Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
阿佐智さんのログブック(旅行記)「シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ」

シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ

2011-08-05 - 2011-08-07 16 1359 3
阿佐智
Travel Collector
阿佐智
  • 40s / male

タジキスタンは、トルコ系の人びとが多数派をしめる中央アジアにあって、ペルシア系のタジク人が多数派の国です。山脈が国土を分かつこの国では、国内移動よりかえって国境を越えた移動の方がやり易かったりします。今回はウズベキスタンから首都ドシャンベに入り、遺跡のあるパンジャケントまで足をのばします。

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12011/08/05

ティンシリック村 Surxondaryo Viloyati, Uzbekistan

ティンシリック村(Surxondaryo Viloyati, ウズベキスタン)|シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

テルメズからの列車は国境の町デナウを目指しました。宿のあてもない旅。いろんな人がうちに泊まれと声をかけてくれましたが、結局、軍人だという青年の家に泊めてもらいました。

共和国直轄地(タジキスタン)|「これが中央アジアの朝食です。パンとスープ。ブドウなどがふるまわれました。前日の晩は大きなスイカを皆で食べました。」シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

これが中央アジアの朝食です。パンとスープ。ブドウなどがふるまわれました。前日の晩は大きなスイカを皆で食べました。

共和国直轄地(タジキスタン)|「泊めていただいたご家族。雨の降らないウズベキスタンでは、夏は外で朝食です。ちなみに夜も男は屋外のベッドで星を見ながら寝ます。」シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

泊めていただいたご家族。雨の降らないウズベキスタンでは、夏は外で朝食です。ちなみに夜も男は屋外のベッドで星を見ながら寝ます。

国境 Districts of Republican Subordination, Tajikistan

国境(共和国直轄地, タジキスタン)|シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

泊めてくれた軍人さんは、親切にも村の裏を走る国道まで案内してくれ、タクシーを停めると、代金まで払ってくれて、「このまま国境へ行けるから」と私をタクシーに乗せてくれました。車は20分ほど走ると、国境で私を降ろしてくれました。

国境 Districts of Republican Subordination, Tajikistan

国境(共和国直轄地, タジキスタン)|シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん) - 02

国境を越えたあとは、トゥルスンソダという町に出ます。ここには市場や食堂があります。

共和国直轄地(タジキスタン)|「ここからマルシュルートカと呼ばれる乗り合いの車に乗ります。乗客が満員になれば出発。」シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

ここからマルシュルートカと呼ばれる乗り合いの車に乗ります。乗客が満員になれば出発。

ヒッサール城 Districts of Republican Subordination, Tajikistan

ヒッサール城(共和国直轄地, タジキスタン)|シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

首都ドゥシャンベの手前にある町、ヒッサール。町の中心のメドレセの前には城塞が復元されています。

共和国直轄地(タジキスタン)|「ヒッサールから首都ドゥシャンベまではすぐ。乗り合いで、2.5ソモニ。そのまま、ドゥシャンベからパンジャケントに向かいました。乗り合いタクシーは夕方5時発でした。100ソモニ。」シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

ヒッサールから首都ドゥシャンベまではすぐ。乗り合いで、2.5ソモニ。そのまま、ドゥシャンベからパンジャケントに向かいました。乗り合いタクシーは夕方5時発でした。100ソモニ。

  • Budget:2000USD

Day 22011/08/06

ティンシリック村 Surxondaryo Viloyati, Uzbekistan

ティンシリック村(Surxondaryo Viloyati, ウズベキスタン)|シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん) - 02

パンジャケントに着いたのは日付が変わる前。乗り合いタクシーの運ちゃんの好意でお宅に泊めてもらいました。アパートのふた部屋の大家族で、近所の子供も家族と同じように出入りしていました。

共和国直轄地(タジキスタン)|「パンジャケントの観光のスタートはここ。博物館です。小さいながらも町のそばにあるパンジャケント遺跡や近郊の世界遺産サラズムに関する展示が充実しています。」シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

パンジャケントの観光のスタートはここ。博物館です。小さいながらも町のそばにあるパンジャケント遺跡や近郊の世界遺産サラズムに関する展示が充実しています。

共和国直轄地(タジキスタン)|「パンジャケントはけっこうな町。遺跡の山の麓にはバザールがあります。」シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

パンジャケントはけっこうな町。遺跡の山の麓にはバザールがあります。

共和国直轄地(タジキスタン)|「パンジャケントの背後には広大な都市遺跡があります。ただし、整備はあまりなせれていなく、廃墟感は満載です。」シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

パンジャケントの背後には広大な都市遺跡があります。ただし、整備はあまりなせれていなく、廃墟感は満載です。

共和国直轄地(タジキスタン)|「サラズム遺跡。世界遺産の割にちょっとという感じがしないでもないですが。
パンジャケントの町からウズベキスタン国境方面にマルシュルートカで少し行ったところにあります。国境を越えればサマルカンドなんですが、この国境は封鎖されていました。」シルクロードの旅10 再びタジキス

サラズム遺跡。世界遺産の割にちょっとという感じがしないでもないですが。
パンジャケントの町からウズベキスタン国境方面にマルシュルートカで少し行ったところにあります。国境を越えればサマルカンドなんですが、この国境は封鎖されていました。

共和国直轄地(タジキスタン)|「帰りはパンジャケントを3時過ぎには出ました。途中、行きに気になったところで停まってもらいました。アイニーのミナレット。街中にポツンと立っているだけですが、ガラスの多いをかぶせられているので、貴重な歴史遺産のようです。」シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さ

帰りはパンジャケントを3時過ぎには出ました。途中、行きに気になったところで停まってもらいました。アイニーのミナレット。街中にポツンと立っているだけですが、ガラスの多いをかぶせられているので、貴重な歴史遺産のようです。

Day 32011/08/07

共和国直轄地(タジキスタン)|「この日は、午前中首都ドシャンべをぶらつきました。正直、なんの特徴もないソ連の地方都市といった風情です。それでも、ソ連を彷彿とさせる街並みや、博物館など見どころもあります。」シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

この日は、午前中首都ドシャンべをぶらつきました。正直、なんの特徴もないソ連の地方都市といった風情です。それでも、ソ連を彷彿とさせる街並みや、博物館など見どころもあります。

共和国直轄地(タジキスタン)|「ドゥシャンベからもと来た道を戻り、4度目のウズベキスタン入国。国境沿いの町、デナウから一路、カルシへ向かいます」シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ(阿佐智さん)

ドゥシャンベからもと来た道を戻り、4度目のウズベキスタン入国。国境沿いの町、デナウから一路、カルシへ向かいます

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜

シルクロード
ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜

2014-09-16 - 2014-09-24

  • 30
  • Nakano Takayuki
ウズベキスタンの素敵な風景たち。 - 結婚式に紛れ込んだり、 陶器が美しすぎて、作ってる工房に行ったり、 刺繍が美しすぎて、仕入先を構築したり、 世界遺産をブラリとしたり。 - 聞きなれない国かもしれませんが、観光客も数もすごく多いです。 物価が安く、治安が良いし、人も良い。 是非、一度遊びに行ってほしい国です。 - <シルクロードのログブック> ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。 https://www.compathy.net/tripnotes/18588 キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18672 カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18633

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 6
  • 3777

カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜

シルクロード
カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜

2014-09-25 - 2014-09-25

  • 17
  • Nakano Takayuki
アラル海。 - かつては世界で四番目に大きな湖が、今やなくなりかけていて、 あと数年で姿を消すとまで言われている。 - と言うわけで行って来ました! - 現地の人みたく、バスを駆使! 片道3ドル、3時間半。 アラル海の漁で栄えていた町モイナク。 - 着いて、どうしようかなーとキョロキョロしてたら、 「おい、乗れ」と運転手と3人の若者が乗る車に言われて、 どこに行くかも聞かずに乗せられる。 - 若者たちが学校で降りたあと、 「で、お前は何処に行くんだ?」 - 今、聞く? - まー、乗る方も乗る方だけど。 - - 船の写真見せたら、連れてってくれた。 船の墓場。 - - トルコ人のツアー客が何人が居た。 - (ジープで元々は海の底だったとこを突っ切って、今の海岸線まで行くツアーが出てる。一日で50~80ドル、一泊で150~200ドルくらい) - 僕は3時のバスまで、自由時間。 250km先にある、今の海岸線まで行く時間はなく、かつての海岸線を歩く。 - まるで砂漠なのだが、 足元には貝殻がある。 - - 昨日、ヒヴァでは命の連続を感じた。 遺跡の中に、今も人が日常を送っているからだ。 - 今日は、命の断絶を感じた。 つながるはずのバトンが途切れたような、そんな感覚。 - - ツアーじゃないから、 一人の時間が長い。 - - 色んなことを思う。 - あまりに広い「失った海」。 世界は、この海より遥かに広い。 - まだまだ見たい世界が広がってる。 立ち止まるにはもったいないほどの。 - - 行こうと思えば、どこだって行ける。 - 一歩一歩、どこに向かうか決めてさえいれば。 いつまでに、着くか決めてさえいれば。 - 風の音だけが無為に聞こえる一人の時間が、 忘れない時間を、身体に刻み込んでく。 - - 作りかけの建物に入ると、 なぜか、鳥肌がやまなかった。 - どんな想いが、 ここに残されてるのか。 - ここには、あったはずの水が「無い」。 - - 「無いこと」が有り、 それが、僕らに何かを残す。 - - <シルクロードのログブック> ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。 https://www.compathy.net/tripnotes/18588 キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18672 - ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18850 - カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18633

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 8
  • 3307

Big Central Asia TRIP!


Big Central Asia TRIP!

2013-07-17 - 2013-07-19

  • 9
  • Martin Opaczyk
Big "Silk Road" Trip which begun 2013 in Azerbaijan and ended in Uzbekistan.

Travel Collector: Martin Opaczyk

  • 4
  • 1687

ウズベキスタン

シルクロード
ウズベキスタン

2014-10-17 - 2014-10-17

  • 35
  • Daichi
2014年10月 ウズベキスタン タシケント→ヒヴァ→ブハラ→サマルカンド→タシケント ティムールが築き上げた青い遺産めぐり。

Travel Collector: Daichi

  • 5
  • 1407

ウズベキスタンの古都を巡る旅

ウズベキスタン
ウズベキスタンの古都を巡る旅

2007-09-07 - 2007-09-12

  • 15
  • Yuichi Kudo
文明の十字路といわれるウズベキスタンの地を巡りました。日干し煉瓦に青のタイルで装飾されたイスラム建築が保存状態よく残っており、よく昔にこんなすごいものを建てたなという感想を持ちました。かつてのシルクロードをたどる旅。とてもロマンを感じながら、かつ砂漠の移動が大変な、まさに「旅」という旅でした。

Travel Collector: Yuichi Kudo

  • 1
  • 1345

Uzbekistan: There and Back

bukhara
Uzbekistan: There and Back

2014-08-12 - 2014-08-12

  • 5
  • Figiel Figiel Figiel
A couple of heat (>100ºF) days in probably not the most popular destination.

Travel Collector: Figiel Figiel Figiel

  • 1
  • 914

Uzbekistan on May

khiva
Uzbekistan on May

2014-05-04 - 2014-05-10

  • 9
  • Aleksandra Savenko
It was up to 37°C there, and we crossed country by hitch-hiking from Qaralpakstan in the north to Termez in the south

Travel Collector: Aleksandra Savenko

  • 4
  • 1208

Uzbekistan


Uzbekistan

2013-04-03 - 2013-04-03

  • 1
  • Anastasia Beganovich
The cheapest countr in the world! The greatest food and very old cities. Spring is the best time to visit Uzbekistan.

Travel Collector: Anastasia Beganovich

  • 1
  • 574

シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ

Back to Top of シルクロードの旅10 再びタジキスタンへ