Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Akira Naitoさんのログブック(旅行記)「静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】」

静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】

2008-07-05 - 2008-07-08 47 1058 47
Akira Naito
Travel Collector
Akira Naito
  • 30s / male
  • China
Places visited
China

2008年5月12日。
僕が四川省に入る約2ヶ月前にこの地をかつてない規模の地震が襲った。
その影響は計り知れず、
僕が成都に入った7月の時点でまだ道路はそこかしこで寸断されていて
到底日常の生活のめどなんて立つ見込みすらない様子だった。

その道路がどうなってるかの情報すら不確かな中、
僕は北部にある世界遺産「九寨溝」「黄龍」へ行くことにした。

迂回路を経てたどり着いたその地は、
政界遺産なのに人がほとんどいない静寂の地となっていた。

時間とお金に限りがある僕は
ボランティア活動ではなくその地にお金を落とすことで
被災地を旅している自分を肯定しようと思った。

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12008/07/05

成都旅游集散中心 Sichuan, China

成都旅游集散中心(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

果たして無事たどり着けるのか、
旅行代理店を務める宿の人も分からないという
あいまいな状況の中、バスステーションへ。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「途中で昼食をとったところにて。
壁に道中の街とそこまでの時間が書いてある。」静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

途中で昼食をとったところにて。
壁に道中の街とそこまでの時間が書いてある。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「道中の街はプレハブが立ち並び
復興へ向けて今もまだ道半ばと伝わってくる。」静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

道中の街はプレハブが立ち並び
復興へ向けて今もまだ道半ばと伝わってくる。

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口 Sichuan, China

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

九寨溝には夜に到着。
バスを降りると数人の客引きが寄ってきたけど、どこも100元とか超える金額だったので自分の足で探す。
「青年旅舎」の文字を見つけここに入ってみると、受付の女の子がすごい喜びようで迎え入れてくれた。今日唯一の客らしい。
もともと1泊120元のツインをなんと80元でいいと言ってくれた。
普段なら高いと思うけどこれくらいならね。
「赵(ジャオ)」というこの子は、
『用があったらなんでも言ってね!」と台帳に名前を書いている僕に言ってくれてるようだった。

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口 Sichuan, China

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 03

「熊掌豆腐」と書いてあったので熊肉でも出るのかと思いきや、豆腐の炒め物のようだ。

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口 Sichuan, China

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 04

こちらは「爽口木耳」という料理。
木耳の冷菜といったところか。

ちなみにどちらもおいしい。

Day 22008/07/06

四川省(中華人民共和国 (中国))|「朝食は屋台で油条と豆乳を。」静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

朝食は屋台で油条と豆乳を。

九寨沟国家公园 Jiuzhaigou Natural Park Sichuan, China

九寨沟国家公园 Jiuzhaigou Natural Park(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

入場料220元、加えて園内のバス代90元と保険3元。
中国国内でかつてない高さの金額に唖然。

ゲートをくぐっていきなり乗せられたバスが一気に鏡海というところまで行ってしまう。

九寨沟国家公园 Jiuzhaigou Natural Park Sichuan, China

九寨沟国家公园 Jiuzhaigou Natural Park(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 05

バスを降りたら全然他のバスがなくて仕方なくうろうろと歩いていたら、国立公園の中なのに民家を発見。

长海 Sichuan, China

长海(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

九寨溝は実はとんでもなく広いところで、
とてもじゃないけど徒歩で回るなんてできない。
でも、入り口で別段パンフレットももらったわけでもないのでそんなの分からず
自分の足で歩いてそれを悟る。
そのくせ全然公園内を行き交ってるはずのバスが通らない。
これはもしかして震災で来場者がいないからなのか...

そんな絶望に浸っていたら
一台のバスが通りかかって僕を拾ってくれた。
香港から来たという彼らはバスをチャーターしたらしい。

とにもかくにも助かった。

长海 Sichuan, China

长海(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 02

あまりにも人がいないので、
彼らと一緒に
普段は入っちゃいけない柵の向こうへ入ってみた。
湖のほとりから眺められるなんてすごい、
入っちゃってごめんなさい、でも、感動!

五彩池 Sichuan, China

五彩池(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

お次は、五彩池。
エメラルドグリーンの色にうっとり。

九寨沟国家公园 Jiuzhaigou Natural Park Sichuan, China

九寨沟国家公园 Jiuzhaigou Natural Park(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 09

チベット人の民家から実は一緒だったこの人が先にバスを降りて行った。
北京から来たというこの人、どうやらさっきの所に泊まってるらしい。

熊猫海 Sichuan, China

熊猫海(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

ここの名前は「熊猫海」。
熊猫ってパンダって意味だから、
もしかしたらここにパンダが水を飲みに来ていたってことなのかもしれない。
でも、これだけの大自然の中ならいてもおかしくないと思う。

九寨沟国家公园 Jiuzhaigou Natural Park Sichuan, China

九寨沟国家公园 Jiuzhaigou Natural Park(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 15

香港から来たこの子たちはここを見て何を思うんだろう。
振り返りざまに撮ったらたまたまハッとした写りになっていた一枚。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「九寨溝の入り口まで戻ってきた。
本来ならここにビッシリと観光客が溢れているだろうに。
今はただただガランとしている。
でも、おかげでゆっくり見ることはできた。」静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

九寨溝の入り口まで戻ってきた。
本来ならここにビッシリと観光客が溢れているだろうに。
今はただただガランとしている。
でも、おかげでゆっくり見ることはできた。

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口 Sichuan, China

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 06

おなじ青稞からつくられたお酒「青稞酒」
蒸留酒なので度数もかなり高め。

Day 32008/07/07

四川省(中華人民共和国 (中国))|「今日は九寨溝から黄龍まで行ってみることに。
赵ちゃんに聞いたら、バスだと直行がなくて松潘というところで乗り継ぐ上、日帰りでは戻ってこれないというので意を決して車をチャーターすることに。」静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん)

今日は九寨溝から黄龍まで行ってみることに。
赵ちゃんに聞いたら、バスだと直行がなくて松潘というところで乗り継ぐ上、日帰りでは戻ってこれないというので意を決して車をチャーターすることに。

Huanglong National Park 黄龙风景区 Sichuan, China

Huanglong National Park 黄龙风景区(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 04

黄龍は九寨溝からさらに奥なので
よりいっそう人がいなかった。
園内も九寨溝とくらべるとそこまで広くなく
遊歩道をずっと歩いて回る感じ。

上まで登ったらこんなお寺が。

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口 Sichuan, China

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 08

そういえば今日は7/7。
七夕だ!と思って夜空を眺めてみたけど
山奥にいる割には星はそれほどでもなかった。

Day 42008/07/08

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口 Sichuan, China

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 09

朝方、チェックアウトの時に
お世話になった赵ちゃんを撮らせてもらった。
「笑一笑(笑って〜)!」と言ったのにこの表情(笑)
普段の笑顔が素敵だったからそれを収めたかったんだけどな...残念。

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口 Sichuan, China

Jiuzhaigou Entrance 九寨沟入口(四川省, 中華人民共和国 (中国))|静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】(Akira Naitoさん) - 10

さて、成都へ戻ります!
チベットへの情報が少しでも更新されてることを願いつつ。

これから先もきっとこれだけ人のいない九寨溝&黄龍に行くことはできないだろうな。
震災の影響という複雑な原因とはいえ
自分のペースでこうした場所を見れたのはとってもいい体験でした。

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

Travel Collector: Akira Naito

  • 15
  • 8490

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

Travel Collector: Daisuke Taniwaki

  • 18
  • 7240

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 16
  • 4130

中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

一人旅
中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

2014-07-16 - 2014-07-26

  • 30
  • Seki
今回は、甘粛省の蘭州から新疆の伊寧まで12日間旅をしました。 2日に1回は移動していたので、結構あっという間でした。 今回の主な目的は「絶景」「国境」「名物料理」でしたが、すべて達成できて内容の濃い旅となりました。 新疆地区の料理は、また行ってはしごしたいです。笑

Travel Collector: Seki

  • 9
  • 5217

船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

一人旅
船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

2008-04-14 - 2008-04-17

  • 9
  • Akira Naito
今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

Travel Collector: Akira Naito

  • 8
  • 4615

意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

一人旅
意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

2013-03-09 - 2013-03-09

  • 27
  • Hiroyuki  Fukagawa
人生で3回目の個人旅行。 前年に日本に初就航した中国のLCC、春秋航空を有明佐賀空港から利用。 上海まで片道、3000円という驚きの価格(燃油サ-チャージ等は別)そして初めてのネットでホテルの予約。 世の中すべてネットで出来るという便利だけど、チョッピリ不安な旅立ち。 空港までは下道で約1時間半。 有明佐賀空港の駐車は何日でも無料。新しくコンパクトな空港。 春秋航空も、1時間半にフライトは快適…CAさんとかも悪くないなぁ(*^^)v ~佐賀✈上海、往復22580円(カード別手数料有) 上海浦東空港も大きくてモダン、直ぐにタクシー乗り場へ。 しかし、ホテル予約サイトの口コミで書いてあった通り、運ちゃん、ホテルが分からない。地図を見たり電話をかけたりしても埒があかず、30分以上も走る。 結局、ホテルの写真を持っていた私が発見!Uターンさせて到着。それでも1000円もしなかったのは、近くてタクシー代が安いということか… ガイドブックとかにも、ホテル地図にも載っておりず、殆ど冒険で適当に最寄りのバス停からバスに乗る。2元だったかな…エアコン付。 適当に降りたところが地鉄2号線の川沙駅近く。 川沙公園に行ってみる(適当に歩いていたら着く) 原住民の憩いの公園、無料で、何となくホノボノ…嫌いじゃない。 駅に行って、地下鉄2号線で静安寺に行き、上海雑技を見る。 帰りは川沙まで地下鉄で来たが、帰りのバスがなくなって仕方なしにタクシーで? 道不案内を恐れたが、良く知っていて、スムーズに到着…20分くらい。 トラブルもあったが、中々楽しい1日目(*^^)v

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 6
  • 5771

大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

一人旅
大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

2004-03-01 - 2004-03-01

  • 3
  • Akira Naito
「中国にもマチュピチュがある!」そんな情報を聞いて目指したその場所。 雲南省の世界遺産にもなっている少数民族納西(ナシ)族自治州の麗江からさらにさらに道の奥。

Travel Collector: Akira Naito

  • 4
  • 2532

その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

一人旅
その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

2002-03-14 - 2002-03-15

  • 8
  • Akira Naito
顔に刺青を施す風習が残るという独龍族に会えたらなと思い向かったものの会えずじまいだった貢山からの帰り道。六庫という町で大理行きのバスに乗り換えようとした僕に客引きの声が耳に留まる。それは、貢山へ向かう直前大理のバス停で出会った強者パッカーが「あそこはいいとこだったよ」と言っていた町の名前だった。『片马?』その言葉に、僕は身体を屈めながらその町行きのワンボックスに乗り込んだ。

Travel Collector: Akira Naito

  • 7
  • 1463

静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】 静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】

Back to Top of 静寂の世界遺産【中国四川省九寨溝・黄龍】