Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
AQSA さんのログブック(旅行記)「ロンドン(UKフライト)。自分用メモ。」

ロンドン(UKフライト)。自分用メモ。

2016-07-23 - 2016-07-238 Episodes
AQSA
Travel Collector
AQSA
  • 20s / female
  • United Kingdom
Places visited
United Kingdom

2016年7月23日-24日にイギリスはロンドンに1泊2日滞在。
滞在ホテルはロンドンヒースロー(London Heathrow)空港から車で5分の所に位置するシェラトン スカイラインホテル(Sheraton Skyline London Heathrow Hotel)。ルームサービス以外は文句無しに快適で清潔なホテル。ホテルの部屋に関してはかなり潔癖な私だが、湯船に浸かる事ができた。(ルームサービスはかなりまずい。特にシーザーサラダ)

夏のロンドン!天気は快晴で日差しが強く、日向ではノースリーブでも暑かった。しかし、夕方になると急に肌寒くなるので外出する時は何か羽織るものを持っていく必要がある。

  • 0Favorite
  • 65view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12016/07/23

イングランド(イギリス)|「今回の目的地は、ロンドン南部にあるラベンダー畑!その名もMayfield !!!
イギリスでは北海道にも負けず劣らず、この季節にはラベンダーが有名。
壮大なラベンダーの絨毯を見れる季節は6,7月と限定なので注意。

場所は、なかなか遠い。ロンドンヒースロー空港からは2時間

今回の目的地は、ロンドン南部にあるラベンダー畑!その名もMayfield !!!
イギリスでは北海道にも負けず劣らず、この季節にはラベンダーが有名。
壮大なラベンダーの絨毯を見れる季節は6,7月と限定なので注意。

場所は、なかなか遠い。ロンドンヒースロー空港からは2時間半はかかる。ロンドン市街地からは1時間半でいける模様。
(赤いピンがmayfieldのラベンダー畑)

-行き方-
まず、ホテルのメインエントランスを出て道路を渡り、そちら側にあるバス停で285番のバスに乗りAirport central bus station (確か終点)へ向かう。ちなみに、乗る時のバス停は道路を挟んで2つあるので手前のものと間違えないように注意。乗車時間約5分強。
Airport central bus station で下車したら、X26番のバスに乗り込み、ここからCroydon stationまで1時間30分のバスの旅。Croydon station に到着したら(大きめな駅が見え周りが少し栄えた感じの街となっていて人が多いのでわかりやすいと思う。)、そこから次に乗るバスのバス停まで少し歩かなくてはならない。このバス停の場所が少し厄介で、まず、Croydon stationの大きな駅ターミナルを背に、右へまっすぐ進む。スーパーマーケットやマクドナルドを通過して、交差点を渡り、渡りきったところで左にまた渡る(ショッピングストリートの手前)。そのまま歩きWagamama ワガママというレストランが見えてくる。通過して角を右に曲がって進むと左手にバス停がやっと見えてくる!そのバス停で166番のバスに乗る。これがラスト!ここから1時間ほどそのバスに揺られると、なにやら森のようなところに着くので。そこで降りよう(バス停の名前がわからないので、あらかじめバスの運転手さんにMayfieldで降ろしてもらうように伝えておくと安心)。

帰りのルートは来た時と全く同じ道のりを帰るだけ!帰りは道路を挟んで反対側にあるバス停からまた166番のバスに乗車し、同じところで下車(正確には一つ横の道路)。同じルートを歩いてCroydon の駅ターミナルへ向かう。CroydonからAirport central station までは、また同じくX26のバスで帰る。帰りのバス停は駅ターミナルに向かって左側面にある。
Aitport central station についたら285番に乗り(五分ほど)宿泊ホテルのSheratonの横にあるMarriot Hotelの目の前のバス停で降りる。徒歩でホテルへ帰宅。

***この旅のバス移動に限らず、ロンドンやその近郊でバスに乗る時に非常に便利なのが"Oyster Card"! 日本でいうスイカのようなもので、現金やクレジットカードを使ってお金をOyster Cardの中にチャージすれば、乗車時にピッとかざすだけでバスの乗り降りが可能。いちいち現金を数えて渡す必要なし!便利です。Oyster Cardは売店やコンビニ、駅のマシーンを使って簡単に購入、チャージ可能。

イングランド(イギリス)|「Mayfield ラベンダー畑の住所や詳細はこちら。


」ロンドン(UKフライト)。自分用メモ。(AQSA さん)

Mayfield ラベンダー畑の住所や詳細はこちら。

Mayfield Lavender Farm England, United Kingdom

Mayfield Lavender Farm(イングランド, イギリス)|ロンドン(UKフライト)。自分用メモ。(AQSA さん) - 02

Mayfield のラベンダー畑♡敷地はかなり広く、壮大で可愛らしいラベンダーのカーペットがどこまでも続いていた。
ここではラベンダー畑の中を自由に歩く事ができ、
一歩足を中へ踏み入れると、ラベンダーの香りが身体中を包む。

又、エントランスの料金はたったの1ポンド。

そして、入り口には簡易な白いテントがいくつかあり、ラベンダー畑ならではのグッズや食べ物が売っていた。

Mayfield Lavender Farm England, United Kingdom

Mayfield Lavender Farm(イングランド, イギリス)|ロンドン(UKフライト)。自分用メモ。(AQSA さん) - 04

空に向かって高くぐんっと伸びているラベンダーたち。

Mayfield Lavender Farm England, United Kingdom

Mayfield Lavender Farm(イングランド, イギリス)|ロンドン(UKフライト)。自分用メモ。(AQSA さん)

ラベンダーレモネードとラベンダーアイスクリーム!

Mayfield Lavender Farm England, United Kingdom

Mayfield Lavender Farm(イングランド, イギリス)|ロンドン(UKフライト)。自分用メモ。(AQSA さん) - 06

ラベンダーに囲まれる私。

日帰りで行ける癒し系スポット、Mayfield とても素敵な場所だった。

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 65view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

ロンドン(UKフライト)。自分用メモ。 ロンドン(UKフライト)。自分用メモ。

Back to Top of ロンドン(UKフライト)。自分用メモ。