、そして古き好き時代の面影が残る市街地を楽しみながら街歩きをしてきました。

Travel Collector: Ryo Kaga

  • 4
  • 6425

中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行 中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行

Back to Top of 中国のシリコンバレー・深セン(深圳)へ週末旅行