Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Akira Naitoさんのログブック(旅行記)「麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】」

麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】

2008-07-01 - 2008-07-04 24 105 2

雲南省麗江から寝台バスにて約24時間!
ほぼ1日かけて一気に四川省の省都、成都まで。
四川省といえば、激辛で有名な四川料理。
日本人にもお馴染みの麻婆豆腐や担々麺のふるさとでもあります。
チベットへの玄関口となるここ成都でチベット行きの情報を集めながら
旨辛四川料理に舌鼓を打つのでした。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2008/07/01

陳麻婆豆腐 四川省, 中華人民共和国 (中国)

陳麻婆豆腐(四川省, 中華人民共和国 (中国))|麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん) - 03

日本人に最も有名な四川料理といえば、おそらく麻婆豆腐。
その麻婆豆腐の元祖のお店があるというのは前々から聞いていたので、
成都での初の夜ご飯はどうしてもこの元祖のお店で食べてみたかったので突撃!

陳麻婆豆腐 四川省, 中華人民共和国 (中国)

陳麻婆豆腐(四川省, 中華人民共和国 (中国))|麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

意外にきちんとしたレストランスタイルで、ちょっと旅人風情がフラッと入るには場違いかなと感じてしまった。
しかも、通された場所も円卓でそこに一人で座るのはちょっと寂しすぎた���(笑)...
前菜で頼んだこれは、「夫妻肺片」という牛の内臓を香辛料で煮込んだ料理。

陳麻婆豆腐 四川省, 中華人民共和国 (中国)

陳麻婆豆腐(四川省, 中華人民共和国 (中国))|麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん) - 02

棒棒鶏を挟んで、ついに真打ち「麻婆豆腐」が登場!!
これこれ、これが食べてみたかったんです!

実食。

日本式に慣れてしまっているのか、
辛いのに慣れてしまっているのか、
はたまた期待が過度になっていたのか。

脳内で作り上げられていたイメージとはちょっと違っていました。
辛さもそれほどでもなく。
美味しいんだけど、想定内。

でも、食べれたことにすでに大満足。
四川料理、初日から好きな味がバンバン来て明日からがもっと楽しみに。

2日目2008/07/02

四川省(中華人民共和国 (中国))|「2日目の最初は、各地でも食べていた「豆花」。
ここのは上にザラメがかかっていて
あったかくて甘くって朝一にはぴったり。

日本でも流行んないかなーと常々思っていたんだけど、ようやくここ数年で日本にも上陸してるみたい。」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて

2日目の最初は、各地でも食べていた「豆花」。
ここのは上にザラメがかかっていて
あったかくて甘くって朝一にはぴったり。

日本でも流行んないかなーと常々思っていたんだけど、ようやくここ数年で日本にも上陸してるみたい。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「四川料理といえば、日本人にとってこれまた有名なのが担々麺。
今でこそ汁なしが日本でも認知されてますが
元は天秤棒で担いで街中で売っていたものらしく、それゆえ汁がないというスタイルらしい。
ぱっと見は別段辛くなさそう。」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて

四川料理といえば、日本人にとってこれまた有名なのが担々麺。
今でこそ汁なしが日本でも認知されてますが
元は天秤棒で担いで街中で売っていたものらしく、それゆえ汁がないというスタイルらしい。
ぱっと見は別段辛くなさそう。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「で。
混ぜてみるとこんな感じ。
辛さはさほどでもないけど
とにかくうまい。
日本式のゴマがたっぷりのも好きだけど
このスタイルもいい!

しかし、日記を見返したら
担々麺を食べたという記憶になっているはずなのに「涼麺」と書いてある。
はて?果たしてどっちなんだろ

で。
混ぜてみるとこんな感じ。
辛さはさほどでもないけど
とにかくうまい。
日本式のゴマがたっぷりのも好きだけど
このスタイルもいい!

しかし、日記を見返したら
担々麺を食べたという記憶になっているはずなのに「涼麺」と書いてある。
はて?果たしてどっちなんだろう。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「辛いものの後はお口をさっぱりさせたいねと街中でアイスを購入。」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

辛いものの後はお口をさっぱりさせたいねと街中でアイスを購入。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「中はこんな感じ。」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

中はこんな感じ。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「さて夕食。
青菜の炒めたもの。」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

さて夕食。
青菜の炒めたもの。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「これは、「水煮牛肉」。
感じからはとても辛い料理とは想像つかないw」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

これは、「水煮牛肉」。
感じからはとても辛い料理とは想像つかないw

四川省(中華人民共和国 (中国))|「これは瓜だか魚だかのスープ。
ちなみに、中華料理のスープって
数人でとりわけるのが常識なのか
ものすごい量で出てくる。」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

これは瓜だか魚だかのスープ。
ちなみに、中華料理のスープって
数人でとりわけるのが常識なのか
ものすごい量で出てくる。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「これはなんだったか...
肝心のメニュー名が読み取れなかったのか
日記にも空白になっている。」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

これはなんだったか...
肝心のメニュー名が読み取れなかったのか
日記にも空白になっている。

3日目2008/07/03

四川省(中華人民共和国 (中国))|「今日も昨日と同じ店に行き朝一の「豆花」。
店主に「甘いのとしょっぱいのどっち?」と聞かれ、今日はしょっぱいのにしてみる。
あからさまに辛そうなタレが一緒に出てきた(笑)」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん

今日も昨日と同じ店に行き朝一の「豆花」。
店主に「甘いのとしょっぱいのどっち?」と聞かれ、今日はしょっぱいのにしてみる。
あからさまに辛そうなタレが一緒に出てきた(笑)

四川省(中華人民共和国 (中国))|「あと、一緒に「酸辣粉」を頼んでみる。
この「粉」っていうのは、
この麺状のもののことらしく、
後日調べてみたところ
春雨が緑豆のでんぷんを使うように
これの主原料はさつまいものでんぷんとのこと。
でも、味にさつまいもの風味とかは特になく
つるつるの喉越しとぷるぷ

あと、一緒に「酸辣粉」を頼んでみる。
この「粉」っていうのは、
この麺状のもののことらしく、
後日調べてみたところ
春雨が緑豆のでんぷんを使うように
これの主原料はさつまいものでんぷんとのこと。
でも、味にさつまいもの風味とかは特になく
つるつるの喉越しとぷるぷるの歯触りで
非常に食感が良かったと記憶している。

老沈青年旅舍 Sim's Cozy Garden Hostel 四川省, 中華人民共和国 (中国)

老沈青年旅舍 Sim's Cozy Garden Hostel(四川省, 中華人民共和国 (中国))|麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

宿の子どもたちと一緒に遊ぶ。
この宿のおかげでどれだけ助けられたか。
(オーナー夫妻が中国を離れたので今はないはず)

杜甫草堂 四川省, 中華人民共和国 (中国)

杜甫草堂(四川省, 中華人民共和国 (中国))|麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

アモイ(厦门)への列車の中で出会った魏さんがこちらで働いているというので、約束通りやってきた。
杜甫草堂。
都会な成都にあって、ここは緑が鬱蒼としている。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「魏さんの仕事上がりを待って一緒に晩御飯。
四川といえば今やすっかり有名になったアレを食べに。
ちなみに、この子はウェイトレスかと思ったらなんとビール会社の売り子さん。
どうやら店内にいて自分とこのビールをお勧めしてるらしい。
たしかに、よく見たら胸に「哈尔滨啤酒

魏さんの仕事上がりを待って一緒に晩御飯。
四川といえば今やすっかり有名になったアレを食べに。
ちなみに、この子はウェイトレスかと思ったらなんとビール会社の売り子さん。
どうやら店内にいて自分とこのビールをお勧めしてるらしい。
たしかに、よく見たら胸に「哈尔滨啤酒(ハルピンビール)」の文字が。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「じゃーん。
大好きな火鍋!
このあと散々テーブルをしっかりと汚すほどに食べてきました。」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

じゃーん。
大好きな火鍋!
このあと散々テーブルをしっかりと汚すほどに食べてきました。

4日目2008/07/04

成都ジャイアント・パンダ繁殖研究基地(熊猫繁育研究基地 | Chengdu Giant Panda Breeding Research Base) 四川省, 中華人民共和国 (中国)

成都ジャイアント・パンダ繁殖研究基地(熊猫繁育研究基地 | Chengdu Giant Panda Breeding Research Base)(四川省, 中華人民共和国 (中国))|麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

四川省の有名なものとして忘れてはならないのが「パンダ」。
同宿の人にパンダを飼育しているその名も「パンダ基地」に行こう!と、誘われ今さらパンダなんて珍しくもなんともと思いながら行ってみたら、生パンダ見てだれよりもはしゃいでしまった(笑)

四川省(中華人民共和国 (中国))|「お昼は牛肉麺。
なんだかひさしぶりに辛くないものの気がする。」麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】(Akira Naitoさん)

お昼は牛肉麺。
なんだかひさしぶりに辛くないものの気がする。

四川省(中華人民共和国 (中国))|「帰りのバスステーションで出会った女の子。
英語を習ってるらしく僕が外国人だとわかると色々と英語で話しかけてきてくれた。
夢は海外で活躍することって言ってくれたその目はとても輝いていて、願わくばこのまま真っ直ぐに育って欲しいなと勝手に思ってしまうのでした。

食も

帰りのバスステーションで出会った女の子。
英語を習ってるらしく僕が外国人だとわかると色々と英語で話しかけてきてくれた。
夢は海外で活躍することって言ってくれたその目はとても輝いていて、願わくばこのまま真っ直ぐに育って欲しいなと勝手に思ってしまうのでした。

食も人もパンダにも恵まれた成都での日々。
あいにくまだチベット行きの情報は不確かなまま。
ルート開放までどうやらまだまだ時間がかかりそうと聞いて、泊りがけでちょっと足を伸ばしてみることに。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 10
  • 5262

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 4748

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2827

中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

一人旅
中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

2014-07-16 - 2014-07-26

  • 30
  • Seki
今回は、甘粛省の蘭州から新疆の伊寧まで12日間旅をしました。 2日に1回は移動していたので、結構あっという間でした。 今回の主な目的は「絶景」「国境」「名物料理」でしたが、すべて達成できて内容の濃い旅となりました。 新疆地区の料理は、また行ってはしごしたいです。笑

作者: Seki

  • 6
  • 3240

船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

一人旅
船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

2008-04-14 - 2008-04-17

  • 9
  • Akira Naito
今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

作者: Akira Naito

  • 4
  • 3046

意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

一人旅
意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

2013-03-09 - 2013-03-09

  • 27
  • Hiroyuki  Fukagawa
人生で3回目の個人旅行。 前年に日本に初就航した中国のLCC、春秋航空を有明佐賀空港から利用。 上海まで片道、3000円という驚きの価格(燃油サ-チャージ等は別)そして初めてのネットでホテルの予約。 世の中すべてネットで出来るという便利だけど、チョッピリ不安な旅立ち。 空港までは下道で約1時間半。 有明佐賀空港の駐車は何日でも無料。新しくコンパクトな空港。 春秋航空も、1時間半にフライトは快適…CAさんとかも悪くないなぁ(*^^)v ~佐賀✈上海、往復22580円(カード別手数料有) 上海浦東空港も大きくてモダン、直ぐにタクシー乗り場へ。 しかし、ホテル予約サイトの口コミで書いてあった通り、運ちゃん、ホテルが分からない。地図を見たり電話をかけたりしても埒があかず、30分以上も走る。 結局、ホテルの写真を持っていた私が発見!Uターンさせて到着。それでも1000円もしなかったのは、近くてタクシー代が安いということか… ガイドブックとかにも、ホテル地図にも載っておりず、殆ど冒険で適当に最寄りのバス停からバスに乗る。2元だったかな…エアコン付。 適当に降りたところが地鉄2号線の川沙駅近く。 川沙公園に行ってみる(適当に歩いていたら着く) 原住民の憩いの公園、無料で、何となくホノボノ…嫌いじゃない。 駅に行って、地下鉄2号線で静安寺に行き、上海雑技を見る。 帰りは川沙まで地下鉄で来たが、帰りのバスがなくなって仕方なしにタクシーで? 道不案内を恐れたが、良く知っていて、スムーズに到着…20分くらい。 トラブルもあったが、中々楽しい1日目(*^^)v

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 2675

大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

一人旅
大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

2004-03-01 - 2004-03-01

  • 3
  • Akira Naito
「中国にもマチュピチュがある!」そんな情報を聞いて目指したその場所。 雲南省の世界遺産にもなっている少数民族納西(ナシ)族自治州の麗江からさらにさらに道の奥。

作者: Akira Naito

  • 3
  • 1525

その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

一人旅
その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

2002-03-14 - 2002-03-15

  • 8
  • Akira Naito
顔に刺青を施す風習が残るという独龍族に会えたらなと思い向かったものの会えずじまいだった貢山からの帰り道。六庫という町で大理行きのバスに乗り換えようとした僕に客引きの声が耳に留まる。それは、貢山へ向かう直前大理のバス停で出会った強者パッカーが「あそこはいいとこだったよ」と言っていた町の名前だった。『片马?』その言葉に、僕は身体を屈めながらその町行きのワンボックスに乗り込んだ。

作者: Akira Naito

  • 4
  • 973

麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】 麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】

麻婆豆腐のふるさとは辛くて美味くてかわいくて。【中国四川省成都】 トップへ