Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Michaelさんのログブック(旅行記)「イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編」

イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編

2016-08-22 - 2016-08-23 20 215 9

カプリ島から近いのに、日程や治安の面でスルーされがちなナポリをぶらり旅。
.
10年以上あこがれ続けた国イタリア。何へのあこがれなのかは、もはやわからなくなり、結果かなりオタクな旅に。
歴史とか映画とかマンガ(主にジョジョ)の舞台だなっていう視点が多めです。
.
旅行ではナポリ → ローマ → フィレンツェ → ベネチア と移動。
編集の都合上4回に分けています。
思い出しては付け足し編集のためイタリア同様、いつもどこかが修復中。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2016/08/22

Stazione Napoli Centrale カンパニア, イタリア

Stazione Napoli Centrale(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

さきに、ナポリまとめ。

ナポリはなかなかの街でした。特に中央駅周辺。路上生活者がかなりいたり、そこら中にゴミが捨てられていたり、異臭もしたり、ハトがそこらじゅうで何羽も死んでいたり、タクシーははじめに言った料金と違う額言われたりってことで中央駅周辺はちょっと。サスガ 5ブノ ブタイダネ。

しかし、普通に気を付けていれば大丈夫。食は今回行った街の中でトップクラスだし、文化も面白い。自然と歴史が作った景色は、まさに「ナポリを見て死ね」でした。周辺のポンペイやアマルフィ海岸も含めてもっともっとじっくり見て回りたかった…。

うきうきな出発。国鉄からメトロ1線に行く通路はアートな雰囲気。ナポリをルートにいれたのはジョジョファンだからなのですが…5部の舞台のはずが6部?!ヘビーウェザー発動中!スリ被害は避けられても、スタンド攻撃は防ぎきれないッ!!

モロ・ベヴェレッロ港(Molo Beverello) カンパニア, イタリア

モロ・ベヴェレッロ港(Molo Beverello)(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

ナポリからアマルフィ沿岸へ

アマルフィには車でも行けるとのことですが、くねくね道でバスに酔うという確信と5部の船上ギャングダンスのイメージで船に決定。風があったため波も高めだったかもしれませんが、船酔いはなし。

船乗りは写真の景色に見送られて旅立ったのか・・・的な海洋ロマンという思いにふけりながら、ぼんやり景色を眺めるうちにカプリ島へ。

<アクセスメモ>
ナポリ中央駅から地下鉄1線でMunicipio駅へ。ヌォーヴォ城付近の券売所で乗船券を購入。9時過ぎでは券売所は混んでいたので朝早くいくかネット予約すべきだったと反省。
フェリーについてはこのサイトを参考にしました。
http://www.capri.net/en/ferry-schedule
ナポリ  →カプリ島  (€19)
カプリ島 →ポジターノ→アマルフィ(€19)
アマルフィ→サレルノ  (€8)値段はおよそです。

カプリ島(Capri) カンパニア, イタリア

カプリ島(Capri)(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

カプリ島、ザ・リゾート地です。

島へは30分余りの滞在。青の洞窟で有名ですが、この日は強風のため波が高く入れなかったと後で聞きました。そのためか、ケーブルカー乗り場は激込み。

地中海って青が濃い。この青さ、青の洞窟の期待も高まる。いつか行きたい。

カフェでカンノ―リ発見。カンノ―リはシチリアのお菓子で、映画ゴッドファーザーの、Leave the gun, take cannnoli.みたいな暗殺シーンで知ったような。ということで購入。
M :カンノーリください。
店主:いくつ?
M :1つ。
店主:カンノーリって複数で言ったのに?

単数形はカンノ―ロだったのか。こうやって言葉って実践から覚えていくんだよなぁ。

アマルフィ海岸(Amalfi Coast) カンパニア, イタリア

アマルフィ海岸(Amalfi Coast)(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

地層の美しさと地中海の碧さを贅沢に味わう

地球のパワーを感じるばかりです。ジョジョ2部の終わりのあたりってこういうことでしょうか。洞窟っぽいのもいっぱいあって、小さいころに見たトトイっていうアニメを思い出しました。ザバイオーネってデサートが食べたい。

こんな景色を船の2階席に寝っ転がって眺める幸せ。カプリまでは人が多いですが、ポジターノまではお客さんはすかすかでほぼ貸し切り状態した。

ちなみにトトイとは→http://www.nippon-animation.co.jp/work/1640/

Positano カンパニア, イタリア

Positano(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

ポジターノの港

時間的に今回下船できません。船が近づいていくと、崖と建物が迫ってくる感じがもう、もうっ!!でも写真では伝わらない。だからこそ人は旅にでるのでしょう。大切な人を連れてきたいと思う絶景です。きっと海からしか見れない景色、やっぱり船にしてよかった。船がおすすめです。

アマルフィ(Amalfi) カンパニア, イタリア

アマルフィ(Amalfi)(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん) - 02

アマルフィの大聖堂

ガイドブックではパッとしなかった天国の回廊、気候と相まって とてもすてきでした。手前はレモンとオレンジの生絞りジュース。当然すごくおいしい。でも値段は確認してから買った方がいい。€7はリゾート価格?

アマルフィ(Amalfi) カンパニア, イタリア

アマルフィ(Amalfi)(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

ガット

ガット=キャット。
路地だらけのアマルフィ。迷子を楽しみます。イタリアでは、あまり猫は見かけなかったけれど、犬を連れている人は旅行客含めたくさんいました。公共の場所でも動物が受け入れられている文化のようです。さすが欧州。

Salerno カンパニア, イタリア

Salerno(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

アマルフィからサレルノへ。

地中海をたっぷり体感できる、波のかかるスーパー特等席(船室の前あたり)でした。
天然成分で髪バサバサ。海水の塩味が強いようにおもいます。

波しぶきを受けては付近の乗客みんなで爆笑。ちびっ子の「いいな~その席代わって~」のまなざしに負け、後半は海賊旗のついた船首で立ち乗りでした。このポジションも、もちろんディモールト ベネ。

Funicolare di Mergellina - S. Antonio カンパニア, イタリア

Funicolare di Mergellina - S. Antonio(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

ナポリの夜景

この夜景をめざしてポジターノ下船せず。サレルノからは電車でナポリへ(ちなみに、サレルノでイタリア国鉄の罠にはまっています。遅延列車は来ず、1時間半くらい待ちました。フレッチャ系列車では遅れは少なそうです。)

聖アントニオのテラスといわれている場所です。ナポリの夜景は、世界三大夜景の一つ。よくもわるくも同じく世界三大に入るの函館の夜景に似た方向性。あと、全っ然関係ないけど、最近のカメラってすごいですよね…。

この高台へ来るのにジョルノとブチャラティの名シーンの舞台、ケーブルカーに乗るのですが車内のこじんまり感を知り、この距離なのかとアハ体験。

ちなみにケーブルカー=フニコラーレとイタリア語でいうため、1日中フニクリフニコラが頭の中で流れていました。旅のテーマソングがいつもと違う…。

<アクセスメモ>
ナポリ中央駅から地下鉄2線でMergellina駅へ。ケーブルカー駅までは途中のおいしそうなピザ屋さんを横目に徒歩10分くらい。ケーブルカーでS.Antonio駅へ。夜なのですが、ナポリ中央駅と違い治安は良さそうでした。

  • 行ってよかった!

Mergellina カンパニア, イタリア

Mergellina(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

ナポリピザ

シンプルなマルゲリータ。地元の人が多い雰囲気だったのでふわっと入店。1枚は多いと思ったけど、結局1枚食べていた。日本なら冷めて飽き始めるあたりの量でもパクパク食べれる不思議。そしてたったの€5。

2日目2016/08/23

Castel Sant'Elmo カンパニア, イタリア

Castel Sant'Elmo(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

エルモ城

このお城とっても良かったです!建物自体のかっこよさとスケールのおおきさに驚きました。どうやって作ったのか、実際に使われていたときはどんなだったのか、ナポリのことをもっと知りたい。
そして、景色がまたすごい。

ここで出会った50代くらいの日本人夫婦の方と、「イタリアって何でこんなに坂が多いんでしょうね」っていう会話をしました。2日目にして足が痛くなってきた私としては、50代くらいのつらさはそれなりのものだろうと思います。定年したら世界一周とかいうのは、体力的にきつそう。少し心に引っかかった出会いと言葉でした。行けるとき行きたいときに、旅しよう。あと、靴はいいやつ選ぼう。

<エリアメモ>
ブランドストリートがあり、NYを思わせる雰囲気も漂うVanvitelli。ブランドストリートと反対方向へ進むとエルモ城にたどり着きます。

  • 行ってよかった!

Castel Sant'Elmo カンパニア, イタリア

Castel Sant'Elmo(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん) - 02

エルモ城からの眺め

実際の眺めだと「ナポリを見て死ね」の意味が「言葉」でなく「心」で理解できます。ナポリ湾、ヴェスヴィオ山、市街地一望の「絶景」を前にしては、時間を忘れて、ただただ見つめるばかり。

  • 行ってよかった!

カンパニア(イタリア)|「スパッカナポリ

メインストリートとそれをつなぐ路地は観光客はすごく多い。でもアジア人は、まあ、ほぼいなかったかな。ガイドブックにやや注意エリアと書かれているからでしょうか。人が集まればスリは要注意なのは当然なので。危ない目には全く合わなかったけれどナポリは駅周辺のインパク

スパッカナポリ

メインストリートとそれをつなぐ路地は観光客はすごく多い。でもアジア人は、まあ、ほぼいなかったかな。ガイドブックにやや注意エリアと書かれているからでしょうか。人が集まればスリは要注意なのは当然なので。危ない目には全く合わなかったけれどナポリは駅周辺のインパクトのせいでちょっと神経をつかいつづけました。

この日は火曜日、教会が休みのため「ヴェールに包まれたキリスト」は見れず。なので、ほっそい路地の街並みを楽しみます。

Piazza San Domenico Maggiore カンパニア, イタリア

Piazza San Domenico Maggiore(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

めしうまナポリ

スフォリアテッラという、ナポリで有名なお菓子です。老舗のお菓子屋さんスカトゥルッキオ(言えば開けてくれる無料トイレあり)で購入。さくさくの外側とクリーム。うまっ、あまっ。ちなみにジェラートも食べてます。甘いものだけで、おなかいっぱい。おいしいピザ屋さんも多い、スパッカナポリですが、容量的に・・・。でも旅行を振り返るとこんなおいしそうなものそうそうないので、食べておくべきだったなぁ、と。

うっかり写真を撮り忘れたナポリコーヒー。今まで飲んだことない味でした。飲んだ後にすっきり感があります。これがジョジョ7部でジャイロが淹れる疲れが吹っ飛ぶやつなのかな。

ってことで、ほかの街とは別物のメシウマ感がナポリにはありました!

カンパニア(イタリア)|「イタリアの気候について

高校地理選択の知識では地中海性気候。夏乾燥、冬湿潤。行ってみた結果、夏超絶乾燥ッ!!!日差しは日本よりもじりじり、帽子は必須アイテムです。その辺でも売ってました。なぜか赤や黒くは日焼けしないのがこわい(皮はむけた)。そして日陰は涼しく、汗はかいた瞬

イタリアの気候について

高校地理選択の知識では地中海性気候。夏乾燥、冬湿潤。行ってみた結果、夏超絶乾燥ッ!!!日差しは日本よりもじりじり、帽子は必須アイテムです。その辺でも売ってました。なぜか赤や黒くは日焼けしないのがこわい(皮はむけた)。そして日陰は涼しく、汗はかいた瞬間乾いていく。風が吹くとひやっとすることもありました。あと、リップクリームがあるといいかも。日本の冬並みに唇が割れます。

写真は水飲み場。命の水。においとかもなくゴクゴクいける。水はそのへんだと€1~1.5、スーパーだと€0.5(はずれはボトルの口が堅くて開けられない)で売られていましたが、すぐなくなるので水飲み場でも水分補給していました。ちなみにおなかは強いほうです。

何年か前に、海外セレブは美容のために1日に水を4Lとか飲むみたいなのが流行ったけど、日本では無理でもここではトイレも近くなることなく、そのくらい飲めるでしょう。気候が違うもの。

カンパニア(イタリア)|「お土産屋さんだらけな感じが修学旅行みたい

スパッカナポリのメインストリートにはお土産物屋さんが軒を連ねています。赤い角のお守りやプルチネッラという道化師人形でいっぱいです。

ある教会の入り口でハープの演奏をしている人が。曲はサンタルチア。ちょっと驚いたのは、自分がサンタ

お土産屋さんだらけな感じが修学旅行みたい

スパッカナポリのメインストリートにはお土産物屋さんが軒を連ねています。赤い角のお守りやプルチネッラという道化師人形でいっぱいです。

ある教会の入り口でハープの演奏をしている人が。曲はサンタルチア。ちょっと驚いたのは、自分がサンタルチアをイタリア語で歌えるっぽいこと。おそらく義務教育のどこかで習ってると思うんだけど…、ってことはみんな歌えるのかな?

Cattedrale Di San Gennaro カンパニア, イタリア

Cattedrale Di San Gennaro(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

ナポリの聖人ジェンナーロの大聖堂

この写真、謎の凄みが…。ゴゴゴゴゴォの文字が似合いそうな画になってますが、実際の教会前の広場には小さいサッカーゴールを運ぶちびっ子たちがいたり、教会を見つめる観光客がいたり、地元と観光の中間地点でした。

カンパニア(イタリア)|「イタリアの車事情。

小さい車が人気なのかチンクエとスマートはすごく見ました。信号赤でも状況判断によって右折(右側通行)は進めだし、イタリア全体的にっぽいけどナポリが一番歩行者が赤でも道路渡っちゃう。タイミングがわからないので他の人を盾にして一緒に渡ってました。絶対に市街地

イタリアの車事情。

小さい車が人気なのかチンクエとスマートはすごく見ました。信号赤でも状況判断によって右折(右側通行)は進めだし、イタリア全体的にっぽいけどナポリが一番歩行者が赤でも道路渡っちゃう。タイミングがわからないので他の人を盾にして一緒に渡ってました。絶対に市街地は運転したくないし、できないと思います。

パトカーは水色ロメオです。カッコカワイイィィッ。憲兵の車はこれの黒地に赤ライン。どの広場にも人が集まるところには必ず、警察や憲兵がいました。基本、銃持って立って見張るお仕事。(一度だけ地面に押し付けて取り押さえてる現場見たけど何があったか不明。)イタリアってこういう系の公務員?の人口多そう。裏を返すとやっぱり、そういう治安なのかしら。伝統かしら。仕事の口増やすためかしら。
憲兵制服のマントver.が気になってたんだけど、きっとあれは冬服ですね。野戦服の人が多かったけど、あれも暑そう重そう。

Castel Capuano カンパニア, イタリア

Castel Capuano(カンパニア, イタリア)|イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編(Michaelさん)

ちょいと早めの夕ご飯。

お客日本人ばっかりのお店だったのでメニューも日本語。前評判がよすぎると、わからなくなっちゃう人なので…おいしいけど私の人生で最高ってわけではなかった。

ちなみに、なかなか出てこないな~電車の時間があるのに~麺でも買いに行ってんのかな~って待ってたら、お店の人が麺持って戻ってきました。ちゃんちゃん。

さて、ローマへ。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

ガイドブックから顔をあげよう―本当は誰にも教えたくない、ナポリ歩きのススメ

女子旅
ガイドブックから顔をあげよう―本当は誰にも教えたくない、ナポリ歩きのススメ

2007-03-22 - 2007-03-27

  • 41
  • Guarini Letizia
「ナポリ、”この世で一番美しい街”出発だ。トレド通り、そしてナポリの他のどんな場所でも決して忘れないだろう。私の目には、比べるものの無い、世界で一番美しい街」(スタンダール 1817年) https://www.youtube.com/watch?v=aH0rkhoZxCs

作者: Guarini Letizia

  • 19
  • 10484

南イタリア 一人旅

一人旅
南イタリア 一人旅

2013-04-29 - 2013-05-05

  • 28
  • Hiroshi Yamazaki
今回のイタリア旅行は初の南イタリア!ナポリを拠点に色々回ります♪ 有名な青の洞窟があるカプリ島、や約2000年前から時間が止まっているポンペイ、そして最後の目的地はおとぎ話に出てきそうなトゥルッロと呼ばれる家が立ち並ぶアルベロベッロ♪

作者: Hiroshi Yamazaki

  • 5
  • 4042

Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」


Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」

2014-01-23 - 2014-01-23

  • 20
  • Vincenza Vicky Maione (美貴)
皆さん、今日は! 電車が好きなら、こういう記事を読まないと駄目だと思います。なぜなら、今回はナポリの最近変更された地下鉄のLinea 1(リネア・ウーノ「1線」)の新しい駅についてお話しようと思いますから。 これまで、ナポリだは地下鉄の駅が結構古いし、あんまりかっこよくないと思いました。しかし、2000年代に革命的な予定が出来て、ナポリの一番有名な観光地や大学の場所などを繋がる為に段々新しくてモダンアートのような駅を造ることになりました。その駅の建築家が世界中のどこからの有名な方だそうです。 この間、ナポリ中央駅にいて新しい地下鉄の駅を見てみようと思ってつい1の線に乗っちゃったのです。

作者: Vincenza Vicky Maione (美貴)

  • 8
  • 2955

南イタリアの夏巡り


南イタリアの夏巡り

2012-08-03 - 2012-08-26

  • 6
  • Guarini Letizia
夏になると実家の南イタリアはワイン祭り、ライブフェスティバル、そして澄み切った海がキーワードになります。 今回はチレント地方から、バシリカータ州を渡って、サレント半島で行われるイタリア最大のフェスティバルへ行きました。

作者: Guarini Letizia

  • 6
  • 2387

イタリア ナポリ

女子旅
イタリア ナポリ

2013-11-29 - 2013-12-01

  • 11
  • Ayu  Aoki
陽気な人が多く、道ですれ違うだけでciaoと声をかけてくれるナポリ人。 美味しいものをいっぱい食べ歩いた3日間。

作者: Ayu Aoki

  • 4
  • 2247

イスキア島


イスキア島

2011-08-01 - 2011-08-04

  • 6
  • Claudia Di Meo
夏休みのロマンチックな旅として、イスキア島を訪れました。 景色も海もすてき! 地中海の雰囲気がよく感じられました。

作者: Claudia Di Meo

  • 6
  • 1729

緩慢に生きるナポリへの旅


緩慢に生きるナポリへの旅

2009-02-25 - 2009-03-10

  • 17
  • Guarini Letizia
国によって時間の感覚が違い、南へ行けば行くほどゆっくりしたライフスタイルとなっていくといわれています。イタリア南部に位置するナポリがまさにゆっくりできる町です。電車は一度使わず、ゆっくり町を歩いていたナポリです。

作者: Guarini Letizia

  • 4
  • 1464

イタリアのクリスマス2014年

お正月
イタリアのクリスマス2014年

2014-12-23 - 2015-01-04

  • 30
  • Guarini Letizia
2年ぶりにイタリアの実家でクリスマス・お正月を過ごしました。 バシリカータ州は空港がないので、ナポリに到着して、2日間過ごしてから地元ポテンツァへ。 もともと山なので寒いところですが、今年は意外に寒かったです。雪もものすごく降っていて、温度はマイナス9度。そんなときは家に引きこもって食べるしかないです~!

作者: Guarini Letizia

  • 2
  • 1558

イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編 イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編

イタリア① ゴールドエクスペリエンスなアマルフィ&ナポリ編 トップへ