Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Mayumiさんのログブック(旅行記)「イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン」

イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン

2016-09-06 - 2016-09-06 19 132 0

イランといえば歴史や文化の町。しかし、南東部のペルシャ湾に浮かぶゲシュム島は、自由貿易区として発展しながら、一方でイラン本土とは一線を画した大自然を有しています。その一つで、かつて世界遺産に登録されていたという世界最長の塩の洞窟を訪れました!

Qeshm is the island in the Persian Gulf, located in southeast of Iran. This island developed as a free-trade zone in Iran. (So we don't need tourist visas within 14 days if you visit only Qeshm.)
Qeshm has richly nature such as oddly-shaped rock outcroppings, mangrove wetlands, scenic beaches etc...  I visited the great world longest salt cave of "Namakdan" registered UNESCO before .

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

1日目2016/09/06

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん)

ゲシュム島は、イラン南東部、ペルシャ湾上に浮かぶ沖縄ぐらいの島で、熱帯性のムシムシした気候を持っています。

そのため、訪れた9月は完全に真夏で、湿度が高くて死にそうなほど暑く、特に女性は外国人でも露出を少なめにスカーフ着用必須なので、ホント、しんどかったです。

そんな中、今回訪問の最大の目的、かつてUNESCO世界遺産に登録されていた世界最長の塩の洞窟ナマクダンに向かいました。

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 03

ゲシュムの中心は、島の東端にあります。
一方、塩の洞窟は反対側の西岸にあるので、市内から車で約1時間半かかります。

真夏は観光客はほとんど来ないということで、ツアーもなく、
仕方なくタクシーチャーターで向かいました。

道中、トルコのカッパドキアをイメージするような奇岩地帯が広がっていて、地政学に実にユニークな島でした。

しかし、エアコンのきいたタクシーを一歩出た瞬間、汗が噴き出ます。

  • 予算:5000円

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 04

塩の洞窟入口に到着。

午後はむちゃくちゃ暑いから、というドライバー兼ガイド君のアドバイスに従って早朝着を目指すも、この時点でかなりしんどい暑さ。

もちろん観光客はおろか、管理人すら見かけませんでした。

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 02

ゲシュム島は、2006年に中東で初めて、ジオパークとしてUNESCOの世界遺産に登録されたそうです。

しかし、遺産としての必要なインフラがいつまで経っても整わないなどの理由で2012年に登録抹消されてしまったとか。

なので、その名残の「世界ジオパーク」の案内板があちこちにまだ残っています。

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 08

とうとうここまで来ました!
塩の洞窟ナマクダンの入口です!

奇岩地帯にぽっかり空いた口、なんだか魔界への入口のようです。

しかし、思っていたより塩の結晶が少ない・・・
ネットの参考にしたブログでは、雪原のような塩の結晶がみられると思ったのですが…

暑さで溶けてしまったのでしょうか。

  • 行ってよかった!

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 06

入口から見た風景。

ぽつんと止まっている我がタクシー。
ここは本当に観光地か?と疑う何もなさ。

ここまでの道路も未舗装でガタガタオフロード。
よくぞパンクもせず普通のタクシーで入ってこれたと、ガイド君の運転の腕前に感心します。

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 07

もちろん入場料は無料です。

この風景、ちょっとヨルダンのペトラを思い出します。

  • 行ってよかった!

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 13

もちろん電灯なんかありません。
ガイド君と私のヘッドライト頼みで奥まで進みます。
それがないと完全に漆黒の闇です。

  • 行ってよかった!

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 17

最近の地質調査では、全長6850mあるそうです。
ただし、わたしたちが見学できるのは入口からわずか約100mまで。

そこから先は天井が低すぎて一般的には入れないそうです。

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 11

塩がしみだしてできた結晶の壁。

確かにしょっぱかった。でも岩塩なのでまろやか。
このナマクダンの塩は非常に良質で薬などにも使用されるそうですよ。

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 18

気の遠くなるような長い年月をかけて、
洞窟内に侵入した雨水が岩を侵食して形成されたのだそうです。

Qeshm Island | جزیره قشم Hormozgan Province, イラン

Qeshm Island | جزیره قشم(Hormozgan Province, イラン)|イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン(Mayumiさん) - 05

こちらは塩の洞窟の外にあった池。
その隙間から洞窟内に雨水が流れ込み、地下水となって洞窟内の泉に再び湧いて出るそうです。

この辺は塩の結晶多いですが、でも想像していたほどの量じゃなかったのがやや残念。

コロンビアで見たネモコン岩塩坑道の方が規模は小さかったですが、圧巻だったかも。

とはいえ、世界遺産級の世界最長の塩の洞窟。
素晴らしい自然の宝を堪能することができました。

・・・欲を言えば、電灯が欲しかったな…

旅のルート

コメント

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~

一人旅
危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~

2013-09-11 - 2013-09-15

  • 25
  • Natsumi Daizen
「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回はエマーム・レザーが代表的である、イスラムの聖地マシュハドと世界の半分と称されるモスクのあるエスファハーン編をお送りします。

作者: Natsumi Daizen

  • 14
  • 28912

危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~首都テヘラン、歴史的なバーザールのある街タブリーズ編~

一人旅
危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~首都テヘラン、歴史的なバーザールのある街タブリーズ編~

2013-09-15 - 2013-09-18

  • 22
  • Natsumi Daizen
「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回は首都テヘランと世界遺産とされているバーザールで有名なタブリーズ編をお送りします。

作者: Natsumi Daizen

  • 4
  • 5153

イランの文化と世界遺産を辿る2週間の旅

イラン
イランの文化と世界遺産を辿る2週間の旅

2015-04-30 - 2015-05-10

  • 83
  • Tomoko Malaghan
「イランへ行く」と言ったら、友人達がこぞって「何でそんな危険な国に行くの?」と不思議がられました。でもどの国でも自分で行って見て、食べて、話して経験して見ないことには、その国は分かりません。イランは何千年もの古い歴史があり今も人々はそれらの宗教、文化と共存しながら生きています。人々は思いの外フレンドリーで、この旅では何度も声をかけられ一緒に写真に収まりました。毎日スカーフを被らなければならないのが苦になったけど、郷に入れば郷に従えで、知られざるイランの各地を巡ってきました。

作者: Tomoko Malaghan

  • 3
  • 4216

イラン(テヘラン・シラーズ・イスファハン・アフワズ)

世界遺産
イラン(テヘラン・シラーズ・イスファハン・アフワズ)

2014-08-31 - 2014-09-05

  • 24
  • Yuichi Matsushita
イマーム広場のモスクが目当て。でも、それ以外も素晴らしかった! 行く前は砂漠のイメージが強かったんですが、実際は山と農業のが充実した国で、数千年前から文明が栄えた土地だということがよくわかりました。

作者: Yuichi Matsushita

  • 3
  • 2074

死ぬまでに見たいと思ったモスク!!

一人旅
死ぬまでに見たいと思ったモスク!!

2015-08-09 - 2015-08-14

  • 20
  • Yasutomo  Fujii
周りから危険だと言われたイラン。そこはやさしい人たちがたくさんいる国でした。

作者: Yasutomo Fujii

  • 2
  • 1927

イランの旅。マシュハドからヤズドに向かう寝台列車の中での出会い。

イラン
イランの旅。マシュハドからヤズドに向かう寝台列車の中での出会い。

2013-11-22 - 2013-11-24

  • 20
  • Masashi Amano
イラン第二の都市、マシュハドはイスラムの聖地でもある。広大なモスクにはたくさんの人が祈りを捧げていた。信仰心のない僕にも、人々の祈る姿には心打たれるものがあった。 マシュハドから寝台列車で次にヤズドに向かったのだけど、そこに出会いがあった。同じコンパートメントのイラン人の男三人と仲良くなったのだ。 彼らは英語もろくにしゃべれないのに、僕にしきりに話しかけてきて、食べ物も分けてくれた。ヤズドに着いても車で僕をホテルまで送ってくれ、さらにその中の一人が街中の案内と食事に招待してくれたのだ。 なぜこんなに親切にしてくれるのだろう?イランではこういう見返りを求めない親切に何度も出会った。今まで行った中でも好きな国の一つである。

作者: Masashi Amano

  • 1
  • 1726

My big trip to Iran


My big trip to Iran

2014-05-26 - 2014-05-27

  • 6
  • Igor Vladyka
In the beginning I had planned to see different from all that I knew the world, but in the end this trip was a turning point in my life, in both senses of this word

作者: Igor Vladyka

  • 3
  • 584

美しいモスク!

世界遺産
美しいモスク!

2004-03-06 - 2004-03-08

  • 8
  • Takashi Omura
イランのエスファハーンは、待ちも美しく、人も親日で親切です。 イランのイメージが180度変わるぐらい素晴らしい場所です。 ただ、ご飯がイマイチでした。

作者: Takashi Omura

  • 0
  • 660

イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン

イランはモスクだけじゃない!世界最長の塩の洞窟ナマクダン トップへ