Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Harumiさんのログブック(旅行記)「キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!」

キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!

2016-08-10 - 2016-08-1336 Episodes
Harumi
Travel Collector
Harumi
  • female

夏休みは8日間。今回の旅は中央アジアのキルギス!
大昔は、 匈奴の支配下だったり、突厥と呼ばれたり、大唐やモンゴル帝国の一部だったり、ウイグル帝国だったり。そしてソ連だったり。中央アジアの歴史はほんと複雑。
でもいつの時代でもノマドの国、騎馬民族の国。
そんなキルギスを見てみたい!
旅のスケジュールは、10日出発して17日に帰国。
まずは日本→キルギス→アラシャンまでの4日間!

  • 0Favorite
  • 65view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12016/08/10

Novosibirsk International Airport Novosibirskaya oblast', Russia

Novosibirsk International Airport(Novosibirskaya oblast', ロシア)|キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

遠いよキルギス。
羽田空港 → ソウルの仁川国際 → ロシアのノボシビルクス → キルギス(ビシュケク)
という行程。

そしてここはノボシビルクス。ここで12時間のトランジット。が、なんということだろう、USドルが使えない!!あまりのひもじさから、北京へ帰国するという中国人観光客を見つけ、チェンジマネープリーズ!!
10ドルを600ルーブルに交換。
晩御飯にカスクート1コ、コーヒー2杯、少しのお菓子を手に入れ、生き延びることができた。
HPが300回復した。経験値を600ゲットした。度胸が3pt上がった。

Day 22016/08/11

Manas International Airport Chuy Province, Kyrgyzstan

Manas International Airport(Chuy Province, キルギス)|キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

2日目の早朝、キルギスの首都ビシュケクに到着!外はまだ真っ暗だった。空港でドルからソムに両替。日本円は両替できないっぽいのであらかじめドルを持参。
ちなみにキルギスはビザ不要。

Western bus station bishkek Chuy Province, Kyrgyzstan

Western bus station bishkek(Chuy Province, キルギス)|キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

空港からビシュケクの西バスターミナルへ。時間がないので、目的地のアルティン・アラシャンまでまっしぐら!
まずはここからマルシュートカでカラコルへ向かう。たしか350ソム(約600円)くらいで、所要時間は4〜5時間。

Chuy Province(キルギス)|「空は青くて綺麗!」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

空は青くて綺麗!

Православная Церковь Ysyk Kol Province, Kyrgyzstan

Православная Церковь(イシク・クル, キルギス)|キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

はい、カラコル着きましたよ!ここはカラコルにある木造の教会、聖三位一体教会。薔薇の季節だったので、庭がとても綺麗だった。
カラコルで一泊して翌朝からアラシャン目指します。

Chuy Province(キルギス)|「キルギスは街のいたるところで樽に入ったドリンクを路上販売していて、道行く人を見ていると、結構立ち寄っている。
この茶色く濁り、微妙に泡立った飲み物は何だろう、気になる・・・。となれば、チャレンジあるのみ!(止せばいいのに)中サイズをオーダー。
そのお味は・・

キルギスは街のいたるところで樽に入ったドリンクを路上販売していて、道行く人を見ていると、結構立ち寄っている。
この茶色く濁り、微妙に泡立った飲み物は何だろう、気になる・・・。となれば、チャレンジあるのみ!(止せばいいのに)中サイズをオーダー。
そのお味は・・・

クソ酸っぱい!!!む、むり!

顔をしかめていたら、お店のおばちゃんが、もう一つの青い樽の方の飲み物を注ぎ足してくれた。
飲みやすくなるのかな?
と、思いきや。。。

この飲み物は製品名をショロといって、キルギスでは一般的に飲まれているようだった。赤い樽の方が茶色くて香りは濃いビールっぽいのだが、味は麦芽っぽくて苦酸っぱい。青い樽もあってそちらはすんごく酸っぱいヨーグルトみたいな味。
想像してみよう。
気の抜けた濃い黒ビールに発酵した酸っぱいヨーグルトを混ざった味。そして舌は麦のふすまがはりつく。
日本では経験できない味。

これは負けられない戦いだ・・・。大抵のものは食べられる食い意地にかけて、飲み干してみせよう!





ムリー。

Day 32016/08/12

Chuy Province(キルギス)|「さあ、いよいよアルティン・アラシャンへ!
ここは登山口。ここまでは、カラコルのオールドバザールの近くから出ているアスクー行きのマルシュートカで35ソムくらい。「アラシャン」と言うと、登山口で降ろしてくれる。私はかなり手前で降ろされたけどね。
ちなみに、「アル

さあ、いよいよアルティン・アラシャンへ!
ここは登山口。ここまでは、カラコルのオールドバザールの近くから出ているアスクー行きのマルシュートカで35ソムくらい。「アラシャン」と言うと、登山口で降ろしてくれる。私はかなり手前で降ろされたけどね。
ちなみに、「アルティン・アラシャン」より「アラシャン」といった方が通じた。

Chuy Province(キルギス)|「牛さんの後ろについて歩く。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

牛さんの後ろについて歩く。

Chuy Province(キルギス)|「いい天気!鼻歌歌いたいながらテクテク。ゆるーい坂が続く。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

いい天気!鼻歌歌いたいながらテクテク。ゆるーい坂が続く。

Chuy Province(キルギス)|「ずっと川沿いを歩く。川の流れは日本のと比べて激しい。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

ずっと川沿いを歩く。川の流れは日本のと比べて激しい。

  • Loved to be there!

Chuy Province(キルギス)|「途中で日本人の旅人2人と出会い、ご一緒させてもらう。この辺りから、斜度も少しきつくなってきてくるが、まだまだ鼻歌歌っちゃうよ!」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

途中で日本人の旅人2人と出会い、ご一緒させてもらう。この辺りから、斜度も少しきつくなってきてくるが、まだまだ鼻歌歌っちゃうよ!

  • Loved to be there!

Chuy Province(キルギス)|「鼻歌は鼻息に。
よく考えたら、朝ごはんたべてなかった。そして昼飯も調達してこなかった。。
腹減りすぎて日本人の旅行者2人からパンとかお菓子とか恵んでもらう。胃袋的恩人。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

鼻歌は鼻息に。
よく考えたら、朝ごはんたべてなかった。そして昼飯も調達してこなかった。。
腹減りすぎて日本人の旅行者2人からパンとかお菓子とか恵んでもらう。胃袋的恩人。

  • Loved to be there!

Chuy Province(キルギス)|「はーぁ、川の水飲みたい。
などと思いながら歩く。
この頃になると、ペットボトルの水も飲み干してしまい、喉の渇きとの戦い。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

はーぁ、川の水飲みたい。
などと思いながら歩く。
この頃になると、ペットボトルの水も飲み干してしまい、喉の渇きとの戦い。

  • Loved to be there!

Chuy Province(キルギス)|「馬の群れに遭遇。私を背中に乗せておくれ!」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

馬の群れに遭遇。私を背中に乗せておくれ!

Altyn Arashan Issyk-Kul Region, Kyrgyzstan

Altyn Arashan(Issyk-Kul Region, キルギス)|キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

イェーイ!到着!アラシャン!フォーーッ!!
(と心の中でさけぶ)

Chuy Province(キルギス)|「川の向こうの宿に泊まる。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

川の向こうの宿に泊まる。

Chuy Province(キルギス)|「アラシャンには露天風呂がいくつかある。私は気兼ねなくのんびり入りたいので、200ソム払って貸切の内風呂。温度高め。温泉最高!」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

アラシャンには露天風呂がいくつかある。私は気兼ねなくのんびり入りたいので、200ソム払って貸切の内風呂。温度高め。温泉最高!

Chuy Province(キルギス)|「この辺では普通に馬がいる。乗馬トレッキングができるのだ。明日乗ってみよう。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

この辺では普通に馬がいる。乗馬トレッキングができるのだ。明日乗ってみよう。

Chuy Province(キルギス)|「ご飯!ごはん!ゴハン!
どれだけ待ち望んだだろうか。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

ご飯!ごはん!ゴハン!
どれだけ待ち望んだだろうか。

Day 42016/08/13

Chuy Province(キルギス)|「そして、朝。
胃袋的恩人の1人は別の宿、もう1人は同じ宿で同じドミトリーに泊まってたけど、朝6時にはトレッキングに出発してしまったので、ボッチ朝ごはん。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

そして、朝。
胃袋的恩人の1人は別の宿、もう1人は同じ宿で同じドミトリーに泊まってたけど、朝6時にはトレッキングに出発してしまったので、ボッチ朝ごはん。

Chuy Province(キルギス)|「ここは私が泊まったVIP Travel。ここのドミトリーに泊まった。この辺は標高2500mくらいあって、日が沈むと冬のように寒くなるけど、夜になるとストーブが焚かれる。とはいえ防寒具は必須。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさ

ここは私が泊まったVIP Travel。ここのドミトリーに泊まった。この辺は標高2500mくらいあって、日が沈むと冬のように寒くなるけど、夜になるとストーブが焚かれる。とはいえ防寒具は必須。

Chuy Province(キルギス)|「ユルタもあった。泊まれるのかな?」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

ユルタもあった。泊まれるのかな?

Chuy Province(キルギス)|「おはようお馬さん!
乗馬トレッキングやりたいと、宿の人に相談したけど、すでに予約で馬がいないとのこと。残念!
ならばのんびりもしていられないので下山する。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

おはようお馬さん!
乗馬トレッキングやりたいと、宿の人に相談したけど、すでに予約で馬がいないとのこと。残念!
ならばのんびりもしていられないので下山する。

Chuy Province(キルギス)|「なんとものどか。なんだか癒される。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

なんとものどか。なんだか癒される。

Chuy Province(キルギス)|「私も早朝から、アラ・コル湖のトレッキングに行けばよかったかなぁ。難易度高いみたいだけど。
1人下山しますよ。ちょっと寂しい。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

私も早朝から、アラ・コル湖のトレッキングに行けばよかったかなぁ。難易度高いみたいだけど。
1人下山しますよ。ちょっと寂しい。

Chuy Province(キルギス)|「ゲートを抜ける。さよならアラシャン。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

ゲートを抜ける。さよならアラシャン。

Chuy Province(キルギス)|「アラシャンは車でも来られる。ジープのツアーもある。自家用車だと悪路のため相当大変。
欧米系の一家が車で来てキャンプしていた。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

アラシャンは車でも来られる。ジープのツアーもある。自家用車だと悪路のため相当大変。
欧米系の一家が車で来てキャンプしていた。

Chuy Province(キルギス)|「下りなので、楽チン。登りはそれどころじゃなかった風景を楽しみつつ。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

下りなので、楽チン。登りはそれどころじゃなかった風景を楽しみつつ。

Chuy Province(キルギス)|「羊の群れが休憩中。ヤギもかなり混じってた。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

羊の群れが休憩中。ヤギもかなり混じってた。

Chuy Province(キルギス)|「やっぱ日本の自然とは違うなぁ。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

やっぱ日本の自然とは違うなぁ。

Chuy Province(キルギス)|「あの馬はどこへ行くのかしら。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

あの馬はどこへ行くのかしら。

Chuy Province(キルギス)|「木漏れ日に照らされて綺麗。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

木漏れ日に照らされて綺麗。

Chuy Province(キルギス)|「川の支流。水はとても冷たい。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

川の支流。水はとても冷たい。

Chuy Province(キルギス)|「川辺で写真を撮りまくっていると、ドイツ人のカップルがやってきて、私を撮ってくれるという。なので、ライン川のローレライ風に・・・とはいかない。」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

川辺で写真を撮りまくっていると、ドイツ人のカップルがやってきて、私を撮ってくれるという。なので、ライン川のローレライ風に・・・とはいかない。

Chuy Province(キルギス)|「だいぶ下ってきた。下山は5時間くらいかな。豊かな水と青い空、草木に花々、そんな自然を満喫した。
さて、アラシャンの旅はここまで。カラコルに戻り、次はソンクル湖を目指します!」キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!(Harumiさん)

だいぶ下ってきた。下山は5時間くらいかな。豊かな水と青い空、草木に花々、そんな自然を満喫した。
さて、アラシャンの旅はここまで。カラコルに戻り、次はソンクル湖を目指します!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 65view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜

キルギス
キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜

2014-09-13 - 2014-09-15

Read more

  • 15Episodes
  • Nakano Takayuki
2014年 シルクロードの旅。キルギス編。 - 上海から入り、ウイグル自治区を抜けてキルギスへ。 (国境越えについては、前回のログブックをご参照ください。  https://www.compathy.net/tripnotes/18588) - 日本では馴染みがないキルギスですが、のんびりとした風景がある素敵な国です。 - RPGの世界に迷い込んだみたいなのどかな風景があり、 イスラム文化が色濃く残る、思いやりの文化があり、 旧ソ連のなごりのウオッカ大好きな文化があり、 洗練された都会もまた同時にあり、 様々な顔を見ることができます。 - 滞在中、青年海外協力隊の友人(正確に言うと、僕の彼女の友人)のおかげで、 通訳してもらいながら、案内してもらいながら、解説してもらいながらの旅ができ、 得難い体験ができた旅でした。 - この地域は、刺繍が本当に美しく、イタリアのデザイナーとコラボした商品も置いてありました。値段は高いですが、伝統とモダンが混ざりあって、美しいです。 - 僕はイスラム教の国が大好きなのですが、 日本で知り合った友人の友人の友人の家族で、ご飯をご馳走になり、泊めてもらいました。あったかい家族関係で、幸せなひととき。 - 治安も良く、ご飯も美味しく、物価も安い。 目立った観光名所はありませんが、美しい景色はあります。 自分で探す「世界遺産」を見つけに行くのはいかがでしょう? - また行きたいと思う国の一つです。 - <シルクロードのログブック> ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。 https://www.compathy.net/tripnotes/18588 - ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18850 - カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18633

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 1
  • 1951 views
ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。

シルクロード
ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。

2014-09-11 - 2014-09-12

Read more

  • 23Episodes
  • Nakano Takayuki
陸路でシルクロードを行こう! という旅の最中、中国の中にあるウイグル自治区から、キルギスに向かって国境を越えて行きました。 - ウイグルの商業の中心地カシュガルから、中国国境の近くまでは乗合タクシーで移動。 門があるところで降ろされて、別のタクシーに乗り、入国管理の建物へ。 パスポートチェックを談笑しながら乗り越えて、いざキルギスへ!! - ・・・と思ったら、入国管理局の人と提携してるっぽい、また別のタクシーに乗せられて移動することに。どうせ近いだろうに、と思ってたら、看板にキルギスの国境の町Irkeshtamまで、200km以上の表示が?! - この、国と国の境目に、町があり、住人がいる。 どういう立場なのか?国籍はどうなってるのか?買い物は?移動は? - もう不思議たっぷり。 - 2時間ほど、ガンガン移動したあとにゲートがあり、パスポートがチェックされると、タクシーから降りろ、との指示。 - え?まだついてませんけど? - と思ったら、国境警備隊がトラックを指さして、「これに乗れ」と指示。 トラックの運転手も慣れたもので、「乗ってけ乗ってけ」と、言葉は全く通じないけど、楽しそうにドライブ。 - そして、20分も経たないうちに、運転手が「降りろ」と。また?! - どうやら、トラックは荷物チェックがあるから、時間がかかり、渋滞になっている。 なので、降りて歩いて行った方が早い、とのことらしい。 - キルギスの入国管理局まで徒歩10分。やっとのことでキルギスへ入った! - が、そこから最寄りの町までがまた長い・・・。 - - どう交渉しても、めっちゃ高いので、町ではなく最寄りの村まで行くことに。 ドラゴンクエストに出てきそうな村。宿屋もある。第一村人は馬に乗ってきた。 - そんな村に降りて、町までの移動を模索するも、けっこうな値段をふっかけてくる。 困っていたら、200m向こうで、トラックが止まった。 - No Moneyで交渉OK! 町に着いた時はあたりは真っ暗。早朝5時に宿を出たので、まさに1日がかりの国境越えでした。 - <シルクロードのログブック> キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18672 - ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18850 - カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18633

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 3
  • 1651 views
キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く! キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!

Back to Top of キルギスの旅(前編)アルティン・アラシャンへ行く!