Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Karolina Adamskaさんのログブック(旅行記)「Toruń」

Toruń

2011-07-16 - 2011-07-19 5 259 4

Amazing time in Toruń, lovely city, beautiful old town, delicious dumplings and handsome guys!

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)


白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)

2009-03-03 - 2009-03-03

  • 17
  • Misaki Tachibana
「1個の電球を取り替えるのに何人のポーランド人が必要か?」。これは、ポーランド人の知性を馬鹿にしたブラックジョークである。かつて大流行したこの文句を作った人が目の前にいたならば、わたしは物申したい、ポーランド人を馬鹿にするなと。総じて白い空、灰色の雲に覆われた天気が続く日々は、かつてポーランドで起こった悲惨な歴史を彷彿とさせる。けれど今、彼らはかなり、羨ましいほど自由気ままに、現代を生きている。

作者: Misaki Tachibana

  • 2
  • 5433

遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト


遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト

2013-12-09 - 2013-12-09

  • 14
  • Misaki Tachibana
「ヴロツワフ」。名前すら知らなかったこの街に来たのは、クラクフでお世話になったMariuszの「ヴロツワフに行かないなんて損してる」という言葉。いざ足を踏み入れれば、そこは小さなおとぎの国。それもそのはず、街中に散らばっているのは物語を彩る小さな登場人物たち。そんなかわいらしい町並みを後にして向かったのは、ポーランドの工業地帯であるシェチェチン。決して観光地ではないこの街で、日本の若きホープたちに背中を押された。

作者: Misaki Tachibana

  • 1
  • 2948

EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

世界遺産
EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

2002-10-22 - 2002-10-24

  • 28
  • Shohei Watanabe
まだ旧東欧の雰囲気が臭う2002年のポーランドです。 強制収容所訪問後は食べ物とお酒が合わなかったのか、クラクフで一泊二日入院。点滴を打ち、脱水症状、黄疸が出る中、日本に帰ってきました。 何度も近隣諸国に分割され、虐殺された歴史から解き放たれて10年のポーランド。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157600515987730

作者: Shohei Watanabe

  • 9
  • 3470

Warsaw

女子旅
Warsaw

2013-03-18 - 2013-03-20

  • 8
  • Katya Sondak
Warsaw, nurturing over 400 years of pride as a capital, is Poland’s largest city and an economic, political, and cultural centre. The symbol of the city is the Mermaid, featured on the city seal. Warsaw is a bustling metropolis and features an unforgettable history.

作者: Katya Sondak

  • 27
  • 798

美しい風景と歴史に感動したはじめてのポーランド

一人旅
美しい風景と歴史に感動したはじめてのポーランド

2011-01-16 - 2011-01-23

  • 23
  • 新田浩之(Nitta Hiroshi)
2011年、卒業旅行(中欧諸国周遊の旅)です。前回のスロバキアからの続きです。ブラチスラバからカトヴィツェ経由でクラクフに入りました。そこから、首都ワルシャワに向かいました。はじめてのポーランド。素朴な美しさと人々の優しさに感動しました。この旅が、ポーランドを大好きになった理由ですね なお、ポーランドへはフランクフルト、ヘルシンキ、モスクワ経由がおススメ。日本から12時間前後で行けます。費用は5~6万円(航空券除く)です。ちなみに、航空券は約12万円した。

作者: 新田浩之(Nitta Hiroshi)

  • 1
  • 5347

z rodzinka w gdyni


z rodzinka w gdyni

2013-04-14 - 2013-05-05

  • 5
  • Roman Miotke
miła wiosna rodzinnie wraz z kochanymi dziecmi w gdyni

作者: Roman Miotke

  • 0
  • 616

ポーランドをのんびり+登山に挑戦

大自然
ポーランドをのんびり+登山に挑戦

2014-08-07 - 2014-08-15

  • 29
  • 新田浩之(Nitta Hiroshi)
3回目のポーランド。首都ワルシャワ、西部ヴロツワフ、そして、ポーランドのリゾート地、カルパチに行きました。さらに、ポーランド、チェコの国境の山、スニェシュカ山に登りました。カルパチ、スニェシュカ山にはほとんど外国人観光客がいませんでした。もったいないと思います。

作者: 新田浩之(Nitta Hiroshi)

  • 0
  • 1554

Warsaw weekend


Warsaw weekend

2014-06-21 - 2014-06-22

  • 8
  • Valentyna Kuznetsova
We decided visit Warsaw with my boyfriend and we were pleased how nice was this town. The new modern buildings are standing close to the soviet-style grand architecture, the old town streets are narrow but very clean and crowdy. The Polish cuisine was similar to Ukrainian and Czech but with own charm and flavour.

作者: Valentyna Kuznetsova

  • 6
  • 689

Toruń Toruń

Toruń トップへ