Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
George Wiltshierさんのログブック(旅行記)「インド4日目 友達を作る!」

インド4日目 友達を作る!

2016-08-30 - 2016-08-30 13 59 0

インド周遊旅行も4日目!
今日はアグラ城を回って、夕方の列車でジャイプールへ移動!
途中、インド人青年に絡まれながら楽しい日でした

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

1日目2016/08/30

ウッタル・プラデーシュ(インド)|「インドも4日目!
未だにお腹を壊して胃なのが不思議なくらい 笑
今日はアグラ城へ!」インド4日目 友達を作る!(George Wiltshierさん)

インドも4日目!
未だにお腹を壊して胃なのが不思議なくらい 笑
今日はアグラ城へ!

  • 行ってよかった!
  • 予算:750円

ウッタル・プラデーシュ(インド)|「外はめちゃくちゃ要塞化されてますが、中は宮殿って感じです。」インド4日目 友達を作る!(George Wiltshierさん)

外はめちゃくちゃ要塞化されてますが、中は宮殿って感じです。

ウッタル・プラデーシュ(インド)|「とにかく広い」インド4日目 友達を作る!(George Wiltshierさん)

とにかく広い

ウッタル・プラデーシュ(インド)|「装飾も繊細です」インド4日目 友達を作る!(George Wiltshierさん)

装飾も繊細です

ウッタル・プラデーシュ(インド)|「ここからはタージマハルも眺めることができます。」インド4日目 友達を作る!(George Wiltshierさん)

ここからはタージマハルも眺めることができます。

ウッタル・プラデーシュ(インド)|「そして、実はここ、タージマハルを建築したシャージャハーンが息子のアウラングゼーブによって幽閉された場所なのです。
自身の作った妻のお墓を見ながら過ごした幽閉生活は複雑な心境だったと思います。」インド4日目 友達を作る!(George Wiltshierさん)

そして、実はここ、タージマハルを建築したシャージャハーンが息子のアウラングゼーブによって幽閉された場所なのです。
自身の作った妻のお墓を見ながら過ごした幽閉生活は複雑な心境だったと思います。

ウッタル・プラデーシュ(インド)|「修復も手作業で丁寧にやってますね」インド4日目 友達を作る!(George Wiltshierさん)

修復も手作業で丁寧にやってますね

アーグラ城塞(Agra Fort) ウッタル・プラデーシュ, インド

アーグラ城塞(Agra Fort)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド4日目 友達を作る!(George Wiltshierさん)

暑すぎて、休憩してたらインド人青年に絡まれました 笑
一眼に興味津々だったらしく、写真を撮って!と言われたので撮ることに

ウッタル・プラデーシュ(インド)|「そのあと、片言の英語で30分近く一眼の使い方を教えることに。
そして、いろいろ話してあとに連絡先まで交換することに。
インド人たちはとにかく外国人に興味津々です。」インド4日目 友達を作る!(George Wiltshierさん)

そのあと、片言の英語で30分近く一眼の使い方を教えることに。
そして、いろいろ話してあとに連絡先まで交換することに。
インド人たちはとにかく外国人に興味津々です。

ウッタル・プラデーシュ(インド)|「列車はファーストクラスでエアコンがガンガン効いてて正直寒かったです。
けど、サービスは最高で、次から次へと食事が出てきて、これで700ルピー(1000円)はかなりお得です」インド4日目 友達を作る!(George Wiltshierさん)

列車はファーストクラスでエアコンがガンガン効いてて正直寒かったです。
けど、サービスは最高で、次から次へと食事が出てきて、これで700ルピー(1000円)はかなりお得です

旅のルート

コメント

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜

世界遺産
初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜

2008-11-11 - 2008-11-11

  • 19
  • Horie Kentaro
聖なる河、ガンガー(ガンジス河)の流れる街であり、ヒンドゥー教の聖地でもあるヴァラナシ(ベナレス)。ここではこれまでインドに来てから「一刻も早く帰りたい」と思っていた自分が「帰りたくないな」と思うようになるような、インドでの疑問や不満を解消するできごとがありました。 「世界の広さ」とは、「自分が許せる世界の広さ」が大きければ大きいほど広がる、そんなことを教えてくれ、自分の視点を一つ高くしてくれた街、ヴァラナシでの思い出。

作者: Horie Kentaro

  • 8
  • 4895

女子大生インドに行く~ ガンジス川で働く人 編~

女子旅
女子大生インドに行く~ ガンジス川で働く人 編~

2013-02-26 - 2013-02-28

  • 12
  • Alice
小さい頃からテレビで見ていた、バラナシ ガンジス川。 インド中から沐浴をしに来る人、その姿を見ようと世界中から訪れる観光客で溢れ返る街で、”働く地元民”に注目してみました! ガンガー/サドゥー/ババジー/バラナシ/ヴァラナシ/沐浴/ヘナ/メヘンディ

作者: Alice

  • 3
  • 2428

2012.11 濃いするインド ~Agra~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Agra~

2012-11-24 - 2012-11-24

  • 16
  • tabitabi parsley
タージマハルが観てみたくて、インドへ。 まさか、インドに行くことになるとは、、、今まで全く興味がなかったしインドに行くなんて想像することができなかった。ところが、昨年アンコールワット遺跡群を訪れてみると、なんとなく、タージマハルを観たいと。インドに行ってみたくなったのです。残金危うく、そして途中通せんぼされるというトラブルもあって少し怖かったけど・・・^^; 夕暮れに染まったタージマハル。観れました。

作者: tabitabi parsley

  • 2
  • 1661

【インド】3.11そのときインドのブッダガヤで行われていたこと。


【インド】3.11そのときインドのブッダガヤで行われていたこと。

2011-03-11 - 2011-03-13

  • 34
  • Eika Akasaki
東日本大震災が起きた2011年3月11日。その日、私はインドにいました。バラナシのインド人から「日本で地震があったぞ」と言われたときも最初は声をかけるための誘い文句だと思いました。

作者: Eika Akasaki

  • 2
  • 1329

インド、バナラシからネパールへ。ローカルバス乗り継ぎの国境越え

バナラシ
インド、バナラシからネパールへ。ローカルバス乗り継ぎの国境越え

2013-09-16 - 2013-09-21

  • 16
  • Masashi Amano
二か月かけて一周したインドの後、ネパールに向かった。 ガンジス河の沐浴で有名な街ヴァナラシからネパール入りするルートである。 このルートには、ポカラまで一泊二日、宿代込み、乗り換えなしで走ってくれるワゴンがあるのだが、出発のまさにその朝、僕含めて二人しか乗客がいないことを理由に、運航中止を言い渡された。 僕はもう一人の日本人と一緒に、ローカルバスを乗り継いで国境を目指すことにした。 まずは中間地点のゴーラクプルへ行き、そこで乗り換え国境のスノウリへ。 スノウリで一泊の後、朝一番で国境を越えネパール入国の予定だった。 このルートは僕が経験したインドの中でもワースト3に入る悪路で、舗装されていないだけでなく、道がぼこぼこなので振動がすごかった。 頻繁に人の乗り降りのあるローカルバスは常に満員で、通路に立ち客が出る始末。 ただでさえ狭い車内に、停車すると物売りが声を張り上げて入ってくる。焼きとうもろこし、炒った豆のおつまみ、浅漬けきゅうり、ココナッツ、冷えた水・・・そういうのを直接籠に入れて包装もせず、僕の鼻先にぬっと近づける。こぼれた水滴や豆が僕の膝元にかかる。 埃を巻き上げて走るバスの窓は常に全開で、埃をかぶり、吸いながら過ごすこの不快なバスに10時間耐えた後、国境近くのホテルにチェックインした時には全身埃まみれになっていた。 翌朝国境を越え、ポカラ行きのバスに乗る。二か月インドにいた僕にはネパールは新鮮で、そしてポカラは湖の美しい静かな観光地だった。

作者: Masashi Amano

  • 1
  • 1338

ベラナシ   ヒンズ教の聖地

ガンガの祈り
ベラナシ   ヒンズ教の聖地

2014-10-26 - 2014-10-26

  • 11
  • Takeshi
偉大なるガンガに夜明け前から沐浴し、河向う彼岸へ日の出に祈る。ガンガにはガード(火葬場)が沢山あり、灰は河へ流される。火葬の燃料は金持は薪、貧乏人は牛糞の乾燥品。

作者: Takeshi

  • 3
  • 1341

ネパール、ポカラからヴァラナシに抜けて

一人旅
ネパール、ポカラからヴァラナシに抜けて

2012-12-12 - 2013-01-24

  • 20
  • Takuma Shibagaki
バックパッカーらしいバックパッカーをと思いたち、クアラルンプールへの片道航空券を手にして半年後、帰国前日となった我が身に降り掛かったのは、写真データを詰め込んだ外付けHDDの故障でした。ポカラから国境を超え、修羅の国インドへ。道中スノウリ、ゴーラクプルを経て、ガンガーを抱える聖地ヴァラナシへ。

作者: Takuma Shibagaki

  • 3
  • 1018

初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜アグラ編〜

世界遺産
初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜アグラ編〜

2008-11-03 - 2008-11-03

  • 8
  • Horie Kentaro
デリー( http://www.compathy.net/tripnotes/65 )を発ち、挫けそうになった心をなんとか繋ぎ止めようと訪れたのがここ、インド2都市目となるアグラでした。 アグラはタージ・マハルを擁する都市で世界中から観光客が押し寄せるためなのか(はたまた自分のそういった思い込みか)、インドで訪れた都市の中で一番「インドの良くない部分」に触れた記憶があります。 一方で、こんなに「居にくさ」を感じさせてくれた街がインドで初めて「落ち着き」を感じた日でもありました。 そんな激動の一日をまとめてみました。

作者: Horie Kentaro

  • 4
  • 717

インド4日目 友達を作る! インド4日目 友達を作る!

インド4日目 友達を作る! トップへ