Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
George Wiltshierさんのログブック(旅行記)「インド3日目 タージマハル!」

インド3日目 タージマハル!

2016-08-29 - 2016-08-29 9 71 7

インドの世界遺産といえばタージマハル!
デリーから電車でアグラへ行きタージを謁見!
死ぬまでに一度は行きたい世界遺産ですね。

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

1日目2016/08/29

ニューデリー デリー, インド

ニューデリー(デリー, インド)|インド3日目 タージマハル!(George Wiltshierさん)

デリーのニューデリー駅から電車で約4時間。
車両はコンパートメント式でインド人家族と一緒でした。

デリー(インド)|「ドアが開けっ放しなのもさすがインド」インド3日目 タージマハル!(George Wiltshierさん)

ドアが開けっ放しなのもさすがインド

デリー(インド)|「さっそくタージマハルへ

実はこれが入り口。
立派な門です」インド3日目 タージマハル!(George Wiltshierさん)

さっそくタージマハルへ

実はこれが入り口。
立派な門です

デリー(インド)|「美しい姿とは裏腹に、悲しい歴史をこのお墓はものがってる気がしてなりませんね。」インド3日目 タージマハル!(George Wiltshierさん)

美しい姿とは裏腹に、悲しい歴史をこのお墓はものがってる気がしてなりませんね。

デリー(インド)|「天気はちょっと残念でした」インド3日目 タージマハル!(George Wiltshierさん)

天気はちょっと残念でした

旅のルート

コメント

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

世界遺産の中で最も訪れたかった一つ、インド・アグラのタージマハル、感激!

タージマハル
世界遺産の中で最も訪れたかった一つ、インド・アグラのタージマハル、感激!

2015-01-13 - 2015-01-14

  • 23
  • Hiroyuki  Fukagawa
たった一人のために追加料金なしで、催行された北インド世界遺産8か所周遊のツアー6日間、11万円。この贅沢極まりない中の現地3日目の前半戦、アグラのタージマハル(´ー`) 私の中では、今回最大の見せ場(笑)とても行きたかった世界遺産の一つ。矢張り精緻で左右前後対象の究極のシンメトリー!その大きさ・精緻な装飾・悲恋の物語なんかも合わせて、期待を裏切らない感動……残念なのは日ごろの行いのせいか、朝日に輝くその姿を見れなかったこと。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 183

インド放浪記

一人旅
インド放浪記

2013-02-14 - 2013-03-02

  • 12
  • Daisuke Takishima
”ヒト”の生きる力を感じられた国インド。 3週間のインド1人旅をしてきた。 旅のきっかけは、勤めてた会社が倒産した。 急に今まで忙しかった日常から、急に何もすることがなくなると かえって何をしていいか分からなくなった。 それだけ忙しい日常生活に馴れてしまっていた。。 そんな時、家でテレビを見ているとインド特集の番組が流れていた。 それを見た瞬間、、この国に行こう!と決意し 5日後に日本を旅立った。

作者: Daisuke Takishima

  • 11
  • 7208

インド:美しい人々が住む国

世界遺産
インド:美しい人々が住む国

2008-07-26 - 2008-08-01

  • 17
  • Hideki Tanaka
尊敬する写真家スティーブ・マッカリーが写したインドを見て、混沌とした色鮮やかな世界とそこに住む人々に興味を持った。そしてインドの人々への興味は、旅が進むにつれてさらに増していった。親切な人、騙そうとする人、物乞いをする人、祈る人、無邪気な子供達。インドの人々は美しい。

作者: Hideki Tanaka

  • 22
  • 6690

神秘の国インド旅  Dive in ガンガー ~すべての始まりはピンクブラからの巻(・∀・)♡

一人旅
神秘の国インド旅 Dive in ガンガー ~すべての始まりはピンクブラからの巻(・∀・)♡

2012-02-01 - 2012-02-13

  • 35
  • Toyo  Serizawa
旅の始まりはたった一つの思いからだった。 「ピンクブラをつけて、インドのガンジス川に飛び込みたい。」 思い立った翌月僕は… "聖なるガンガー"に"ピンクブラ"をつけて、立っていたのだった(iДi)♡笑

作者: Toyo Serizawa

  • 11
  • 6196

北インド


北インド

2011-03-04 - 2011-03-12

  • 12
  • Eika Akasaki
ずっと行きたかったインド。自分の知っていた常識が全て覆されるようなことばかりでインドが大好きになった。

作者: Eika Akasaki

  • 3
  • 3663

チャンディーガル/Love Architecture! 愛と哀しみのル・コルビュジェ

建築
チャンディーガル/Love Architecture! 愛と哀しみのル・コルビュジェ

2011-09-10 - 2011-09-12

  • 19
  • Shino Ichimiya
近代建築の巨匠ル・コルビュジェが1950年代に都市計画をしたチャンディーガル。「愛と哀しみのル・コルビュジェ」これはある本の題名だが、それを感じ取る事ができたような気がしたチャンディーガルでの数日。

作者: Shino Ichimiya

  • 3
  • 3583

神秘の国インド16人旅 ~グラマラスな超大作編:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♡笑~    仲間と作り上げた思い出17日間


神秘の国インド16人旅 ~グラマラスな超大作編:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♡笑~ 仲間と作り上げた思い出17日間

2013-03-15 - 2013-03-31

  • 123
  • Toyo  Serizawa
人生がすべて自由なことと同じように、 旅にも正解不正解は存在しない。 100人いれば100通りの旅のスタイルがあり、 そして仲間とともに造る旅もその一つ。 一人旅しか知らなかった僕に、 "みんなでいく旅"の楽しさを教えてくれた旅。 大切なことを教えてくれた、忘れられない旅。 そんな人生を変えてくれた旅をとくとご覧いただきたいっ!!! グラマラスな超大作が始まるよぉぉおおお:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♡笑

作者: Toyo Serizawa

  • 6
  • 2945

2012.11 濃いするインド ~Delhi~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Delhi~

2012-11-22 - 2012-11-25

  • 30
  • tabitabi parsley
ニューデリーのメインバザールに1泊目と3泊目に宿泊 最終日にデリーを観光しました 最後の最後、最悪のリクシャを捕まえてしまって、やっぱり予定よりアチコチ観光できなかった。仕舞いにリクシャドライバーに怒りをぶつけてしまいました。アハハ・・・。 思ったこと&反省点・・・なるべくメトロを使ったほうがよかった メトロのニューデリー駅は、ここから乗降しないほうがいいことがわかりました そして、3泊5日の弾丸インド旅行は、弾丸では終わらず、最悪な後味を残してくれました 帰国後、やっぱりお腹を壊しました。それだけではありません、、、よくなったかと思いましたら、それから40度前後の高熱が1週間前後続く×3セット。抗生物質もあまり効かず、、、ぶり返し。1セット目は肝機能障害で入院寸前の絶対安静と言われ、3セット目になると薬やら何やらで胃腸もボロボロになり、大学病院で大量の薬をもらう羽目に。。。 結果、帰国後2ヶ月で7キロの減量。 職場にも迷惑をかけてしまいましたし、、、、しばらく?二度と?インド、インド近隣は行くなということですね、、、衛生面での危機管理が足らんということですね。 インドはもう1度行きたかった、ダージリンに行きたかったなぁ・・・。

作者: tabitabi parsley

  • 8
  • 2656

インド3日目 タージマハル! インド3日目 タージマハル!

インド3日目 タージマハル! トップへ