Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Akira Naitoさんのログブック(旅行記)「麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】」

麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】

2008-06-27 - 2008-06-30 31 251 36

鳳凰から一気に南下し雲南省へ。
省都「昆明」を経由し4年前に様々な出会いがあった
思い出の地、世界遺産「麗江」へ。
4年という月日はあっという間に当時の面影を洗い流し
会いたかった人たちへの再会も叶わなければ
当時よりさらに観光客であふれた街は
始終喧騒にまみれていて、
もうあの頃の街はここにはなく
思い出は思い出でいいんだとおセンチになった訪問でした。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2008/06/27

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「バスの席から。
昆明〜麗江区間は人気が高いらしく
バスも快適なものが多い。
が。
その代わりめっちゃ高かった。
201元。
怀化から昆明までの鉄道とほぼ同じ値段!」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

バスの席から。
昆明〜麗江区間は人気が高いらしく
バスも快適なものが多い。
が。
その代わりめっちゃ高かった。
201元。
怀化から昆明までの鉄道とほぼ同じ値段!

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「道路もいつの間にかきれいに舗装されていて
まったくストレスなくスイスイと進む。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

道路もいつの間にかきれいに舗装されていて
まったくストレスなくスイスイと進む。

2日目2008/06/28

麗江旧市街麗江(Lijiang Old Town 丽江古城) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

麗江旧市街麗江(Lijiang Old Town 丽江古城)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

今回も旧市街で宿泊。
4年前にお世話になった宿に行ったら
その当時のオーナーではなくなってしまっていて、表向きは同じなのにまったく違う宿になっていたのでさらに昔お世話になったユースに泊まることに。

3日目2008/06/29

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「部屋の窓から玉龍雪山がくっきり。
麗江の朝は昔と変わらずなんだか空気がシャッキリ感じて寝てるのがもったいないくらい。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

部屋の窓から玉龍雪山がくっきり。
麗江の朝は昔と変わらずなんだか空気がシャッキリ感じて寝てるのがもったいないくらい。

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「朝ごはんを探しにぽくぽく。
旧市街にはこうした水路が流れていて
水の豊富な都だったんだなと。
ナシ族のこの街は日本人としては
なんだか親近感を覚えるほど異国の感じが薄い。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naito

朝ごはんを探しにぽくぽく。
旧市街にはこうした水路が流れていて
水の豊富な都だったんだなと。
ナシ族のこの街は日本人としては
なんだか親近感を覚えるほど異国の感じが薄い。

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「麗江の名物の一つ、「麗江粑粑」という粉物でした。生地は外はややカリで中はふわっふわ!
これめっちゃ美味しい!
日本にも入ってこないかなー。
こんなに大きいのに4元。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

麗江の名物の一つ、「麗江粑粑」という粉物でした。生地は外はややカリで中はふわっふわ!
これめっちゃ美味しい!
日本にも入ってこないかなー。
こんなに大きいのに4元。

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「朝の石畳も朝日を浴びてキラキラとするのがとてもきれい。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

朝の石畳も朝日を浴びてキラキラとするのがとてもきれい。

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「これは共同の水場。
お野菜を洗っている様子。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

これは共同の水場。
お野菜を洗っている様子。

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「旧市街を外れて市場まで来てみました。
働き者のナシ族の女性は背負いかごが重要品?
カラーバリエーションが豊富。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

旧市街を外れて市場まで来てみました。
働き者のナシ族の女性は背負いかごが重要品?
カラーバリエーションが豊富。

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「なにやらいろいろ売ってそう。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

なにやらいろいろ売ってそう。

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「こちらはお野菜。
白菜の仲間かな。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

こちらはお野菜。
白菜の仲間かな。

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「唐辛子がこんなに!
しかも大きい!
日本のとはまったく違う品種なんだろうな。
何種類かあるということは
それぞれに特徴が違って使い分けてるということなのかな。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

唐辛子がこんなに!
しかも大きい!
日本のとはまったく違う品種なんだろうな。
何種類かあるということは
それぞれに特徴が違って使い分けてるということなのかな。

Yunnan(中華人民共和国 (中国))|「道中ヤギさんたちの群れに遭遇。」麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

道中ヤギさんたちの群れに遭遇。

石鼓镇 Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石鼓镇(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

着いた先は、石鼓という集落。
観光地から少し離れているので
開発の影響なども受けていない。
きっと昔の麗江もこうした雰囲気があったりしたのかな。

4日目2008/06/30

古城国际青年旅馆 International Youth Hostel Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

古城国际青年旅馆 International Youth Hostel(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん)

今回お世話になったユース。
初めて麗江に来た時もお世話になった。
欧米人のパッカーも非常に多い。
今回のドミは10人部屋で1泊25元。
昔とさして物価が変わってない???

Lijiang Bus Terminal 丽江客运站 Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Lijiang Bus Terminal 丽江客运站(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん) - 02

麗江、また戻ってくることはないかな。
過去を追いかけたらダメなんだなって思い知らされました。
と言っても、お世話になった宿のオーナーたちに会いたかっただけなんだけど...

Lijiang Bus Terminal 丽江客运站 Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Lijiang Bus Terminal 丽江客运站(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】(Akira Naitoさん) - 03

本来の目的だったビザの延長も終え、一気に四川省の省都「成都」まで!
なんと寝台バスで24時間だって〜!
臭い人がいないことを祈るばかり(笑)

当時から変わらず
ビザの延長がわずか数十分でできてしまうのは
他の省では出会ったことない。
そういう意味でも雲南省はまだまだ長期旅行者の天国なんだと思う。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 11
  • 5464

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 5039

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2926

中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

一人旅
中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

2014-07-16 - 2014-07-26

  • 30
  • Seki
今回は、甘粛省の蘭州から新疆の伊寧まで12日間旅をしました。 2日に1回は移動していたので、結構あっという間でした。 今回の主な目的は「絶景」「国境」「名物料理」でしたが、すべて達成できて内容の濃い旅となりました。 新疆地区の料理は、また行ってはしごしたいです。笑

作者: Seki

  • 6
  • 3515

船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

一人旅
船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

2008-04-14 - 2008-04-17

  • 9
  • Akira Naito
今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

作者: Akira Naito

  • 5
  • 3255

意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

一人旅
意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

2013-03-09 - 2013-03-09

  • 27
  • Hiroyuki  Fukagawa
人生で3回目の個人旅行。 前年に日本に初就航した中国のLCC、春秋航空を有明佐賀空港から利用。 上海まで片道、3000円という驚きの価格(燃油サ-チャージ等は別)そして初めてのネットでホテルの予約。 世の中すべてネットで出来るという便利だけど、チョッピリ不安な旅立ち。 空港までは下道で約1時間半。 有明佐賀空港の駐車は何日でも無料。新しくコンパクトな空港。 春秋航空も、1時間半にフライトは快適…CAさんとかも悪くないなぁ(*^^)v ~佐賀✈上海、往復22580円(カード別手数料有) 上海浦東空港も大きくてモダン、直ぐにタクシー乗り場へ。 しかし、ホテル予約サイトの口コミで書いてあった通り、運ちゃん、ホテルが分からない。地図を見たり電話をかけたりしても埒があかず、30分以上も走る。 結局、ホテルの写真を持っていた私が発見!Uターンさせて到着。それでも1000円もしなかったのは、近くてタクシー代が安いということか… ガイドブックとかにも、ホテル地図にも載っておりず、殆ど冒険で適当に最寄りのバス停からバスに乗る。2元だったかな…エアコン付。 適当に降りたところが地鉄2号線の川沙駅近く。 川沙公園に行ってみる(適当に歩いていたら着く) 原住民の憩いの公園、無料で、何となくホノボノ…嫌いじゃない。 駅に行って、地下鉄2号線で静安寺に行き、上海雑技を見る。 帰りは川沙まで地下鉄で来たが、帰りのバスがなくなって仕方なしにタクシーで? 道不案内を恐れたが、良く知っていて、スムーズに到着…20分くらい。 トラブルもあったが、中々楽しい1日目(*^^)v

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 2963

大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

一人旅
大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

2004-03-01 - 2004-03-01

  • 3
  • Akira Naito
「中国にもマチュピチュがある!」そんな情報を聞いて目指したその場所。 雲南省の世界遺産にもなっている少数民族納西(ナシ)族自治州の麗江からさらにさらに道の奥。

作者: Akira Naito

  • 3
  • 1668

その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

一人旅
その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

2002-03-14 - 2002-03-15

  • 8
  • Akira Naito
顔に刺青を施す風習が残るという独龍族に会えたらなと思い向かったものの会えずじまいだった貢山からの帰り道。六庫という町で大理行きのバスに乗り換えようとした僕に客引きの声が耳に留まる。それは、貢山へ向かう直前大理のバス停で出会った強者パッカーが「あそこはいいとこだったよ」と言っていた町の名前だった。『片马?』その言葉に、僕は身体を屈めながらその町行きのワンボックスに乗り込んだ。

作者: Akira Naito

  • 6
  • 1047

麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】 麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】

麗しの世界遺産へ4年ぶりに帰還【中国雲南省納西族自治州麗江】 トップへ