Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Misaki Tachibanaさんのログブック(旅行記)「嫁ぎ先、マサイマラ」

嫁ぎ先、マサイマラ

2009-02-24 - 2009-02-2411 Episodes
Misaki Tachibana
Travel Collector
Misaki Tachibana
  • 20s / female
  • Kenya
Places visited
Kenya

マサイ族が動物と共生しているマサイマラ。生活臭のかけらもない、大地に溶け込んだ長年の普遍的な姿を見られるものかと思えば、文明の手はここにも伸びていた。もちろん、全てが開拓済というわけではなく、まだまだアフリカの自然はありのままで在り続ける。

  • 3Favorite
  • 1059view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12009/02/24

Kenya masai mara Narok, Kenya

マサイマラ国立保護区(Kenya masai mara)(ナロク, ケニア)|嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん) - 03

マサイマラ国立公園にある学校。小学校から中学校まで一貫。

  • Loved to be there!

Kenya masai mara Narok, Kenya

マサイマラ国立保護区(Kenya masai mara)(ナロク, ケニア)|嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん) - 04

英語の授業中。もともとケニアはイギリスの植民地だったため、公用語のスワヒリ語と、英語とマサイ語を話す。

  • Loved to be there!

ナロク(ケニア)|「マサイ族の子供たち。」嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん)

マサイ族の子供たち。

  • Loved to be there!

ナロク(ケニア)|「カメラに慣れているようではあったけれど、向けてくれる笑顔はまっすぐ。」嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん)

カメラに慣れているようではあったけれど、向けてくれる笑顔はまっすぐ。

  • Loved to be there!

Kenya masai mara Narok, Kenya

マサイマラ国立保護区(Kenya masai mara)(ナロク, ケニア)|嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん) - 05

授業終わりにサッカー。マサイ族だからか手足がとにかく長い!背も高い!運動神経は並じゃない。

  • Loved to be there!

Kenya masai mara Narok, Kenya

マサイマラ国立保護区(Kenya masai mara)(ナロク, ケニア)|嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん) - 07

マサイ族は牧畜を行う。ただこれらの牛たちは、わたしたちが知っているようないわゆるジャージ牛だとか、ああいう種類とはまた違って、小ぶりでお腹の中心に長い毛が生えている。

  • Loved to be there!

Kenya masai mara Narok, Kenya

マサイマラ国立保護区(Kenya masai mara)(ナロク, ケニア)|嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん) - 09

なんていう木かわからないけれど、サボテンではないし、短い葉がぎっしり生えている。マサイマラの村の近くでいくつか見つけた。

  • Loved to be there!

Kenya masai mara Narok, Kenya

マサイマラ国立保護区(Kenya masai mara)(ナロク, ケニア)|嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん)

マサイ族の女性。多くの女性は家で家事をしているため外にはあまり出てこない。

  • Loved to be there!

Kenya masai mara Narok, Kenya

マサイマラ国立保護区(Kenya masai mara)(ナロク, ケニア)|嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん) - 08

一番驚いたのは、ゴミの多さ。もともと、持っていたものをポイ捨てする習慣があって、それが改善されないままペットボトルやプラスチックのものがマサイマラにも流れてくるようになった。そのせいで、ゴミという感覚がなく、マサイマラの村の中には大地を覆うほどのゴミ。ナイロビも道端にはゴミ山。大自然のイメージを覆される、目を背けられない現実。

  • Loved to be there!

Kenya masai mara Narok, Kenya

マサイマラ国立保護区(Kenya masai mara)(ナロク, ケニア)|嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん) - 02

マサイ族の男性は、異国の人がやってくると決まってダンスをするらしく、いつの間にやら集まっていた。

  • Loved to be there!

Kenya masai mara Narok, Kenya

マサイマラ国立保護区(Kenya masai mara)(ナロク, ケニア)|嫁ぎ先、マサイマラ(Misaki Tachibanaさん) - 06

人間も自然の一部に過ぎない。支配するものでもされるものでもないけれど、秩序は必要だなと思う、マサイマラの夕暮れ。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 3Favorite
  • 1059view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

嫁ぎ先、マサイマラ 嫁ぎ先、マサイマラ

Back to Top of 嫁ぎ先、マサイマラ