Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
阿佐智さんのログブック(旅行記)「シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ」

シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ

2011-07-25 - 2011-07-2515 Episodes
阿佐智
Travel Collector
阿佐智
  • 40s / male

中央アジアの国境は非常に入り組んでます。コーカンドもホジェンドも各々の国からすれば飛び地のような存在。こういう時にこそ、ビザが役に立ちます。このルートでは2度国境を越えます。

  • 2Favorite
  • 29view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12011/07/25

Коканд | Qo'qon | Kokand Farg'ona Viloyati, Uzbekistan

Коканд | Qo'qon | Kokand(Farg'ona Viloyati, ウズベキスタン)|シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

コーカンドにいったん戻り、タジキスタン経由で古都サマルカンドへ向かいます。この町には鉄道が通じていますが、これはキルギス方面へ抜けるためのものらしく、乗り合いのマルシュルートカを乗り継いで行きます。

  • Budget:100USD

ベシャリク Ferghana Province, Uzbekistan

ベシャリク(Ferghana Province, ウズベキスタン)|シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

マルシュルートカを2回乗り継いで到着したのが、ベシャリク国境。あまり人の行き来はないようで、すんなり国境を越えることができました。

  • Budget:100USD

ベシャリク国境 Sughd Province, Uzbekistan

ベシャリク国境(Sughd Province, ウズベキスタン)|シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

イミグレでは、宿泊登録をチェックされないかとひやひやします。幸い、そういうチェックは当時でももうなされていないようで、すんなり出国できました。

バザール Sughd Province, Tajikistan

バザール(ソグド地域, タジキスタン)|シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

国境からはバスが近くの町、コニボドムまで出ていました。ウズベキスタンの通貨、ソムでの支払いも可能でした。町にはすぐにつきます。この町のバザールにはなぜか観覧車が。

  • Budget:100USD

バザール Sughd Province, Tajikistan

バザール(ソグド地域, タジキスタン)|シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん) - 02

ここからマルシュルートカをつかまえ、さらに西へ。ホジェンドはタジキスタン北部最大の町です。中国系の人も多いようで、漢字の看板が目立ちます。

  • Budget:200USD

パンシャンベバザール Sughd Province, Tajikistan

パンシャンベバザール(ソグド地域, タジキスタン)|シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

バザールを散策します。いかにもシルクロードという感じの雰囲気がします。なんとも言えない雑踏を歩くと目にするものすべてが新鮮に映ります。迷路のように入り組んだ路地ですが、適当に歩いていきます。

Farg'ona Viloyati(ウズベキスタン)|「小腹がすいたので、ここで食事。サモサふたつと紅茶で11ソモニ。120円ほど。それなりのボリュームで十分におなかがいっぱいになりました。」シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

小腹がすいたので、ここで食事。サモサふたつと紅茶で11ソモニ。120円ほど。それなりのボリュームで十分におなかがいっぱいになりました。

  • Budget:120USD

Farg'ona Viloyati(ウズベキスタン)|「バザールの入り口。けっこう立派な門です。表にでるととにかく夏の日差しが熱い。とにかく人々の往来が激しくて、活気に満ちています。」シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

バザールの入り口。けっこう立派な門です。表にでるととにかく夏の日差しが熱い。とにかく人々の往来が激しくて、活気に満ちています。

Farg'ona Viloyati(ウズベキスタン)|「バザール入り口をよく見ると、レーニンとスターリンのレリーフがありました。独立後四半世紀近く経っても、ところどころにソ連の名残が残っています。」シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

バザール入り口をよく見ると、レーニンとスターリンのレリーフがありました。独立後四半世紀近く経っても、ところどころにソ連の名残が残っています。

Savran Chanak Toshkent Viloyati, Tajikistan

Savran Chanak(Toshkent Viloyati, タジキスタン)|シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

ホジャンドから乗合の車で国境に向かいました。車を探すのに結構一苦労。市内を回る乗合タクシーに乗って郊外に行き、そこから乗り継ぎました。

  • Budget:300USD

Farg'ona Viloyati(ウズベキスタン)|「ホジャンドからサマルカンドは西方向なのですが、メジャーな国境は北西方向のチャナックというところのようです。ごらんのとおり何もないところです。」シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

ホジャンドからサマルカンドは西方向なのですが、メジャーな国境は北西方向のチャナックというところのようです。ごらんのとおり何もないところです。

Farg'ona Viloyati(ウズベキスタン)|「この国境は、通関時間が決まっているようで、小一時間待たされました。国境を抜けると、すぐ前に南北方向を貫く道路が走っています。」シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

この国境は、通関時間が決まっているようで、小一時間待たされました。国境を抜けると、すぐ前に南北方向を貫く道路が走っています。

Farg'ona Viloyati(ウズベキスタン)|「ここからは乗合タクシーを乗り継いで、サマルカンドを目指します。乗合と言っても、乗客は自分だけというのが多かったです。この区間ではとくにぼられることもありませんでした。」シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマ

ここからは乗合タクシーを乗り継いで、サマルカンドを目指します。乗合と言っても、乗客は自分だけというのが多かったです。この区間ではとくにぼられることもありませんでした。

  • Budget:80USD

ヤンジール Sirdaryo viloyati, Uzbekistan

ヤンジール(Sirdaryo viloyati, ウズベキスタン)|シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

まずはヤンジールという町まで、それからシルダリア、ダシダバ、シザールという町に出ます。ここまで計8500スム。3.5ドルほど。

  • Budget:350USD

サマルカンド Samarkand Province, Uzbekistan

サマルカンド(サマルカンド, ウズベキスタン)|シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ(阿佐智さん)

途中ですっかり日が暮れて、サマルカンド到着は22時ごろになりました。町の中心に出てなんとか宿をとりました。

  • Budget:320USD

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 29view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜

シルクロード
カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜

2014-09-25 - 2014-09-25

Read more

  • 17Episodes
  • Nakano Takayuki
アラル海。 - かつては世界で四番目に大きな湖が、今やなくなりかけていて、 あと数年で姿を消すとまで言われている。 - と言うわけで行って来ました! - 現地の人みたく、バスを駆使! 片道3ドル、3時間半。 アラル海の漁で栄えていた町モイナク。 - 着いて、どうしようかなーとキョロキョロしてたら、 「おい、乗れ」と運転手と3人の若者が乗る車に言われて、 どこに行くかも聞かずに乗せられる。 - 若者たちが学校で降りたあと、 「で、お前は何処に行くんだ?」 - 今、聞く? - まー、乗る方も乗る方だけど。 - - 船の写真見せたら、連れてってくれた。 船の墓場。 - - トルコ人のツアー客が何人が居た。 - (ジープで元々は海の底だったとこを突っ切って、今の海岸線まで行くツアーが出てる。一日で50~80ドル、一泊で150~200ドルくらい) - 僕は3時のバスまで、自由時間。 250km先にある、今の海岸線まで行く時間はなく、かつての海岸線を歩く。 - まるで砂漠なのだが、 足元には貝殻がある。 - - 昨日、ヒヴァでは命の連続を感じた。 遺跡の中に、今も人が日常を送っているからだ。 - 今日は、命の断絶を感じた。 つながるはずのバトンが途切れたような、そんな感覚。 - - ツアーじゃないから、 一人の時間が長い。 - - 色んなことを思う。 - あまりに広い「失った海」。 世界は、この海より遥かに広い。 - まだまだ見たい世界が広がってる。 立ち止まるにはもったいないほどの。 - - 行こうと思えば、どこだって行ける。 - 一歩一歩、どこに向かうか決めてさえいれば。 いつまでに、着くか決めてさえいれば。 - 風の音だけが無為に聞こえる一人の時間が、 忘れない時間を、身体に刻み込んでく。 - - 作りかけの建物に入ると、 なぜか、鳥肌がやまなかった。 - どんな想いが、 ここに残されてるのか。 - ここには、あったはずの水が「無い」。 - - 「無いこと」が有り、 それが、僕らに何かを残す。 - - <シルクロードのログブック> ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。 https://www.compathy.net/tripnotes/18588 キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18672 - ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18850 - カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18633

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 3
  • 970 views

シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ

Back to Top of シルクロードの旅2:ウズベキスタン・フェルガナ盆地からタジキスタン経由でサマルカンドへ