Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Mayumiさんのログブック(旅行記)「安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山」

安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山

2016-08-29 - 2016-08-29 30 609 15
  • Ethiopia
訪れた国
エチオピア

エチオピア北部、エリトリア国境近くにある世界一過酷と言われるダナキル砂漠。アフリカ大地溝帯に位置し、地下をマントルが流れるため夏は50℃超え、活火山や硫黄温泉、塩湖など、この世のものと思えない不気味な光景が存在します。

"Danakil Depression" called the hottest and most inhospitable place on earth, is located in the north Ethiopia near the border with Eritrea. There is on African Great Rift Valley and more than 50 degrees C in summer. So there are active volcanoes, hot sulfur springs, salt lakes ...it's so surreal that we don't feel like being on earth at all.

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2016/08/29

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん)

エチオピア北部、エリトリア国境近くにある、
世界一過酷と言われるダナキル砂漠4泊ツアーに参加。

ツアーの拠点であるMekele(メケレ)市より専用の四駆で移動、
約3時間のドライブ後、初日の宿泊地のHameldela村に到着。

”世界一過酷”と言われる所以は、真夏は気温50℃を超え、
雨も降らず、日を避けるものもほぼなく、
まさに灼熱の死の砂漠。
まさに命がけで挑む過酷なツアー。

常に1.5リットルのミネラルウォーターは携帯です。
普段は水をほとんどとらない自分が、このときばかりは生存本能が反応して頻繁に摂取していました。

・・・8月という真夏真っただ中に行ったことを少々後悔しました。

ちなみに、この素晴らしい夜明けは2日目の朝。

  • 予算:72000円

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 02

初日の宿。
手前の竹ひご編んだみたいな椅子がベッドです。
これで野宿。

エアコンも扇風機も当然ないベースキャンプでは、
中より外の方が風が通って涼しいそうです。

ところが、私のベッドの位置は風通しが非常に悪く、
蚊もブンブン飛んでいるし、
尋常じゃないほど汗かいて、全く眠れませんでした。
死にそうでした。

快適に眠れたという人もいるので、場所次第みたいですね。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 03

このベースキャンプでソルジャー、いわゆる傭兵を調達します。

2012年に、ツアーで訪れていたドイツ人の観光客5人が殺害、
4人が拉致られたといういたましい事件が起こり、
それ以来、兵士による警護が義務化されたそうです。

ここは紛争地帯のエリトリアとエチオピアの国境に近い地域。

傭兵の中には、女性もいました。
一見こわもてだけど、意外にフレンドリー。
写真も喜んで一緒に撮ってくれます。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 04

早い朝食を済ませて、本日のメインイベントのダロール火山へ出発。
比較的涼しい午前のうちに移動します。

どこまでも広がる塩湖の地平線。
車の轍はあるとはいえ、GPSも使わず、よくドライバーは迷わず目的地へ走れると感心。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 06

約1時間のドライブでダロール火山の麓に到着!
そこからは15分程度のトレッキング。

この時点で、すでに異世界臭がプンプン。
赤茶けた溶岩地帯です。

道なき道をガイドに従って移動します。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 29

裂け目からマグマが湧き出ているかと思いました。
溶岩の成分が固まっています。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 05

なぜかこの地域には、こうしたヒラタケのような形をした
巨大な岩塩の塊が広がっています。

大きいもので直径1m以上あります。
がっしりしてテーブルや椅子になりそうです。

これだけでも、もはや地球外生命体っぽい。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 09

出た!
テレビやネットで観たことのある黄緑色の世界!

噂にたがわぬ、不気味さ、気味悪さ、妖しさ全開です。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 10

ダロール火山は、マグマの噴出でできた、
50m程度の低い溶岩台地。

1926年に水蒸気爆発が起こり、
直径約30mのクレーターが形成されたそうです。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 08

よく”極彩色”、と表現される色合いですが、

これは熱水に含まれる塩分や硫黄、カリウム等の成分が
地上で冷やされる過程で生まれる色合いだそうです。

自然の営みは、本当に不思議なものを生み出します。

  • 行ってよかった!

Afar(エチオピア)|「ダロール火山のこの風景は、
一部のドラゴンボールファンの間では、
「ナメック星だ!」と言われているそうですが、

というか、地球外生命体のバクテリアとかがいそうですね。」安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん)

ダロール火山のこの風景は、
一部のドラゴンボールファンの間では、
「ナメック星だ!」と言われているそうですが、

というか、地球外生命体のバクテリアとかがいそうですね。

  • 行ってよかった!

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 12

実は、範囲は思ったほど広くないです。
10分も歩けば見渡せる程度。

というか、暑い。硫黄臭い。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 13

硫黄臭は確かにすごいですが、
ガスマスクするほどではないです。
スカーフで抑える程度。現地の人は何も付けていないし。

個人的には、インドネシアのカワイジェン火山の方が
よほど致死率高めでガスマスク必携。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 14

よくよく見ると、地中から塩水がプシュッと噴出しています。
この塩水がこの色を形成しています。

  • 行ってよかった!

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 07

巨大でいびつな奇岩がゴロゴロあります。

風の谷のナウシカの「オーム(王蟲)」かと思いました。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 18

ダロル湖を後にし、数キロ離れた硫黄温泉地帯へ。

真っ赤な溶岩地帯にフツフツと湧く硫黄温泉。

もちろん、入れません。火傷します。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 19

最も大きいもので直径40m近くもあります。

というか、ただでさえ暑いのに湯気でますます暑い。

  • 行ってよかった!

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 20

湯の硫黄や鉄分の化学反応でこんな色になるようです。

赤いヒトデみたい。

  • 行ってよかった!

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 21

実は、肌にはとてもいいそうです。
滑らかにすべすべになるとか。

温泉だから、そりゃ、美容にいいハズ。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 23

たまに鳥の死骸が埋まっています。

誤って落ちてしまうのか、温泉飲んで死んでしまうのか。
気候のせいか、腐りもせず、干からびています。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 24

今度は塩の採掘場にやってきました。

キャラバンのラクダが、採掘した塩を運ぶために
待機しているようです。

エチオピアのらくだは、なんだかやせ細って貧相・・・

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 25

ラクダの主は商品となる塩のブロックを
一生懸命削っています。

それを眺めるソルジャーたち。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 26

エチオピアにも塩湖がありました!

海抜マイナス155mにある「アサレ塩湖」。
マイナス?!

このときはちょっと塩水が濁っていて、
あいにくウユニ塩湖のような美しい鏡面は見られませんでしたが、
それでもアフリカで塩湖がみられたことに感動。

しかし、この時マックスで猛暑。熱風体感50℃以上。
車のサーモメーターは47度を指していて、
長い時間、外にはいられないのです。(個人的に体力の限界)

エチオピア、恐ろしいところだ。

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 27

ようやく、2日目の宿のゲストハウスへ向かう。

初日と違い、今度は屋根があり、壁がある!
雨水を溜めたバケツ一杯の水で体も洗えた!
途中で停電してしまったけど、ちょっとだけ充電もできた!

蚊は相変わらず多かったけれど、
みんなで雑魚寝だけど、
初日よりはぐっすり眠れて(初日よりは)快適でした!

Daloll depression Afar, エチオピア

Daloll depression(Afar, エチオピア)|安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山(Mayumiさん) - 28

外の子どもたちが勝手に入ってこないように、
宿の鉄扉には鍵が常に施錠されていました。

村の子供たちは外国人から何らかのおこぼれを期待して
常にまとわりついてきます。
チョコ、チョコ、いうので、今はチョコレートがブームのようです。
代わりにキャンディーを上げたら、奪い合いのケンカが始まりました。

エチオピアは、一昔前に比べ、中国資本が入って以来、
経済が急成長しているそうです。
人々の生活も一昔前よりは底上げされたのか、
飢餓に苦しんでいる、というイメージはあまりなかったですが、
それでもアフリカの現実を垣間見た気がして、複雑でした。

--------------------------

ダナキル砂漠ツアーは、日本からツアーで参加すると50万はくだらないほど高額。
もし安く上げたい方で興味のある方は、自力で現地申し込みすることをお勧めします。
相場は、US$400~600 前後。

すべてにおいて非日常体験ができて、お勧めです。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~

世界一周
衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~

2013-11-30 - 2013-12-05

  • 16
  • Yukiko Aono
エチオピアの人口は約8000万人。その中で83もの部族が暮らしている。エチオピアに来たら一度はその少数民族に会いたいと思っていたから、今回は中でも興味をひいたムルシ族に会いに行くことにした。 下唇を切りお皿をはめるその衝撃の出で立ちは、人生で一番のインパクトだった。国境での紛争あり、波瀾万丈なアフリカ旅はまだまだ続く。

作者: Yukiko Aono

  • 8
  • 7695

混沌の真骨頂 エチオピア - アルバミンチでお祭り騒ぎ -

一人旅
混沌の真骨頂 エチオピア - アルバミンチでお祭り騒ぎ -

2012-11-24 - 2012-11-24

  • 18
  • Misaki Tachibana
エチオピアのアルバミンチという場所では、2年に1度、二日間だけエチオピア中の民族たちが集まって、各々の伝統的な音楽とダンスを披露するお祭りがある。意図せず滞在中にそのお祭りの開催日が当たるという、幸運すぎる偶然。民族は国土中に散らばっており、一堂に会すことは滅多にない。このチャンスを逃すまいと、いつも以上にカメラを握る手に力が入る。

作者: Misaki Tachibana

  • 5
  • 4638

混沌の真骨頂エチオピア - ドルゼ村でホームステイ -


混沌の真骨頂エチオピア - ドルゼ村でホームステイ -

2012-12-02 - 2012-12-03

  • 13
  • Misaki Tachibana
首都のアディスアベバから、アルバミンチへ。アルバミンチからバスで4時間ほどのところにある、片田舎のドルゼ村。小さな集落が点在する道なりは、働き者の女性たちが裸足で薪を運んでいくのを何度も通り過ぎた。

作者: Misaki Tachibana

  • 6
  • 2607

10カ国目エチオピア入国☆波瀾万丈のアフリカ旅スタート☆

世界一周
10カ国目エチオピア入国☆波瀾万丈のアフリカ旅スタート☆

2013-11-22 - 2013-11-29

  • 13
  • Yukiko Aono
ギリシャでリゾート気分を満喫した後は、環境も一転、アフリカへと向かった。2人にとって初めての大陸、アフリカ。まず最初に入国したのはエチオピア、首都アディスアベバ。当然だけど黒人ばっかり。主食は雑巾と表されるインジェラ。謎の失神もあり、しょっぱなから波瀾万丈のアフリカ旅が始まった。

作者: Yukiko Aono

  • 0
  • 2502

Adventure in Africa


Adventure in Africa

2012-10-08 - 2012-11-20

  • 5
  • Paul Waiter
I did a nice trip around Ethiopia because I was working there for a whole year. Here i want to share my experiences.

作者: Paul Waiter

  • 1
  • 595

こんな絶景見たことない!宙を浮く船が見られるランペドゥーザ島でバカンスを☆【イタリア】

絶景
こんな絶景見たことない!宙を浮く船が見られるランペドゥーザ島でバカンスを☆【イタリア】

2014-07-23 - 2014-07-25

  • 28
  • Mai Maki
ここ最近注目されてきているイタリアにあるランペドゥーザ島。こちらは海の透明度が高すぎてなんと船が宙に浮いているように見えるのです。 ベストシーズンはたくさんの船が浮いている7月〜9月。私は7月に行ってきました。 主にイタリア人のバカンスの場所とされているようで、私が行った2014年はまだイタリア人以外の観光客はほとんどおらず、英語がほぼ通じない場所だったので情報を集めるのが大変でした。しかし小さい島なので一度わかれば簡単に観光できます。 こんな絶景を見られる場所は他にあまりないと思います。 ローマから飛行機で約1時間半なのでアクセスはしやすいです。 私が今オススメしたいNO.1の場所です♡ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー <詳細> ローマから2泊3日 ローマ(イタリア)⇆ランペドゥーザ島 飛行機代往復約2万 交通費 約1000円(市内でのバス) ホテル代 2泊 約1万5千円(1人当たり/2人) 食費 約5000円 クルーズ代 約4000円 計 約45000円

作者: Mai Maki

  • 8
  • 11359

ヨセミテ国立公園とサンフランシスコの旅(アメリカ)

絶景
ヨセミテ国立公園とサンフランシスコの旅(アメリカ)

2013-09-28 - 2013-10-01

  • 26
  • Rieko Matsumoto
自然に触れて癒されたいと思い立ち、メインの旅先をヨセミテ国立公園に 定めてアメリカを旅してみた。ついでのハズのサンフランシスコも満喫☆

作者: Rieko Matsumoto

  • 7
  • 8321

女子必見!【メキシコ、世界遺産の街グアナファト】宝石箱をひっくり返したようなカラフルな絶景の街へ♡

絶景
女子必見!【メキシコ、世界遺産の街グアナファト】宝石箱をひっくり返したようなカラフルな絶景の街へ♡

2014-01-14 - 2014-01-16

  • 29
  • 中 美砂希
【旅のきっかけ】 ネットでカラフルなグアナファトの写真を見てから、世界一周中に絶対に行きたいと思っていた絶景の場所の一つ。自分もこの目で見て写真におさめたい!と思っていたので、この宝石箱をひっくり返したような絶景を見た時は感動。 【オススメポイント】 メキシコに行くなら、絶対に外せない場所、世界遺産の街グアナファト♡街全体がカラフルで、フォトジェニック。街歩き好きのカメラ女子にはたまらない、カラフルな街並が広がります。 街には教会も多く、朝の目覚めは鐘の音からスタート。こんな絶景の街に住んでいる人が羨ましい! 【行き方】 メキシコのグアダラハラから行く場合、バスターミナルより、バスで4時間程、料金は341ペソでした。(約2700円)グアナファトに到着後は、ローカルバスで約30分(5ペソ、約40円)、中心地に到着します。

作者: 中 美砂希

  • 5
  • 13214

安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山 安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山

安心してください、ここは地球です!!異世界感ハンパないダロール火山 トップへ