Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Hiroyuki  Fukagawaさんのログブック(旅行記)「何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞」

何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞

2014-04-03 - 2014-04-03 31 201 7

世界遺産、雲南省石林での後半戦。
初めは到着までに一苦労した上に、入場利用が高く(175元!)でプンプンだったが、次第に奇岩・奇景が広がりだし、あの悪ガキっ…失礼、素敵な小学生なんかとの心温まる(笑)交流なんかもあったりして、好きになってきましたぜっ、石林(´ー`)
但し、最高の感激は上海を出て、6日目にして初めて同胞に出会ったことだろうね。それだけ日本人が行かないようなところに行っていたということか…海外で同胞に会うことを嫌う私のこころの狭さか…(笑) 感激してしまった私自身に驚いた、第2次中国遠征10日間の6日の午後であった。
★ログ中の旅費
?乗車券:昆明⇒石林 27元×2=54元
石林風景名勝区入場券      175元
場内カート            25元
?運賃:昆明駅⇒東BT  2元×2= 4元
同胞との祝賀会(人民食堂合計)  34元 合計292元 約4,964円

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2014/04/03

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん)

石柱の上に👒
一寸可愛らしかねぇ…何千何万年とかかって自然が作り出した芸術やね。

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

引いて撮ってみた📷
緑の芝があるのとないので、荒涼たる大地か、癒しある風景かと変わってくるね。

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

でもデカいっ!
さっきまであった、向こう側の池の中にチョロチョロとあった石柱は何だったんかねぇ~子供か赤ちゃんということあったのかな?

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

だから観光客も大行進
さて問題ですっ(笑)このように悪ガキも含め、大軍団と遭遇したら、どうすればベストでしょう?

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 06

探検隊は果敢にも中へ突入しますぜっ…🚶
それにしても植物の生命力たるや…その意思は文字通り岩をも通す(+o+)

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 07

見上げれば👀
ポッカリ開いた巨岩から天上が見える。どれだけの風雨により浸食があったことか…

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 08

少なっ(´ー`)
さっきの答え…
そらぁ、間断なくやり過ごすことですよ。待つ…ルートを変える…進軍速度を落とす…
数分位すると勝手に消えてなくなるよ。だから時間の余裕が必要なんだけどね。

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 09

小学生たちは小さく…
水面は揺れて、石林はデカいっ。
これだけでも、如何に人類なんてちっぽけな存在かが分かるというもんですぜっ。
そのちっぽけな中、更にチッポケナワタシ…だから大軍団はやり過ごすしかないんですね。(笑)

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 10

真ん中が開くとは…
こりぁ、凄い景色やね。真ん中だけの集中攻撃をやられたとかねぇ( 一一)

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 11

大軍団と合流
やり過ごしはしたけど、連中の進軍速度も遅くて、主たる攻撃目標で一緒になった。ここが一番の見どころなのかな?
それにしても我ら人科の小さき事よ。

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 12

石柱と緑は仲良しやね
だから荒涼たる風景にならずに、何か奇景だけどほんわかした感じになっとうね。面白い気分になるね。

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 13

帽子をかぶった石柱君の大行進
堂々たる自然世界遺産の実力を見せてくれるね。苦労して上海から来た甲斐が(拠点は昆明だが)あるってもんだ。

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 14

絵にかいたような石林
ここ等もTV・サイト・ガイドブックなんかで良く登場しとうところだね。

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 17

再び遠くに転じると…👀
軍団も多いが、石林のスケールはさらに上を行くけん、人科の生物は消えてなくなるとよ(笑)

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 16

好きな光景
普通は奇岩・奇計は荒涼たる大地と相場が決まっとうが、新緑に木々と手入れされた芝が眩しかね。中国、侮りがたしっ。

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 18

心に余裕が出来たところで(笑)
石柱をバックに軍団も撮ったよ…パチリッ📷

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 19

誇大広告!
3Dで立体…4Dで時間まで加味…5Dで地理的障害を超越し、6Dで時間的なモノまで超越する!?
流石は地理的なものを飛び越えて南沙に遊びに行ったり、歴史的事実を超越して自己に都合の良い歴史を作るだけのことはあるね(爆)

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 21

働くおじさんにもエールを\(~o~)/
オイちゃんらが毎日毎日、チャンと世話をしてくれるから芝や木々も元気なんですっ。
謝謝m(__)m

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 25

後で気付いたんだが…
左端で一寸とだけ同胞のご尊顔が…
石林のバスターミナルで。何時もの筆者近影なのだが歴史的ショットになろうとは(笑)

  • 行ってよかった!

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 26

昆明行バス車内…🚌
この時に、まさかと隣に6日ぶりの同胞が座ってるとは思わんやったね。
石林風景区⇒昆明27元

  • 行ってよかった!
  • 予算:459円

Kunming Eastern Bus Station (昆明东部客运站) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Kunming Eastern Bus Station (昆明东部客运站)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん)

旅は道ずれ世は情け…(笑)
真ん中と右が日本人…左は中国人(´ー`) 車内でも到着後でも、色々話をして撮ろうじゃないかぁ…でBTの歩道でパチリッ📷

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

昆明站 Kunming Railway Station Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

昆明站 Kunming Railway Station(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん)

人民🚌 BT⇒昆明駅近辺
道路も混んでいて、1時間12分もかかってしまう(´_`。)
2元、安っ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:34円

人民食堂 Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

人民食堂(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん)

肉うどん・回鍋肉・🍚・ビールで34元(〃∇〃)
遠い異国の、異人たちの中で久々に同胞と飲む、ビールの美味いことヾ(@°▽°@)ノ
人民の私が、彼の分まで出すという珍事も起こりましたぜっ…

  • 行ってよかった!
  • 予算:578円

人民食堂 Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

人民食堂(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

安くて美味くてボリュームがあり過ぎる🍚
ホント、中華料理は高級絵レストランを除けば、値段も安く美味く腹一杯になるけん、中国と言わずイギリスとかでも世話になったとよねぇ。
これだけは日本食は叶わんね(*_*)ハワイなんかでも食べたけど、高いだけで騙されたような気がしてね。金出せる人は別なんやろうけど…下層人民には中華は大いなる見方(笑)

  • 行ってよかった!
  • 予算:578円

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

麗江と瀘沽湖


麗江と瀘沽湖

2003-10-27 - 2003-11-04

  • 109
  • Masaki Hilano
2003年なのでちょっと古いですが素晴らしい旅だったのでシェアします。民族のるつぼ雲南省の北西部、麗江のトンパで有名はナシ族と母系社会のモソ人を訪ねました。世界遺産の街なので10年たった今もあまり変わりはないと思う。瀘沽湖の方は今どうなっているかな・・・ もし行く人がいたら10年の時の流れを感じて下さい。 4日目からはいよいよ母系社会のモソ人が住む地域へ

作者: Masaki Hilano

  • 3
  • 1149

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景を親切過ぎる中国人家族とドライブ

紅河ハ二族棚田
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景を親切過ぎる中国人家族とドライブ

2014-04-05 - 2014-04-05

  • 24
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の中で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 前回は、ホテルで宿泊していた中国人に声がけして、観光拠点となる新街鎮バスターミナルまで送ってもらう作戦にでたところまで執筆した。 今回は、そこからの物語… 何となく、バスターミナルらしいところを通ったのだが(50分もかかった!)素通りしてしまう。そうこうするうちに、棚田の観光拠点のセンターに着いてしまう。 結論から言うと、結局この日一日、3つの大きな展望台や昼食も含めてすべてを案内…同行してくれた。昼食も奢ってくれた上に、ホテルまで送って戴いた。せめてものガソリン代の足しにと200元を差し出すも、固辞! いやはやTVのやらせ旅番組以上の、親切とだけでは片づけられないホスピタリティーを受けて、生涯最高の旅行となった。中国人への好感度が上がったことは言うまでもない。私も日本ではこうありたいものだと心に決めた。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 2
  • 489

チベット

文化・宗教
チベット

2012-07-29 - 2012-08-11

  • 14
  • Daishi Miyamoto
外国人には厳しい入域制限が課されたチベット自治区へ。 壮大な自然の中で育まれたチベットの人たちの信仰の力強さを感じた旅。

作者: Daishi Miyamoto

  • 3
  • 376

天国への階段?!見渡す限りの圧巻の棚田に人間の計り知れないパワーを見る

絶景
天国への階段?!見渡す限りの圧巻の棚田に人間の計り知れないパワーを見る

2012-09-20 - 2012-09-20

  • 30
  • Mayumi
雲南省元陽県の山深い山間にある元陽棚田。中国唐の時代より受け継がれる圧巻の5000段もの棚田は、2013年、世界遺産に認定されました。 その登録の1年前、2012年の、あの反日運動が過激化し、日中関係にただならぬ緊張感が走った当時の中国でひとり旅した記録の一つです。

作者: Mayumi

  • 4
  • 612

菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅

雲貴高原
菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅

2012-03-05 - 2012-03-07

  • 15
  • Yuichi Kudo
菜の花の時期に合わせて雲貴高原の旅へいってきました。写真で見て以来ずっと行きたいと思っていた訪問地です。菜の花がびっちりと敷き詰められた光景はまさに菜の花の絨毯です。時期も良く美しい菜の花を見ることができました。せっかくなので同じく雲貴高原に位置する世界遺産石林も訪問。荒々しい奇岩群に驚きでした。とても満足な旅となりました。

作者: Yuichi Kudo

  • 0
  • 376

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景後半戦はさらに感動へ(中国人家族の車に便乗)

家族旅行に便乗
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景後半戦はさらに感動へ(中国人家族の車に便乗)

2014-04-05 - 2014-04-05

  • 19
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の中で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 前回は、昆明からドライブで来ていた程さん家族との昼食まで話した。ココでもプチ感動なのだが、何と昼食を奢って戴いた。よくBSの旅番組でやらせっぽく、知り合った現地の人と仲良くなりご馳走をされる……まさか自分が体験できるとは思っていなかったので、未だに思い出しても感動がよみがえってくる。 今回は後半戦でメインの展望台2つ。これがやや傾きかけた太陽の光線により、更に壮観な美しさを見せる。最後の方には綺麗な民族衣装の少女も…そして… 降り出した大雨の中、怒涛のゴール、ホテル到着。恐らくは、数多くの海外旅行の中で最高の感動を与えてくれた。このような人たちが中国にいる限り、私は政府や一部の連中がどうであれ、中国とは付き合うに値する国だと心底思う。 どうぞ、本編をご覧いただきたい。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 2
  • 304

丽江でのんびり旅 1日目

世界遺産
丽江でのんびり旅 1日目

2015-11-30 - 2015-11-30

  • 5
  • Tsuyoshi Fujikawa
18年ぶりの再訪。流石に人が多くなっていたけど好きな街。

作者: Tsuyoshi Fujikawa

  • 1
  • 278

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景をホテルで知り合った中国人とドライブ

世界一の棚田
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景をホテルで知り合った中国人とドライブ

2014-04-04 - 2014-04-05

  • 25
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国の世界遺産で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 世界遺産ではあるが、観光?どころか元陽の街自体へのaccessも大変。 行き方;雲南省の省都、昆明(上海から多数の航空便で約2時間)から長距離バスで約6時間、1日に数便、128元。しかも元陽を目の前にしたところで、大規模な交通事故に遭遇。大型トラックが畑に突っ込むは、道を塞ぐはで、1時間半くらいの足止め( 一一) それでも、親切な中国の女子学生が「道分んなくなったら、電話かけていいよぉ~」と(英語だけど…)夜ホテルへの帰り道が分かんなくなったら、薬局屋の親父が、店空けてまで、連れて行ってくれたり、ビックリするくらいの親切。 極み付けは、2日目の棚田を一緒に回ってくれたCRVに乗って昆明から来た家族旅行の中国人4人!1日一緒に回ってくれた上に、昼ご飯も奢ってくれた。最後はホテルまで送ってくれたのに、頑として謝礼を受け取らなかった。世界遺産の棚田は素晴らしかったが、それ以上の感動を貰った旅行だった。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 305

何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞 何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞

何と言う奇遇だろう…こんな雲南省・石林からの帰りのバス車内で隣が同胞 トップへ