Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Mikako Izawaさんのログブック(旅行記)「墓地探訪」

墓地探訪

2007-05-09 - 2016-10-1553 Episodes
Mikako Izawa
Travel Collector
Mikako Izawa
  • female

昔から異様に『お墓』が好きで、旅行中に墓地を見つけるとたまらず立ち寄ります。
訝しげな視線を向けられたり犬に追いかけられたりして撮影できないことも多々ありますが、それでもやっぱり墓地めぐりはやめられません。

  • 1Favorite
  • 138view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12007/05/09

Northern Necropolis Denizli Province, Turkey

Northern Necropolis(デニズリ, トルコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

ネクロポリス(死者の町)
(デニズリ/トルコ)

ヒエラポリス遺跡の外側にある墓所。
様々な時代・様式の1000基以上の墓が見られる

Northern Necropolis Denizli Province, Turkey

Northern Necropolis(デニズリ, トルコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

最大の見どころであるローマ劇場を切り捨ててでもここは見たかった。
思ったとおり観光客の姿はなく、まさに『死者の町』という名にふさわしい場所だった。

Day 3442008/04/16

Vyšehrad Hlavní město Praha, Czechia

ヴィシェフラット(Vyšehrad)(プラハ, チェコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

ビシェフラド墓地
(プラハ/チェコ)

とても美しい墓地として有名で、観光客もときどき訪れる。

Vyšehrad Hlavní město Praha, Czechia

ヴィシェフラット(Vyšehrad)(プラハ, チェコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

スメタナやドヴォルザークら、チェコの著名人の埋葬場所となっている。
彼らの墓石を探すのも楽しい。

Day 3452008/04/17

Sedlec Central Bohemian Region, Czechia

Sedlec(中央ボヘミア, チェコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

セドレツ納骨堂
(クトナーホラ/チェコ)

約4万人もの人骨が収められている。

Sedlec Central Bohemian Region, Czechia

Sedlec(中央ボヘミア, チェコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 03

人骨で作られた紋章。人骨製の聖杯やシャンデリアなどもあり、まるで美術館のよう。

Day 3502008/04/22

Telč Vysocina Region, Czechia

Telč(ヴィソチナ, チェコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

テルチの墓地
(テルチ/チェコ)

バスターミナルへと向かう途中にあった墓地。
背景の建物と調和してとても美しい

Day 3632008/05/05

Sighișoara Mureș County, Romania

シギショアラ(Sighișoara)(ムレシュ, ルーマニア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

丘の上の墓地入口
(シギショアラ/ルーマニア)

掲げられたプレートにやたらと「!」が書かれており、侵入したら殴られるんじゃないかと怖くて入れなかった。
ものすごく惹かれる佇まいだったのに、未だに悔いが残る

Day 7442009/05/21

Ancient Ruins Of Palmyra Homs Governorate, Syria

Ancient Ruins Of Palmyra(ホムス, シリア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 03

ラクダに乗って、塔墓の一つに放り込んでもらった

Ancient Ruins Of Palmyra Homs Governorate, Syria

Ancient Ruins Of Palmyra(ホムス, シリア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

塔墓内から。
けっこうな高さで、出る時はかなり怖かった。

Day 7522009/05/29

Petra البتراء Ma'an, Jordan

ペトラ(Petra البتراء)(マアーン, ヨルダン)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

ファサード通りの墳墓群
(ぺトラ/ヨルダン)

岩壁を削って造られた巨大な墳墓に圧倒される

Petra البتراء Ma'an, Jordan

ペトラ(Petra البتراء)(マアーン, ヨルダン)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

上部に見られる階段状の彫刻は、死者の魂が天へと昇っていくためのもの。

Day 7602009/06/06

Al-Bara Idlib Governorate, Syria

Al-Bara(Idlib Governorate, シリア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 03

アルバラ集落のピラミッド型墳墓
(アルバラ/シリア)

屋根が崩壊の危機。
小さな窓があるが、中は暗い

Al-Bara Idlib Governorate, Syria

Al-Bara(Idlib Governorate, シリア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

こちらは前者よりも大きいが、屋根が崩れてしまっている。

Al-Bara Idlib Governorate, Syria

Al-Bara(Idlib Governorate, シリア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

屋根が開いているので明るく、内部の石棺がよく見える。
が、入口が鉄扉で閉ざされているため、格子の隙間から撮影。

Day 7642009/06/10

Mardin Mardin, Turkey

Mardin(Mardin, トルコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

マル・ミハイル教会の墓地
(マルディン/トルコ)

雄大なメソポタミア平原が眺められる、素晴らしい立地。

ホムス(シリア)|「ちなみに、これがメソポタミア平原の眺め。
(近くの神学校から)」墓地探訪(Mikako Izawaさん)

ちなみに、これがメソポタミア平原の眺め。
(近くの神学校から)

Day 10472010/03/20

St Francis Monument Church Porto District, Portugal

St Francis Monument Church(ポルト, ポルトガル)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

サン・フランシスコ教会の地下納骨堂
(ポルト/ポルトガル)

ちょっと「住んでみたい」とさえ思える空間。

Day 10482010/03/21

Mosteiro da Batalha: Panteão dos Avis Leiria District, Portugal

Mosteiro da Batalha: Panteão dos Avis(レイリア, ポルトガル)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

バターリャ修道院に安置されたドゥアルテ1世とその妻の棺
(バターリャ/ポルトガル)

『未完の礼拝堂』内にある。
なんと仲睦まじいことだろう。

Day 10582010/03/31

Tétouan / تطوان / Tetuán Tangier-Tetouan, Morocco

Tétouan / تطوان / Tetuán(タンジェ=テトゥアン, モロッコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

山肌に広がるイスラム墓地
(ティトアン/モロッコ)

他国の墓地はいつも興味深い

Tétouan / تطوان / Tetuán Tangier-Tetouan, Morocco

Tétouan / تطوان / Tetuán(タンジェ=テトゥアン, モロッコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

かなり古そうなものもあるが、ここからの眺めも素晴らしい。

Day 10662010/04/08

Merzouga Meknes-Tafilalet, Morocco

メルズーガ(Merzouga)(メクネス=タフィラルト, モロッコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

砂漠の町メルズーカの墓地
(メルズーカ/モロッコ)

石板を積み合わせたお墓。

Merzouga Meknes-Tafilalet, Morocco

メルズーガ(Merzouga)(メクネス=タフィラルト, モロッコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

文字の書かれたプレートが添えられたものも。

Day 14062011/03/14

Tartous City Tartus Governorate, Syria

Tartous City(タルトゥース, シリア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

旧市街の一角にあった墓地
(タルトゥース/シリア)

白一色の墓地。
アラビア語が刻まれた墓石も美しい。

Day 14072011/03/15

Safita Tartus Governorate, Syria

Safita(タルトゥース, シリア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

教会墓地のピラミッド型墓
(サフィータ/シリア)

管理人さんに申し出て入れてもらった。

ホムス(シリア)|「ここからの眺めもいい。」墓地探訪(Mikako Izawaさん)

ここからの眺めもいい。

Day 17402012/02/11

Wat Thmey Killing Field Siem Reap, Cambodia

ワット・トメイ寺院(キリング・フィールド)(Wat Thmey Killing Field)(シェムリアップ, カンボジア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

『ワット・トゥメイ』の慰霊塔
(シェムリアップ/カンボジア)

クメール・ルージュの処刑場跡に建てられた寺院。犠牲者の遺骨が保管されている。

Wat Dam Nak Siem Reap, Cambodia

Wat Dam Nak(シェムリアップ, カンボジア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

『ワット・ダムナック』のストゥーバ群
(シェムリアップ/カンボジア)

色も形もさまざまで興味深い

Day 18872012/07/07

Kebun Raya Bogor Jawa Barat, Indonesia

Kebun Raya Bogor(Jawa Barat, インドネシア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

植物園内のオランダ人墓地
(ボゴール/インドネシア)

うっそうとした雰囲気が素敵。
蚊がものすごく、じっとしていられないのが残念。

Day 20812013/01/17

Vientiane, Laos Thailand

ヴィエンチャン(Vientiane)(タイ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

モザイクで飾られた墓碑
(ビエンチャン/ラオス)

ご夫婦の写真が埋め込まれている。

Day 24992014/03/11

Hội An Quang Nam province, Vietnam

ホイアン(Hoi An)(クアンナム, ベトナム)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

謎のお墓 二基
(ホイアン/ベトナム)

ガイドブックにある『日本人墓』を探していたが、たどり着いたのはこのお墓だった。

Hội An Quang Nam province, Vietnam

ホイアン(Hoi An)(クアンナム, ベトナム)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

田んぼの真ん中にポツンとある。
漢字が刻まれているが、どうも中国人のお墓っぽい。

Day 25022014/03/14

Huế Thua Thien-Hue, Vietnam

Huế(フエ, ベトナム)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

門のある立派な墓
(フエ/ベトナム)

サイクリング中に迷子になり、休憩した墓地にて

Day 28702015/03/17

부산광역시 Busan, South Korea

부산광역시(釜山, 韓国)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

天馬山の墓地
(釜山/韓国)

墓石も何もない、ただ土を盛っただけのお墓。
手持ちの地図に「墓地」と書かれてなければ気づかなかったかもしれない。

부산광역시 Busan, South Korea

부산광역시(釜山, 韓国)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

ピソクマウル
(釜山/韓国)

これは『墓』ではなく、かつての日本人墓地の墓石を使って作られた家の土台などが残る地域。
ここは塀に墓地らしいペイントが施されている。

부산광역시 Busan, South Korea

부산광역시(釜山, 韓国)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 03

年月の刻まれた墓石が土台に埋め込まれている。
階段のステップにされているものもあったりして、けっこう衝撃を受ける光景

Day 32202016/03/01

那覇市 (Naha city) Okinawa Prefecture, Japan

那覇市 (Naha city)(沖縄県, 日本)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

国際通り近くの古い亀甲墓
(那覇市)

賑やかな通りからすぐの場所にある。
上では猫が昼寝中

那覇市 (Naha city) Okinawa Prefecture, Japan

那覇市 (Naha city)(沖縄県, 日本)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 03

その先にある『ナイクブ古墓群』

1700年代以降に作られた古いお墓が200基余り集まっているという、墓好きには垂涎の場所。

那覇市 (Naha city) Okinawa Prefecture, Japan

那覇市 (Naha city)(沖縄県, 日本)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

が、奥は立ち入り禁止になっていて、一部分しか見ることができない。
ほとんどの墓が公園整備のために撤去(移動)させられる予定だとか。

Day 32222016/03/03

玉陵 Okinawa Prefecture, Japan

玉陵(沖縄県, 日本)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

世界遺産『玉陵』
(首里金城町)

歴代の国王のための沖縄最大の破風墓。
第二次世界大戦で大きな被害を受けた

Day 34382016/10/05

Laleli Camii Istanbul, Turkey

Laleli Camii(イスタンブール, トルコ)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

『ラーレリ・ジャーミィ』併設の霊廟
(イスタンブール/トルコ)

深い緑色と金色のコントラストが美しい。

Day 34392016/10/06

church of St. johan at kaneo Ohrid, Macedonia

church of St. johan at kaneo(オフリド, マケドニア共和国)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

カネオ教会の墓
(オフリド/マケドニア)

オフリド湖を見下ろす絶景の場所にある。
十字架には「1887-1925」と刻まれている。

Day 34442016/10/11

Ćele Kula Nišava District, Serbia

Ćele Kula(Nišava District, セルビア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

チェレ・クラ(スカルタワー)
(ニシュ/セルビア)

反乱軍の兵士の頭蓋骨を埋め込んだ塔。
見せしめのため、トルコ軍によって1809年に造られた。
当初は952個の頭蓋骨が埋め込まれていた。
(現在は58個が残っている)

Day 34462016/10/13

Църква Света София (St. Sofia Church) Sofia-city, Bulgaria

Църква Света София (St. Sofia Church)(ソフィア, ブルガリア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん)

聖ソフィア教会地下の墳墓群
(ソフィア/ブルガリア)

聖ソフィア教会は、ブルガリアで最も古い教会の一つ。
その地下に残るレンガ造りの墳墓。

Day 34472016/10/14

Копривщица (Koprivshtitsa) Sofiyska oblast, Bulgaria

Копривщица (Koprivshtitsa)(Sofiyska oblast, ブルガリア)|墓地探訪(Mikako Izawaさん) - 02

教会の墓地
(コプリフシティツァ/ブルガリア)

多くの墓碑には、故人の小さな写真が埋め込まれている。

Travel Tracking

Comments

  • 1Favorite
  • 138view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

今だから見て欲しい。破壊される前に訪れたシリアの世界遺産パルミラ

世界遺産
今だから見て欲しい。破壊される前に訪れたシリアの世界遺産パルミラ

2005-09-15 - 2009-04-02

Read more

  • 27Episodes
  • Nakano Takayuki
世界には、見れなくなる絶景があります。 - シリアにある世界遺産パルミラ(現地語でタドモル)もその一つ。 2015年夏、ISによってシリアのパルミラ遺跡にある古代ローマ遺跡で「宝石」といわれる築2000年になる「ベル神殿」を、粉々に破壊されたことが報じられました。 - シリアの人たちは、シリアという国が本当に好きです。 このシリアで最も有名な世界遺産のひとつであるパルミラの破壊が、 どれほど悲しいものであるかは想像できないほどです。 - 僕が初めて訪れたのは、大学生のとき。2005年の夏です。 イラク戦争から間もない時期でありましたが、驚くほどの治安の良さが印象的で、すぐに町の人に囲まれて質問攻めを受けるような、 そんな国民性にすっかりと虜になりました。 - そして、2008年から2010年、青年海外協力隊としてシリアで活動。 北部のアレッポから、さらに東に1時間の距離にあるマンベジという町に住んで、母子保健の活動をしていました。 - 滞在中、友人が訪れてくれるたびに、案内した場所のひとつ。 それがパルミラ遺跡です。 - 「いつか行ってみたい」という友人がたくさんいます。 そして、その「いつか」が叶ったときにも訪れることのできない場所。 その1つに、パルミラが入るなんて、考えられませんでした。 - 僕は何度も伝えていますが、シリアほど治安がいい国はありませんでした(データで言えば、日本の10倍治安が良いです)。 「子育てするならシリア」と思っていました。 - シリアに関心がありましたら、他のログブックや僕の作ったムービーを是非見てもらえたら嬉しく思います。 いつか、また、美しく、あったかいシリアに戻れることを、心から願っています。 - - <シリアのログブック> シリア図鑑 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。愛と優しさに包まれた日々〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18278 - シリア図鑑 ダマスカス編 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。意外にオシャレな都会の景色〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18653 - シリア図鑑 古代都市アレッポ編 〜シリアの大阪。破壊される前に訪れた美しい世界遺産の町〜 https://www.compathy.net/tripnotes/19322 - <シリアのムービー> http://www.youtube.com/watch?v=P5NrCxzFBLQ - <シリアってどんな国?ニュースでは伝えない騒乱前の平和な国のエピソード> http://blog.compathy.net/2015/09/22/syria/

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 7
  • 7951 views
シリア図鑑 ダマスカス編 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。意外にオシャレな都会の景色〜

シリア
シリア図鑑 ダマスカス編 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。意外にオシャレな都会の景色〜

2008-03-26 - 2009-08-28

Read more

  • 26Episodes
  • Nakano Takayuki
シリアの首都ダマスカスの商店街や街中の写真。 「世界一古くから人が住み続けている街」だそうです。 - 一度入院もしたので、病院のご飯を食べましたが、 前の大統領が入院しただけあって、すごくしっかりしてました。 ちなみに病名は腸チフスでした。 - 概して、世界の首都といえば治安が悪いことも多いのですが、シリアの首都ダマスカスは非常に治安がいいです。 僕がいた2010年までで言えば、日本より断然治安が良かったほど(データ的にも体感的にも)。 - シリアの良い噂は旅人の中では、非常に有名で、 シリアの騒乱(「内戦」ではないのは明らかですが、日本の報道ではそうなってしまってます)が起こる前に、行っておけばよかった、という旅人は非常に多いです。 - 僕自身、大学生の時に、トルコ・シリア・レバノン・ヨルダン・エジプトとバックパック旅をしましたが、断トツでシリアがオススメでした。 - 圧倒的なのが「人の良さ」です。周辺国も「親切だった」という旅人は多いのですが、シリアを訪れたら見方が変わっていたと思います。 - どこが目的地に向かっていて、迷っていたら声をかけられ、 自分の向かう方向でなくとも案内することは日常茶飯事。 - シリア人同士のリレー方式で目的地につくこともザラにあります。 - 平和なシリアが戻った時、またゆっくりと住みたいと心から思います。 <シリアのログブック> シリア図鑑 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。愛と優しさに包まれた日々〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18278

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 2
  • 4795 views
シリア図鑑 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。愛と優しさに包まれた日々〜

シリア
シリア図鑑 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。愛と優しさに包まれた日々〜

2008-04-04 - 2010-03-01

Read more

  • 15Episodes
  • Nakano Takayuki
シリアで協力隊時代に撮った写真です。 2008年〜2010年の間に過ごしていた、僕が世界でいちばん好きな国。 - 「危険な独裁国家」「治安が悪そう」というイメージとは真逆の、 「教育・医療・経済をよくする素晴らしい大統領」「治安がいい」「人がいい」というのが、訪れてわかるシリアです。 - - 行ったことがある人と、テレビでしか見たことがない人のギャップが大きい国No.1ではないでしょうか。 - 旅人の中では「シリアは素晴らしい国だった」というのが常識ですし、 協力隊でも、世界中に派遣された隊員の中での人気No.1です。 - 美しい景色、安定した治安、安い物価に加えて、 旅人を迎え入れるホスピタリティーがはんぱじゃなく、 「バスで、隣の人が自分のバス代を払ってくれていた。」 「歩いていたら、呼び止められて、お茶やご飯が出てきた。」 「道に迷っていたら、方向が違うのに案内してくれた」 という話は事欠きません。 - 滞在中にデモもありましたが、政府公認です。 そして、国民の声に臨機応変に対応していました。 - 国民の声を無視する、どこかの「民主的」な国の首相とは違うと、本当に思います。 - - アサド大統領は「これは情報戦争だ」という話をしていますが、まさにそうだと思います。 是非、シリアについて知り、景色を通して少しでも、イメージを変える人が増えてもらえれば嬉しいと思います。 - 僕がシリアについて作った動画なので、是非ご覧になってください。 https://www.youtube.com/watch?v=P5NrCxzFBLQ - - シリアの都会のログブックはこちら↓ https://www.compathy.net/tripnotes/18653

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 1
  • 3622 views
シリア図鑑 古代都市アレッポ編 〜シリアの大阪(商業都市)。破壊される前に訪れた美しい世界遺産の町〜

世界遺産
シリア図鑑 古代都市アレッポ編 〜シリアの大阪(商業都市)。破壊される前に訪れた美しい世界遺産の町〜

2008-04-30 - 2009-11-29

Read more

  • 28Episodes
  • Nakano Takayuki
世界には、見れなくなる絶景があります。 - シリアの町、アレッポ。世界遺産に登録された町です。 しかし、その町がいま、シリア騒乱(「内戦」というのは、シリアを理解していない一部の人が言っているプロパガンダです)によって破壊されています。 - シリアの人たちは、シリアという国が本当に好きです。 アレッポは、キリスト教徒とイスラム教とが共存し、オシャレなカフェが立ち並ぶ、本当に素敵な町で、僕も大好きでした。 - 僕が初めて訪れたのは、大学生のとき。2005年の夏です。 イラク戦争から間もない時期でありましたが、驚くほどの治安の良さが印象的で、すぐに町の人に囲まれて質問攻めを受けるような、 そんな国民性にすっかりと虜になりました。 - そして、2008年から2010年、青年海外協力隊としてシリアで活動。 北部のアレッポから、さらに東に1時間の距離にあるマンベジという町に住んで、母子保健の活動をしていました。 - 「いつかシリアに行ってみたい」という友人がたくさんいます。 そして、その「いつか」が叶ったときにも訪れることのできない場所。 その1つに、パルミラが入るなんて、考えられませんでした。 - 僕は何度も伝えていますが、シリアほど治安がいい国はありませんでした(データで言えば、日本の10倍治安が良いです)。 「子育てするならシリア」と思っていました。 - シリアに関心がありましたら、他のログブックや僕の作ったムービーを是非見てもらえたら嬉しく思います。 いつか、また、美しく、あったかいシリアに戻れることを、心から願っています。 - - <シリアのログブック> シリア図鑑 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。愛と優しさに包まれた日々〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18278 - シリア図鑑 ダマスカス編 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。意外にオシャレな都会の景色〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18653 - 今だから見て欲しい。破壊される前に訪れたシリアの世界遺産パルミラ https://www.compathy.net/tripnotes/19319 - <シリアのムービー> http://www.youtube.com/watch?v=P5NrCxzFBLQ

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 1
  • 3299 views
シリア図鑑 田舎生活編 〜協力隊で生活していた場所ってこんなところ〜

シリア
シリア図鑑 田舎生活編 〜協力隊で生活していた場所ってこんなところ〜

2008-06-14 - 2009-11-09

Read more

  • 31Episodes
  • Nakano Takayuki
皆さんは中東の国「シリア」という国を聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか? - 最近、世界遺産パルミラがISに破壊されたり、シリア難民の受け入れのことがニュースになったりと、「怖い国」「危険な国」「不安定な国」というイメージをお持ちではないでしょうか? - 僕は、2005年に旅人としてシリアを訪れ、2008年から2010年3月まで青年海外協力隊として、シリア北部の町(アレッポ県マンベジ郡)で活動をしていました。 そこで実際に体験した、決してニュースでは伝えてくれない「シリアってこんな国だった」というエピソードを紹介します。 - 僕は何度も伝えていますが、シリアほど治安がいい国はありませんでした(データで言えば、日本の10倍治安が良いです)。 「子育てするならシリア」と思っていました。 - シリアに関心がありましたら、他のログブックや僕の作ったムービーを是非見てもらえたら嬉しく思います。 いつか、また、美しく、あったかいシリアに戻れることを、心から願っています。 - - <シリアのログブック> シリア図鑑 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。愛と優しさに包まれた日々〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18278 - シリア図鑑 ダマスカス編 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。意外にオシャレな都会の景色〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18653 - シリア図鑑 古代都市アレッポ編 〜シリアの大阪。破壊される前に訪れた美しい世界遺産の町〜 https://www.compathy.net/tripnotes/19322 - 今だから見て欲しい。破壊される前に訪れたシリアの世界遺産パルミラ https://www.compathy.net/tripnotes/19319 - <シリアのムービー> http://www.youtube.com/watch?v=P5NrCxzFBLQ

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 0
  • 2023 views
シリア図鑑 お店編 〜中東シリアでお世話になったお店〜

シリア
シリア図鑑 お店編 〜中東シリアでお世話になったお店〜

2008-04-02 - 2010-03-11

Read more

  • 30Episodes
  • Nakano Takayuki
皆さんは中東の国「シリア」という国を聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか? - 最近、世界遺産パルミラがISに破壊されたり、シリア難民の受け入れのことがニュースになったりと、「怖い国」「危険な国」「不安定な国」というイメージをお持ちではないでしょうか? - 僕は、2005年に旅人としてシリアを訪れ、2008年から2010年3月まで青年海外協力隊として、シリア北部の町(アレッポ県マンベジ郡)で活動をしていました。 そこで実際に体験した、決してニュースでは伝えてくれない「シリアってこんな国だった」というエピソードを紹介します。 - 僕は何度も伝えていますが、シリアほど治安がいい国はありませんでした(データで言えば、日本の10倍治安が良いです)。 「子育てするならシリア」と思っていました。 - シリアに関心がありましたら、他のログブックや僕の作ったムービーを是非見てもらえたら嬉しく思います。 いつか、また、美しく、あったかいシリアに戻れることを、心から願っています。 - - <シリアのログブック> シリア図鑑 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。愛と優しさに包まれた日々〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18278 - シリア図鑑 ダマスカス編 〜旅人たちも協力隊も惚れた国。意外にオシャレな都会の景色〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18653 - シリア図鑑 古代都市アレッポ編 〜シリアの大阪。破壊される前に訪れた美しい世界遺産の町〜 https://www.compathy.net/tripnotes/19322 - 今だから見て欲しい。破壊される前に訪れたシリアの世界遺産パルミラ https://www.compathy.net/tripnotes/19319 - <シリアのムービー> http://www.youtube.com/watch?v=P5NrCxzFBLQ

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 1
  • 1790 views
墓地探訪 墓地探訪

Back to Top of 墓地探訪