Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Mayumiさんのログブック(旅行記)「白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!」

白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!

2017-03-10 - 2017-03-10 48 945 70

モンゴルといえば、青空バックにモンゴル草原に遊牧民の馬追い・・・というのが一般的なイメージ。そこをあえて、氷点下17度を下回る極寒の冬に訪れてみました!

Most people normally go to Mongolia in summer and see horse-riding nomadism in the Mongolian green steppes. But me, I ventured to go in winter at 17 degrees below freezing!!

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2017/03/10

Ulaanbaatar Ulaanbaatar, モンゴル国

Ulaanbaatar(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん)

モンゴルといえば、

夏草生い茂る大草原に
馬を駆って家畜を追い立てる遊牧の民
草原に白く点在する遊牧民の棲み処・ゲル

・・などなど

それなのに、
バイカル湖から地理的に近い(と言っても直線距離でも500㎞、列車で1000㎞ありますが)というだけで、
冬の極寒のモンゴル平原へ寄り道することにしました。

日本語ガイド付き、現地日帰りツアー
@US$150(約1.7万円)
わたし一人だけに催行するという贅沢なツアー

本日のメニューは、

テレルジ国立公園にて犬ぞり体験
奇岩地帯で亀石見学
チンギスハーン騎馬像と博物館見学
遊牧民のゲルでランチ
モンゴル馬で乗馬体験

と内容盛りだくさんで
ワクワク感ハンパない(??)です・・・

  • 予算:16800円

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん)

朝9時、滞在ホテルに、
日本語ガイド兼ドライバーさんがピックアップ。

ガイドさんは、
かつて日本で3年以上働いていたという
日本語ペラペーラなエギさん。
自慢のTOYOTAプリウスでお出迎え。

ウランバートルから、
1時間半かけてテレルジ国立公園へ

覚悟はしていたつもりだけれど、
見渡す限り雪・雪・雪…
凍てつく空気で肌が凍る、
ここはまさにシベリアの一角・・・

しかし、モンゴルも春先らしく
これでもところどころ雪解けしている
(今朝の気温は氷点下17℃でしたが・・・)

そうこうするうちに、
一つ目のプログラム・犬ぞりの家に到着。

犬好きにはたまらない、
シベリアンハスキーの森!!

  • 行ってよかった!

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 03

林の川が完全に凍っています。

天然のスケートリンク・・・

大変きれいですが、
ホントは寒いの苦手なんで、
しんどいです…

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 02

何百匹はいるであろうハスキーの中から、
生え抜き?の精鋭11匹が選ばれました。

モンゴルの冬に訪れる観光客は
本当に数えるほどだそうです。

そして、犬ぞり体験に来る観光客は、
それこそ週に1回来るか来ないか…
だそうで。

犬たちは有り余るパワーを
持て余してワンワン吠えまくります。

  • 行ってよかった!

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 04

犬ぞりは、
バイカル湖でも見かけましたが、
自分自身が乗ったことはなかったので
ややテンションUP↑

しかし、

南極物語でいうリーダー犬・リキが、
この始末。

「やだー」
とへそを曲げているようです。

でも、かわいいから許す。

  • 行ってよかった!

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 05

これから、
犬ぞり使いのお兄さんの操縦で、
約5㎞の犬ぞり体験。

凍った川の上を、
雪の大地を
犬たちは元気に疾走してくれます。

しかし、
犬たちにとってひさびさの仕事だったからか、
すんなりと物わかりいわけなく、
まず走り始めに大変苦労されていました。

  • 行ってよかった!

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 06

「ゴッ!ゴッ!ゴッ!」
「ホップ!ホップ!ホップ!」
「ウォッ!ウォッ!」

などの掛け声に応じて
ハスキーたちが疾走。

はじめは、ボブスレーみたいなそりに乗って
ハスキーたちのプリティーなフリフリする尻を見て移動。

体感、時速20~30㎞はある感じです。
相当揺れます。

  • 行ってよかった!

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 07

折り返し地点で、
今度はわたしが操縦させてもらいます。

超スリリングで、テンションMAX!!

途中、
リーダ犬(仮称リキ)が
唐突にストップ、脱糞するという
またとない珍事が起きましたが、

無事完走。

よく頑張ってくれました。

  • 行ってよかった!

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 08

中央に小さく、
お坊さんがまるで拝んでいるようなかたちをした
ふしぎな岩山が見えます。

ちなみに、
テレルジ国立公園は、
ウランバートルから北東に約70㎞離れたところにある
1994年に国立公園に指定された保養地。

あちこちに
夏のツーリストキャンプ用のコンドミニアムやゲルなどが点在していました。

あくまでも夏用です。
冬はほとんど無人だそうです…

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 09

この周辺は奇岩地帯が多いそうです。

標高も1600mぐらいあるそうで
一層冷え込みます。

一見あったかそうに見えますが、
風がとにかく冷たいのです…

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 10

ところどころ雪解けが始まっているとはいえ、

点在する針葉樹林といい、
茶色の大地と雪のコントラストの丘陵が、

シベリア!って感じ。
(正確にはシベリアではないですが・・・)

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 11

テレルジ国立公園の目玉の一つ、
亀石。

確かに、亀にそっくりな巨岩。
ポケモンに出てくるゼニガメみたい。

写真では伝わりずらいですが、
高さは15mもあるんです。

「登ってもいいの?」と聞いたら、
「危ないから登んなくていいんじゃない」
とやんわり断られました。

でも、本当は登れるそうです。

  • 行ってよかった!

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 12

こういう風景
風情があって好きです。

同じ雪原でも、
やっぱり日本とはちょっと趣が違う。

  • 行ってよかった!

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 14

このあたりは、
雪がだいぶ溶けてますね。

数ある国立公園のなかでも
こうした奇岩地帯はテレルジだけに見られるそうです。

確かに、
モンゴルには大きな山脈はないですからね。

東に行けば広大なゴビ砂漠ですから。

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 15

ちょっと車で走ると、
もう一面スノーホワイト・・・

目も眩むほどの美しさ。

「ゲレンデにしたらいいのに」
とつぶやいたら、
「リフト作るお金がないから」

なるほど。

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 16

いよいよ、遊牧民のゲルでランチタイム。

期待通りのゲル!
家畜の牛に馬にヤギにヒツジ!

しかし、
こんな僻地っぽいところにも
電気が引かれているし、
電話もできる(ネットはNG)
車もバイクもある。

遊牧民の生活もどんどんハイテク化していますね。

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 17

遊牧民は、基本的に1ゲル一家族で
過ごしています。

隣近所までは馬で通う距離だそうで。
スープが完全に冷める距離ですね。

子どもたちの学校通いも大変だそうです。

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 24

客人が来ると
まずもてなされるアイテム

異常に硬いヤギのミルクで作った乾燥チーズ

岩のように固いものもあれば、
カッテージチーズを干したような柔らかいものもある。

普通は、スープに入れたりして柔らかくしていただくものらしい。

モンゴルでは、
日本でいうプロセスチーズや
イタリアでいうモッツァレラなどの
柔らか~いチーズを食べる習慣がないそうです。

厳しい大地で過ごす遊牧民だからこその
保存食としての生活の知恵なのでしょう。

しかし、
マジで歯が折れますよ、この固さ。

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 18

モンゴル定番の肉入りうどん、
ゴリルタイシェル(Guriltai Shol)。

肉はヤギ肉、
うどんは腰がなく、やわらかい短麺
味付けは塩コショウのみ。
そして、とんこつバリにスープが脂っこい。

実にシンプル、

しかしながら、
ヤギ肉の野性味ある、独特の臭みが
きっと賛否両論を巻き起こす。

口に含んでしまうと、
案外イケるのですが…
臭いに敏感な人はきっとNG

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 19

ゲルの中に、
まだへその緒のついた
生まれたてほやほやのモンゴル牛ベビー!!!

生まれたての赤ちゃんは、
さすがに寒さに弱いので、
しばらくはゲルの中で飼うそうです。

生まれたての牛は、
どこかミルク臭くて、
人懐っこくて、
破壊力抜群のプリティーさ♪♪

  • 行ってよかった!

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 20

ベビー牛のおかあさん。

生んだばかりで休憩していたところを
大の大人3人がかりで立ち上がらせる。

モンゴルの家畜はほぼすべて長毛種。

ブロンドのように毛ツヤがよくフカフカで
どこの国の牛よりもかわいいかもしれない。
ぬいぐるみみたい。

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 21

牛に馬にヤギに羊に。

一部は家畜小屋に。
一部はだだっぴろい平原で気ままに放牧。

  • 行ってよかった!

Terelj National Park Tov, モンゴル国

Terelj National Park(Tov, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 22

ベビー羊。
こちらも長毛種。

犬か!?と思うほど、
人懐っこく足にまとわりついてきます。

ニュージーランドでことごとく逃げられまくった
あの切ない想い出を払しょくしてくれる
愛嬌たっぷりのベビーたちでした♪♪

  • 行ってよかった!

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 18

ランチを済ませ、
次は「チンギスハーン騎馬像テーマパーク」

立派な凱旋門の上から、
騎馬隊によるお出迎えです。

かっこい~

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん)

かの有名なチンギスハーン様の騎馬像。

世界最大級、
台座部分12m、全長40mの
モンゴル大帝国を築いた
チンギスハーンの巨大な騎馬像です。

豆粒のように写っている人と比べたら
大きさは一目瞭然です!

  • 行ってよかった!

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 02

真っ青の空に映える
シルバーの騎馬王。

モンゴル帝国は、1206年の創立から、
17世紀初頭まで台頭した大帝国。

資料館に世界地図があって、改めてその大きさを知りました。

北はロシア
西はシリアやトルコ
東は中国・朝鮮、
南はミャンマーまで

地球上の陸地約25%を支配していたそうです。
ユーラシア大陸はほぼ掌握。

日本にも元寇なんて歴史があったなぁと
おぼろげに思い出しつつ

遊牧民族であるがゆえに城も築かず城壁も持たず、
ただ騎馬隊を駆使して国々を制圧していった勇猛な民族…

どんだけすごいんだ、と
改めて尊敬しました。

  • 行ってよかった!

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 03

台座部分には、
博物館と土産物屋、レストランが入っています。

入場は大人7000トゥグルグ(約350円)

こんな僻地なのに、
入口にはものものしくガードマンが警戒警備。
それだけ貴重なものを収蔵している所ってことでしょうか。

入口入ってすぐに目に飛び込むスーパーでかいブーツ。

ギネスブックにも登録されたという、
世界一大きなモンゴル伝統のブーツです。
総工費2億トゥグルグ(約100万ぐらい)
3階建ての高さがあるそうです…

やることが大胆
そこは、さすがモンゴル。

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 04

巨大ブーツの横には、
これまた巨大で立派な馬のムチが展示。

チンギスハーンが、
この地で馬のムチを拾ったという史実をもとに
再現されているとか。
それゆえ、この騎馬像自体もここに建立されたそうです。

馬のムチは、
騎馬民族であるモンゴル人にとって非常に縁起の良いもので、
そのためこの地を拠点として過ごしたとか。

13世紀の昔々のお話です…

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 06

地下1階には博物館や資料館があり、
この騎馬像制作のビデオ上映コーナーや
モンゴル帝国時代の遺物、
歴代のハーン(王)の肖像画が飾られています。

そして、その一角で、
モンゴル衣装に身を包んで記念撮影ができるスペースがあります。

でも、この人たちは普段着なのかも…
たぶん

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 07

エレベータで3階に上がると、
展望台へ続く狭く暗く細長い階段があります。
人ひとり分ぐらいの幅しかありません。
閉所恐怖症は我慢できないと思います。

ここまで立派に作って、何でここで手を抜いたのか…

これ、
今の閑散期だからいいですが、
繁忙期の夏は大変なことになります。
幸い、わたしのときは1組しかすれ違いませんでしたが。

そこをグルグルグルグル登っていくと、
外から見た騎馬像のタテガミ部分に出ます。

突然、
頭上を仰ぐと、
チンギス・ハーン様の上半身が
威圧感をもってお目見えします。

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 05

ドーン!!

肖像画からずいぶん盛ったな、という感が否めない
ロマンスグレーなチンギスハーン様。

6年の歳月を経て、
2008年6月の無事完成。

建設過程のVTRみて、
当時の人の苦労がしのばれます。

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 09

鞭を持った右手からのぞく
チンギス・ハーン騎馬像テーマパーク

本来、夏場は観光客向けのゲルが200以上も立ち並ぶ一大テーマパークだそうです。

しかし、時は冬。

わたしのように物珍しい観光客のために用意されたわずかなゲルが
ポツンポツンと淋しく立ち並んでます…

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 08

どこまでも果てしなく広がる大地。
びっくりするほど、周りに何もありません。

敷地面積200ヘクタール、
東京ドーム46個分はあるそうです。

夏場は緑の草原が生い茂り、
騎馬像を中心にゲルの村が作られるようです。

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 12

2階部分はレストランとお手洗い。

フランス料理店のごとくおしゃれな雰囲気
醸し出してますが、

開店休業中・・・
誰もいない

従業員も、通勤大変だろうな…

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 13

1階にはお土産物屋さんとコスチュームサービスが。

珍しく中国人でない大勢の団体客を見かけました。
黒人さんもいればヨーロッパ系もいたり中東系もいたり、
どんなグループだ。

ここではモンゴル帝国時代の王族の衣装や
騎馬隊の衣装などをまとって
地下の撮影場所で記念撮し放題だそうです。

確か3000トゥグルグ(約150円)

「ロード・オブ・ザ・リング」好きの私には
騎馬民族の衣装がローハンの騎士の衣装に似ていて
ちょっと興奮しました。

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 16

自分をこの隊列に合成するという写真サービスがあるようですが、
遠慮しておきました。

いや、でも、ホントに騎馬民族かっこいいです・・・

  • 行ってよかった!

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 17

近くに鷹匠がいました。

タダで撮影させてくれました。
意外とおとなしかった。

猛禽類はかっこいいですよね・・・

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 19

プログラムもクライマックスに突入

チンギス・ハーン騎馬像の近くに住む遊牧民のお宅を訪問し、
モンゴル馬で乗馬体験!!

モンゴル馬は、
気が優しく、非常におとなしい馬です。

夏のプログラムでは草原を普通に走らせてくれるそうです。
「それが、モンゴルに来た醍醐味だ!」と
ガイドが声高に熱く語ってくれましたが、

あいにく足場の悪い雪原なので、
ガイドが手綱を引いて
安全にその辺を一周するだけの退屈なものでした。

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 21

馬も長毛種

ふかふかして、とても気持ち良いのです。
しっぽが異様に長い。
そして、赤毛がかわいい…

約15分程度のダラダラと歩くだけの乗馬体験でした。

でも、やっぱりラクダより馬の方がいいです。

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 22

遊牧民のお宅にお邪魔して、
スーテーツァイ=モンゴル茶をいただきます。

超薄味のコンソメスープに塩味がついてるような
何とも言えないお茶。

どこのお宅に行っても出されました。

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 20

モンゴル人が好きな「チャンスン・マハ」
羊の肉を塩茹でしただけのもの。

今回、モンゴルで食べた羊の肉の中で、
一番臭みが少なく食べやすい食べ物。

味が薄い焼き豚みたいな感じ。

備え付けのナイフでこそげ取っていただきます。

Chinggis Khan Statue Ulaanbaatar, モンゴル国

Chinggis Khan Statue(Ulaanbaatar, モンゴル国)|白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!(Mayumiさん) - 23

モンゴルでは今の時期が旧正月にあたるらしく、
どこの遊牧民の家庭でもこの「ヘウィーンボーウォ」が飾られていました。

揚げドーナッツのような固い油菓子を
必ず奇数で積み上げるものだそうです。
「幸せ」「苦労」を交互に積み重ね、
必ず「幸せ」のサンドイッチになるようにするのが鉄則。

一番上の層には、クッキーや飴やゼリー菓子などを山盛り盛りつけます。

さまざまな異文化があるなぁ・・・
と考えさせられた遊牧民宅体験でした。

------------------------------
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。
第2夜に続きますヨ…

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

Homestay in Nomad's house

絶景
Homestay in Nomad's house

2015-07-19 - 2015-07-26

  • 42
  • Mayu
縁あって出会ったモンゴル料理屋のオーナーさんにお誘いいただき、モンゴルへ!! もう想像以上の絶景オンパレードでした。観光地を巡る旅ではなく、モンゴル人の、しかも遊牧民の方々の生活を体験させていただき、感動しまくりの忘れられない旅になりました^^

作者: Mayu

  • 3
  • 908

【モンゴル】その場で屠殺!新鮮なホルホグ(羊の石蒸し焼き)の作り方。※閲覧注意:屠殺写真あり。

美食・グルメ
【モンゴル】その場で屠殺!新鮮なホルホグ(羊の石蒸し焼き)の作り方。※閲覧注意:屠殺写真あり。

2015-08-02 - 2015-08-02

  • 42
  • Eika Akasaki
一度、経験してみたかった間近で見る「命」を頂く屠畜。 スーパーのパックの中でしか見ることの無いお肉も元は生きていた動物。 モンゴルの遊牧民の中では、日常の中で「屠蓄(とちく)」が生活の一部となっていました。 改めて「食べるということ」を考えさせられると共に感謝して頂きました。 モンゴルの大草原で自由に走り回り、無農薬の草花だけを食べて育った羊は食べると独特の臭みもなく、ハーブの香りがしました。 「【モンゴル】突撃!隣の遊牧民。近所のゲルを馬に乗って尋ねてみた。」https://www.compathy.net/tripnotes/18950

作者: Eika Akasaki

  • 6
  • 10709

【モンゴル】突撃!隣の遊牧民。近所のゲルを馬に乗って尋ねてみた。

文化・宗教
【モンゴル】突撃!隣の遊牧民。近所のゲルを馬に乗って尋ねてみた。

2015-07-31 - 2015-08-03

  • 35
  • Eika Akasaki
日本からたった4・5時間で行けるモンゴルは、360度草原の世界でした。 遊牧民は移動中にゲルがあれば(もちろん知ってる人でも知らない人でも)立ち寄るのが習わしだそうです。 私がいっても、いつも暖かく迎え沢山の美味しいものをふるまってくれ感動しました。 こういった自由なモンゴル旅ができるのはここのツアー会社の強みらしいです。 「風の旅行社」(http://www.kaze-travel.co.jp/mongol) 羊とヤギの屠殺もしたよ。 「【モンゴル】その場で屠殺!新鮮なホルホグ(羊の石蒸し焼き)の作り方。※閲覧注意:屠殺写真あり。」https://www.compathy.net/tripnotes/18939

作者: Eika Akasaki

  • 5
  • 4154

田舎と都市の違いに驚きっぱなしのモンゴル

文化・宗教
田舎と都市の違いに驚きっぱなしのモンゴル

2015-06-21 - 2015-06-28

  • 28
  • Maho Tsukui
都市計画のゼミ研修でモンゴルに行きました〜 田舎では遊牧民がまだ沢山いることに感動し、 都市ではロシアの影響が大きいと確信!! 想像とのギャップが面白かったです〜

作者: Maho Tsukui

  • 6
  • 5526

【モンゴル】大感動!!360度の大草原を馬に乗って自由に駆け巡る。


【モンゴル】大感動!!360度の大草原を馬に乗って自由に駆け巡る。

2015-08-01 - 2015-08-02

  • 20
  • Eika Akasaki
憧れていたモンゴルの大草原を馬に乗って駆け巡ってきました。 そこには、大自然のなかで生き抜いている遊牧民の家族や、大切にされている馬や羊たちの姿があり、まるで本の中のような体験でした。 関連LB: 【モンゴル】突撃!隣の遊牧民。近所のゲルを馬に乗って尋ねてみた。 https://www.compathy.net/tripnotes/18950 【モンゴル】その場で屠殺!新鮮なホルホグ(羊の石蒸し焼き)の作り方。※閲覧注意:屠殺写真あり。 https://www.compathy.net/tripnotes/18939

作者: Eika Akasaki

  • 3
  • 3534

My holiday so far


My holiday so far

2008-08-06 - 2009-07-28

  • 3
  • Marta My-shack
Here I'm presenting few photos to summarise my holidays so far. I've seen few bits of our globe and looking forward to experiencing much more wherever I go next.

作者: Marta My-shack

  • 0
  • 723

モンゴル

大自然
モンゴル

2013-06-10 - 2014-09-10

  • 11
  • Kazuya Kitamura
モンゴルの都会 ウランバートルの様子と大自然

作者: Kazuya Kitamura

  • 3
  • 808

白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!! 白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!!

白銀のモンゴル雪原!犬ぞり、乗馬にチンギスハーン!! トップへ