Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
George Wiltshierさんのログブック(旅行記)「天空の都市「レー」標高3600メートル!」

天空の都市「レー」標高3600メートル!

2016-09-04 - 2016-09-08 11 162 1
  • India
訪れた国
インド

パキスタンとの領有権を争っているカシミール地方の街なので、「危険では?」と思うかもしれませんが、レーはめちゃくちゃ安全でした!

治安は抜群に良く、テレビの報道で見るようなイスラム教徒の反乱もありません。

というのも、レーはチベット仏教の街だからです!

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2016/09/04

「レーに到着!
空港からも雄大なヒマラヤ山脈の山々を見ることができます。

けど、いきなり標高3500メートルに降ろされるので、酸素が薄いです。」天空の都市「レー」標高3600メートル!(George Wiltshierさん)

レーに到着!
空港からも雄大なヒマラヤ山脈の山々を見ることができます。

けど、いきなり標高3500メートルに降ろされるので、酸素が薄いです。

「街中は綺麗に整備され、チベット仏教の旗であるタルチョーで飾られています」天空の都市「レー」標高3600メートル!(George Wiltshierさん)

街中は綺麗に整備され、チベット仏教の旗であるタルチョーで飾られています

2日目2016/09/05

「レーはチベット仏教街なので、食事もインドの激辛カレーではなく、日本食に近いあっさりとした味の食事です。
これはチベット餃子のモモとチベット風焼きそば」天空の都市「レー」標高3600メートル!(George Wiltshierさん)

レーはチベット仏教街なので、食事もインドの激辛カレーではなく、日本食に近いあっさりとした味の食事です。
これはチベット餃子のモモとチベット風焼きそば

「マーケットの中央通りの入り口の角の二階にあるレストランがオススメです。

メニューはないので、ガイドブックを参考にして、注文しました。」天空の都市「レー」標高3600メートル!(George Wiltshierさん)

マーケットの中央通りの入り口の角の二階にあるレストランがオススメです。

メニューはないので、ガイドブックを参考にして、注文しました。

5日目2016/09/08

「これはチベット難民マーケット。

中国共産党による弾圧によって多くのチベット人たちがインドに亡命してきており、レーには数多くのチベット難民が暮らしています。

そのため街中にはチベットの伝統工芸品などを売るチベット難民のマーケットが数多くあり、私が小さなチベット国旗の刺繍を買った店の女性も15年く

これはチベット難民マーケット。

中国共産党による弾圧によって多くのチベット人たちがインドに亡命してきており、レーには数多くのチベット難民が暮らしています。

そのため街中にはチベットの伝統工芸品などを売るチベット難民のマーケットが数多くあり、私が小さなチベット国旗の刺繍を買った店の女性も15年くらい前に亡命してきと言ってました。

「街の奥の山肌にそびえ立つのが、レーの王宮。

昔は、このあたり一帯を治めていた王家の宮殿だったらしい。

中には入場券を買えば入ることができ、窓やテラスからの景色は抜群!
入場料も、200ルピーでリーズナブルだった記憶があります。」天空の都市「レー」標高3600メートル!(George Wilts

街の奥の山肌にそびえ立つのが、レーの王宮。

昔は、このあたり一帯を治めていた王家の宮殿だったらしい。

中には入場券を買えば入ることができ、窓やテラスからの景色は抜群!
入場料も、200ルピーでリーズナブルだった記憶があります。

「王宮から山を登っていきます。」天空の都市「レー」標高3600メートル!(George Wiltshierさん)

王宮から山を登っていきます。

Leh インド

Leh(インド)|天空の都市「レー」標高3600メートル!(George Wiltshierさん)

途中、道を間違え、休憩していた時に撮影。

絶景です。

  • 行ってよかった!

「山頂に大量に飾られているチベット仏教の旗であるタルチョ。

風に靡いていてきれいでした。」天空の都市「レー」標高3600メートル!(George Wiltshierさん)

山頂に大量に飾られているチベット仏教の旗であるタルチョ。

風に靡いていてきれいでした。

  • 行ってよかった!

「王宮の裏にある山の山頂にある寺院からの眺め。

ツェモ・ゴンパ寺院は質素なものですが、そこからの景色に圧倒されます。

酸素が薄いので軽い山登りですが、すぐに息が上がってしまい大変だったのを覚えています。」天空の都市「レー」標高3600メートル!(George Wiltshierさん)

王宮の裏にある山の山頂にある寺院からの眺め。

ツェモ・ゴンパ寺院は質素なものですが、そこからの景色に圧倒されます。

酸素が薄いので軽い山登りですが、すぐに息が上がってしまい大変だったのを覚えています。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

インド・ゴア半年滞在者が教える♡おすすめビーチ5選

女子旅
インド・ゴア半年滞在者が教える♡おすすめビーチ5選

2012-12-05 - 2012-12-05

  • 12
  • Alice
日本ではあまり知られていない!? インドの楽園ゴア♡ 半年間ゴアに住んでいた女子大生(22)が、おすすめビーチを紹介します! ゴアトランスを中心とするパーティー聖地、 ピッピー発祥地として世界中から若者が訪れる ゴアのおすすめビーチをどうぞ♪

作者: Alice

  • 4
  • 24190

住んでみて分かった本当のインド《インドがヤバい件》

女子旅
住んでみて分かった本当のインド《インドがヤバい件》

2012-09-21 - 2013-09-30

  • 16
  • Alice
インドって本当にヤバいんです。 ヤバいのは、電車や牛だけではありません。 日々の生活すべてがヤバいんです!!!笑 インドに魅了されている(憑りつかれている!?)インド留学経験者の私が インドに住んでみて分かった”ヤバいインド”をお伝えします( ゚Д゚)笑

作者: Alice

  • 5
  • 9745

インド放浪記

一人旅
インド放浪記

2013-02-14 - 2013-03-02

  • 12
  • Daisuke Takishima
”ヒト”の生きる力を感じられた国インド。 3週間のインド1人旅をしてきた。 旅のきっかけは、勤めてた会社が倒産した。 急に今まで忙しかった日常から、急に何もすることがなくなると かえって何をしていいか分からなくなった。 それだけ忙しい日常生活に馴れてしまっていた。。 そんな時、家でテレビを見ているとインド特集の番組が流れていた。 それを見た瞬間、、この国に行こう!と決意し 5日後に日本を旅立った。

作者: Daisuke Takishima

  • 11
  • 7462

インド:美しい人々が住む国

世界遺産
インド:美しい人々が住む国

2008-07-26 - 2008-08-01

  • 17
  • Hideki Tanaka
尊敬する写真家スティーブ・マッカリーが写したインドを見て、混沌とした色鮮やかな世界とそこに住む人々に興味を持った。そしてインドの人々への興味は、旅が進むにつれてさらに増していった。親切な人、騙そうとする人、物乞いをする人、祈る人、無邪気な子供達。インドの人々は美しい。

作者: Hideki Tanaka

  • 22
  • 7021

神秘の国インド旅  Dive in ガンガー ~すべての始まりはピンクブラからの巻(・∀・)♡

一人旅
神秘の国インド旅 Dive in ガンガー ~すべての始まりはピンクブラからの巻(・∀・)♡

2012-02-01 - 2012-02-13

  • 35
  • Toyo  Serizawa
旅の始まりはたった一つの思いからだった。 「ピンクブラをつけて、インドのガンジス川に飛び込みたい。」 思い立った翌月僕は… "聖なるガンガー"に"ピンクブラ"をつけて、立っていたのだった(iДi)♡笑

作者: Toyo Serizawa

  • 11
  • 6595

マザー・テレサのボランティアからまさかの入院!!波瀾万丈のインド旅~コルカタ編~

世界一周
マザー・テレサのボランティアからまさかの入院!!波瀾万丈のインド旅~コルカタ編~

2013-08-08 - 2013-08-21

  • 18
  • Yukiko Aono
夫婦合わせて計6回目となるインド旅。人に揉まれ、人に疲れ、人に癒され。何度来てもインドは濃い。 7年ぶりに訪れたコルカタ。目的はマザー・テレサのボランティアをすること。しかしそこからまさかの展開に。。やっぱりタダでは出られないのがこの国。約2ヶ月に及ぶインド旅は、まだまだ始まったばかりです。

作者: Yukiko Aono

  • 0
  • 7258

初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜

世界遺産
初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜

2008-11-11 - 2008-11-11

  • 19
  • Horie Kentaro
聖なる河、ガンガー(ガンジス河)の流れる街であり、ヒンドゥー教の聖地でもあるヴァラナシ(ベナレス)。ここではこれまでインドに来てから「一刻も早く帰りたい」と思っていた自分が「帰りたくないな」と思うようになるような、インドでの疑問や不満を解消するできごとがありました。 「世界の広さ」とは、「自分が許せる世界の広さ」が大きければ大きいほど広がる、そんなことを教えてくれ、自分の視点を一つ高くしてくれた街、ヴァラナシでの思い出。

作者: Horie Kentaro

  • 10
  • 5380

私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ

一人旅
私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ

2011-09-14 - 2011-09-24

  • 60
  • Shino Ichimiya
憧れの地、ラダックを目指したインド一人旅。 チベットよりもチベット仏教が深く根付くというヒマラヤの奥地、旧ラダック王国へ。シャンティは「平和」の意味。ゆったり穏やかに。そんなシャンティな旅でした。 \チャンディーガール/ https://www.compathy.net/tripnotes/2147 \カシミール〜ダラムシャラ/ https://www.compathy.net/tripnotes/13339

作者: Shino Ichimiya

  • 13
  • 4681

天空の都市「レー」標高3600メートル! 天空の都市「レー」標高3600メートル!

天空の都市「レー」標高3600メートル! トップへ