Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Atsuko Hayashiさんのログブック(旅行記)「イラン ヤズド」

イラン ヤズド

2016-07-23 - 2016-07-25 61 330 31
  • Iran
訪れた国
イラン

暑くて、茶色の街並みだっとという印象が強い小さな街。大都会が苦手な私には、これ位の規模の街がちょうど居心地が良かったかな

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2016/07/23

Yazd(イラン)|「ルーフトップに上がったら、全てが茶色の街でした
好きになりそうな街です」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ルーフトップに上がったら、全てが茶色の街でした
好きになりそうな街です

Yazd(イラン)|「夢を壊すようで申し訳ないですが、ドミーはこんな感じ」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

夢を壊すようで申し訳ないですが、ドミーはこんな感じ

Yazd(イラン)|「クロックタワー」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

クロックタワー

Yazd(イラン)|「マスジェデ・ジャーメ」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

マスジェデ・ジャーメ

Yazd(イラン)|「暑いからソフトクリーム
すごくピーンとしてます」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

暑いからソフトクリーム
すごくピーンとしてます

Yazd(イラン)|「アミール・チャグマーグのタキーイェ
暑すぎて人が居ない」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

アミール・チャグマーグのタキーイェ
暑すぎて人が居ない

Yazd(イラン)|「ヤズドに着いたその日に砂漠ツアーに参加
ラクダは別にどうでもいいんだけど。。。乗せられました」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ヤズドに着いたその日に砂漠ツアーに参加
ラクダは別にどうでもいいんだけど。。。乗せられました

Yazd(イラン)|「一緒に行ったオランダ人のマスードとアリッサ」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

一緒に行ったオランダ人のマスードとアリッサ

Yazd(イラン)|「あまりの強風に月光仮面状態なのです」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

あまりの強風に月光仮面状態なのです

2日目2016/07/24

Yazd(イラン)|「カラナックとチャクチャクに行きます
タクシーはガス車でした」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

カラナックとチャクチャクに行きます
タクシーはガス車でした

Yazd(イラン)|「説明がかなりうろ覚えですが、Kharanaqは1400年も前から未だに存在する村だそうです」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

説明がかなりうろ覚えですが、Kharanaqは1400年も前から未だに存在する村だそうです

Yazd(イラン)|「現在は誰も住んでおらず、廃墟となっていますが、政府がこれから徐々に手を加えて保存していくそうです」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

現在は誰も住んでおらず、廃墟となっていますが、政府がこれから徐々に手を加えて保存していくそうです

Yazd(イラン)|「生活の近代化に伴い村の人も電気などを必要としたのですが、泥で出来た細い道だらけの村の隅々に電気を引くことは不可能で、政府は近くに新しい村を作り、村民をそこに移したそうです」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

生活の近代化に伴い村の人も電気などを必要としたのですが、泥で出来た細い道だらけの村の隅々に電気を引くことは不可能で、政府は近くに新しい村を作り、村民をそこに移したそうです

Yazd(イラン)|「なかなか素敵な廃村でした」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

なかなか素敵な廃村でした

Yazd(イラン)|「Chak chak(chaq chaq?)に行きます」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

Chak chak(chaq chaq?)に行きます

Yazd(イラン)|「伝説のお話はガイドブックに書いてあります。ペルシアの姫さまが消えて、雫になり、その雫を吸収して木が生えてきているのだとか。」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

伝説のお話はガイドブックに書いてあります。ペルシアの姫さまが消えて、雫になり、その雫を吸収して木が生えてきているのだとか。

Yazd(イラン)|「でも下を見ると、普通のタライだったりするのです」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

でも下を見ると、普通のタライだったりするのです

Yazd(イラン)|「ゾロアスター教の聖地なので、火が祀られています」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ゾロアスター教の聖地なので、火が祀られています

Yazd(イラン)|「涙を吸収して育っている木」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

涙を吸収して育っている木

Yazd(イラン)|「こういう景色、大好きです」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

こういう景色、大好きです

Yazd(イラン)|「こう見ると、聖地っぽいですね」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

こう見ると、聖地っぽいですね

Yazd(イラン)|「MaybodのMarin Qal'eh castle
6000年も前に建てられたそうですが。すごいうろ覚え。」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

MaybodのMarin Qal'eh castle
6000年も前に建てられたそうですが。すごいうろ覚え。

Yazd(イラン)|「外側は立派に保護されていますが、内側は崩れているところも有ります」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

外側は立派に保護されていますが、内側は崩れているところも有ります

Yazd(イラン)|「ガイド兼タクシー運転手のハッサンさん
面白いおじさんです」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ガイド兼タクシー運転手のハッサンさん
面白いおじさんです

Yazd(イラン)|「昔の商人宿や商品を売買していたところ
小さなカーペットの機織り実演を見られます
興味が無ければ飛ばしても良し」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

昔の商人宿や商品を売買していたところ
小さなカーペットの機織り実演を見られます
興味が無ければ飛ばしても良し

Yazd(イラン)|「アイスハウス。。だそうですが、空腹と暑さでいちいち金を支払って入る気にもならず、飛ばしました」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

アイスハウス。。だそうですが、空腹と暑さでいちいち金を支払って入る気にもならず、飛ばしました

Yazd(イラン)|「ピジョンハウス
悪臭がひどかったため、現在は鳩は居ません。」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ピジョンハウス
悪臭がひどかったため、現在は鳩は居ません。

Yazd(イラン)|「この一つ一つの穴に鳩が居たと想像すると、ちょっとゾッと。。。ヒッチコックかよ」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

この一つ一つの穴に鳩が居たと想像すると、ちょっとゾッと。。。ヒッチコックかよ

Yazd(イラン)|「ヤズドに帰ってきて、アミール・チャグマーグのタキーイェ。
昼と比べると人がたくさん。
ここでもイラン人、アフガニスタン人から話しかけられました」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ヤズドに帰ってきて、アミール・チャグマーグのタキーイェ。
昼と比べると人がたくさん。
ここでもイラン人、アフガニスタン人から話しかけられました

Yazd(イラン)|「マスジェデジャーメがライトアップされてました」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

マスジェデジャーメがライトアップされてました

3日目2016/07/25

Yazd(イラン)|「ゾロアスター教のお寺を見に行きます
このドアは、ホテルを少し歩いた所の民家のドアです」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ゾロアスター教のお寺を見に行きます
このドアは、ホテルを少し歩いた所の民家のドアです

Yazd(イラン)|「市街地へ。。」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

市街地へ。。

Yazd(イラン)|「公共水飲み場
シラーズのものと比べると、かなりシンプルになります」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

公共水飲み場
シラーズのものと比べると、かなりシンプルになります

Yazd(イラン)|「香辛料屋さんを通り、」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

香辛料屋さんを通り、

Yazd(イラン)|「果物屋さんを過ぎ、」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

果物屋さんを過ぎ、

Yazd(イラン)|「砂糖屋さんを過ぎ、」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

砂糖屋さんを過ぎ、

Yazd(イラン)|「砂糖屋のおじいちゃん」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

砂糖屋のおじいちゃん

Yazd(イラン)|「多分、絶対に買うことが無いであろう激甘そうなお菓子」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

多分、絶対に買うことが無いであろう激甘そうなお菓子

Yazd(イラン)|「ナッツ屋さん」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ナッツ屋さん

Yazd(イラン)|「アイスクリーム屋さんでアイスを食べ、」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

アイスクリーム屋さんでアイスを食べ、

Yazd(イラン)|「アイス美味しかった」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

アイス美味しかった

Yazd(イラン)|「これは今一番流行りのDVDなのだろうか。。。と物色し、」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

これは今一番流行りのDVDなのだろうか。。。と物色し、

Yazd(イラン)|「ゾロアスター教寺院に着きました
暑い。。。」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ゾロアスター教寺院に着きました
暑い。。。

Yazd(イラン)|「ゾロアスター教のシンボルだけど、これを見るとどうしてもナウシカを思い浮かべてしまいます」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ゾロアスター教のシンボルだけど、これを見るとどうしてもナウシカを思い浮かべてしまいます

Yazd(イラン)|「見所は、火のみです」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

見所は、火のみです

Yazd(イラン)|「ハロー、ハロー、フレンド、僕を撮れ、と言うので撮ってみました。
気さくな人たちです
アフガニスタン人かな」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ハロー、ハロー、フレンド、僕を撮れ、と言うので撮ってみました。
気さくな人たちです
アフガニスタン人かな

Yazd(イラン)|「パンを焼くおじさんたち。
嬉しそう」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

パンを焼くおじさんたち。
嬉しそう

Yazd(イラン)|「氷が入ったタピオカのジュース割り、みたいな感じ。
あまり甘くなくて、すごく美味しかったです」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

氷が入ったタピオカのジュース割り、みたいな感じ。
あまり甘くなくて、すごく美味しかったです

Yazd(イラン)|「ホシュマゼ!美味しい!写真を撮っていい?と聞くと、このドヤ顔
おじさん、可愛いすぎる」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

ホシュマゼ!美味しい!写真を撮っていい?と聞くと、このドヤ顔
おじさん、可愛いすぎる

Yazd(イラン)|「こういう加工がまだ健在だとは。。。」イラン ヤズド(Atsuko Hayashiさん)

こういう加工がまだ健在だとは。。。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~

一人旅
危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~

2013-09-11 - 2013-09-15

  • 25
  • Natsumi Daizen
「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回はエマーム・レザーが代表的である、イスラムの聖地マシュハドと世界の半分と称されるモスクのあるエスファハーン編をお送りします。

作者: Natsumi Daizen

  • 14
  • 30626

危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~首都テヘラン、歴史的なバーザールのある街タブリーズ編~

一人旅
危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~首都テヘラン、歴史的なバーザールのある街タブリーズ編~

2013-09-15 - 2013-09-18

  • 22
  • Natsumi Daizen
「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回は首都テヘランと世界遺産とされているバーザールで有名なタブリーズ編をお送りします。

作者: Natsumi Daizen

  • 4
  • 5684

イランの文化と世界遺産を辿る2週間の旅

イラン
イランの文化と世界遺産を辿る2週間の旅

2015-04-30 - 2015-05-10

  • 83
  • Tomoko Malaghan
「イランへ行く」と言ったら、友人達がこぞって「何でそんな危険な国に行くの?」と不思議がられました。でもどの国でも自分で行って見て、食べて、話して経験して見ないことには、その国は分かりません。イランは何千年もの古い歴史があり今も人々はそれらの宗教、文化と共存しながら生きています。人々は思いの外フレンドリーで、この旅では何度も声をかけられ一緒に写真に収まりました。毎日スカーフを被らなければならないのが苦になったけど、郷に入れば郷に従えで、知られざるイランの各地を巡ってきました。

作者: Tomoko Malaghan

  • 5
  • 4881

イラン(テヘラン・シラーズ・イスファハン・アフワズ)

世界遺産
イラン(テヘラン・シラーズ・イスファハン・アフワズ)

2014-08-31 - 2014-09-05

  • 24
  • Yuichi Matsushita
イマーム広場のモスクが目当て。でも、それ以外も素晴らしかった! 行く前は砂漠のイメージが強かったんですが、実際は山と農業のが充実した国で、数千年前から文明が栄えた土地だということがよくわかりました。

作者: Yuichi Matsushita

  • 3
  • 2266

死ぬまでに見たいと思ったモスク!!

一人旅
死ぬまでに見たいと思ったモスク!!

2015-08-09 - 2015-08-14

  • 20
  • Yasutomo  Fujii
周りから危険だと言われたイラン。そこはやさしい人たちがたくさんいる国でした。

作者: Yasutomo Fujii

  • 4
  • 2128

イランの旅。マシュハドからヤズドに向かう寝台列車の中での出会い。

イラン
イランの旅。マシュハドからヤズドに向かう寝台列車の中での出会い。

2013-11-22 - 2013-11-24

  • 20
  • Masashi Amano
イラン第二の都市、マシュハドはイスラムの聖地でもある。広大なモスクにはたくさんの人が祈りを捧げていた。信仰心のない僕にも、人々の祈る姿には心打たれるものがあった。 マシュハドから寝台列車で次にヤズドに向かったのだけど、そこに出会いがあった。同じコンパートメントのイラン人の男三人と仲良くなったのだ。 彼らは英語もろくにしゃべれないのに、僕にしきりに話しかけてきて、食べ物も分けてくれた。ヤズドに着いても車で僕をホテルまで送ってくれ、さらにその中の一人が街中の案内と食事に招待してくれたのだ。 なぜこんなに親切にしてくれるのだろう?イランではこういう見返りを求めない親切に何度も出会った。今まで行った中でも好きな国の一つである。

作者: Masashi Amano

  • 1
  • 1908

My big trip to Iran


My big trip to Iran

2014-05-26 - 2014-05-27

  • 6
  • Igor Vladyka
In the beginning I had planned to see different from all that I knew the world, but in the end this trip was a turning point in my life, in both senses of this word

作者: Igor Vladyka

  • 3
  • 662

美しいモスク!

世界遺産
美しいモスク!

2004-03-06 - 2004-03-08

  • 8
  • Takashi Omura
イランのエスファハーンは、待ちも美しく、人も親日で親切です。 イランのイメージが180度変わるぐらい素晴らしい場所です。 ただ、ご飯がイマイチでした。

作者: Takashi Omura

  • 0
  • 740

イラン ヤズド イラン ヤズド

イラン ヤズド トップへ