Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Daichiさんのログブック(旅行記)「ナミビアの大自然紀行」

ナミビアの大自然紀行

2016-09-16 - 2016-09-2347 Episodes
Daichi
Travel Collector
Daichi
  • 20s / male

2016年9月、ナミビアの大自然をレンタカーでめぐりました。走行距離は3000キロ弱!
地球の歩き方にはほんの少ししか情報が載っていないこの国ですが、その大自然には本当に圧倒されました。

多くの野生動物たちが生息するエトーシャ国立公園、ヒンバ族やデンバ族・ヘレロ族等の少数民族が共存する町オプウォ、ケープクロスのオットセイコロニー、ウォルビスベイのフラミンゴコロニー。
そして旅のハイライトは、赤い砂丘が連なるナミブ砂漠。この国の大自然を是非多くの人に知ってもらいたいです^^

  • 0Favorite
  • 189view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 22016/09/17

Day 32016/09/18

Etosha National Park Oshikoto Region, Namibia

Etosha National Park(Oshikoto Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 03

エトーシャ国立公園
宿泊した、エトーシャ・サファリ・キャンプのコテージ。

Etosha National Park Oshikoto Region, Namibia

Etosha National Park(Oshikoto Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 05

エトーシャ国立公園
ダチョウとスプリングホック。

Etosha National Park Oshikoto Region, Namibia

Etosha National Park(Oshikoto Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 07

エトーシャ国立公園
シャカイハタオリという鳥の巣。この巨大な素の中には100羽以上の鳥が住むこともあり、鳥の巣の規模としては正解最大だそうです。

Day 42016/09/19

Opuwo Kunene Region, Namibia

Opuwo(Kunene Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 02

オプウォのまち。町中にはふつうにヒンバ族が伝統的な装いで歩いています。

Opuwo Kunene Region, Namibia

Opuwo(Kunene Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 03

オプウォのスーパー。ヒンバ族が普通に買い物中。

Opuwo Kunene Region, Namibia

Opuwo(Kunene Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん)

少数民族の村訪問。
なんとヒンバ族とデンバ族は同じ場所で共存していました。

Opuwo Kunene Region, Namibia

Opuwo(Kunene Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 07

ヒンバ族の人々。携帯電話はふつうに使いこなしています。

Opuwo Kunene Region, Namibia

Opuwo(Kunene Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 11

ヘレロ族の伝統的な装いの女性。

Opuwo Kunene Region, Namibia

Opuwo(Kunene Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 13

村の若者はとってもフレンドリー。

Day 52016/09/20

Cape Cross Erongo, Namibia

Cape Cross(Erongo, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 03

ケープクロスのオットセイ
寝顔はとっても癒し系。

Cape Cross Erongo, Namibia

Cape Cross(Erongo, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん)

ケープクロスのオットセイ
しかし強烈なにおい。

Cape Cross Erongo, Namibia

Cape Cross(Erongo, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 04

ケープクロスのオットセイ
とにかく大群!!

Day 62016/09/21

Walvis Bay, Namibia Erongo Region, Namibia

Walvis Bay, Namibia(Erongo Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん)

スワコップムントからウォルビスベイに向かう道。海岸線まで砂漠。

Solitaire Khomas Region, Namibia

Solitaire(Khomas Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん)

ソリテアという町(?)のアップルパイ。ナミビアを訪れる日本人の旅人がよく食べています。

Sesriem Camp Site Hardap, Namibia

Sesriem Camp Site(ハルダプ, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん)

ついに砂漠の入り口!
セスリムキャンプサイトで一泊。夜は満天の星空。

Khomas Region(ナミビア)|「ライトを使って文字を書いてみた!」ナミビアの大自然紀行(Daichiさん)

ライトを使って文字を書いてみた!

Day 82016/09/23

Deadvlei Hardap Region, Namibia

Deadvlei(Hardap Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん)

デッドフレイ。干上がった湖のあとに残る数百年前の木が不思議な光景を作り出す。

Khomas Region(ナミビア)|「少しずつ日があたっていきます」ナミビアの大自然紀行(Daichiさん)

少しずつ日があたっていきます

Deadvlei Hardap Region, Namibia

Deadvlei(Hardap Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 03

4色のコントラストが美しい、朝のデッドフレイ。

Deadvlei Hardap Region, Namibia

Deadvlei(Hardap Region, ナミビア)|ナミビアの大自然紀行(Daichiさん) - 04

デッドフレイを歩くウェディングドレスの女性。
この一週間前の結婚した記念なのだそう。

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 189view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

ナミビア 世界遺産ナミブ砂漠と都会の首都ウイントフーク

世界遺産
ナミビア 世界遺産ナミブ砂漠と都会の首都ウイントフーク

2013-10-14 - 2013-10-18

  • 26Episodes
  • Shohei Watanabe
ボツワナからナミビアに流れてきました。 南アフリカの、もっと昔はドイツの植民地だったこともあり、白人も多く、首都は都会です。 世界遺産などを目的に普段旅をしない私ですが、ナミブ砂漠は圧巻でした。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157641040027053/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 5
  • 2132 views

世界最古の砂漠、ナミブ砂漠を満喫!!

周遊・世界一周
世界最古の砂漠、ナミブ砂漠を満喫!!

2014-01-13 - 2014-01-15

  • 11Episodes
  • Yukiko Aono
ザンビアからバスに揺られ10カ国目ナミビアへと入国した。その最大の目的は世界最古の砂漠と言われる「ナミブ砂漠」を訪問すること。アフリカの大地に沈む夕陽がナミブ砂漠を赤く染める瞬間、美しさのあまり言葉もなかった。 旅で初めてのレンタカーに戸惑い、砂漠の真ん中でスタッグしたりとアクシデントもあったけど、どこまでも続く赤い砂漠はホントに行って良かったなと思える場所だった。

Travel Collector: Yukiko Aono

  • 2
  • 2382 views

赤い砂漠でワインでも

世界一周
赤い砂漠でワインでも

2014-04-11 - 2014-04-15

  • 5Episodes
  • Hirohito Watanabe
アプリコット色の砂丘、見渡す限りオットセイだらけのケープクロス、独自の生活様式を守っているヒンバ族、荒野の中を1500年以上生きているという植物ヴェルヴィッチア...見どころ満載のナミビア旅行記です。

Travel Collector: Hirohito Watanabe

  • 5
  • 1770 views

世界遺産のナミブ砂漠とスワコップムントを巡る3泊4日レンタカーの旅

周遊
世界遺産のナミブ砂漠とスワコップムントを巡る3泊4日レンタカーの旅

2015-07-15 - 2015-07-18

  • 17Episodes
  • Nobuhiro Kondo
赤い砂で有名なナミブ砂漠。ツアーは高いので安く行くコツは、レンタカーを借りること、一緒に行く旅仲間を集めること! 仲間がいると一人旅は楽しくなる!! ルート:ウィントフック→ナミブ砂漠→スワコップムント(ケープクロス、ウォルビスベイ)→ウィントフック 総予算:約27,000円/人

Travel Collector: Nobuhiro Kondo

  • 1
  • 1440 views

ナミブ砂漠

絶景
ナミブ砂漠

2015-05-05 - 2015-05-06

  • 13Episodes
  • Tomoki
世界一美しい砂漠へ 赤茶色と青と黒の世界

Travel Collector: Tomoki

  • 1
  • 445 views

【世界で一番美しい民族】ヒンバ族!ナミビアに来たからには会いたい裸族

少数民族
【世界で一番美しい民族】ヒンバ族!ナミビアに来たからには会いたい裸族

2011-10-01 - 2011-10-01

  • 5Episodes
  • Kishigami Tetsuya
ヒンバ族は、アフリカナミビアで出会える少数民族です。 今もなお独自の文化を守り、土やバター、灰を混ぜたものを体や髪に塗り、 羊の革でできたスカートに身を飾るなどして生活しています。

Travel Collector: Kishigami Tetsuya

  • 0
  • 330 views

世界最古の砂漠、ナミブ砂漠!サハラ砂漠にもアタカマ砂漠にもない魅力がたっぷり☆

絶景
世界最古の砂漠、ナミブ砂漠!サハラ砂漠にもアタカマ砂漠にもない魅力がたっぷり☆

2011-09-29 - 2011-09-29

  • 6Episodes
  • Kishigami Tetsuya
ナミブという言葉は、現地の言葉で「何もない」という意味です。 ただ、決して「何もない」ということはありません。 素晴らしい「絶景」と「感動」をもった砂漠です! ナミビアというアクセスしにくい場所ですが、一度は行くべき世界一美しい砂漠です。 また、行く場合は、ツアーではなくレンタカーをお勧めします。(右ハンドルですし、車も少ないので、心配ありません。)仲間とアフリカの大地を車を走らせてみる砂漠は、一味も、二味も違います!

Travel Collector: Kishigami Tetsuya

  • 0
  • 215 views

『サファリドライブ』ならナミビアのエトーシャ国立公園に決まり!

大自然
『サファリドライブ』ならナミビアのエトーシャ国立公園に決まり!

2011-10-01 - 2011-10-02

  • 6Episodes
  • Kishigami Tetsuya
エトーシャ国立公園は、アフリカ最大級の動物保護区になったサファリドライブが楽しめる公園です。 ライオン、ヒョウ、ハイエナ、チーター、ジャッカル、ワイルド・ドッグなどの肉食動物から、ゾウ、キリン、シロサイ、クロサイ、スプリングボック、ヌー、ゼブラ、オリックス、レッドハーテビースト、クドゥ、エランドなどの草食動物など多くの野生動物が観察できます。

Travel Collector: Kishigami Tetsuya

  • 0
  • 172 views

ナミビアの大自然紀行 ナミビアの大自然紀行

Back to Top of ナミビアの大自然紀行