Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Yoko Nakajimaさんのログブック(旅行記)「歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>」

歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>

2007-03-04 - 2007-03-0533 Episodes
Yoko Nakajima
Travel Collector
Yoko Nakajima
  • female

フォンテーヌブロー城の芸術に浸り、ライトアップされたエッフェル塔に心奪われ、ノートルダム寺院やサント・シャペルのステンドグラスに圧倒されました。
●1日目 成田国際空港~パリ・シャルルドゴール~ベルシー駅
●2日目 ヴェルサイユ宮殿~凱旋門~装飾美術館~ルーヴル美術館
●3日目 モンサンミッシェル一日バスツアー
◎4日目 フォンテーヌブロー城~ディナー&セーヌ川クルーズツアー
◎5日目 エッフェル塔~ノートルダム寺院~サント・シャペル~コンシェルジュリー~シャルルドゴール空港
◎6日目 成田国際空港

  • 0Favorite
  • 22view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12007/03/04

Gare SNCF de Lyon Part-Dieu Rhone-Alpes, France

Gare SNCF de Lyon Part-Dieu(ローヌ=アルプ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

〔リヨン駅〕

メトロを乗り継いでリヨン駅に。
初めて見るTGVに興奮します。TGVは見るだけ。横の赤い電車に乗ります。
国鉄でもバスでもフリーパス券があるのでホント便利。

  • Loved to be there!

Fontainebleau Île-de-France, France

フォンテーヌブロー(Fontainebleau)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

フォンテーヌブロー駅から、市内バスでお城へ向かいます。 満席状態のバスの中、何度か停車しているうちに乗客はほとんど居なくなりました。

バスもメトロと同様に停車場名の案内はないので急に不安になり、次のバス停で降りることにしました。

バスの案内看板を見てからお城を目指します。
ヨーロッパらしい建物が並んでいます。犬を連れて歩く人。フランスパンを片手に歩く人。夢に見た風景が広がっています。
カフェテラスにも人が集まり始めました。

なかなかお城が見当たりません。息子が思い切ってフランスパンを片手に持って先に歩いている中年のご夫婦に声をかけました。
ちょうど運よく、家はフォンテーヌブロー城の前を通るというで一緒に連れて行ってもらいました。

  • Loved to be there!

Fontainebleau Île-de-France, France

フォンテーヌブロー(Fontainebleau)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 02

パン屋さんからすぐ先の交差点を右折したところに、可愛いメリーゴーランドがありました。
その向かい側がフォンテーヌブローでした。

  • Loved to be there!

Chateau de Fontaineblea Île-de-France, France

Chateau de Fontaineblea(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

〔フォンテーヌブロー城〕

フランスで最も大きな宮殿のフォンテーヌブロー城は、本来は王族の狩猟用の館でした
城として華やかに変貌したのは、16世紀初めのフランソワ1世の時代からです。

  • Loved to be there!

Chateau de Fontaineblea Île-de-France, France

Chateau de Fontaineblea(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 02

1814年4月20日
ナポレオンがエルバ島に流された別れの儀式が「馬蹄形の階段」の下で行われました。

  • Loved to be there!

Fontainebleau Île-de-France, France

フォンテーヌブロー(Fontainebleau)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 03

〔フォンテーヌブローの街並〕

フォンテーヌブロー駅までバスで戻ります。
電車はあと1時間半ほどありません。その間に昼食をとろうということで駅前を歩いてみましたがお店は閉まっています。お城の近くで食べればよかったな。

お城周辺とはうって変わって、静かな街並を歩いてレストランを探します。
すれ違った人がスーパーの袋を持っていました。この近くにスーパーがあるかな?少しホッ!パンでも買えればいいかな~

少し行くとやっぱりスーパーがありました。しかもその斜め手前にはファミリーレストランが。。 ラッキー!!

バイキング形式なので好きなものをとり、またお店の人にも入れてもらいます。小さなジャガイモの炒め物をたくさん盛ってくれます。そんなに食べられないなと思っていたら、なんとも美味しいこと。しっかり全部食べてしまいました。

  • Loved to be there!

Fontainebleau Île-de-France, France

フォンテーヌブロー(Fontainebleau)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 04

歩いて駅まで行こうとしたらバス停がありました。しかもあと3分ほどで来ます。またまたラッキー!
お城からの同じバスの女性運転手さんでした。1区間で駅前でした。フリーパス券は本当に楽ですね。

電車でリヨン駅まで戻り、メトロに乗り換えます。

  • Loved to be there!

Bercy Village Île-de-France, France

Bercy Village(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

〔ベルシー・ヴィラージュ〕

ホテルがあるベルシー駅の隣駅クール サンテミリオン駅にあるベルシー・ヴィラージュが面白そうなので行ってみました。

道路の真ん中に線路があります。かつてワインを運んだ線路だそうです。
ワインの倉庫街だった場所に、このようにパリの人気ショップやカフェ、ワインバーなどが並んで観光客で賑わっています。
本当に面白く、綺麗なお店がいっぱい。おしゃれな生活雑貨屋さんも素敵でした。

ホテルに戻り、素晴らしかった感激を胸に夕方まで一眠り。セーヌ河ナイトクルーズに向けて体力を復活させなくっちゃ!

  • Loved to be there!

Tour Eiffel Île-de-France, France

エッフェル塔(Eiffel Tower)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

〔エッフェル塔〕

シティラマ社のディナー&セーヌ河クルーズに参加します。
シティラマ社まで行けば日本語が出来る女性ガイドさんが車で案内してくれて、帰りはホテルまで送ってくれるというツアーです。
参加者は私たちと、一組の新婚さんでした。

ライトアップされたエッフェル塔を見た瞬間、憧れのパリに感激し感無量!

  • Loved to be there!

La Fermette Marbeuf Île-de-France, France

La Fermette Marbeuf(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

〔ラ・フェルメット・マルブフ・ミルヌッフサン 〕

フランスのレストランでは正装が望ましいと事前調べ(ガイドブックやネット)であったのでスーツを着用しましたが、普通の格好で十分だったようです。
新婚さんもスーツ着用でした。

  • Loved to be there!

La Fermette Marbeuf Île-de-France, France

La Fermette Marbeuf(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 02

歴史的に価値のあるステンドグラスがある部屋の予約席に座り、フランス料理を堪能します。
上品な味でしたが、私にはちょっとうす味でした。

さて、いよいよセーヌ河のナイトクルーに向かいます。

  • Loved to be there!

ローヌ=アルプ(フランス)|「夢のような幻想的なイルミネーションが広がり、約90分のクルーズを楽しみます。」歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

夢のような幻想的なイルミネーションが広がり、約90分のクルーズを楽しみます。

  • Loved to be there!

ローヌ=アルプ(フランス)|「エッフェル塔が近くなり始めたら音楽は”オーシャンゼリーゼ”
気分がグッと盛り上がりました。」歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

エッフェル塔が近くなり始めたら音楽は”オーシャンゼリーゼ”
気分がグッと盛り上がりました。

  • Loved to be there!

Day 22007/03/05

Tour Eiffel Île-de-France, France

エッフェル塔(Eiffel Tower)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 02

〔エッフェル塔〕

フランス最終日はパリ市内見学。
まずはエッフェル塔から。
エッフェル塔前のビルは土産物屋さんが並んでいます。

  • Loved to be there!

Tour Eiffel Île-de-France, France

エッフェル塔(Eiffel Tower)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 03

9時にエッフェル塔に着き、9時30分始発のエレベーターを待ちます。

もう少し遅い時間になると大混雑するようです。見学は早めがいいようですね。
少し時間があるので周辺を散策し、15分前に列に並びます。

  • Loved to be there!

Tour Eiffel Île-de-France, France

エッフェル塔(Eiffel Tower)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 04

エレベーターで第二展望台まであがり、乗り換えて第三展望台まであがります。
シャン・ド・マルス公園がまっすぐ延びています。

  • Loved to be there!

Tour Eiffel Île-de-France, France

エッフェル塔(Eiffel Tower)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 05

セーヌ河の中に「白鳥の散歩道」が見えます。その先端には自由の女神が。。

メトロに乗ってベルサイユ宮殿に行ったとき、自由の女神をはっきりと見ました。

  • Loved to be there!

ローヌ=アルプ(フランス)|「メトロを降りセーヌ河を渡り、シテ島に向かいます。」歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

メトロを降りセーヌ河を渡り、シテ島に向かいます。

  • Loved to be there!

Cathédrale Notre-Dame de Paris Île-de-France, France

ノートルダム大聖堂(Cathdrale Notre Dame)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

〔ノートルダム寺院〕

レースのようなノートルダム寺院のバラ窓が見えてきました

  • Loved to be there!

Cathédrale Notre-Dame de Paris Île-de-France, France

ノートルダム大聖堂(Cathdrale Notre Dame)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 02

扉を開けたとたん、素晴らしいステンドグラスに心奪われます。

  • Loved to be there!

Cathédrale Notre-Dame de Paris Île-de-France, France

ノートルダム大聖堂(Cathdrale Notre Dame)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 03

バラ窓にも美しいステンドグラスが施されえています。

  • Loved to be there!

Musée des Collections de la Préfecture de Police de Paris Île-de-France, France

Musée des Collections de la Préfecture de Police de Paris(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

〔パリ警視庁〕

素晴らしい外観に誘われて、思わず入ってしまった警視庁(^-^;
日本人がどうかしたかと、職員もビックリしたでしょうね。

  • Loved to be there!

Sainte-Chapelle Île-de-France, France

サント・シャペル(Sainte-Chapelle)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

〔サント・シャペル〕

13世紀に建てられたゴシックの宝石と呼ばれる美しい教会。

  • Loved to be there!

Sainte-Chapelle Île-de-France, France

サント・シャペル(Sainte-Chapelle)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 02

1階の教会は王家使用人用として使われました

  • Loved to be there!

Sainte-Chapelle Île-de-France, France

サント・シャペル(Sainte-Chapelle)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 03

2階はフランス王家用の教会として使われていました。
礼拝堂にぎっしり見事に並んだパリ最古のステンドグラスは圧巻です。

  • Loved to be there!

La Conciergerie Île-de-France, France

コンシェルジュリー(La Conciergerie)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

〔コンシェルジェリー〕

フランス革命時に牢獄になり、マリーアントワネットもここに収容されました
セキュリティチェックを受けてから入館します。

  • Loved to be there!

La Conciergerie Île-de-France, France

コンシェルジュリー(La Conciergerie)(パリ, フランス)|歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん) - 02

コンシェルジェリーの外観

  • Loved to be there!

ローヌ=アルプ(フランス)|「さ~、これでパリ観光も終わりです。
メトロに乗ってホテルに荷物を取りに戻りましょう。」歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>(Yoko Nakajimaさん)

さ~、これでパリ観光も終わりです。
メトロに乗ってホテルに荷物を取りに戻りましょう。

  • Loved to be there!

ローヌ=アルプ(フランス)|「フランス旅行最後のメトロに乗りオペラ・ガニエル駅で降り、ロワシーバスでシャルル・ド・ゴール空港第2ターミナルに向かいます。

バスの中からパリをパチリ! 
バスは古いビルが立ち並ぶ路地のような細い道や坂道を走り、映画のワンシーンのような錯覚!何処を見ても絵になります。

フランス旅行最後のメトロに乗りオペラ・ガニエル駅で降り、ロワシーバスでシャルル・ド・ゴール空港第2ターミナルに向かいます。

バスの中からパリをパチリ! 
バスは古いビルが立ち並ぶ路地のような細い道や坂道を走り、映画のワンシーンのような錯覚!何処を見ても絵になります。
もうこれで見納め。心にもしっかりと刻みます。

18時30分、東京に向けナイトフライト。飛行機の中はまだあまり暖まっていないことと疲れから、脚がつってしまって困りました。

しばらくして治まったあとは心地よい睡魔が襲ってきて深い眠りに。。
食事以外はほとんど寝ていました。

翌日14時10分、成田空港に到着。

フランスの歴史とロマン、芸術にどっぷりと浸ったこの気持ちをお土産に。。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 22view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編> 歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>

Back to Top of 歴史とロマン、芸術に浸るフランスの旅 <後編>